私が高金利のクレジットカードキャッシングを使う理由【体験談】

クレジットカードに付帯しているキャッシング機能-ショッピング枠とは別に、現金を借り入れできる機能です。

消費者金融に抵抗がある人、申込み手続きが面倒という人でも気軽にお金を借りることができるので、利用する人が多いこのサービス。持っているクレジットカードに「キャッシング枠」が付いている人も多いと思います。

ただし、どんなに気軽でも借金は借金。またクレジットカードのキャッシングは、金利が高いというデメリットもあります。利用者はどんな理由でこのクレジットカードのキャッシングを使っていたのでしょうか?

独身時代にクレジットカードのキャッシング枠を利用していたという主婦に話を聞きました。

今回インタビューにご協力いただいた安田さん(後ろ姿)

体験者の情報

名前(仮名):安田 晃子(やすだ あきこ)
性別:女
職業:会社員
当時の年齢:25歳
借入件数:1件
会社名(借入先):セゾンカード
利用時期: 1990年ごろ
借金の合計額:10万円以内

なぜ金利の高いクレジットカードのキャッシングを利用するのか?

今回お話を伺ったのは、40代の主婦 安田晃子(仮名)さんです。

安田さんは2012年、インターネットを利用した内職詐欺に遭い、消費者金融に多額の借金をしてしまいました。この詐欺に遭うまで、消費者金融とはまったく縁がなかったという安田さん。

しかし、若い頃にクレジットカードのキャッシングを利用したことがあるということで、そのときのお話をうかがいました。

当時の安田さんは20代。勤めていた会社を辞めてアルバイトをしていたそうです。この頃、世の中はバブル景気で、金回りのいい時代。

安田さんは給料日前で苦しくなるとセゾンカードでキャッシングし、リボ払いで返済していたそうです。

セゾンカードは、勧誘スタッフも多く、また西友・西武デパートなどで買い物がお得になることから、昔から利用者も多いカード。

ただし金利も高く、リボ払いを利用すると、さらに支払い額がかさみます。

安田さんがなぜクレジットカードでのキャッシングを選んだのか、リボ払いを経験して、どうだったのかを伺いました。

セゾンカードで遊ぶお金を借りた

― セゾンカードのキャッシングはどんなことに使っていたのでしょうか?

遊ぶ為のお金です。カラオケや飲み会に行く資金が足りず、借りていました。そんな大きなお金ではなくて、1回に1万円とかです。

返済はリボ払いなので、1回1万円くらい借りて、月に1万2~3千円のリボ払いで支払っていました。

利用頻度も特に決まっていた訳ではなくて、必要なときに借りてリボで返すというのを繰り返していました。

リボ払いとは、「リボルビング払い」のこと。支払方法の一種です。

分割払いは、3回払い、6回払いのように複数回にわけて支払う方法ですが、リボ払いは毎月一定の金額を支払っていきます。

毎月の支払い額が一定だと、家計を管理しやすいという利点がありますが、総額がわかりにくい、返済期間が長期化するなどの欠点があります。

また、いくら利用しても毎月の支払い額が一定なので、借金をしているという意識が低くなります。

※ 編集より
リボ払いについては、リボ払いを計算したとんでもなく損をしていた事がわかった話にて解説しています。こちらもあわせて読んでみてください。

金利を考えていたら借りられない

― 金利は高くありませんでしたか?

笑顔で借金について話してくれた安田さん

1万円借りて、1万300円くらい返す感じ、10万円借りて、10万3,000円くらい返す感じだと思っていました

ただし、いちいち金利の計算はしていません。これ、いくら払っているんだろうと考えていたら、借りられなくなっちゃいます。

何故クレジットカードでのキャッシングを選んだのか

― クレジットカード以外の選択肢はなかったのですか?

なかったですね。クレジットカードはすぐに借りられるので、手軽ですし。

返すのも、わざわざ返しに行くのではなく、期日が来たら勝手に銀行から落ちるので楽です。銀行にはバイト代が入りますし。

― 消費者金融から借りることは考えなかったですか?

ぜんぜん考えなかったです。当時はバイトだったので、審査に通ると思いませんでしたし。

クレジットカードを作った時は会社勤めだったのですが、アルバイトになってからも変更届けは出さず、勤務先もそのままになっていました。

だから辞めてからも3~4年、そのまま使うことができたんです。

常習性は?

特にリボ払いの場合、いくら借りても毎月の支払い額が一定なので、借金をしているという意識が低くなります。常習性はないのでしょうか?

― 常習性はありましたか?

借金の常習性について語ってくれた安田さん

ありますね。
1回借りちゃえばだんだん慣れてきます。

バイトの給料が入ってくるのが毎月25日だったのですが、その前はどうしても家計が苦しくなります。

ちょっと苦しいと、1万円くらいなら借りようと思っちゃいます

クレジットカードでのキャッシングの良い点と悪い点

― 良かった点は?

「あっ、お金がない」と思った時に、セゾンの機械のある場所を覚えておけば、すぐにお金を借りられるのが良かったです。

― 悪かった点は?

金利が高い点です。

それと、支払いが始まるのは借りた月の翌月か翌々月ですから、返済期間が長くなる点です。

― このときの借入れは、すべて完済できたのですか?

はい、完済しました。

インタビューを終えて

クレジットカードのキャッシングは手軽に利用できます。

お持ちのカードにキャッシング機能がついていれば、申込みも審査も不要。ATMからすぐ借入れできます。

また、消費者金融より抵抗感も少ないですよね。

ただ、いいことばかりではありません。

クレジットカードのキャッシングの金利は消費者金融並みの高金利です。

また、支払いをリボ払いにしてしまうと、「あといくら支払えばいいのか」「いつ完済できるのか」「支払う利息の総額はいくらになるのか」など、大切なことがわかりにくくなってしまいます。

リボ払いを利用する際は、利用残高、返済回数、利息総額をよく確認するようにしましょう。

カード会社によっては、ホームページに支払いシミュレーションツールを用意しているところもありますので、ぜひ活用してください。

また、可能なかぎり「繰上げ返済」をおこない、できるだけはやく完済してしまいましょう。

繰上げ返済の分はすべて元金にあてられるので、その分完済をはやめることができます。つまり、利息を節約できるのです。

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報