母子福祉資金貸付金は母子家庭の強い味方。お金に困ったら相談すべし【体験談】

貸付制度をたびたび利用しているというシングルマザーの伊藤さん

経済的な不安を抱えることが多い母子家庭。

世の中にはそんな母子家庭を支援する制度があるってご存じですか?

その名も「母子・寡婦福祉資金貸付金」。
これを利用すれば、金利ゼロ、もしくは超低金利でお金を借りることができます。

今回は、母子・寡婦福祉資金貸付金を何度も利用したことがあるというシングルマザーの方から、詳しいお話を聞くことができました。

体験者の情報

名前:伊藤 美智子(仮名)
性別:女性
当時の職業:グラフィックデザイナー
当時の年齢:33~52歳
借入件数:消費者金融3件、信用金庫1件、公的支援
会社名(借入先):武富士、プロミス、ノーローン、たちばな信用金庫、母子・寡婦福祉資金貸付金、日本政策金融公庫
利用時期:1995年~2010年
借金の合計額:総額600万円以上

母子家庭の貸付制度をフル活用して、2人の子供を育てました!

お話をうかがったのは伊藤美智子さん(仮名)、52歳。フリーのグラフィックデザイナーとして働いているハツラツとした女性です。

伊藤さんは2人の娘さんを持つシングルマザーでもあります。離婚後は、お金のやりくりに苦労しながらお子さんを育ててきました。

そんな伊藤さんの強い味方になったのが、母子家庭のための公的貸付制度「母子・寡婦福祉資金貸付金」です。

今回は伊藤さんに、母子・寡婦福祉資金貸付金の手続きや返済について詳しいお話を聞きました。

ケガをして働けなくなってしまった...!

― 伊藤家は母子家庭ということなのですが、収入はどれくらいあったのですか?

伊藤さん、成人した娘さんがいるとは思えない、若々しい方です

私は1993年に2人の娘を連れて離婚しました。元夫から養育費はもらっていません。

でも私自身、フリーのグラフィックデザイナーとして働いていたので、3人で暮らしていくことはできました。

その頃は景気が良かったので、月に30万円くらい収入がありましたね。自営業なので波がありますが、年収は400万円を超えていたと思います。

― お金を借りることになったきっかけは?

離婚して2年ほど経った頃、商売道具の利き腕を大ケガしてしまいました。1ヶ月くらい仕事ができなくなってしまったんです。

生命保険には加入していましたが、「ケガの保障」は付けていませんでした。

それで収入が途絶えて、家賃や生活費がなくなってしまって...。

― 貯金はなかったのですか?

育ち盛りの子供が2人いて、毎月の家賃を払いながらの生活なので、貯金はできません。

しかも小学生の娘たちがよく食べるので、極端にエンゲル係数が高い家計だったんですよ!

両親に頼ることもできたのですが、私はどうも家族に甘えられない性格で(笑)

市役所で言われた信じられない言葉とは?

― お金のことをどこに相談したのですか?

ケガをした直後、私が住んでいる長崎市の役所の福祉課に相談に行きました。母子家庭は、公的な貸付制度を利用できるって知っていたので。

それは「母子・寡婦福祉資金貸付金」(以下、母子福祉貸付金)といって、母子家庭が金利ゼロ~超低金利でお金を借りられる制度なんです。

― 「母子福祉貸付金」のことはどこで知りましたか?

離婚した際、長崎県の母子会(長崎県母子寡婦福祉連合会)に入ったのですが、そこで母子福祉貸付金の存在を教えてもらったんです。

― 市役所の福祉課に相談した結果、どうなりましたか?

それがひどいんです!聞いてください。
福祉課の窓口で相談したら、「あなたたちに贅沢させるために、私たちは税金を払っている訳じゃないんだよ!」と暴言を吐かれたんです。

それでも「どうにかなりませんか?」とお願いしたのですが、「保証人も必要だし、返済できるのか確証がない」と言われてしまって...。

さらに、長崎市役所から県庁まで書類を上げなくてはならないので、「仮に審査に通ったとしても、実際にお金を受け取るまで1ヶ月以上かりますよ」と突き放すように言われました。

私も、もっと粘って交渉すれば借りられたかもしれませんが、暴言を吐かれたことがショックで、それ以上お願いする気になれませんでした。

それに1ヶ月も待たされるなら、家賃の支払いに間に合いません。他の方法を探すしかありませんでした。

窮地を救ってくれたのは消費者金融

― 市役所で断られた後、どうしたのですか?

市役所を出たその足で、武富士に行きました。

当時は消費者金融の自動契約機のCMがよく流れていたので、それで思いついて。

そして窓口に行って、ダメもとで「10万円貸してください」と言ってみたんです。すると「はいどうぞ」とあっさりOKが出て...。

― 武富士ではどんな手続き、審査がありましたか?

申込用紙を記入して、あとは運転免許証を提出するだけでしたね。

限度額は10万円で金利は29%。
お金はその日のうちに引き出すことができました。

― 「金利が高い」と思いませんでしたか?

確かに、母子福祉貸付金の金利(1%程度)と比べたら、かなり高金利ですよね。

でもそのときは「明日のお米を買うお金が欲しい!」という状況。現金を手に入れることが最重要課題だったので、金利のことはまったく気にしていませんでした。

自営業で母子家庭、しかも収入が途絶えているのにお金を貸してくれるなんて、当時は本当にありがたいと思いましたよ。

― その後、無事 仕事復帰できたのですか?

当初の予定通り1ヶ月で仕事を再開しました。

武富士への返済は月1万円くらいだったので、こちらも順調に返していきました。当時は仕事がたくさんあったので、半年後に窓口に行って一括返済しました。

― ちなみに、手のケガの治療費はどうしたのですか?

治療費は10万円くらいかかりましたね。でも後から医療費補助の申請をしたので、ほとんど返ってきました。

公的補助や公的貸付は、現金が手に入るまでに時間がかかりますよね(苦笑)

勇気を振り絞って再び役所へ!引越し費用を「母子福祉貸付金」でまかなうことに

― その後、結局「母子福祉貸付金」を利用したんですね?

カッターで切って大けがしてしまった指は、今でも傷跡が残っているという伊藤さん

はい。それから数年後、結局利用することになりました。

引越しをすることになったのですが、その費用が足りなくて。

市役所でお金を借りるのは、前回のことがあったので抵抗がありました。

でも「使える制度は使うべきだ」と思いましたし、金利はどこよりも低いですから。

― 母子福祉貸付金から、いくらくらい借りることができたのでしょうか?

母子福祉貸付金は使用目的によって分類されていて、生活資金・修学資金(子供の進学費用)・住居資金・医療介護資金など、12種類に分かれています。この使用目的によって限度額・金利・返済期限が変わるんです。

そのなかに「転宅資金(引越し費用)」があって、当時の限度額は24万円でした。

― 手続きはどのようなかんじでしたか?

まず市役所の福祉課に行きました。

そこで提出したのは、身分証明書、所得証明書、住民票と印鑑証明。本人と保証人の分がそれぞれ必要でした。

保証人はうちと同じような母子家庭の仲間で、長年病院に勤めている友人が快く引き受けてくれて。

それから、引越し費用の見積書を提出しました。

あと、自分が住んでいる地域の民生委員さんの印鑑も必要でした。

それまでは民生委員の存在すら知らなかったのですが、今回のことがあって初めてお会いしたんです。そしたら中学校時代の同級生のお父さんだったんですよ(笑)

もちろんすぐに応じてくれて、おかげで審査にはすんなり通りました。

それで限度額いっぱいの24万円を借りることができました。借入れまでにかかった時間はだいたい1ヵ月くらいですね。

― 金利や月々の返済額は?

金利はゼロでした。

※ 編集より補足
2014年4月現在、長崎県の母子福祉貸付金は保証人をつけると金利ゼロで利用することができます。

それに、返済開始まで半年の猶予期間がありました。

月々の返済額は記憶が曖昧で覚えていませんが...でも2年以内には完済したと思います。もちろんその間に遅延はありません。

手続きは面倒ですが、活用して本当によかったです。

進学の際も「母子福祉貸付金」を利用できる!

― その後も母子福祉貸付金を利用されたんですね?

2人の娘の中学と高校の進学が重なったとき、やはりお金がかかるので利用しましたね。入学金や制服、学用品などを揃えるための費用です。

母子福祉貸付金では、こういう進学の時の準備資金も借りられるんですよ(就学支度資金)。

― どのような手続きでしたか?

提出する書類などは、前回(引越し費用を借りた際)と同じです。同様に、保証人も必要でした。このときはたしか、正社員をしている妹に保証人をお願いしましたね。

ただ、今回も借入れまではやはり1ヵ月くらいかかってしまいました。

でも、娘の進学に合わせて計画的に申込んでおいたので、無事に入学式を迎えることができました。

― いくら借りることができましたか?金利や月々の返済額は?

いくら借りたか記憶が曖昧なんですが、中学に入学する娘と、高校に入学する娘、それぞれのために10万円前後のお金を借りることができたと思います。

金利は2%前後でした。
今回も返済開始までの猶予が半年間あったので、とても助かりましたね。

返済額もはっきり覚えていませんが、大体月々3,000円程度だったような気がします。

返済期限もある程度自分で設定することができるので、そこもよかったですね。

子どもが独立してからも利用できる!

― 母子福祉貸付金を利用した感想は?

お金を借りるためのノウハウをたくさん持っている伊藤さん

やっぱり公的貸付だから審査が厳しいですね。

でも消費者金融に比べ、金利が圧倒的に低いです。

手続きが多少面倒でも、借りる価値は十二分にあったと思います。

― その後、市役所の窓口で暴言を吐かれたことはありましたか?

ないですね。今あんな暴言を吐かれたら、訴えられてもおかしくないですもんね。行政サービスもだんだん良くなってきていると思いますよ。

まぁ、嫌味のひとつやふたつ言われることもありますが...。

でも、私自身も精神的に強くなったので、もう何言われても気にしません。

― すでに娘さんは成人されたようですが、現在も母子福祉貸付金を利用できるのですか?

子供が成人するまでは「母子家庭の母」というポジションなのですが、子どもが成人すると「寡婦」という立場になります。

この制度は、「寡婦」でもお金を借りることができるんです。

― 「寡婦」になっても、母子福祉貸付金を利用することがありますか?

はい。実は先日、25歳になる下の娘の結婚資金を借りようとしました。

インターネットで調べたら、母子福祉貸付金には「結婚資金」という項目もあったんです。「30万円まで借りられる」と書いてあったので...。

それでまた市役所に相談に行きました。

すると「娘さんは働いているのですか?」と聞かれ、「そうだ」と答えると、「お子さんが社会に出た母子家庭には、お貸しすることができません」と断られてしまったのです。

結局、「働いているのなら子供がどうにかしろ」ということなのでしょう。

披露宴の見積もりまで持って行ったのですが、「ご祝儀でなんとかなるんじゃないですか」とも言われました。

※ 編集より補足
母子福祉貸付金で「結婚資金」の貸付対象になるのは、母(寡婦)本人か、扶養している子どもです。伊藤さんの娘さんはすでに独立し、もう扶養家族ではないので認められなかったものと思われます。

― 今後も利用することがあるでしょうか?

私は自営業のシングルマザーで、貯金もありません。これからは年を取るので、ますます経済的にも社会的にも弱い立場になります。

だから、今後も母子福祉貸付金を上手に活用していくつもりです。

インタビューを終えて

たくましいお母さんという印象の伊藤さん。最初は暴言に負けてしまいましたが、その後は母子福祉貸付金をフル活用してきました。

この母子福祉貸付金制度は各都道府県に設けられていて、市区町村役場や福祉事務所が窓口になっています。

ここで、母子福祉貸付金のメリット・デメリットまとめてみましょう。

メリット

  • 金利ゼロ、あるいは超低金利(1~3%)で利用可能
  • 返済開始までに猶予期間がある(6ヵ月~1年)

デメリット

  • 手続きが煩雑で時間がかかる(申込みから利用開始まで大体1ヵ月)
  • 保証人が必要なことも
  • 滞納すると違約金が発生

借入可能額については、東京都の例を見てみましょう(2014年4月現在)。

利用目的 限度額 返済期限 連帯保証人
医療資金 34万円 5年以内 必要
転宅資金(引越し資金) 26万円 3年以内 必要
就学支度資金(中学校入学) 4万6千円 20年以内 不要
就学支度資金(公立高校入学) 16万円 20年以内 不要
結婚資金 30万円 5年以内 必要

東京都の場合は、以上すべて金利ゼロで利用できます。

他にも、生活資金、仕事をはじめる準備資金、資格や技術を身に付けるための学習費用(運転免許証取得など)など、最大で280万円のお金を借りることができます。

参考:東京都「母子福祉資金貸付のごあんない」
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kodomo/hitorioya_shien/kashitsuke/boshi.html

ただし審査内容、限度額、金利、保証人の有無は、自治体によってやや異なります。利用したい場合は、お住まいの都道府県のホームページを確認してみてください。

さて、自営業のシングルマザーである伊藤さんは、母子福祉貸付金以外からも上手にお金を借りています。

彼女が利用したのは、低金利の日本政策金融公庫と地元の信用金庫です。そのときのことについては、次のインタビューで詳しく紹介しています。

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報