セディナカードローンを徹底検証・比較してわかったことまとめ

今回は、クレジットカードで有名なセディナが運営している「セディナカードローン」について調査しました。

セディナはクレジットカードで有名ですが、最近はカードローンにも力を入れています。

クレジットカードのカードローンというとイメージはいいですが、金利も限度額もサービスも「消費者金融と銀行カードローンの中間」という印象を持たれている方も多いのではないでしょうか。

実際に調べてみると、「7日間無利息」、「即日融資可能」など、消費者金融と同等のサービスを提供していたりする一方、「金利が高め」、「限度額が低い」などマイナス面もあります。

そこで今回はいつものように、セディナカードローンの優れている点と劣っている点を検証するため、金利、限度額、スピードなどのスペックを大手消費者金融や銀行のローンと比較することにしました。

  • 目次
  • セディナカードローンとは?
  • メリット
  • デメリット
  • どんな方におすすめのローン?
  • 金利
  • 限度額
  • 申込方法・審査時間
  • 借入方法
  • おまとめローン
  • 無利息期間
  • 返済方法
  • 返済方式
  • 店舗数

セディナカードローンとは?

セディナは三井住友フィナンシャルグループの信販会社です。信販会社と言えばクレジットカードを発行している会社ですが、セディナカードローンはキャッシングに特化した商品です。

クレジットカードではないので、ショッピングには使えません。

利用資格

利用できるのは、下記の条件をすべて満たす方です。

  • 20歳以上64歳以下
  • 電話連絡可能
  • 一定の収入がある

年収や職業による制限はなく、パート・アルバイトでも申込めますが、学生は対象外です。

セディナカードローンのメリット

まず、セディナカードローンのメリットについて検証しましょう。

7日間無利息

初回限定ですが、借入れから1週間は利息がかからない無利息期間サービスがあります。契約後、1ヶ月以内に借入れれば自動的に7日間無利息になるのです。

セディナの7日間無利息の詳細はこちらをクリック

即日融資可能

平日11時までにホームページから申込めば、最短30分で審査回答があります。

その後、必要書類をFAXすれば、申込み当日に振込みで融資してもらえます。

カードのデザインがかわいい

セディナカードローンでは2種類のカードから好きなほうを選ぶことができます。

ひとつはブルーのグラデーションのデザインのもの。

セディナカードのデザイン

そしてもうひとつはキティちゃんのイラストが入ったものです。

セディナカードのデザイン

女性の財布に合う可愛いデザインですね。どちらも一見、クレジットカードのようなので、よく見なければカードローンのカードとは気づかれないでしょう。

セディナカードローンのデメリット

では、セディナカードローンのデメリットについてはどうでしょうか。

新規は50万円までしか借りられない

限度額は1万円~200万円です。
しかし、新規申込みの場合は最大でも50万円が上限になります。

そのため審査スピードが早めになっているという側面もありますが、50万円を超えてお金を借りたい方にとっては残念ですよね。

金利は18%

セディナカードローンの金利は最高18%です。
最低金利のみがホームページなどで表示されているのは珍しいですね。

ただ、新規借入時は最大50万円しか借りられないことを考えると、はじめは18%が適用される確率が高いです。

18%ですと、大手消費者金融の相場と同じですが、銀行ローンの相場(最高15%程度)に比べると高いですよね。

返済方法は「口座引落」のみ

ATM返済やインターネット返済、振込みなど、返済方法が複数用意されているローンが多いなか、セディナカードローンは口座引落一択です。毎月決まった日に自動で引き落とされます。

返済日や返済方法を選べるローンにくらべると、少し不便ですね。

どんな方におすすめのローン?

希望借入額50万円以下、なおかつ短期で返済できるメドのある場合におすすめです。7日間無利息のサービスがあるので、その期間以内に完済できるのなら、さらにおすすめです。

また、即日融資が可能なので、「今日中に口座に振り込んでほしい場合」にもおすすめですね。

一方、50万円超を借りたい方や低金利ローンを希望する方には向いていません。その場合は、限度額が大きく、金利の低い別のローンを検討しましょう。

さて、ここからはセディナカードローンの金利や限度額、申込方法や審査時間、返済方法などについて、それぞれ他社ローンと比較しながら詳しく検証していきます。

セディナカードローンについてさらに詳しく知りたい方は、このまま読み進めてください。

金利

業者名金利遅延損害金
信販 セディナカードローン 最高18.0% 20.0%
  業者名 金利 遅延利率・遅延損害金
銀行 住信SBIネット銀行MR.カードローン(プレミアムコース) 0.99~7.99% 20.0%
みずほ銀行カードローン 3.5~14.0% 19.9%
三菱東京UFJ銀行カードローン 1.8~14.6% 14.6%
消費者金融 オリックスVIPローンカード 3.0~16.8% 19.9%
プロミス 4.5~17.8% 20.0%
アコム 3.0~18.0% 20.0%
信販 三井住友カードゴールドローン 3.5~9.8% 20.0%

※ 金利、遅延損害金はすべて実質年率です。

セディナカードローンの金利は最高18%です。
最低金利は公式ホームページなどに記載されていませんが、新規借入時はまず18%が適用されると考えていいでしょう。

18%の金利は業界ではもっとも高金利の部類に入ります。
最近は、最高金利15%以下など低金利のローンも増えているので、金利を重視する方にはおすすめできませんね。

たとえば、住信SBIネット銀行の「Mr.カードローン」なら、金利は1.99~7.99%です。選ぶローンによって、金利に倍以上の差が出てしまいます。

限度額

業者名限度額金利
信販 セディナカードローン 1~200万円 最高18.0%
  業者名 限度額 金利
銀行 みずほ銀行カードローン 10~1,000万円 3.5~14.0%
ジャパンネット銀行
ネットキャッシング
10~1,000万円 2.5~18.0%
三井住友銀行カードローン 10~800万円 4.0~14.5%
消費者金融 オリックスVIPローンカード 30~800万円 3.0~16.8%
アコム 1~800万円 3.0~18.0%
モビット 1~800万円 3.0~18.0%

セディナカードローンは、新規申込みの場合、最大限度額が50万円になります。これはあなたのクレジットカードヒストリーがどれだけ良くても変わりません。

ただし、限度額は大きければ大きいほど良いというわけでもありませんよね。限度額の大きさより「自分に必要な金額を満たしているか」に注目してください。

また、セディナは貸金業者なので、セディナカードローンは総量規制の対象となります。

よって、あなたの年収の3分の1を超える金額を借りることはできません(すでに他貸金業者からの借入れがある場合は、その借入額と合算したものが年収の3分の1以下でないといけない)。

総量規制にしばられたくない場合は、対象外である銀行のローンを検討するようにしましょう。

申込方法・審査時間

業者名申込方法審査時間(最短)融資までの時間(最短)お試し審査お試し審査入力項目数
信販 セディナカードローン インターネット 最短30分 即日 -
  業者名 申込方法 審査時間(最短) 融資までの時間(最短) お試し審査 お試し審査入力項目数
銀行 新生銀行カードローン レイク インターネット
自動契約機
電話
郵送
即時 最短即日 4
三菱東京UFJ銀行カードローン インターネット
テレビ窓口
電話
郵送
最短30分 最短即日 4
三井住友銀行カードローン インターネット
三井住友銀行ローン契約機
店頭窓口
電話
郵送
最短30分 最短即日 -
消費者金融 アコム インターネット
むじんくん
店頭窓口
電話
郵送
最短30分 最短1時間 4
モビット インターネット
ローン申込機
電話
郵送
最短30分 最短即日 3
プロミス インターネット
プロミス自動契約機
三井住友銀行ローン契約機
店頭窓口
電話
郵送
最短30分 最短1時間 3

※申込みの時間帯によっては当日中の審査が難しいことがあります。

※ 申込時間帯によって当日中の融資が難しいこともあります。

申込みの流れ

申込方法は2種類あるので、好きなほうを選びましょう。

  • 早く振込んでほしい場合、「即日振込」を選びましょう
  • 早くカードが欲しい場合、「最短即日スピード発送」を選びましょう

セディナカードローンの公式ホームページにそれぞれ申込みボタンが設置されているので、そこから申し込みます。

「即日振込」を希望する場合

「即日振込」を希望する場合

「最短即日スピード発送」を希望する場合

「最短即日スピード発送」を希望する場合

審査時間

「即日振込」、「最短即日スピード発送」、いずれの場合も30分で審査が完了します。

新規の限度額が50万円以下におさえられているため、審査は早いですね。

しかし、土日祝日に申込むと、審査回答は翌営業日となります。また、平日でも申込時間によって審査回答が翌営業日となってしまうので注意してください。

融資までの時間

「即日振込」で申込めば、即日融資も可能です。
平日の午前11時までに申込みが完了していれば、原則として当日中に振込みで融資してもらえます。

しかし、申込みが間に合っても、審査に時間がかかったり、必要書類の送付が遅くなったりすると、その日のうちに振り込んでもらえません。

15時(銀行の営業終了時間)を超えると当日融資は難しくなるので、余裕をもってお昼ごろまでに必要書類のFAXまで済ませておきましょう。

また、「最短即日スピード発送」で申込むと、最短で申込当日にカードを発送してもらえます。

平日12時までに申込手続きを終えれば、その日中にカードを発送してもらえるので、翌日か翌々日にはカードを利用できるようになります。

ただ、大手消費者金融や銀行のように自動契約機が用意されていれば、申込当日にカードを受け取ることができるので、その点は不便ですね。

必要書類

「即日振込」で申込みした場合、振込先の口座情報と一緒に本人確認書類をFAXする必要があります。

また、「最短即日スピード発送」で申込みした場合、カードを受け取る際 本人確認書類を提示する必要があります。

主な本人確認書類

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード(写真つき)

なお、新規借入時は最高でも50万円までしか借りられないので、収入証明書の提出は原則不要です。

借入方法

業者名振込みによる借入れ提携ATM(銀行・コンビニ)からの借入れ
可否申込方法当日中の借入れ手数料主な提携ATM手数料
信販 セディナカードローン 電話
インターネット
無料 三井住友銀行
三菱東京UFJ銀行
みずほ銀行
セブン銀行
イオン銀行
東京スター銀行
りそな銀行
ローソンATM
E-net
ゆうちょ銀行
利用額1万円以下:108円
利用額1万円超:216円
  業者名 振込みによる借入れ 提携ATM(銀行・コンビニ)からの借入れ
可否 申込方法 当日中の借入れ 手数料 主な提携ATM 手数料
銀行 楽天銀行スーパーローン 電話
インターネット
無料 三井住友銀行
セブン銀行
イオン銀行
ローソンATM
E-net
無料(※1)
オリックス銀行カードローン 電話
インターネット
無料 三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
セブン銀行
イオン銀行
西日本シティ銀行
ローソンATM
E-net
ゆうちょ銀行
無料
じぶん銀行じぶんローン 電話
インターネット
無料 三菱東京UFJ銀行
セブン銀行
ローソンATM
E-net
ゆうちょ銀行
無料
消費者金融 アコム 電話
インターネット
無料 三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
セブン銀行
イオン銀行
ローソンATM
E-net
利用額1万円以下:108円
利用額1万円超:216円
プロミス 電話
インターネット
無料 三井住友銀行
セブン銀行
ローソンATM
E-net
利用額1万円以下:108円
利用額1万円超:216円
アイフル 電話
インターネット
無料 三菱東京UFJ銀行
セブン銀行
イオン銀行
ローソンATM
E-net
利用額1万円以下:108円
利用額1万円超:216円

※1 三井住友銀行、セブン銀行、イオン銀行、ローソンATM、E-net のうちいずれかを利用した場合

振込みとATM、2種類の借入方法があります。

振込みによる借入れ

ホームページ、もしくは電話で依頼し、口座に直接振込がされます。いずれも手数料はかかりません。

即時振込キャッシング

ホームページから依頼します。
振込先が楽天銀行なら、24時間365日いつでも即時反映されます。

その他金融機関の場合、平日9時~15時なら即時ですが、これを過ぎると翌営業日の振込みとなります。

振込先は、基本的にどの銀行でも大丈夫ですが、ゆうちょ銀行は使えないので注意してください。

テレフォンキャッシング

電話で依頼します。
また、この場合、振込先は返済用の口座となります。

平日朝10時までに依頼すれば即日 振込まれますが、それ以降、または土日祝日に申込みした場合は翌営業日の振込みとなります。

ATMによる借入れ

ATMからも借入可能です。
自社ATMはありませんが、提携ATMは全国で14万台。豊富なので問題ありません。

上記の表のうち、「セディナカードローン」の「主な提携ATM」の項目に載っているATMのほか、OMCマークの入ったカード会社のATM・CDも利用可能です。

ただし、ATMを利用する場合は、利用金額が1万円以下なら100円、1万円超なら200円の利用手数料がかかります(いずれも税抜き)。

手数料を払うのがイヤなら、振込みを利用しましょう。

おまとめローン

業者名おまとめ専用商品総量規制金利限度額最長返済回数
信販 セディナカードローン - 対象 最高18.0% 1~200万円 98
  業者名 おまとめ専用商品 総量規制 金利 限度額 最長返済回数
銀行 住信SBIネット銀行MR.カードローン
(プレミアムコース)
- 対象外 0.99~7.99% 10~1,200万円 -
みずほ銀行カードローン - 対象外 3.5~14.0% 10~1,000万円 -
三井住友銀行カードローン - 対象外 4.0~14.5% 10~800万円 -
消費者金融 アイフル おまとめMAX 対象外 12.0~15.0% 1~500万円 120
プロミス 貸金業法に基づくおまとめローン 対象外 6.3~17.8% 1~300万円 120
アコム 貸金業法に基づく借換え専用ローン 対象外 7.7~18.0% 1~300万円 162

セディナカードローンはおまとめに向いているかですが、結論から言うと向いていません。

おまとめには、低金利・高限度額・総量規制対象外の条件をクリアしていることが望まれますが、セディナカードローンはいずれもあてはまらないからです。

おまとめ目的の方は、他のローンを検討しましょう。

たとえば、さきほど金利のところでも紹介した住信SBIネット銀行の「Mr.カードローン」なら、金利は1.99~7.99%、限度額は10~1,000万円です。

しかも、銀行のローンですから、総量規制の対象になりません。

無利息期間

業者名無利息期間
信販 セディナカードローン 7日間(初回のみ)
  業者名 無利息期間
銀行 新生銀行カードローン レイク 契約日の翌日から30日間(初回のみ)
契約日の翌日から180日間(初回のみ、5万円まで)
ジャパンネット銀行ネットキャッシング 初回借入日から30日間(初回のみ)
消費者金融 プロミス 初回借入日の翌日から30日間(初回のみ)
ノーローン 借入日の翌日から7日間
アコム 契約日の翌日から30日間(初回のみ)
アイフル 契約日の翌日から30日間(初回のみ)

セディナカードローンは、新規申込みに限り7日間無利息で利用できます。

ただ、注意すべきは、新規加入から30日以内という条件です。契約後、借入れしないまま1ヶ月経ってしまうと、無利息の特典を受けられません。

また、他の無利息期間サービスに比べると少し物足りない感じもします。上の表を見ると、「30日間無利息」となっているところが多いですね(いずれも初回のみ)。

その点セディナカードローンは7日間のみ。
もう一声欲しいところです。

返済方法

業者名返済期日インターネットからの振込みによる返済提携ATM(銀行・コンビニ)からの返済その他返済方法
可否対応金融機関利用可能時間手数料主な提携ATM手数料
信販 セディナカードローン 27日 - - - - - - 口座引落
  業者名 返済期日 インターネットからの振込みによる返済 提携ATM(銀行・コンビニ)からの返済 その他返済方法
可否 対応金融機関 利用可能時間 手数料 主な提携ATM 手数料
銀行 楽天銀行スーパーローン
(※2)
1日
12日
20日
27日
Pay-easy(ペイジー)利用可能金融機関
(※4)
24時間 無料 三井住友銀行
セブン銀行
イオン銀行
ローソンATM
E-net
無料 口座引落
振込み
新生銀行カードローン レイク 毎月指定日(任意) Pay-easy(ペイジー)利用可能金融機関
(※4)
24時間 無料 セブン銀行
ローソンATM
E-net
無料 レイクATM
口座引落
振込み
オリックス銀行カードローン 毎月10日か末日 - - - - 三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
セブン銀行
イオン銀行
西日本シティ銀行
ローソンATM
E-net
ゆうちょ銀行
無料 口座引落
振込み
消費者金融 アコム 35日ごと
毎月指定日(任意)
6日(口座引落)
Pay-easy(ペイジー)利用可能金融機関
(※4)
24時間 無料 三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
セブン銀行
イオン銀行
ローソンATM
E-net
利用額1万円以下:108円
利用額1万円超:216円
店頭窓口
アコムATM
口座引落
振込み
プロミス 5日
15日
25日
末日
三井住友銀行
三菱東京UFJ銀行
ジャパンネット銀行
みずほ銀行
楽天銀行
24時間 無料 三井住友銀行
セブン銀行
ローソンATM
E-net
利用額1万円以下:108円
利用額1万円超:216円
(三井住友銀行は手数料無料)
店頭窓口
プロミスATM
口座引落
振込み
コンビニ
(※3)
ノーローン 毎月指定日(任意) Pay-easy(ペイジー)利用可能金融機関
(※4)
24時間 無料 新生銀行
イオン銀行
セブン銀行
ローソンATM
E-net
利用額1万円以下:108円
利用額1万円超:216円
レイクATM
口座引落
振込み

※2 毎月の返済(約定返済)は「口座引落」で行われます。引き落とし日は金融機関によって異なる
※3 ローソン、ミニストップ、ファミリーマート
※4 全国の銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農業協同組合・漁業協同組合

返済方法は口座引落のみ。
毎月27日に口座から自動で引き落とされます。

返済方法や返済日を選ぶことはできません。
選択肢がないのは不便ですが、払い忘れがなくていいですね。もちろん手数料もかかりません。

返済方式

業者名返済方式
信販 セディナカードローン 残高スライド定額リボルビング
  業者名 返済方式
銀行 三菱東京UFJ銀行カードローン 残高スライドリボルビング
三井住友銀行カードローン 残高スライド
みずほ銀行カードローン 残高スライド
住信SBIネット銀行MR.カードローン(プレミアムコース) 残高スライドリボルビング
楽天銀行スーパーローン 残高スライドリボルビング返済
元利込定額返済
消費者金融 アコム 定率リボルビング
プロミス 残高スライド元利定額返済
モビット 借入後残高スライド元利定額返済方式
アイフル 残高スライド元利定額リボルビング
オリックスVIPローンカード 新残高スライドリボルビング返済
元利込定額リボルビング返済

返済方式は「残高スライド定額リボルビング」です。利用残高に応じて月々の(最低)返済額が増減するしくみになっています。

たとえば、50万円を借入れた場合、月々の返済額は2万5,000円ですが、返済が進んで借入残高が20万円以下になると、月々1万円の返済となります。

リボルビングご利用残高返済額
5万円以下 5,000円
5万円超~10万円 10,000円
10万円超~20万円 10,000円
20万円超~30万円 15,000円
30万円超~40万円 20,000円
40万円超~50万円 25,000円

そのまま返済していくと、返済期間が長引き利息の総額も大きくなってしまうので、余裕があるときに、できるだけ繰上げ返済しましょう。

繰上げ返済の方法は2つ。

サービスセンターに電話し、指定月の引落し額を増やしてもらうか、セディナの指定口座に自分で振込みます。

後者ですと振込手数料がかかるので、前者の方法がおすすめです。

店舗数

業者名自社ATM主な提携ATM有人店舗の店舗数自動契約機の設置数
信販 セディナカードローン × 三井住友銀行
三菱東京UFJ銀行
みずほ銀行
セブン銀行
イオン銀行
東京スター銀行
りそな銀行
ローソンATM
E-net
ゆうちょ銀行
0 0
  業者名 自社ATM 主な提携ATM 有人店舗の店舗数 自動契約機の設置数
銀行 三菱東京UFJ銀行カードローン セブン銀行ATM
ローソンATM
E-net
677 627
(テレビ窓口)
三井住友銀行カードローン セブン銀行ATM
ローソンATM
E-net
ゆうちょ銀行
439 719
みずほ銀行カードローン セブン銀行ATM
ローソンATM
E-net
ゆうちょ銀行
461 0
消費者金融 アコム 三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
セブン銀行
イオン銀行
ローソンATM
E-net
39 1065
プロミス 三井住友銀行
セブン銀行
ローソンATM
E-net
18 1167
アイフル 三菱東京UFJ銀行
セブン銀行
イオン銀行
ローソンATM
E-net
25 625

セディナには店舗も自動契約機もありません。
申込みはホームページから、借入れは振込みかATM、返済は口座引落でおこないます。

そのかわり、提携ATMの数は豊富です。
大手銀行や ゆうちょ銀行、コンビニやスーパーなど、全国で約14万台のATMやCDが使えます。

いかがでしたか?

セディナカードローンは、いわゆるハイスペックのカードローンではありません。金利は高め、限度額は低めです。

金利が低いローン、審査スピードがはやく利便性の高いローン、無利息期間の長いローンはありますので、他のカードローンなども検討する余地はあるかもしれません。

一方で、7日間無利息や即日融資は評価できますから、気になった方は候補にいれてみてはいかがでしょうか。

過去にセディナカードローンの審査を受けた方の結果

  • 2015年8月6日 18時54分
    小さな派遣業を営んでいますが、ここのところの人材不足で仕事がうまく回らず、当面の資金繰りのため、個人名義で借入れをしました。
    セディナは以前からよくDMが来ていたので、ネットで確認し、JR系なので安心だろうと思い電話してみました。いろいろと事情を聞かれましたが、免許証をサイトから送った程度で収入証明などは求められず、数時間後には指定口座に振り込まれたのでとても助かりました。
    ただ月々の返済額がやや大きいので、早めに完済したいとは思っています。
    申込日 年齢 職業
    2015 60歳 会社経営・会社役員
    勤続年数 年収 融資額
    16年3ヶ月 400万円 50万円
    申込日 年齢 職業 勤続年数 年収 融資額
    2015 60歳 会社経営・会社役員 16年3ヶ月 400万円 50万円
  • 2014年11月11日 01時48分
    生活補填のため、他からも65万円ほど借りてましたが、少し足りなくなったので利用しましまた。店舗での申込でしたが、割とスムーズに希望額を借りることができました。
    申込日 年齢 職業
    2009 43歳 自営業・自由業
    勤続年数 年収 融資額
    10年2ヶ月 600万円 13万円
    申込日 年齢 職業 勤続年数 年収 融資額
    2009 43歳 自営業・自由業 10年2ヶ月 600万円 13万円
  • 2013年5月25日 10時15分
    現在生活保護を受けています。5年前に自己破産しています。現在みずほ銀行借り入れ中ですが、遅延中
    申込日 年齢 職業
    2012 36歳 パート・アルバイト
    勤続年数 年収 融資額
    1年1ヶ月 120万円 なし
    申込日 年齢 職業 勤続年数 年収 融資額
    2012 36歳 パート・アルバイト 1年1ヶ月 120万円 なし
  • 2013年4月16日 03時21分
    だめもとでした
    申込日 年齢 職業
    2011 41歳 パート・アルバイト
    勤続年数 年収 融資額
    なし 180万円 なし
    申込日 年齢 職業 勤続年数 年収 融資額
    2011 41歳 パート・アルバイト なし 180万円 なし

カードローン申込数ランキング

今日中にお金を借りたい人に、一番選ばれているカードローンは?

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報