本当にあった!ドラマみたいな取り立て体験談

知らない間に、夫が多額の借金を作っていました!
そして夫の突然の失踪⇒うつ病発病⇒入院・・・。

夫の看病と子供の世話でいっぱいいっぱいだったときに、自宅や入院先の病院にまでやってきた取立屋さん。彼らとの攻防の体験談です。

体験者(債務者)の情報

名前:高橋浩輔(仮名)
性別:男性
債務整理方法:自己破産・同時廃止・免責決定
借入先:三洋信販、オリエンタルファイナンス、ジャックス、他2社
当時の職業:ホテルマン
当時の年齢:26歳
当時の借金の合計額:500万
債務整理をしていた時期:平成5年3月~平成6年8月頃
費用:約5,000円 (印紙代+ガソリン代×3往復)
(以上の情報は実際に借金をしていた夫のものです。)

ずいぶん前の話になります。
そのころ私は25歳。
3歳と1歳の子どもを抱えた専業主婦でした。
一つ年上の夫はビジネスホテルのレストラン勤務をしていました。

昔からパチンコが好きな人で、ついついお金をつぎ込んでしまうところがありました。独身の頃は何度か貰ったばかりの給料を全て使い込んでしまったこともあったようです。

買い物についても計画性に乏しく、趣味の楽器やコンポなどは、「欲しい!」と思うと後の支払いをきちんと考えないで買ってしまうようなところがありました。付き合っているときは、月々のクレジット払いを私が立て替えて払ったりしたこともありました。

世間知らずだった私はそういう彼の性格を見抜けないまま結婚に踏み切り、結婚3年目のある日、ドラマ顔負けの取立てに遭遇したのです。

借金だらけの結婚生活

取り立て事件から遡ること2年、二人目の出産のときに帰省費用が足りなかったため、私たちは私の名前で地元の信金からカードローンでお金を借りていました。

そのときの金額は5万円。
二人目は里帰り出産だったため、私は3ヶ月ほど他県にある実家に帰っていました。その際、今考えたら馬鹿だとしか思えないことですが、「向こうには支店もないし、紛失でもしたら厄介だから。」と考えて、信金カードを自宅に置いたまま帰省したのです。

結婚前に夫が組んだローンはどうにか完済し、その後の借金も一人目出産後はいくらか返済が進んでいたので、気が緩んだのかもしれません。

結婚後も夫のパチンコが好きは続いていましたが、それでも子どもが産まれてしばらくは節度ができたようで、私からは「前より落ち着いた」ように見えていました。

ところが、それは見かけだけでした。
その頃ちょうど新しい職場でのストレスがたまっていたこともあり、夫はすっかりパチンコに入れ込んでいたようで、また内緒で借金を作っていたのです。

しかし、給料明細と通帳を私に預けている状態では自由にお金が引き出せません。それで、「景気が悪くなってから、待遇が気に入らない」と、もっともらしい理由で、家から更に遠くのホテルに転職しました。

その本当の目的は、現金払いの会社に移って、給料袋の中身を減らしても私にバレないようにするためでした。実はこのとき、夫は既に私には内緒で月々2万弱の返済をしていたのです。

後になって知ったところだと、ちょうどその頃、会社のアルバイトの女子と不倫中で、「夜勤」と偽っての外泊もあったようです。そんな生活は、安い給料では続きません。返済が滞らないように、他社からも借り入れをし、デート費用に前借をし、次々借金が膨らんでいったのだと思われます。

出産後、帰宅して通帳をつけてびっくりしました。
私が帰省している間、夫は信金からほとんど毎日のように1~3万円のキャッシングをしていたのです。総額33万、枠一杯まで借りた上に利息がついていました。

仕事から戻った夫を問い詰めましたが、はぐらかすだけ。
その後、おそらく浮気が激しくなったのか、無断で帰宅しないことが増えました。

私は子供を見ながら内職をして返済に充てましたが、夫の給料として渡される金額は減る一方で、ひどいときは8万円。生活もままならず、私名義の信金の借金は減りませんでした。

突然うつ病に!?さらに膨らんだ借金の発覚!

その年の暮れ、夫は私に内緒の借金返済にボーナスを充てようと考えていて、私には「今年は、勤務1年目未満だからボーナスは少ない。」と説明してきました。

それでいて「壊れたコンポは買い換えたい」と、私名義のクレジットカードのボーナス一括払いでコンポの購入をするようをせがんできました。当時はだんだん暴力が出てきていたため、それが怖いのもあって、承諾して購入しました。

コンポの支払期日の少し前にボーナスの支給がありました。査定は良かったのですが、支給額は借金を返済するのには全く足りませんでした。

最初、夫は怒って会社側に抗議(?)したようです。しかし、会社側からとりあってもらえなかったのか、次は父親に愚痴を聞いてもらおうとしました。しかし、父親にもあっさりと冷たく返されて、その晩は眠れない様子でした。この日の彼の行動は、普段の彼のことを考えるととても奇妙に見えました。

その翌日から、夫は突然出社拒否になりました。
また、その翌日には一時的な記憶喪失になりました。
一日の行動が所々思い出せないというのです。

さらにその翌日、朝起きたら夫は家から姿を消していて、2日間消息が分かりませんでした。その2日後にようやく帰宅したのですが、彼は全く話すこともできず、食事もとらず、布団から出てこなくなってしまいました。

突然、重いうつ病になってしまったのです。

後日の本人の説明では「どこかに逃げなければ!と思って、始発の電車に乗り、途中でお金を降ろして、とにかく遠くに行こうとした。記憶が飛び飛びで、はっきり覚えていないが、気がついたら東北にいた。」と。

コンポの支払いに充てるはずのボーナスは、全額引き出されていました。仕方なく、私の生命保険の積立金から借りて払いました。その間、会社からも連絡があって、「無断欠勤3日だから解雇になるところだけれど、依願退職にして欲しい。」といわれました。

ちょうどその頃、給料日が来たので、「振込みをしてこなければならないから、払うものがあるなら教えて。」といったところ、初めて正直に借金の振込先とカードを出してきたのです。

私は平静を装ってカードを受け取り、嫌がる彼をとにかく病院に連れて行きました。紆余曲折はありましたがなんとか受診してもらい、すぐに精神科に入院することが決まりました。同時に会社も辞めました。

入院してから、振込み先の名前を手がかりに彼の借金総額を調べました。発覚したのは、5社から、元利総額400万円の借金。私の名義で作ったものも加えると500万にも上っていました。とても、内職でまかなえるような金額ではありません。目の前が真っ暗になりました。

精神科に入院したことと、私が無職だったことから、病院からは市役所へ相談に行くように勧められていました。幸い市役所で借金の相談もできるタイミングだったため、そこで相談をし、すぐ自己破産を勧められて、手続きに着手することができました。

1ヶ月だけ生活保護を受け、子供は保育所に預けて、すぐに就職!
夫の入院から2ヵ月後にはパート勤務を始めていました。

この記事の続きをお読みになる場合はこちらから

取り立て屋がついにきた!家や病院にまでやってきたときのお話

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報