危険度&時系列で解説!クレジットカード支払い延滞後の督促の流れ

「クレジットカードの支払いが苦しい...」
「ボーナス月が近いのに、今期はボーナスカットで払えそうにない...」

ローンやクレジットカードの利用者にとって、毎月の支払いは憂鬱なものですよね。しかし、支払い日にお金が払えなかったら、どうなってしまうのでしょう?

郵便で督促状が届くといいますが、封筒に「督促」とデカデカと書いてあるのでしょうか?

突然、職場や自宅に、「払ってください」と電話がかかってくるのでしょうか?

支払いの延滞をされたことがないと、実際に払えなくなった時にどうなるかのわからないと思います。

そこで今回は「支払いを延滞すると何が起こるのか?」を大手信販会社で督促のお仕事をされていたという元社員の女性に質問しました。

「いつ」「どんな」督促があるのか、そして社員しか知らない延滞のデメリットについて詳しく聞いています。

  • 目次
  • ローン延滞のデメリットとは?
  • もっとも延滞が多いのは「ボーナス月」
  • 放っておくほど取り返しがつかなくなる!督促のレベルを解説
  • 何日目にどんな督促が?段階別に危険度チェック!
    • ステージ1:引き落とし日を過ぎてしまったら?
    • ステージ2:再引き落とし日(約2週間後)にも遅れたら?
    • ステージ3:再々引き落とし日(約3週間後)にも間に合わなかったら?
    • ステージ4:それでも督促を無視してしまったら?
    • ステージ5:1ヶ月遅れるとどうなる?
    • ステージ6:1ヶ月以上放置してしまったら?
    • ステージ7:一次督促最終期限を過ぎたら?
  • だまされてローンを組んでしまったら、どうすればいい?
  • インタビューを終えて

今回インタビューに答えてくれたのは...

名前:伊藤 瞳(仮名)
性別:女性
当時の年齢:18~24歳
勤めていた金融機関:大手信販会社O社
勤めていた期間:2004年~2010年
業務内容:債権の督促オペレーター

ローン延滞のデメリットとは?

今回お話をうかがったのは、大手信販会社のO社での元社員だったという伊藤瞳さん(仮名)、28歳。

信販会社とは、商品やサービスのローンを組む会社です。購入者の代わりにお金を立て替え、購入者に分割で支払ってもらい、利息を得ています。

日本では、J社、O社、S社が大手の信販会社として知られていますね。

伊藤さんはO社で支払いが遅れているお客さんに督促の電話をかける仕事をされていました。

では、督促の現場からは、延滞しているお客さんにどんなアプローチをするのでしょう?

どのタイミングにどんな督促が来るのか?いつまでも支払いをしないとどうなってしまうのか?

今回は信販会社が扱う、ショッピングローンやクレジットカードの督促について、伊藤さんに詳しくうかがいました。

もっとも延滞が多いのは「ボーナス月」

― O社はどのようなローンを扱っている会社ですか?

O社で主に扱っているのは、自動車ローン、クレジットカード、ショッピングローンの3つです。ほかにもフリーローンや教育ローンなどもあります。

私がいた頃は、住宅リフォームローンに力を入れていましたね。

お風呂場やIHのクッキングヒーターのリフォームローンになると金額が大きく、300~400万円のものもありました。

ショッピングローンでは、電化製品、健康器具、健康食品、着物や宝石を購入する人が多かったです。

― ローンの支払い方法は?

支払いは銀行引き落としが基本です。お客様には毎月の引き落とし日までに、口座にお金をご用意いただかなければいけません。

しかし、一部のお客様がこの引き落とし日に遅れてしまうのです。

特にボーナス月になると、金額が大きいために、支払いができなくなってしまう人が多かったですね。「ボーナスが減らされた」「ボーナスがまったくなかった」ということもありますから。

― ボーナス払いができなくなったらどうすればいいのですか?

クレジットカードは「ボーナス払い」を止めたり、月を変更することができます。

ただし請求後に変更することはできません。「ボーナス払いの変更」ができる締切日は、支払日前に設定されています。

でもショッピングローンの場合は、契約後に「ボーナス払い」を止めたり、金額を変更することはできないのでご注意ください。

放っておくほど取り返しがつかなくなる!督促のレベルを解説

― 伊藤さんが督促をされていたのは、O社のどんな部署ですか?

O社には全国に4ヶ所、督促を行うセンターがあります。私はそのうちの一つのセンターで働いていました。

このなかで、督促は三つの段階に分かれています。

延滞してから最初の1ヶ月半までは「一次督促」と言って、電話と郵便で督促をします。

次は「二次督促」で、自宅に行くなど、より高度な督促を行う部署です。

最終段階の「三次督促」は、法的手段などの手続きを行います。

私がいたのは、最初の段階、「一次督促」を行うコールセンターでした。

― コールセンターはどんな環境ですか?

コールセンターには社員とアルバイトが合計200人ぐらいいて、1人1台パソコンとデスクが与えられています。

このパソコンの画面に、支払いが遅れているお客様の情報が出てくるので、順番に電話をかけていくのです。

― 電話をかける時間帯は?

電話は8:00からかけることができますが、スタッフの出勤時間は基本的に9:00です。

早番のシフトに入っている数人が8:00からかけていますが、ほとんどのスタッフは9:00から一斉にスタートします。

途中で交代もありますが、遅いシフトの人は夜の8:45まで稼働していました。

― 休みの日や祭日でも電話をしますか?

はい。スタッフはシフト制ですから、祝日でも電話をかけ続けます。

年末年始とお盆だけは人を減らしますが、それ以外は平日も休日も関係ありません。

― 電話する顧客は、担当が決まっていますか?

それはありません。基本的にはランダムにかけます。またローンの種類は関係なく、ショッピングローンもカードも自動車ローンも一緒です。

ただし支払い残高が大きい滞納者だけは、「高額担当チーム」という特別なチームが担当していました。

このチームが受け持つのは、基本的には残高200万円以上のローンです。

アルバイトや社員の中で、交渉力の高い人がこのチームに入っていました。

何日目にどんな督促が?段階別に危険度チェック!

― 督促を行うタイミングを教えてください。

ショッピングローンやクレジットカードの督促は、以下のような段階があります(自動車ローンの督促方法はやや異なりますので、後半のインタビューをご覧ください。

ステージ 日付(例) 予定 延滞後の対応 督促電話の有無
1 3月27日 引き落とし日 郵便で督促 なし
2 4月12日 再引き落とし日 電話・郵便で督促 あり
3 4月19日 再々引き落とし日 連絡がつくまで電話・支払いの約束 あり
4 約束の日 連絡がつくまで何度も電話 あり
5 4月27日 翌月の引き落とし日 支払いがあるまで電話 あり
6 5月初め 一次督促の最終期限間近 「明日までに支払い」要求 あり
7 5月10日 一次督促最終期限 信用情報に記録が残る? あり
  • 1「引き落とし日」に遅れると「再引き落とし日までに入金を」という郵便が届く。
  • 2「再引き落とし日」にも遅れたら、電話と郵便で「再々引き落とし日までに入金」するよう督促。
  • 3「再々引き落とし日」にも遅れたら電話で「いつまでに支払うか?」を約束させられる。
  • 4約束の日までに支払いがなければ、連絡がつくまで何度も電話。
  • 5「翌月の引き落とし日」にも遅れたら、支払いがあるまで何度も電話。
  • 6翌々月の最終期限が近付くと、「明日までに支払い」を求められる。
  • 7翌々月の最終期限にも遅れると、「信用情報に記録が残る?」そして、「二次督促」へ移管。

引き落とし日の翌日から「遅延損害金」が加算されるので、延滞が長引くほどお客様に不利な状況になります。

それぞれのステージを細かく見ていきましょう。

ステージ1:引き落とし日を過ぎてしまったら?

危険度☆☆☆☆☆

― まず「引き落とし日(支払い期日)」に遅れたら、どんな督促をするのですか?

O社の顧客共通の引き落とし日は毎月27日でした。たとえば、第1回目の引き落とし日が「3月27日」だとしましょう。

お客様の銀行口座にお金の準備がなくて、27日に引き落としができなかったら、2~3日後に銀行からO社に「引き落としができなかった」という連絡が入ります。

それを受けてお客様の自宅へ郵便を送ります。

― 郵便はどのような体裁ですか?

ショッピングローンはシール式のハガキ、クレジットカードの場合は封書です。表書には、O社の社名、センター名、住所、電話番号、「親展」と書いてあります。

表には「督促」とは書かれていませんし、シールをはがすか、封筒の中身を見なければ、「督促の郵便」ということは分からないと思います。

ただし、お客様のご家族がこの郵便を見て、表書きにある番号に電話をかけてくることがよくありました。

電話は私たちがいる督促のコールセンターにつながるのですが、お客様がご家族への開示を了解していない限り、ご家族に督促のことは話しません。

でもたまに、本人になりすまして、家族の方が電話をかけてくることがあります。お母さんが娘さんになりすます、といったかんじです。

声からして本人でないとわかる場合もありますが、こちらが「ご本人様ですか?」とたずねて、「はい」と答えられたら、「今月のご入金が確認できませんでしたので郵便を送らせていただきました」と本当のことを申し上げるしかありません。

― 郵便を開けると、中にはどんなことが書かれていますか?

郵便の中には「引き落としができなかったので、再引き落とし日の4月12日までに、銀行口座に必要な金額をご準備ください」ということが書かれています。

実は翌月の12日に「再引き落とし日」が設定されているのです。

初めて遅れたお客様には、3月27日に引き落としができなくても、この4月12日の「再引き落とし日」が過ぎるまでは督促の電話はしません。

また郵便にはコンビニや銀行で決済できる振り込み用紙も付いているので、それで支払いすることもできます。

― もし毎回「引き落とし日」の27日を過ぎても、「再引き落とし日」の12日までに振り込めば大丈夫ということですか?

はい。問題ありません。毎月12日に引き落としになる人もたくさんいらっしゃいます。

O社としては、「再引き落とし日」までは「延滞」扱いしないことになっていますから。

でもクレジットカードは、一度止められて使用できなくなります(もちろん支払いが確認できたら解除されます)。

また27日の期日を過ぎると、遅延損害金(18%)がかかりますからご注意ください。

つまり1回目の「引き落とし日」と「再引き落とし日」では、支払う金額が違います。

その後も、延滞が長引くほど遅延損害金が加算されていきます。

また遅延損害金だけでなく、「督促費用」として、郵便代(電話代)も200円程度加算されました。

ステージ2:再引き落とし日(約2週間後)にも遅れたら?

危険度★☆☆☆☆

― 「再引き落とし日」の4月12日にも支払いができなかったらどうなるでしょうか?

「4月12日」に再引き落としができたかどうか、銀行からO社に連絡が入るのが、2~3日後の4月14~15日です。

この時点で入金が確認できない場合、やはり振込用紙を付けた郵便を送ります。

そしてここから電話での督促が始まり、連絡がつくまで繰り返しかけることになるのです。

まずかけるのは、お客様が登録している自宅の電話です。

自宅につながらない場合は、次に携帯にかけます。この時、「先に携帯電話にかけて欲しい」という要望があれば、そのように対応します。

― 電話のかけ方はどういう感じでしょうか?

最初に本人かどうかを確認し、本人だと分かってからはじめて、会社名・支店名・担当者の名前を名乗ります。

たとえばこんなかんじです。

O社 「○○様のご携帯ですか?」

お客様 「はい、○○ですが・・・」

O社 「O社のFサービスセンター、□□と申します、3月のローンお支払いの件ですが、お支払いはお済みですか?」

お客様 「いいえ、まだです」

O社 「お振込の確認ができないので、4月19日までにご準備をお願いします

実は延滞が初めての人には、4月12日の次にさらにもう1回、4月19日にも「再々引き落とし日」のチャンスがあるのです。

この19日までに入金してくれれば、また次回も12日の「再引き落とし日」を利用することができます。

― 初めての延滞なら、もっとも遅くて19日の「再々引き落とし日」までに支払えば大丈夫ということですか?

そうですね。ただしお客様には19日に「再々引き落とし日」があるということは非公開です。

12日までに引き落としできなくなって初めて、「19日までに入金すれば、次回も再引き落とし日が利用できる」という案内をしていました。

― 12日の「再引き落とし日」は、それまで遅れたことがなければ、必ず利用できるのでしょうか?

実は、お客様の口座がみずほ銀行以外だと、過去に遅れたことがなくても「再引き落とし日」が利用できないことがあります。

つまり支払口座がみずほ銀行以外の場合、27日の1回しか「引き落とし日」がないことがあるんです(みずほ銀行以外でも、「再引き落とし日」を利用できる銀行があったかもしれませんが、はっきり覚えていないです)。

― 少しややこしいですね...。12日の「再引き落とし日」が利用できない条件を整理していただけますか?

はい。

  • 支払口座がみずほ銀行以外(これは少しあいまいですが...)
  • 初回の延滞の場合、再々引き落とし日である19日までに支払いができなかった
  • 二度目以降の延滞の場合、再引き落とし日である12日までに支払いができなかった

このうちいずれかを満たすと、以降12日の「再引き落とし日」が利用できなくなります。

― もし自宅や携帯に電話しても連絡がつかなかったら、勤務先にかけることもありますか?

あります。でも自宅や携帯よりも前に、いきなり勤務先にかけることはありません。

自宅と携帯にそれぞれ朝昼晩3回かけて、つながらないことが2~3日続いた(あるいは1週間のうち3日続いた)場合に、勤務先に連絡をしていました。

ただしO社の社名は名乗りません。「伊藤と申しますが、●●さんいらっしゃいますか?」と私用電話のフリをしてかけます。

それでも本人の不在が続く場合は、勤務先の人に「別の部署に移られたのですか?」と聞くこともあります。

またO社が持っているPHSの番号を伝えて、「折り返し連絡をしていただくようにお伝えください」と言うこともありました。

― 「勤務先に連絡していいかどうか」は、あらかじめ本人に了解を取っているのですか?

O社では、契約の際に「勤務先に連絡していいかどうか」を確認していません。

ただし、勤務先にかけた時に「勤務先にはかけないでくれ」と言われれば、「勤務先NG」と記録され、次回からかけることはありません。

ステージ3:再々引き落とし日(約3週間後)にも間に合わなかったら?

危険度★★☆☆☆

― 4月19日を過ぎても支払えなかった人の場合はどうなりますか?

まず19日までに入金ができなかった場合は、次回から12日の「再引き落とし日」は利用できません。「引き落とし日」は毎月27日の初回の1回だけになってしまうのです。

こうなってしまうと、引き落とし日の2~3日後、29~30日にはすぐに督促電話をかけ始めることになります。

― 19日にも遅れた人へはどんな督促をしますか?

19日を過ぎたお客様には、連絡が取れるまで繰り返し電話をかけることになります。電話のやりとりはこんなかんじです。

O社 「3月のお支払いの件ですが、お支払いはお済みですか?」

お客様 「いえ、まだです」

O社 「こちらからのお振込用紙はご覧いただいていますか?」

お客様 「はい・・・」

O社 「お振り込みをお願いできませんでしょうか?」

お客様 「はい、わかりました」

O社「いつお支払いいただけますか?

お客様「では4月25日に」

O社(すかさず)「お給料日か何かですか?

お客様「そうです」

O社「銀行からお支払いされますか?コンビニからですか?

お客様「コンビニで払います」

― 「**日までに払う」という約束は必ずするんですか?

はい。電話では「いつ」「どこで(支払う場所)」「どうやって(お金の出所)」を必ず確認していました。

漠然と「25日ぐらいまでに払う」という約束では、支払期日を先延ばしにされてしまうので意味がありません。

もし「給料日なので25日に支払いができる」と言われれば、お客様情報の「給料日」の欄に「25日」と入力しておきます。

「給料日」は審査の時にも聞きますが、登録されていなかったり、後から仕事が変わっていることもあるので、再度確認して入力しておくんです。するとまた支払いが遅れたら、「お給料日は25日とお伺いしましたよね?」と言えますから。

「どうやって支払うのか?」をたずねると、「親から借りる」「ケガをして保険のお金が入る」という人もいましたね。そこまで聞けば、たいていは回収することができました。

― 「支払いができない」と言われたらどうするのですか?

仮に20日に電話をしたとしたら、

では25日までに工面していただいて、結果だけでもご連絡をいただけませんか?

というふうに、具体的な期限を決めておきました。

ただしこちらから「ご家族に借りてください」などと提案することは禁じられているので、できません。

― 電話をするとお客さんは、慌てたり、びっくりしたりしませんか?

それはあまりないですね。

「ああ、わかりました」みたいな感じで、開き直る人がすごく多かったです。うっかり忘れてしまったようなお客様は、最初の郵便が届いた時点で、慌てて振り込みをしますから。

督促電話が行くようなお客様は、いつも遅れていて、電話にも慣れていました。

でも中には「差し押さえればいいだろ!」と逆ギレされたり、「家まで取りに来い!」と乱暴に言う人もいましたね。

ちなみに、以前は暴言を吐くお客様について、顧客情報に「クレーマーなので、対応注意」などと書くことが許されていました。

ところが2006年の貸金業法の改正によって、「記録開示」の可能性が出てきたので、悪いことは書けなくなってしまったんです。

ですから「クレーマーかどうか」は、前に担当した人の記録を見て、そこから察するようになりましたね。

ステージ4:それでも督促を無視してしまったら?

危険度★★★☆☆

― それでも支払いをしない人もいるのですか?

「**日までに払います」と嘘をついて、期日だけ先延ばす人がいます。そういう人はそれから一切電話に出てくれなくなってしまうことが多いんです。

また毎回遅れる人は、O社からの電話を着信拒否にしてしまっていることもあります。

こういう人たちには、会社が用意している携帯電話からかけていました。

携帯電話でかけると、うっかり出てしまう人や、かけ直してくる人もいます。

しかし、それも着信拒否されてしまうことがあるので、O社には番号が違う携帯が何台か用意してあるんです。

― 連絡が取れない人へは、電話は1日に何回ぐらいかけるのですか?

まず、「一人1日3回まで」というルールがありましたので、4回以上はかけられません。

「今日何回かけたか」はパソコンの顧客情報に「電話した時間」「話した内容」などを残してあるので分かります。

「留守番だった」「いつまでに払うと約束した」などが細かく記録されているんです。

ただ、お客様の数がすごく多いので、そもそも一人に1日4回かけることは難しかったですね。でも最低でも1日1回はかけるようにしていました。

連絡がつかない人には、次の引き落とし日である4月27日に払ってもらうまでは、毎日電話をかけ続けることになります。

― 1日3回かけるとしたら、時間帯は何時ごろですか?

電話をかけてもいい時間は午前8:00~午後8:45までなので、朝・昼・夜と時間を空けてかけます。

まず朝かけて、それで出なければ次は午後1:00過ぎごろ、夜は8:45の時間ぎりぎりまではかけました。

― 電話に出てくれれば、繰り返しかけませんよね?

電話に出てくれれば、毎日かけることはありません。

そして、出てくれた人とは、次にいつ連絡をすればいいかを必ず決めました。

たとえば「25日の昼までに電話をします」とお客様が言ったら、「4月25日12時までは、電話がいかないように」と記録しておいて、それまではかけません。

でもそれまでに連絡がなかったら、12:00過ぎた時点で、すぐに電話をかけるのです。

― 郵便も何度も出すのですか?

郵便を送る回数は月に合計3回でした。翌月12日までに1通、12日を過ぎて1通、翌月27日の前に1通です。

内容は基本的に毎回同じ。コンビニか金融機関で支払いができる振込用紙がついていて、それに支払い期日が記載されています。

またこの郵便を送る毎に、「督促費用」として郵便代(電話代)が200円程度加算されます。

つまり郵便が3回送られると、督促費用は600円になってしまうのです。

― 電話と郵便の督促は重ならないのですか?

実は振込用紙の有効期間は長めに設定されていて、支払い期日をかなり過ぎても振り込みができるのです(いつまで使えるかはよくわかりません)。

そうすると電話をかける時期と郵便が行く時期が重なって、「今日払いましたよ」と言われることがありました。

そういうときは「大変申し訳ございませんでした」と謝ります。

ステージ5:1か月遅れるとどうなる?

危険度★★★★☆

― 翌月の引き落とし日である4月27日を過ぎてしまった後はどうなるのでしょうか?

翌4月27日を過ぎると、3月と4月の2か月分を支払わなくてはなりません。

でも「この人は2か月分払えそうもないな」と判断したら、「とりあえず1ヶ月分だけでも払ってください」というトークに切り替えます。1ヶ月の間には、どこかに給料日があるはずですから。

ただし「このまま支払われないと、信用状態が悪くなりますよ」といった、脅しにあたるようなことは言えません。

またこの頃になると、連絡を入れるスパンが短くなり、長くても2~3日先の日にちを約束して、こまめに連絡を入れます。

― 支払ってくれる人もいるのでしょうか?

そうですね。「2日以内に、1か月分だけでも支払ってください」と言うと、しぶしぶ了解して、払ってくれる人がいます。

私たちも次に来る期限は本当の最終期限なので、何とか約束をとりつけて入金を促していました。

ステージ6:1ヶ月以上放置してしまったら?

危険度★★★★☆

― 月をまたいで、5月になってしまったらどうなるでしょうか?

引き落とし日が3月27日の場合、翌々月の5月10日が「一次督促」の最終期限です。

5月10日までに3月分を支払えば問題ありませんが、 10日を過ぎると、信用情報に「延滞」の情報が残るとO社では言われていました。

ただ、私は督促担当の人間なので、信用情報を確認できる立場ではありません。

だから、「一次督促の最終期限が過ぎると信用情報に影響が出るのか」正確なところは分からないのですよね...。

※ 編集より補足
信用情報に情報を載せるタイミングは、金融機関によって異なります。また、信用情報については こちらで詳しく解説しています。

とにかく5月に入ってからは督促のラストスパートなんです。

― ではこの5月10日の期限が迫ってきたら、どのように対応しますか?

支払残高が少ないお客様のことは諦めて、繰り返し電話をかけないこともあります。

金額が少ないお客様のために頑張っても、時間を取られるだけですから。

それより、支払残高200万~300万円のお客様の督促に力を入れます。

そういう人の場合、支払いの約束は1日区切りになります。

5月5日を過ぎると、「今日支払えませんか?」「じゃあ、明日はどうですか?」という言い方ですね。

― 顧客には「翌々月の10日」が最終期限であることはわからないのですか?

はい。でもこちらも5月に入ると「何とか10日までにご入金いただかないと、担当が変わってしまうんです」とわざと深刻そうな言い方をします。

それで「ヤバいな」と思う人もけっこういるようです。

「10日過ぎると何かあるんですか?」と向こうから聞いてくる人もいます。そういう時だけ「法的措置もあり得ます」とご案内しました。

ただし「脅し」ととられると問題になってしまうので、あくまでも聞かれたら答える程度です。すると払ってくれる人もいますね。

ステージ7:一次督促最終期限を過ぎたら?

危険度★★★★★

― 5月10日の「一次督促最終期限」が過ぎても支払われない場合はどうなりますか?

先ほども話しましたが、信用情報に「延滞」という記録が載ってしまう可能性があります。

またこの日を過ぎると、「一次督促」の私たちの手を離れ、もう一段階上の「二次督促」の部署に移ります。

その後どういう形で督促するかはそこが決定しますが、自宅に行くこともあるようです。

この部署にはさらに上の「三次督促」といわれているチームもあり、「給料の差し押さえ」など法的措置を取ることもあります。

― 他にはどんな影響があるでしょうか?

カードは「無効登録」となり、一時的に使えなくなるのではなく、永久に使用できない状態になりますね。

以上が電話と郵便による督促の流れです。

だまされてローンを組んでしまったら、どうすればいい?

― ローンで購入した商品の中には、詐欺まがいのものもあるのではないですか?

ありますね。すごく高額な健康食品を大量に買って、分割で払っている人がいますが、「欲しくないのに、断り切れなかったのでは?」と、疑問を持つような商品もありました。

ただし「怪しい」と思っても、こちらから請求を見合わせることはしませんでした。

でもお客様から「騙されて買ってしまった」というような申し出があったら、いったん請求を止めて、法務担当の部署にまわして調査をしてもらいます。

― もし問題がある商品だったら、どうしますか?

霊感商法のような明らかに詐欺と思われる案件は、請求自体を止めます。

もちろん、お客様に支払いの義務はありません。被害者かもしれない人に督促をしたら、私たちも犯罪の片棒担ぎのようになってしまいますからね...。

ただしO社はすでにその「詐欺の会社」に支払いをしているので、O社としては大きな損害になってしまいます。

その後は裁判を起こして損害を取り返すか、「消却(諦める)」ことになるでしょう。

こういうことが起こらないように、O社としても加盟店の調査は入念に行っていると思います。

インタビューを終えて

やわらかく優しい声でお話して下さった伊藤さん。

「ローンの督促」というと、怖くて厳しい男性からの電話というイメージがありますが、彼女のように丁寧な女性が担当しているようです。

しかし督促を受ける前にきちんと支払いをしないと、大変なことになります。延滞による主なデメリットは下記の二つです。

  • 遅延損害金がかかるので、延滞が長引くほど多くの利息を支払わなければならない
  • 信用情報に悪影響が出る

信用情報については、金融機関によって対応が異なるようなので、「どのくらい延滞すると信用情報に影響するか」はっきりとしたことは分かりません。

伊藤さんの勤めていたO社では、「1ヶ月半で影響が出る」といわれていたようです。

もし信用情報に延滞などマイナスの情報が記録されたら、その後のカードやローンの審査に悪影響を与えます。最悪の場合、審査が下りなくなってしまうかもしれません。

また信用情報以外に、O社が保持している自社データにも「延滞」のことは記録されています。やはり支払いは1日でも遅れない方がよいでしょう。

そのためにもローンを組む時は、無理のない返済計画を立ててください。

その後、伊藤さんは督促電話業務から、高額の債権回収業務に当たるようになりました。

そこで自動車ローンが支払えなくなった人の、車を引き揚げる仕事を担当していたそうです。

この「自動車ローンの督促と車の引き上げまでの流れ」については、続きのインタビューをご覧ください。

自動車ローン滞納から車引き上げまでの流れを時系列&危険度で解説

→ 税金滞納・料金滞納の事例と対処法

カードローン申込数ランキング

今日中にお金を借りたい人に、一番選ばれているカードローンは?

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報