プロミスの審査基準、採点項目、通りづらい仕事・属性のまとめ。

(0)

この記事を評価する

評価を設定してください
×

プロミスは、申込み基準は非常にシンプルです。

「20歳以上69歳以下で安定収入のある方」なら誰でも申込みできます。

しかし、現実には、申込みはできても、審査に落ちてしまう方がたくさんいますよね。

一般的に、過去に支払滞納があったり、他社からの借入れが多すぎると、審査に落ちると言われていますが、その具体的な基準は公開されていません。

でも、審査を受ける私たちからすれば、そこが知りたいところだと思います。

そこで、今回はプロミス利用者に対して独自の調査を行いました。

どんな人が審査に通るのか、また落ちるのか、利用者の審査実績から細かく調査し、具体的にどんな特徴を持っていると審査に落ちてしまうのかをまとめています。

過去にプロミスの審査に落ちてしまった方は、これを読めば「審査に落ちた理由」がわかると思いますし、これから審査を受ける方にとっても役立つ内容になっていると思います。

ぜひ参考にしてくださいね。

プロミスの審査に落ちるのはどんな人?

どんな人がプロミスの審査に落ちてしまうのでしょうか?

まずは、プロミスの審査に落ちる人の特徴を検証していきます。

信用情報に事故情報が登録されている

信用情報とは、あなたが利用したローンやクレジットカードの契約状況、借入状況、支払状況などのことです。

そして、信用情報は、信用情報機関(※1)で管理されています。

プロミスなどの金融業者は、かならず信用情報機関に加盟しているので、審査では申込者の情報の照会を行います。

このとき、申込者の信用情報に下記のような情報が登録されていたら契約できません。

  • 長期延滞
    2~3ヶ月以上支払いが滞ると、信用情報に長期延滞の記録が残ります。
  • 債務整理
    債務整理とは合法的に借金を整理することです。利用者救済のための制度なので、借金を減額したり、支払いを免除する目的で行われます。債務整理の方法にはいくつか種類があり、代表的なものに、破産や任意整理があります。債務整理を行うと、その記録が信用情報に残ります。
  • 強制解約
    利用者が長期延滞を起こしたり、契約違反の行為を行った場合、強制的に契約を解約させられることがあります。そうすると、信用情報に強制解約の記録が残ります。
  • 代位弁済
    利用者の支払いが滞った場合、保証会社が支払いを立て替えることがあります。そうなると、信用情報に代位弁済の記録が残ります。

このような記録のことを、事故情報と呼び、あなたの信用情報に事故情報がひとつでも登録されていたら、審査に落ちます。

ちなみに、長期延滞は1年~5年間、債務整理は5年~10年間(※2)、強制解約・代位弁済は5年間記録が残るので注意してください。

※1
日本には3つの信用情報機関があります。プロミスはそのうちの2つ、「株式会社シー・アイ・シー(CIC)」と「株式会社日本信用情報機構(JICC)」に加盟しています。

※2
債務整理のうち破産の場合は、官報に記録されるので、官報から記録が消えない限り審査に通ることはありません(たとえ信用情報がクリアになっていても契約不可です)。

貸金業者から年収の3分の1以上の借入れがある

総量規制により、「貸金業者は個人の年収の3分の1超を貸付けてはならない」と定められています総量規制貸金業法のなかのきまりごとです)。

そのため、すでに他の貸金業者で年収の3分の1以上の金額を借入れていたら審査に落ちます(※3)

ちなみに、貸金業者とは、主に消費者金融やクレジットカード会社のことで、銀行は含みません。

また、「貸金業者からの借入れ」にはクレジットカードのショッピング利用は含まれません(クレジットカードのキャッシング利用は含まれます)。

※3
さきほどの説明のとおり、プロミスは審査時に申込者の信用情報を確認します。申込者が「他の貸金業者からいくら借りているか」を正確に把握するためです。

他の消費者金融からの借入れが4件以上

他の消費者金融からの借入れが4件以上ある場合は審査に落ちます(※4)

この件数に銀行やクレジットカード会社からの借入れはカウントされません。

また、消費者金融と契約しているが借入れはしていない場合もカウントされません。

※4
申込者の信用情報を確認すれば、申込者が「何件の消費者金融から借りているか」を知ることができます。

1週間以内に他の貸金業者に申込みをしている

過去1週間以内に、他の貸金業者(消費者金融やキャッシング付きクレジットカード)に申込み、なおかつ審査に落ちた場合は審査に落ちる可能性が高いです(※5)

短期間で複数社へ申込むと、それだけお金に困っていると判断されるようです。

※5
信用情報には、ローンやクレジットカードの申込記録も残ります。つまり、他社への申込回数なども知られてしまうのです。

「安定した収入」がない

プロミスの審査では、「安定・継続した収入があること」を重視します。

そのため、安定した収入がなければ審査に落ちてしまうでしょう。

また、収入は収入でも、収入が年金のみ、生活保護のみ、失業保険のみの場合は審査に落ちてしまいます。

過去にプロミスで30日以上延滞したことがある

プロミスの利用経験者限定ですが、過去の利用で「30日以上延滞した」もしくは「7日以上の延滞を5~6回繰り返した」場合は審査に落ちます。

上記に該当した場合、プロミスの社内情報に記録され、半永久的に消えません。

そのため、もう二度と審査に通らない可能性があります。

特定の企業・職種で働いている

プロミスでは、独自の情報網や過去の利用者情報をもとに、反社会的な企業をリストアップしています。

たとえば、暴力団関連会社や詐欺など犯罪に関わる会社が反社会的な企業としてリストアップされています。

言うまでもありませんが、反社会的企業リストに名前がある会社に勤めていると申告した場合は審査に通りません。

また、下記のような職種は審査に落ちる可能性が高いです。

  • タクシー運転手
  • 皮革製造業や港湾作業の従業員
  • 作家・漫画家・写真家・画家・作詞家・作曲家
  • 芸能人・プロスポーツ選手
  • フリーライター・フリーレポーター・フリーの司会者
  • 投資家
  • 土木・建築業の作業員
  • 水商売

基本的にフリーランスは審査に落ちる可能性が高いようです。

マイナス要素が多い

審査に不利な要素が重なると、審査に落ちる可能性が高くなります。

例)

  • 国民健康保険+勤務期間3ヶ月未満+電話による在籍確認が不可だった
  • 60歳以上+他の貸金業者から、年収の3分の1近く借入れがある

このように、いくつかの条件が重なることで審査に落ちることもあります。

申込み時にウソの申告をした

言うまでもありませんが、申込み時にウソをついたり、提出書類を偽造したりしたら審査に落ちます。

例)

  • 「自宅住所」の欄に実在しない住所を記入した
  • 「勤務先情報」のところに架空の会社の情報を記入した
  • 社会保険証を偽造した
  • 他人や家族になりすまして契約しようとした

ウソや偽造は、社内調査や信用情報の調査で発覚することが多いです。

悪質な場合は、警察に通報されます。

また、プロミスの社内情報に「ウソの申告をした人物」として記録が残ってしまい、その後も審査に通りづらくなります。

悪意がない、単なる記入ミスでも怪しまれることがあるので、申込みの際は、正確な情報を記入するよう心がけましょう。

在籍確認がとれない

審査では、申込者の勤務先に電話して「実際に在籍しているか」を確認します。

このとき、申込者本人が電話に出るか、もしくは同僚から「○○(申込者)は席を外しています」といった返答があれば、在籍確認は無事終了です。

もちろん、電話で在籍確認が取れなくても、それだけで審査落ちすることはありません(※7)

どうしても電話による在籍確認を避けたい場合は、プロミスの担当者へ相談してみましょう。

なんらかの対応を取ってもらえる可能性があります。

電話での確認が取れず、担当者への相談もしなかった場合は「在籍確認がとれなかった」として審査に落ちてしまう可能性が高いです。

※7
勤務期間が3ヶ月未満の場合は、原則、電話での確認が取れないと契約できません。

少額しか借りられない人の特徴

法律上は、年収の3分の1までは借入れできることになっています(他の貸金業者からの借入れなしと仮定した場合)。

しかし、現実は10万円などの少額利用に限定されることが多いようです。

ここからは、利用限度額が低く設定される人の特徴を紹介していきます。

  • 65歳以上
  • 給与が歩合給
  • 年収100万円以下
  • 勤務期間が3ヶ月未満
  • 学生
  • 国民健康保険加入者

一度審査に落ちたら、二度と審査に通ることはない?

一度審査に落ちたからといって、永久に審査に通らないわけではありません。

前回の審査に落ちた原因が解消されていれば、審査通過の可能性が出てきます。

たとえば、信用情報から事故情報が消えないうちは、審査に通ることはありません。

一方、他の消費者金融からの借入れが5件から2件になった場合は、審査に通る可能性があります。

プロミスの審査に落ちてしまった方は、ぜひ原因を分析し、改善してみてください。

まとめ

最後に、今回のポイントをおさらいしてみましょう。

審査に落ちる可能性が高いのはこんな人

  • 信用情報に事故情報が登録されている
  • 貸金業者から年収の3分の1以上の借入れがある
  • 消費者金融からの借入れが4件以上
  • 1週間以内に、他の貸金業者に申込み、なおかつ審査に落ちた
  • 安定した収入がない、もしくは収入が年金・生活保護・失業保険のみ
  • 過去、プロミスを利用した際に30日以上延滞した
  • 過去、プロミスを利用した際に7日以上の延滞を5~6回繰り返した
  • 反社会的企業に勤めている
  • タクシー運転手、皮革製造業や港湾作業の従業員、作家・漫画家・写真家・画家・作詞家・作曲家、芸能人・プロスポーツ選手、フリーライター・フリーレポーター・フリーの司会者、投資家、土木・建築業の作業員、水商売
  • 審査に不利な要素が重なった
  • 申込み時にウソをついたり、提出書類を偽造したりした
  • 在籍確認がとれなかった

利用限度額が低く設定される人の特徴

  • 65歳以上
  • 給与が歩合給
  • 年収100万円以下
  • 勤務期間が3ヶ月未満
  • 学生
  • 国民健康保険加入者

いかがでしたか?

プロミスへの申込みを検討している、ないしは過去にプロミスの審査に落ちてしまった方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

カードローン申込数ランキング

今スグにお金を借りたい人に、一番選ばれているカードローンは?

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地の自動契約機(むじんくん)の詳細情報
筆者へ質問