任意整理開始からお金を借りられない生活になるまで。弁護士費用など【体験談】

【この体験談について】
離婚の慰謝料の頭金200万円(慰謝料の総額は1,000万円)が払えず、消費者金融に借金をしたものの、結局、それも支払えなくなり(私がうつ病になってしまったため)、任意整理をするまでのことを体験談として綴らせていただきたいと思います。

【前回のあらすじ】
法テラスで弁護士費用を立て替えてもらえるかの審査があり、無事に通過!ついに任意整理開始です。

【この記事を最初からお読みになる場合はこちらから】
>>>仮:離婚の慰謝料で借金まみれに!任意整理をするまでの道のり

いよいよ弁護士介入!弁護士事務所を訪問

法テラスで弁護士費用の援助が確定すれば、直接弁護士と連絡を取ることになります。いよいよ債務整理が始まるのです。早速、担当弁護士の方と直接会って打ち合わせをすることになりました。

印鑑持参とのことだったので、印鑑を持って弁護士事務所を訪問。入り口で担当してくれる弁護士さんが待ってくれていました。法テラスで三回目の相談を受けてくれた弁護士さんで、とても感じのいい人でした。

名刺交換と挨拶を済ませ、まずは契約書を交わすことに。
契約書の大まかな内容は、

・ 弁護士費用10万円は法テラスが立て替えてくれているので法テラスとの契約ということ

・ 弁護士報酬として過払い金として返還されたお金の20%〜25%を弁護士に支払うこと

・ 報酬のパーセンテージは法テラスが決める

というもの。

過去に奨学金の返済を延滞していた私。今回の件に影響する?

その後、具体的な話をするのかと思いきや、これで終了。
各債権者に弁護士事務所から書類を送って債務の計算をし直すということで、債務の状況を軽く確認されただけでした。

書類の捺印が終わり、何か質問は?と聞かれたので、ひとつ気がかりになっていることを話しました。

私は大学に通っているときに受けていた日本育英会の奨学金の返済を遅延し、裁判所に出廷したことがありました。結果的に弁護士を入れること無く、双方の和解で解決したのですが、これが今回の債務整理に不利になるのではないかと不安に思っていたのです。

弁護士にそれを打ち明けると、和解してるなら特に不利になることはない、とのこと。

逆に今回の債務整理に日本育英会を入れたいなら、(和解している案件であっても)整理対象にすることは可能だと言われました。

実質問題、話し合いになるともう一度法廷にて話し合うことになってしまうので、問題なく返済できるなら今回は組み込まない方がいのではとアドバイスを受けたので、この案件は入れこまないことにしました。

今回の対象はアイフル、ニコス、アットローン、プロミスの消費者金融4社とみずほ銀行カードローンの合計5社

ちなみに8年以上前に借金をした分に関しては、時効が成立しているため、いくら利息を多く払いすぎていたとしても返金されることはないそうです。

最後に弁護士から、依頼者である私が行う作業は何もないので、各債権者から債務の最終決定がくるまで電話を待ってほしいと言われました。弁護士事務所にいた時間はわずか30分程度。こんなに簡単な打ち合わせで本当に大丈夫なのか不安に思うぐらいでした。

債務整理中に私が行った唯一のこと

弁護士事務所に行った翌日から、催促の電話も督促状が送られてくることも無くなりました。借金を作って返せなくなった自分が悪いのですが、平和な日々が訪れて良かったなと安堵しました。

そして弁護士事務所から一回目の連絡を受けたのは、それから1ヶ月後のこと。インターネットプロバイダーと携帯電話の月額支払いがニコスの自動引き落としに設定されているらしく、すぐに契約を解除してほしいとの連絡でした。解除しないと、債務を確定することができず再計算が進まないとのこと。

すぐさまニコスで支払っていたもの解約する手続きをしました。ちなみに任意整理をした段階で、今まで持っていたクレジットカードは使えなくなります。(任意整理をしたという情報が、私の信用情報に事故情報として記載されます。俗にいうブラックリスト入りです。)

プロバイダーはこれを機に解約。
携帯電話は使えないと困るので、私名義から妻名義に契約を変更しました。契約時の資料を探しまわったり、妻同伴で携帯電話ショップに行かなければならず、とても面倒な作業でした。

任意整理は双方の和解によって進む

任意整理を始めてから3ヶ月後。
弁護士事務所から、再計算が終わって最終的な債務が決定したという連絡が来ました。

話を聞くと、ニコスとアイフルから回収できる過払い金で、他の3社に返済する残額、弁護士費用、弁護士報酬の全てをまかなえる計算になったとのことです。しかも、うまく行けば数万円は私に返金できるかもしれないと言われました。

具体的な過払いの金額はニコスが80万円、アイフルが70万円。プロミスとアットローンは過払い金こそ発生しなかったものの、減額することはできました。

ただ、最終的な債務が決定してもここからが本番。
債権者と弁護士の間で和解の交渉が始まります。

過払い金を全て取り戻せるかどうかは債権者がきちんと交渉の場に立ってくれるかが大きなポイントです。ここからは弁護士の腕を信じて、ただ待つだけです。

【この記事の続きはこちら】
>>>なぜ過払い金請求・任意整理は裁判よりも和解にしたほうがいいのか?

【目次】
離婚の慰謝料で1,000万円!頭金を借金して払うことに・・
法テラスで自己破産をすすめられた私。債務整理 無料相談 体験記
詐欺破産?意外と知らない自己破産の落とし穴とは
法テラスは弁護士費用は立て替えてもらえる?法テラスの審査【体験談】
任意整理開始からブラックリスト入りまで。弁護士費用など【体験談】
なぜ過払い金請求・任意整理は裁判よりも和解にしたほうがいいのか?

→債務整理の弁護士事務所を徹底比較。費用、対応地域、実績、顧客対応

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報