元彼からの借金取り立てに耐えかね、人生初のキャッシング【体験談】

元彼に引越し資金を借りた借りていました。

最初は毎月定期的に返済していたものの、だんだん返済も滞りがちになり、いつの間にか自然消滅・・・?と思っていたそんなとき、ある事件がきっかけで元彼の猛烈な取り立てがはじまった!

取り立てにうんざりした私は、消費者金融で借りて元彼に返済することにしました。

体験者の情報

名前:熊倉 亜美(仮名)
性別:女性
当時の職業:テレオペ(電話での案内業務)
当時の年齢:25歳~27歳
お金に困った理由:元彼からの借金
当時の借金の合計額:200万円以上
会社名(借入先):セディナ、セゾン、モビット、元彼

引越し資金が足りず、元彼に借金をしたことがすべての始まり

私が特にお金に困ったのは引っ越しの時でした。

同棲していた彼氏と別れることになったので、引越し資金が必要になったのです。

とても困りました。

私は普段から浪費がはげしく、毎月の給料は全て使いきってしまうため、貯金が一円たりともなかったのです。

当然 引っ越し費用なんてありません。

二人で住んでいたアパートは家賃が高かったので残っても家賃が払えませんし、実家に戻ろうにもすでに私の部屋はなく、彼氏と別れての帰郷は言い出しづらいものがありました。

私の持っているクレジットカードはキャッシング可能でしたが、すでに限度額の上限に迫るほど借り入れてしまっていたので追加の借入は難しく、引越し資金はまかなえそうもありません。

仕方なく私は、身近な元彼に借りることにしました。

私が話をすると、元彼はすぐに20数万円ほど貸してくれました

何よりこころよく貸してくれた好意がありがたく、私も「絶対にすぐに返そう!」と決意。元彼も信用して貸してくれたように思います。

徐々に滞っていく返済・・・もう時効だよね?!

引っ越してから半年ぐらいは毎月2~3万円まとめて振込んでおり、着実に返していくことができていました。

ところが、私はもともと貯金が作れない浪費家で、金遣いもかなり荒いタイプ。次第に返済ペースが乱れていきました。

最初のうちは万単位だった返済額も5,000円と少なくなり...

返済ペースも毎月から隔月と、間隔が空いていきました。

元彼も取り立てらしいことは何もしてきません。
まれに連絡があっても、電話で世間話をするくらいだったのです。

次第に私は振り込みをするのを忘れてしまい、返済は自然消滅しました

ある事件をきっかけに元彼が取り立てをしてくるように!

ところが、私はあるとき重大なミスを犯してしまいました。

ある日、元彼から電話がかかってきた時のことです。

そのとき私は現在つきあっている彼氏と店で食事をしていたのですが、二人でカウンターに座っていたので、携帯を取り出すときに着信元も見られてしまいました。

私は、やましいことはないと、彼氏にアピールする為にわざわざ電話に出て、

ちょっと!今彼氏と一緒だから切る!かけてこないでよ。」と。

かなり冷たい言い方で電話を切りました。
このことが、後々よからぬ方向へ発展してしまったのです。

元彼からの取立てが激化した原因とは?!

その月の下旬頃、私の給料日に元彼がメールをしてきました。

「早くお金を返してくれませんか?」という、借りていたお金について返済を請求する内容でした。

これにはかなりビックリしました!寝耳に水です。

いえ、相手に返してと言われるのは当然のことなのですが、自分の中ですっかり時効のような借金になっていたのです。

気づかないうちに初心を忘れて、勝手にもう返さなくても大丈夫だろうと、完全に放置していたのでした

私はすぐに元彼に電話をし、返済するのが厳しいと伝えましたが、返ってきた答えは「すぐに返してください。」との一点張りでした。

借りっぱなしの自分が悪いのですが、言い方が怖いなどと甘えたことを言ってしまうと、「お前のほうが先に電話で冷たい態度をとったんだからな!」と怒られてしまいました。

完全にこの間の電話のことで関係が悪くなってしまったのです。

そして極めつけは、「今の彼にさっさと借りてください。」でした。

電話やメールで取り立てられる日々

私は本当に困ってしまいました。
返さなきゃという意思に変わりはありませんでしたが、全く生活費の余裕がありません。

毎月、カードショッピングの引き落としが二社から10万円程あり、家賃・生活費などを捻出すると給料が入ってもすぐに全部なくなってしまうのです。

催促があっても、相変わらず返済を滞らせていました。

以来、元彼は私へメールで細かく連絡をしてきます。

「給与はいくら入って、使い道はそれぞれいくらなのか」
「何月何日にいくら振り込めるのか」
「完済する予定はいつなのか」
「他に借りることはできないか」

などと、かなり的確な催促をしてくるようになりました。ビジネスライクなメールを寄越してくるのです。

何か本でも読んで、取り立てのハウツーでも勉強したのかもしれません。

私はお金の計画を考えるのが苦手で、何にいくら使ったのかを数えるのもおっくうでした。

嫌々ながら家計を見直し、なんとか5,000円ずつ振り込むというプチ返済を約束しました

月々の返済は復活しましたが、毎月きびしいやりくりをしなければならないことと元彼からお叱りの電話がかかってくるのが、憂鬱(ゆううつ)で仕方ありません。

散々「今の彼氏に借りてきて返せ」と言われましたが、今彼には言いづらかったので頼めませんでした。

私はこの催促のやりとりにすっかり参ってしまいました。

もちろん返済を滞らせているこちらに非がありますし、デートして遊んでいるくらいならはやく節約して返せ!と怒るのは当然のことだと思います。

おそらく、催促としてはとても良心的な部類なのでしょう。

しかし、5,000円ずつの返済額を増やすように要求されても、まったくできないので困りました。

稼げるお金は決まっているし、新しい服を買えない、カフェに行けないなどの節約がつらかったです。

元から浪費が好きな性格のため、かなりのストレスを感じます。

日常生活のちょっとしたことにもお金が自由に使えず、つらくなりました。

交友関係に使えるお金なども一切なく、デートの際は今彼にすべて負担してもらうことがほとんどでしたが、車以外の移動手段だと切符も買えず、バス代も出せない状況。もう限界でした。

ついに消費者金融で借りることに

その年の11月に入ると、仕事が終わる時間にほぼ毎日「なんとしてでも今年中に返せ、」と強い調子で催促の電話があり、うんざりしてきました。

他にも、給料日に私のアパートまで来て回収するということまで言われました。プレッシャーを感じます。

私は謝り、「今年中は無理!もう少し待って!」とお願いしてみましたが、「年末の単発バイトにでも行って来い。」と言われ、ついに私のほうがブチギレてしまいました。

「単発の派遣バイトはすっげぇ大変なの!休みの日にまで働いたら体壊しちゃうでしょ!うるさい!」と逆ギレをしてしまい、電話を切りました。

このとき決心しました。
どこでもいいからさっさと借り入れて元彼に返済してしまおう!

腹をたてた勢いで、消費者金融でもどこでもいいから借りよう!と思いたったのです。

電話を切った後、すぐに携帯サイトでモビットを検索しました。

CM、広告で目にしていたからなのか、私が思いついたのはモビットだったのです。

そのまま問い合わせの電話をかけました。

電話でのやりとりで借り入れの手続きを済ませ、審査の結果、キッチリ10万円を借りることができました。(電話で借りる理由を聞かれたときの説明でも「元彼に借りたお金を今年中に返したいから」とありのままを伝えました。)

モビットの金利は実質年率3.0~18.0%。
10万円以下の借り入れの場合、毎月4,000円~返済ができるということで、私にはピッタリの条件でした。(ちょうど元彼へ5,000円のプチ返済をしては、少ないぞと急かされていたので;;)

取り立てのストレスからの開放

モビットへ電話をかけて申し込んでから、2~3日後に銀行口座へ振込みがありました。

私はそのお金を使って、ついに元彼に借りていたお金を全て返すことができたのです

ほっとしました。
決して借金がなくなったわけでもなく、借りた先が変わるだけでしたが、気持ちの面では大違いです。

「これからは、元彼からの取り立ての電話に出なくて良いのだ!」
そう思うと心身が軽くなりました。

もしあのまま返せずにいたらと思うと、想像するだけで嫌な気分になります。

元彼は私の住所も知っているので、しびれを切らせた本人が私のアパートへ直接取り立てに来る可能性もあったのです。

今現在は、借りた10万円を毎月4~5,000円ずつ返済しています。

8か月の間に36,000円ほど返済が終わり、残りは77,000円程になります。

はたから見れば、あまり効率がよくないのかもしれません。

わずかながらのプチ返済ですが、ペースを乱さずに着実に返していっています。今回のことは、知人に借りるよりは良いケースだったと思っています。

→ 知人・友人との金銭トラブルの体験談

カードローン申込数ランキング

今日中にお金を借りたい人に、一番選ばれているカードローンは?

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報