アコムのむじんくん利用前に知りたい!ローン自動契約機の徹底比較表

ローン自動契約機といえば、アコムのむじんくんが有名ですよね。

「ラララむじんくん♪」というフレーズのCMを覚えている人も少なくないはず。

現在、大手消費者金融や銀行のカードローンの契約・申込みは、基本的に自動契約機で行えるようになっており、利用者も多いです。

振込での融資と違い、自動契約機まで行く手間がかかる一方、申込みから契約、カード発行までの手続きを、すべてその場で済ませることができます。

自動契約機まで行ってしまえば、すぐにお金を借りられるのが人気の理由です。

また、店舗窓口と比較すると、営業時間が長く、夜でも申込み・借入れが可能です。

人と顔を合わせることなく契約できるところも嬉しいですね。

「でも、わざわざ自動契約機まで出かけるのが面倒」
「機械の操作が苦手だから、自分ひとりじゃ申込みできないかも」
「申込みしているところを知り合いに見られてしまうことはないの?」

こんな風に思われるかもしれません。

そこで今回は、みんなが気になる自動契約機に関する疑問や審査の流れから、さらに大手キャッシング業者7社の自動契約機を徹底調査・比較しました。

  • 自動契約機の設置数が多い業者はどこか?
  • 遅くまで営業しているのは?
  • 手続きにかかる時間が短いのはどこ?
  • プライバシーにはどんな配慮をしている?

自動契約機の利用を考えている場合には、とても役立つ内容になっていると思います!

※ 記事中のデータは、すべて2015年6月に行った調査・取材に基づくものです。各社ホームページの調査およびコールセンターへの問い合わせを行いました。

自動契約機のメリット・デメリット

キャッシングやカードローンに申込みは、主に2通りあります。

キャッシングやカードローンの申込み

ATMを利用する場合、自動契約機か店舗に出向いて申込む必要があります。

しかし、店舗は少ないため、近くの店舗を見つけるのが大変です。

たとえばアコムの場合、全国の店舗数は39ですが、全国のむじんくん(自動契約機)は1,000以上設置されていますので、店舗ではなく自動契約機を利用するのが現実的ですね。

一方、パソコンやスマートフォンの扱いに慣れている人は、インターネットから申込むのもよいでしょう。

ネットで完結しますし、指定口座に振込で融資してもらえるのは便利です。

とにかく早く振込でお金を借りたい場合は、本当に即日融資可能な金融機関の一覧と選び方を参考にしてください。

自動契約機ってどんなもの?

自動契約機は、壁やガラスで仕切られた無人の個室スペースです。

なかには、天井が空いているもの、扉の上下に隙間が空いているものもありますが、扉は鍵付きです。

自動契約機では、申込み、契約の手続きから、カード発行まで行うことができます。

無人なので、ガイダンスに従って自分で手続きを進めていくことになります。

自動契約機のメリット

自動契約機での申込みは、他の申込み方法と比較して何が優れているのでしょうか。

申込みから借入れまでの手続きを一度に行える

自動契約機に行けば、申込みから借入れまでの手続きを一度に済ませられます。

カードが発行されたら、併設されたATMから借入れ可能です。

誰にも会わずに手続きできる

店舗に行って申込む場合は担当者と対面で話さなければなりませんが、自動契約機なら誰にも会わずに手続きできます。

不明点があれば、備え付けの電話機でオペレーターに質問できるので安心です(オペレーターとの会話が必須の場合もあります)。

遅い時間まで即日融資に対応

自動契約機なら、遅い時間まで即日融資に対応してもらえます。

たとえばアコムの場合、21時までに申込めば即日融資に間に合います。

自動契約機のデメリット

では、自動契約機にはどんなデメリットがあるのでしょうか。

外出しなければならない

自動契約機に出向くため、必ず外出しなければなりません。そのためだけに外出するのは面倒ですよね。

審査が終わるまで待たされる

申込後は審査が始まります。
審査中は自動契約機内でじっと待たなければなりません。

長ければそこで数十分ほど待つことになるでしょう。

事前にホームページなどで申込みを済ませておけば、契約機内での待ち時間を短縮できます。

誰かに見られるかもしれない

自動契約機は周囲から中が見えないよう工夫されています。そのため、一旦入ってしまえば誰かに見られる心配はありません。

しかし、出入りするところを知り合いに見られてしまう可能性はありますね。

※補足
このような「自動契約機のデメリット」が気になるなら、振込融資対応の業者を検討しましょう。アコムプロミスモビットなどの大手消費者金融、楽天銀行スーパーローン新生銀行カードローン レイクなどの銀行カードローンなら、いずれも振込融資に対応しています。この場合、手続きはホームページ・電話・メール・FAX等で行います。つまり、家から一歩も出ずに 申込みから借入れまでの手続きを済ませることができます。

申込みから借入れまでの流れ

自動契約機での申込みから借入れまでの流れを下記の表にまとめたので、参考にしてください。

順番 手続きの流れ 内容
1 必要書類などを準備
  • 本人確認書類や収入証明書など、必要書類を確認して、忘れずに持参
  • 勤務先の住所や連絡先など、申込み時に必要な情報を調べておく
2 自動契約機へ 自動契約機内に入り、扉を閉めて施錠
3 申込み
  • 画面や音声のガイダンス、オペレーターの案内などにしたがって自動契約機を操作
  • タッチパネルで、氏名・生年月日・住所・勤務先・希望借入額など必要事項を入力
  • 必要書類(本人確認書類や収入証明書)のスキャニング(機械で読み取る)
4 審査
  • 申込み手続きを終えたら審査結果を待つ
  • ここで勤務先への在籍確認が行われる場合もある
5 審査結果の回答 審査の結果と利用限度額が表示されるため、内容を確認
6 契約 契約書にサインするなどして、契約を結ぶ(※1)
7 カード発行 カードを受取る
8 借入れ 自動契約機に併設されているATMや、提携しているコンビニATMなどで借入れ

※1 具体的な契約の進め方は業者によって異なります。たとえば、レイクの場合、契約書が印刷されるので、内容を確認して署名します。署名した契約書を契約機にセットすると、内容が読み込まれます。その後、契約書の控えが発行されます。

なお、すべての自動契約機の手続きが上記の流れで進むわけではありません。

手続きの内容・流れは各社で微妙に異なります。

大手キャッシング業者の自動契約機を徹底比較!

ここからは、「自動契約機で申込みたいけれど、どこを利用すればいいの?」と悩んでいる人のために大手キャッシング業者の自動契約機を徹底比較していきます。

比較対象は下記の7社です。

業者名 金融機関の種類 自動契約機の名前
アコム(※2) 消費者金融
  • むじんくん
  • 三菱東京UFJ銀行内 カードローン契約機
プロミス(※3) 消費者金融
  • 自動契約機
  • 三井住友銀行内 ローン契約機
アイフル 消費者金融 契約ルーム
モビット 消費者金融 ローン申込機
新生銀行カードローン レイク 銀行 自動契約機
三菱東京UFJ銀行カードローン
バンクイック
銀行 三菱東京UFJ銀行内 テレビ窓口
三井住友銀行カードローン 銀行 三井住友銀行内 ローン契約機

※2 アコムの場合、三菱東京UFJ銀行内に設置されているカードローン契約機も利用できます。

※3 プロミスの場合、三井住友銀行内に設置されているローン契約機も利用できます。

また、比較する項目は下記の6項目です。

  • 設置数
  • 営業時間
  • 審査時間、融資までの時間
  • 即日融資の対応時間
  • 必要書類
  • プライバシーへの配慮

それぞれ、どのような違いがあるのでしょうか。

設置数が多いのは?

大手消費者金融は、全国各地に自動契約機の店舗を設置しています。

一方、銀行は支店内やATMコーナー内に自動契約機を設置していることが多いです(新生銀行カードローン レイクは例外で、消費者金融のように独立した店舗を設置しています)。

自動契約機の設置数を、全国および主要都道府県別にまとめてみました。

業者名 自動契約機の名前 全国 東京都 神奈川県 大阪府 愛知県 埼玉県 千葉県 兵庫県 北海道 福岡県 静岡県
アコム むじんくん 1066 115 67 90 65 55 51 45 50 54 28
三菱東京UFJ銀行内 カードローン契約機 19 11 4 0 0 2 2 0 0 0 0
プロミス 自動契約機 非公開
三井住友銀行内 ローン契約機
アイフル 契約ルーム 839 87 49 59 48 44 44 29 37 38 26
モビット ローン申込機 390 62 29 25 28 41 29 6 10 13 12
新生銀行カードローン レイク 自動契約機 約700 不明 不明 不明 不明 不明 不明 不明 不明 不明 不明
三菱東京UFJ銀行カードローン
バンクイック
三菱東京UFJ銀行内 テレビ窓口 641 226 54 111 101 31 24 26 2 4 7
三井住友銀行カードローン 三井住友銀行内 ローン契約機 1479 279 92 162 87 42 42 129 45 62 35

プロミスが設置数No.1

独自調査の結果、今回の調査対象のなかで、もっとも設置数が多かったのはプロミスでした(残念ながら詳しい設置数は非公開のため紹介できませんが、プロミスの自動契約機と、提携の三井住友銀行内ローン契約機の合計数が設置数No,1となりました)。

次に設置数が多いのは、三井住友銀行カードローン。
なんと 1,400台以上にのぼります。

そして、3位がアコム。
三菱東京UFJ銀行内のカードローン契約機と合わせると、全国で 1,100台弱 も設置されています。

ワースト1はモビット

ワースト1はモビットで、400台弱でした。地域によっては非常に少ない数しか設置されていません。

営業時間が長いのは?

次に、営業時間を比較してみましょう。

業者名 自動契約機の名前 営業時間(※4)
アコム むじんくん 8:00~22:00
三菱東京UFJ銀行内 カードローン契約機 平日:9:00~20:00
土曜:10:00~18:00
日曜:10:00~17:00
祝日:10:00~18:00
プロミス 自動契約機 9:00~22:00
三井住友銀行内 ローン契約機 9:00~21:00
アイフル 契約ルーム 8:00~22:00
モビット ローン申込機 8:00~21:00
新生銀行カードローン レイク 自動契約機 平日・土曜:8:45~24:00
日曜・祝日:8:45~22:00
毎月第3日曜:8:45~19:00
三菱東京UFJ銀行カードローン
バンクイック
三菱東京UFJ銀行内 テレビ窓口 平日:9:00~20:00
土曜・祝日:10:00~18:00
日曜:10:00~17:00
三井住友銀行カードローン 三井住友銀行内 ローン契約機 9:00~21:00

※4 一部営業時間が異なる店舗もあります。

遅くまでやっているのはレイク・アコム・プロミス

平均すると9時~21時ですが、新生銀行カードローン レイク(以下、レイク)は平日、土曜は24時まで、日曜・祝日は22時まで営業しています。

また、アコムのむじんくんとプロミスの自動契約機はいずれも22時まで営業しています。

朝早いのはモビットとアコム

アコムのむじんくんとモビットは朝8時から営業しています。うまくいけば、出勤前に申込みをして即日融資を受けられるかもしれません。

三菱東京UFJ銀行カードローンは土日祝の営業が短め

アコムの三菱東京UFJ銀行内カードローン契約機と、三菱東京UFJ銀行カードローンのテレビ窓口は、土日祝の営業時間が他社より短くなっているので注意してください。

審査時間、融資までのスピードがはやいのは?

次に、自動契約機での手続きに必要な時間についてです。
申込みからカード発行までの最短時間と最長時間を表にまとめました。

業者名 自動契約機の名前 最短審査時間(※5) 申込みからカード発行までの最短時間(※5) 申込みからカード発行までの最長時間(※5) 自動契約機内での時間短縮方法(※6)
アコム むじんくん 40分 40分 45分 あらかじめ電話やホームページから申込み、仮審査を済ませておけば35~40分程度に短縮される
三菱東京UFJ銀行内 カードローン契約機 40分 40分 45分 あらかじめ電話やホームページから申込み、仮審査を済ませておけば35~40分程度に短縮される
プロミス 自動契約機 50分 50分 1時間30分 あらかじめ電話やホームページから申込み、仮審査を済ませておけば多少短縮される
三井住友銀行内 ローン契約機 50分 50分 1時間30分 あらかじめ電話やホームページから申込み、仮審査を済ませておけば多少短縮される
アイフル 契約ルーム 30分 30分 1時間 あらかじめ電話やホームページから申込み、仮審査を済ませておけば20分~40分程度に短縮される
モビット(※7) ローン申込機 30分※8
(仮審査)
即日
(仮カード発行まで)
即日
(仮カード発行まで)
あらかじめ電話やホームページから申込みを済ませておけば5分程度に短縮される
新生銀行カードローン レイク 自動契約機 45分 45分 1時間 あらかじめ電話やホームページから申込み、仮審査を済ませておけば30分程度に短縮される
三菱東京UFJ銀行カードローン
バンクイック
三菱東京UFJ銀行内 テレビ窓口 40分 40分 1時間 申込受付シートを記入した上で持参すれば、10~15分ほど短縮できる(申込受付シートはホームページでダウンロードできる)
三井住友銀行カードローン 三井住友銀行内 ローン契約機 45分 45分 1時間15分 あらかじめ電話やホームページから申込み、仮審査を済ませておけば20~30分程度に短縮される

※5 いずれも自動契約機内で、申込みからカード発行までを済ませるケースを想定したものです。また、申込み手続きや審査、契約手続き等がスムーズに進んだ場合を想定していますので、実際はさらに時間がかかってしまうこともあります。

※6 審査、契約手続き等がスムーズに進んだ場合を想定していますので、実際はさらに時間がかかってしまうこともあります。

※7 モビットの場合、カード発行後 すぐにカードを使えないので、他社とは流れが異なります。詳しくは後ほど「注意 モビットについて」のところで解説しています。

※8 モビットの場合、審査時間は最短30分。また場合によっては当日中の融資が難しいことがあります。

一番速いのはアイフル

「申込みからカード発行までの最短時間」が一番短かったのはアイフルの30分、ついでアコムと三菱東京UFJ銀行カードローンの40分です。

どの業者も早ければ1時間以内にカードが発行されるようですね。

一番遅い(かもしれない)のはプロミス

「申込みからカード発行までの最長時間」がもっとも長かったのはプロミスで1時間30分、ついで三井住友銀行カードローンで1時間15分でした。

一方、「申込みからカード発行までの最長時間」がもっとも短かったのは、アコムで45分でした。

自動契約機内の滞在時間を短くする方法

各社とも電話やホームページで申込み、仮審査を済ませてから自動契約機で手続きすれば、契約機内での滞在時間を短くできます。

短くできる時間は5分~50分などまちまちです。

たとえばアコムの場合は 5~10分ほどしか短縮できないようです。

また、三菱東京UFJ銀行カードローンは 10~15分ほど短縮できます。

一方、三井住友銀行カードローンやレイク、アイフルの場合、上手くいけば 30分以上短縮できます。

なお、プロミスにも問い合わせましたが、短縮できる時間については明言してもらえませんでした。

注意 モビットについて

モビットのローン申込機は仮審査、仮カード発行を行うためのものです。

ローン申込機での手続きを終えたら、携帯や自宅に本審査の結果を知らせる電話があり、それを確認・了承後にカードが使えるようになります。

そのため、「申込みからカード発行までの時間」が短くても、あまり意味はありません。

少し特殊な流れを踏むので、ご注意ください。

今日中にお金を借りるには?

各社に、「今日中にお金を借りるためには何時までに申込むべきか」問い合わせた結果を表にまとめてみました。

営業時間とあわせてみてみましょう。

業者名 自動契約機の名前 営業時間(※4) 即日融資の対応可能時間(※9) 勤務先への電話確認
アコム むじんくん 8:00~22:00 営業終了1時間前までに申込む 必須(後日でも可の場合もある)
三菱東京UFJ銀行内 カードローン契約機 平日9:00~20:00
土曜10:00~18:00
日曜10:00~17:00
祝日10:00~18:00
プロミス 自動契約機 9:00~22:00 営業終了1時間半前までに申込む 必須
三井住友銀行内 ローン契約機 9:00~21:00
アイフル 契約ルーム 8:00~22:00 20時45分までに申込む 必須ではない(本人が拒否すれば電話確認なし)
モビット(※10) ローン申込機 8:00~21:00 営業終了2時間前までに申込む 必須ではない(本人が拒否すれば電話確認なし)
新生銀行カードローン レイク 自動契約機 平日・土曜:8:45~24:00
日曜・祝日:8:45~22:00
毎月第3日曜:8:45~19:00
20時半までに申込む
毎月第3日曜の場合は、18時半までに申込む
必須ではない
三菱東京UFJ銀行カードローン
バンクイック
三菱東京UFJ銀行内 テレビ窓口 平日:9:00~20:00
土曜・祝日:10:00~18:00
日曜:10:00~17:00
営業終了40分前までに申込む 必須
三井住友銀行カードローン 三井住友銀行内 ローン契約機 9:00~21:00 営業終了1時間前までに申込む 必須(後日でも可の場合もある)

※9 自動契約機内で申込みからカード発行までを済ませるケースを想定したものです。申込み手続きや審査、契約手続き等がスムーズに進んだ場合を想定していますので、実際は即日融資に間に合わない可能性もあります。

※10 モビットの場合、カード発行後、すぐにカードを使えないので他社とは流れが異なります。詳しくは後ほど「注意 モビットについて」で解説しています。

一番遅くまで対応しているのはアコム

一番遅くまで対応しているのはアコムです。

21時までにアコムのむじんくんから申込めば即日融資に間に合います。

次点でアイフルです。アイフルの場合、 20時45分までに申込めば間に合います。

また、プロミスの自動契約機とレイクの場合、 20時半までに申込めばOKです。

レイクは、平日・土曜の24時まで営業しているのに、20時半までに申込まなければ即日融資を受けられません。ここは残念な点ですね。

在籍確認は必須?

なかには、勤務先への在籍確認が必須の業者があります。

三菱東京UFJ銀行カードローンとプロミスは必須

三菱東京UFJ銀行カードローンとプロミスは、在籍確認ができないと、即日融資を受けられません。

たとえば、仮にあなたが18時終業の会社に勤めているとして、三菱東京UFJ銀行カードローンに申込むとしましょう。

平日の19時にテレビ窓口から申込んでも、在籍確認が取れないため即日融資不可となります。

この場合、「営業終了40分前までに申込む」という条件はクリアしていますが、終業後で職場に誰もいなかったため、在籍確認がとれずNGとなるのです。

アコムと三井住友銀行カードローンは後日でも可

アコムと三井住友銀行カードローンの場合、在籍確認は必須なものの、審査状況によって後日の在籍確認でも可となることがあります。

つまり、場合によっては当日中の在籍確認なしで即日融資可能ということです(審査状況によっては当日中の在籍確認が必須となることもあります)。

当然ですが、申込み翌日以降にあらためて在籍確認が実施されます。

アイフルとモビットとレイクは必須ではない

アイフルとモビットの場合、本人が拒否すれば勤務先への電話の確認はしないとのこと。

レイクも必須ではないようです。

注意 モビットについて

さきほども説明したとおり、モビットの手続きは自動契約機内で完結しません。

自動契約機での手続き後、携帯や自宅へ本審査の結果を知らせる電話があり、その後にカードが使えるようになります。

そのため、モビットで即日融資を希望するなら、なるべく早い時間帯に申込む必要があります。

いつまでにカード発行を済ませれば即日融資に間に合うという明確な基準はありません。

必要書類の種類

次に、申込時に必要となる書類をまとめました。

業者名 本人確認書類 収入証明書
アコム

本人確認書類として、以下のうちいずれかが必要

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート

以下に該当する場合は収入証明書が必要

  • 希望借入額と他社借入額(※10)の合計が100万円を超える場合
  • 希望借入額が50万円を超える場合
プロミス

本人確認書類として、以下のうちいずれかが必要

  • 運転免許証
  • パスポート

以下に該当する場合は収入証明書が必要

  • 希望借入額と他社借入額(※10)の合計が100万円を超える場合
  • 希望借入額が50万円を超える場合
アイフル

本人確認書類として、以下のうちいずれかが必要

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • 健康保険証
  • 住民基本台帳カード
  • パスポート
  • 公的証明書類(氏名、住所、生年月日、顔写真あり)

以下に該当する場合は収入証明書が必要

  • 希望借入額と他社借入額(※10)の合計が100万円を超える場合
  • 希望借入額が50万円を超える場合
モビット

本人確認書類として、以下のうちいずれかが必要

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
原則として、収入証明書が必要
新生銀行カードローン レイク

本人確認書類として、以下のうちいずれかが必要

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート

以下に該当する場合は収入証明書が必要

  • 希望借入額が100万円を超える場合
三菱東京UFJ銀行カードローン
バンクイック
運転免許証

以下に該当する場合は収入証明書が必要

  • 希望借入額が200万円を超える場合
三井住友銀行カードローン

本人確認書類として、以下のうちいずれかが必要

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード

以下に該当する場合は収入証明書が必要

  • 希望借入額が300万円を超える場合

※10 「他社」とは、他の貸金業者のことです。そして、貸金業者とは、主にクレジットカード会社と消費者金融のことを指します。つまり「他社借入」とは、他の消費者金融やクレジットカード会社からの借入れのことです。ただし、クレジットカードのショッピングは含まれません。

三菱東京UFJ銀行カードローンは運転免許証が必要

必要な本人確認書類の種類は各社ほぼ同じです。

ただし、三菱東京UFJ銀行カードローンのテレビ窓口でカードを発行したいなら、運転免許証が必須となります。

健康保険証やパスポートを提示すると、カードは後日郵送となってしまうので注意が必要です。

消費者金融は希望借入額50万円を超えたら収入証明書が必要

アコム、プロミス、アイフルなどの消費者金融は貸金業法の対象になるため、下記に該当する場合は収入証明書が必要となります。

  • 希望借入額と他社借入額(※10)の合計が100万円を超える場合
  • 希望借入額が50万円を超える場合

これに対し、レイク、三菱東京UFJ銀行カードローン、三井住友銀行カードローンは銀行なので、貸金業法の適用外です。

レイクと三菱東京UFJ銀行カードローンの場合は、希望借入額100万円超、三井住友銀行カードローンの場合は希望借入額300万円超で収入証明書を求められます。

なお、収入証明書とは、その名の通り収入を証明するための書類です。おもに給料明細や源泉徴収票、確定申告書などがあります。

プライバシーへの配慮は万全?

最後に、自動契約機の設備、プライバシーへの配慮についてまとめてみました。

業者名 自動契約機の名前 オペレーターとの会話 カメラの有無 個室
アコム むじんくん 必須 あり 個室
三菱東京UFJ銀行内 カードローン契約機 必須 あり 個室ではないものもある(扉の上部と下部が空いている場合がある)
プロミス 自動契約機 必須 あり 個室
三井住友銀行内 ローン契約機 必須 あり 個室ではないものもある(扉の上部と下部が空いている場合がある)
アイフル 契約ルーム 必須 あり 個室
モビット ローン申込機 必須ではない なし 個室ではないものもある(扉の上部と下部が空いている場合がある)
新生銀行カードローン レイク 自動契約機 必須 あり 個室
三菱東京UFJ銀行カードローン
バンクイック
三菱東京UFJ銀行内 テレビ窓口 必須 あり 個室ではないものもある(扉の上部と下部が空いている場合がある)
三井住友銀行カードローン 三井住友銀行内 ローン契約機 必須ではない あり 個室ではないものもある(扉の上部と下部が空いている場合がある)

モビットと三井住友銀行カードローンはオペレーターとの会話不要

三井住友銀行カードローンとモビットなら、オペレーターと会話することなく手続きできます。

画面の案内や自動音声に従って手続きすればOKです。

不明点があったときは、オペレーターに問合わせることもできます。

一方、この2業者以外は、必ずどこかのタイミングでオペレーターと会話することになります。

オペレーターから規約について説明を受けたり、同意の確認を求められたりするほか、申込時に入力した内容に不明点があれば質問を受けることもあります。

モビット以外はカメラが設置されている

モビット以外は、自動契約機内にカメラが設置されています。

犯罪防止のためです。

たとえば、「他人の運転免許証で契約する」などの犯罪行為を発見するために設置されています。

スタッフがカメラの向こうから自動契約機内をチェックしているので、あまり醜態をさらさないようにしましょう。

銀行内にある自動契約機は個室ではない

銀行内に設置されている自動契約機は、個室でないタイプのものが多いようです(ブースタイプ)。

防犯や子どもが閉じ込められるのを防ぐ目的で、扉の上下部分に隙間が空いています。

また、モビットの屋外設置の自動契約機も個室ではないことがあるようです。この場合も、扉の上下部分に隙間が空いています。

これら以外の自動契約機は、基本的に個室タイプです。

隙間が空いているタイプは外に声がもれやすいので注意してください。小声で話すなどの対策が必要になるでしょう。

外からは見えない 施錠も可能

個室タイプ、ブースタイプにかかわらず、周囲から自動契約機内が外から見えることはありません。

内側から鍵もかけられるので安心です。

鍵は自動的にかかるタイプと、手動でかけるタイプがあります。

一番便利な自動契約機は?

では、一番便利な自動契約機はどこの自動契約機なのでしょう?

あくまでも目安ですが、今回の比較項目についての評価を3段階(◎◯△)で付けてみました。

業者名 自動契約機の名前 設置数 営業時間 スピード 即日融資 必要書類 プライバシー
アコム むじんくん
三菱東京UFJ銀行内 カードローン契約機
プロミス 自動契約機
三井住友銀行内 ローン契約機
アイフル 契約ルーム
モビット ローン申込機
新生銀行カードローン レイク 自動契約機
三菱東京UFJ銀行カードローン
バンクイック
三菱東京UFJ銀行内 テレビ窓口
三井住友銀行カードローン 三井住友銀行内 ローン契約機

これによると、アコムのむじんくん、プロミスの自動契約機、レイク、三井住友銀行カードローンの利便性が高く、使いやすいといえるでしょう。

それぞれの特徴を整理すると次のようになります。

アコムのむじんくん

  • 全国の設置数は1,000以上
  • 営業時間は8時~22時
  • 申込みからカード発行まで最短40分、最長45分(事前申込みで35分~40分に短縮)
  • 21時までに申込めば即日融資に間に合う(在籍確認ができないとNGの可能性も)
  • 個室で外から見えないよう工夫されている

プロミスの自動契約機

  • 全国の設置数は最多
  • 営業時間は9時~22時
  • 申込みからカード発行まで最短50分、最長90分(事前申込みで多少短縮)
  • 20時半までに申込めば即日融資に間に合う(在籍確認必須)
  • 個室で外から見えないよう工夫されている

新生銀行カードローン レイクの自動契約機

  • 全国の設置数は約700
  • 営業時間は平日・土曜が8時45分~24時、日曜・祝日は8時45分~22時
  • 申込みからカード発行まで最短45分、最長60分(事前申込みで30分程度に短縮)
  • 20時半までに申込めば即日融資に間に合う(当日中の勤務先への電話確認は必須ではない。後日でも可)
  • 個室で外から見えないよう工夫されている

三井住友銀行カードローンのローン契約機

  • 全国の設置数は1,400以上
  • 営業時間は9時~21時
  • 申込みからカード発行まで最短45分、最長75分(事前申込みで20~30分程度に短縮)
  • 20時までに申込めば即日融資に間に合う(在籍確認できないとNGの可能性も)
  • オペレーターと会話せずに手続きできる
  • 周囲から中が見えないように工夫されているが、扉の上部と下部が空いている場合がある

いかがでしたか?

今回の検証では、以上のような結果になりました。

全体的に消費者金融のほうが優勢でしたね。

たしかに銀行は利便性では消費者金融にかないませんが、低金利などその他のスペックが魅力的です。

キャッシングを検討するなら、自動契約機のスペックだけでなく、金利でも各社を比較するようにしましょう。

金利が低いほど、支払う利息を節約できます。

できるだけ損したくないなら、必ず金利をチェックしてください。

カードローン申込数ランキング

今日中にお金を借りたい人に、一番選ばれているカードローンは?

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報