海外旅行中にお金が足りない!現地でキャッシングする時の注意点

海外旅行前に事前に準備していても、急にお金が足りなくなってしまうことはありますよね。

そんなときは、クレジットカードのキャッシングが便利です。

キャッシングというと、あまり良いイメージがないと思いますが、賢く使えば両替よりもお得になることがあります。

また、銀行やホテルに両替に行く必要はありません。

ATMさえあれば、現地通貨でキャッシングできます。

そうは言っても、「利用方法がわからない」「手数料はどのくらいかかるの?」など、はじめての方にとってはわからないことだらけですよね。

そこで今回は、下記のことについて詳しく解説しました。

海外旅行前に事前に準備していても、急にお金を足りなくなってしまうことはありますよね。

そんなときは、クレジットカードのキャッシングが便利です。

キャッシングというと、あまり良いイメージがないと思いますが、賢く使えば両替よりもお得かになることがあります。

また、海外キャッシングは、銀行やホテルに両替に行く必要はありません。

ATMさえあれば、現地通貨をキャッシングが可能です。

そうは言っても、「利用方法がわからない」「手数料はどのくらいかかるの?」など、はじめての方にとってはわからないことだらけですよね。

そこで今回は、下記のことについて詳しく解説しました。

  • 海外キャッシングの具体的なやり方や利用可能場所
  • いくらまで利用できるのか?手数料はいくら?
  • 海外キャッシング利用時の注意点

海外に旅立つ前に、ぜひ目を通してみてください!

「どのカードなら海外キャッシングを利用できる?」調べてみた

クレジットカードのサービスの1つに、海外キャッシングサービスがあります。

これを利用すれば、海外のATMで現地通貨を借りることができるのですが、どのクレジットカードであれば海外キャッシングを利用できるのでしょうか? 

まずはクレジットカード大手23社を調査してみました。

カード会社 海外におけるキャッシングサービスの利用可否 国際ブランド
JCB JCB
ジャックス Visa
JCB
Master Card
三井住友カード Visa
Master Card
三菱UFJニコス Visa
JCB
Master Card
オリコカード Visa
JCB
Master Card
ビューカード 不可
(2009年3月末までに契約したカードは可)
Visa
JCB
Master Card
(2009年3月末までに契約したカードの場合)
イオンクレジットサービス Visa
JCB
Master Card
楽天カード Visa
JCB
Master Card
セブンカード・サービス Visa
JCB
ポケットカード Visa
JCB
Master Card
クレディセゾン Visa
JCB
Master Card
AmericanExpress
UCカード Visa
Master Card
セディナ Visa
JCB
Master Card
ライフカード Visa
JCB
Master Card
リクルート Visa
JCB
SBIカード Master Card
NTTファイナンス Visa
Master Card
エポスカード Visa
JALカード Visa
JCB
Master Card
Diners
ANAカード Visa
JCB
Master Card
Diners
シティカードジャパン Visa
Master Card
Diners
アメリカン・エキスプレス・インターナショナル 不可 -
ダイナースクラブカード Diners

ビューカードとアメリカン・エキスプレス・インターナショナル以外のカード会社であれば利用できるようですね。

使えるATMの見分け方・利用方法・手数料を解説!

海外でキャッシングをするときは、一般的に現地のATMを利用することになりますが、どのATMを使えばいいのか日本人の私たちにはよくわかりませんよね。

そこで、キャッシング可能なATMの見分け方や利用方法、利用手数料について、ここで解説していきたいと思います。

どのATMを利用できる?

以下のロゴマークのあるATMを利用しましょう。

空港、駅、ホテル、ショッピングセンターなどあらゆるところに設置されています。

MasterCard

マスターカード

MasterCardは、「MasterCard」または「Cirrus」のマークがあるATMを利用できます。

VISA

ビザカード

Visaは、「Visa」または「PLUS」のマークがあるATMを利用できます。

JCB

JCBカード

JCBは、「JCB」または「Cirrus」のマークがあるATMを利用できます。

Diners

Diners ClubPulse

Dinersは、「Diners Club」または「Pulse」のマークがあるATMを利用できます。

各国のATMを検索してみよう

各国際ブランドのホームページから、各国のATMを検索することができます。

MasterCard

  • 主要観光地ATM設置場所
    ニューヨーク、ロサンゼルス、ハワイ、グアム、フランス、スペイン、イタリア、北京、上海、香港、韓国、台湾、シンガポール、タイなど人気旅行先にあるATMの設置場所が掲載されています。
  • グローバルATM検索
    各国のATM所在地を検索できます(英語版)。

VISA

  • 人気旅行先ATM所在地マップ
    韓国、香港、北京、上海、台湾、グアム、ハワイなど人気旅行先にあるATMの設置場所が掲載されています。
  • ATM Locator
    各国のATM所在地を検索できます(英語)。

JCB

Diners

ATMの操作方法を教えて!

海外に設置されているATMですから、もちろん言語は日本語ではありません。

ですから、いきなりATMを操作しろと言われても、どうすればいいかわからず、慌ててしまいますよね。

そこで、実際の画面を見ながら海外ATMの操作方法(例)を見てみましょう。

STEP1 カードを挿入

STEP1 カードを挿入

まず、カードを挿入します。

STEP2 暗証番号の入力

STEP2 暗証番号の入力

次に、暗証番号を入力します。
「PIN」とは、暗証番号のことです。

STEP3 取引内容の選択

STEP3 取引内容の選択

画面に取引内容が表示されるので、「WITHDRAWAL(引き出し)」を選択します。

※ 引き出しが「CASH ADVANCE」や「CASH IN ADVANCE」と表示される場合もあります。
※ ちなみに、「TRANSFER」は振込み、「BALANCE INQUIRY」は残高照会です。

STEP4 取引方法の選択

STEP4 取引方法の選択

画面に取引方法が表示されるので、「CREDIT CARD(クレジットカード)」を選択します。

※ クレジットカードが「CREDIT」と表示される場合もあります。
※ ちなみに、「CHECKING」は当座預金、「SAVING」は普通預金またはデビットカードです。

STEP5 金額の選択

STEP5 金額の選択

画面にいくつかの金額が表示されるので、借り入れ希望金額を選択します。

もしくは、「OTHER(その他)」を選択し、金額をキーで入力します。

STEP6:お金の受け取り

STEP6:お金の受け取り

ATMから現金が出てくるので、受け取ります。

STEP7 終了する

STEP7 終了する

「ANOTHER TRANSACTION(続いての操作)」をするかどうか、ATMが尋ねてきます。

終わりにしたい場合は「NO」を選択します。

STEP8 カードの受け取り

STEP8 カードの受け取り

カードと利用明細を忘れずに取ってください。

引用元:JCB「ATMシミュレーター 」
http://www.jcb.jp/area/kaigai_atm/sim/index.html
  <2015/05/20>

ATM利用時の手数料

海外ATMの利用時手数料は、無料のところと 100~200円(税抜き)の手数料がかかるところがあります。

詳しくはこの表をご覧ください。

カード会社 ATM利用手数料
JCB 無料
ジャックス 無料
三井住友カード 利用額1万円以下:100円
利用額1万円超:200円
三菱UFJニコス 無料
オリコカード 利用額1万円以下:100円
利用額1万円超:200円
ビューカード 不明
イオンクレジットサービス 利用額1万円以下:100円
利用額1万円超:200円
楽天カード 利用額1万円以下:100円
利用額1万円超:200円
セブンカード・サービス 無料
ポケットカード 利用額1万円以下:100円
利用額1万円超:200円
クレディセゾン 利用額1万円以下:100円
利用額1万円超:200円
UCカード 利用額1万円以下:100円
利用額1万円超:200円
セディナ 無料
ライフカード 利用額1万円以下:100円
利用額1万円超:200円
リクルート 国際ブランドに準ずる
SBIカード 無料
NTTファイナンス 利用額1万円以下:100円
利用額1万円超:200円
エポスカード 利用額1万円以下:100円
利用額1万円超:200円
JALカード 国際ブランドに準ずる
ANAカード 国際ブランドに準ずる
シティカードジャパン 利用額1万円以下:100円
利用額1万円超:200円
ダイナースクラブカード 利用額1万円以下:100円
利用額1万円超:200円

※ 手数料は全て税抜き

また、上記の手数料にくわえて、現地の金融機関(ATMを設置した金融機関)が独自に手数料を徴収するケースもあります。

詳しくは、「ATM手数料が二重取りされることも?」で後述しています。

金融機関の窓口でもキャッシングできる!利用方法・手数料を解説

ATMだけでなく、各国際ブランドと提携している金融機関(主に銀行)の窓口も利用できます。

どの金融機関を利用できるの?

各金融機関がどの国際ブランドと提携しているかは、金融機関の窓口やATMに貼られているステッカーで判断しましょう。

PLUS

「PLUS」のロゴがあれば、Visaの提携金融機関です。

CIRRUS

「CIRRUS」のロゴがあれば、Master CardとJCBの提携金融機関です。

Diners Club

「Diners Club」のロゴがあれば、Dinersの提携金融機関です。

窓口ではどんなやりとりをするの?

クレジットカードとパスポートを提出し、キャッシングしたいと窓口の係員に伝えます。

たとえば、銀行の職員が、

「May I help you?(ご用件は何ですか?)」

などと話してきますから、

「I'd like to withdraw 100$ with this credit card.(このカードで100ドル引き出したいんです)」

と答えましょう。

この際、サインもしくは暗証番号が必要です。

サインは、カードの裏面に記載されているものと同じサインをしましょう。

窓口利用時の手数料

金融機関の窓口の利用にも手数料がかかります。

これは金融機関ごとで異なるので、窓口でこのように訪ねてみましょう。

「How much is the commission?(手数料はいくらですか?)」

「いくら」を「何%で」借りられる?利用可能枠と金利手数料を知っておこう

さて、利用方法についてはだいたいおわかりいただけましたか。

次に、海外キャッシングの利用可能枠と金利手数料について紹介していきます。

海外キャッシングでは、いくらまでお金を借りられるのでしょうか?

また、金利手数料はどのくらいかかるのでしょう?

大手22社の情報を調査してみました。

カード会社 利用可能枠 金利手数料
JCB カードごとに設定 15%~18%
ジャックス 10~50万円 18%
三井住友カード 5万~50万円 18%
三菱UFJニコス カードごとに設定 14.94~17.95%
オリコカード カードごとに設定 15%~18%
ビューカード 1~30万円 18%
イオンクレジットサービス 1~300万円 7.8%~18%
楽天カード 1~90万円 18%(100万円未満)
セブンカード・サービス カードごとに設定 18%(100万円未満)
15%(100万円以上)
ポケットカード 500万円以内 4.4%~17.95%
クレディセゾン 1~300万円 12%~18%
UCカード 1~300万円 15%~18%
セディナ 1~200万円(新規申込は上限50万円まで) 上限18%
ライフカード カードごとに設定 18%(100万円未満)
15%(100万円以上)
13.505%(ゴールドカード)
リクルート カードごとに設定 15%~18%
SBIカード 1海外渡航50万円まで 7%~20%
NTTファイナンス 10万円以内 18%
エポスカード 1~50万円 18%
JALカード カードごとに設定 15%~18%
Dinersの場合、上限金利は20%
ANAカード 0~100万円
Dinersの場合、300万円以内
15%~18%
Dinersの場合、上限金利は20%
シティカードジャパン 300万円以内 15%~20%
ダイナースクラブカード 300万円以内 15%~20%

利用可能枠

海外キャッシングの利用可能枠は、カード会社によって異なります。

さらに、利用可能枠は、利用者によって個々に異なります。

たとえば、三井住友カードの場合、利用可能枠は「5万~50万円」となっていますが、この範囲でいくらの枠が設定されるかは個別に決まるということです。

単純に、利用者の「返済能力が高い」と判断されれば、枠は大きくなります。

また、国内におけるキャッシングの利用可能枠と、海外におけるキャッシングの利用可能枠は、別に設定されています。

ここで注意すべきなのは、カードによって、海外キャッシングの利用可能枠が設定されていない場合があるということです。

お持ちのカードに、海外キャッシングの利用可能枠が設定されているかわからない場合は、利用明細や公式ホームページ内のマイページなどを見てみてください。

それでもわからなければ、カード会社に「海外キャッシングの利用枠が付いているか?(付いているならいくらか?)」と問い合わせてみましょう。

金利手数料

金利手数料も、カード会社によってまちまちですね。

また、カード会社によって、「12%~18%」のように幅をもたせているところがありますが、これは利用可能枠と同様に、利用者ごとに適用する利率を変えているのです。

ただし、ほとんどは 15%~18%が適用される場合が多いですね。

返済は一括払いが基本!

帰国後は、返済することになりますので、返済方法について説明していきますね。

まずは大手22社の返済方法を調べましたので、こちらを表をご覧ください。

カード会社 返済方法
JCB 一括払い
ジャックス 一括払い
三井住友カード 一括払い
三菱UFJニコス 一括払い(リボ払いに変更可能)
オリコカード リボ払い
ビューカード 一括払い
イオンクレジットサービス リボ払い
楽天カード リボ払い
セブンカード・サービス 一括払い
ポケットカード リボ払い(一括払いも可能)
クレディセゾン 一括払い(リボ払いに変更可能)
UCカード 一括払い
セディナ 一括払い(リボ払いに変更可能)
ライフカード 一括払い(リボ払いに変更可能)
リクルート 一括払い
SBIカード 一括払い
NTTファイナンス 一括払い
エポスカード 一括払い(リボ払いに変更可能)
JALカード 一括払い
ANAカード 一括払い
シティカードジャパン 元金一回・利息二回払い(リボ払いに変更可能)
ダイナースクラブカード 元金一回・利息二回払い(リボ払いに変更可能)

このように、一括払いのみのところが多いですが、いくつかリボ払いに変更できるカード会社もあります。

また、楽天カード、オリコカード、イオンクレジットサービスはリボ払いのみなのでご注意ください。

ちなみに、リボ払いの危険性についてはこちらで解説しています。

出発前・利用時・返済時に気をつけることまとめ

海外でキャッシングをするときは、どういった点に気をつければいいのでしょうか?

出発前・利用時・返済時に分けてまとめてみました。

出発前

まずは、出発前に気をつけてほしいポイントです。

確認しておくこと

さきほども少し述べましたが、お持ちのクレジットカードについて、下記の点を確認しておきましょう。

  • 海外キャッシングの利用可否
  • 海外キャッシングの限度額
  • 海外キャッシング利用時の金利手数料

利用明細に記載されていない場合は、カード会社のコールセンターに問い合わせるのが手っ取り早いです。

もし、海外キャッシングの利用可能枠が設定されていなかった場合は、早急に設定をお願いしましょう。

この際、収入証明書など書類のやりとりが必要になる場合もありますので、少なくとも出発の3週間前 には行いましょう。

PLUSとCirrusのカードを持参しよう

また、Visaの提携国際ブランドはPLUS、JCBとMasterCardの提携ブランドはCirrusなので、念のため PLUSとCirrusそれぞれ1枚以上のカードを持参するようにしましょう。

利用時

次に、海外のATMでキャッシングする際の注意点です。

引き出し制限額がある

海外のATMでは、 1回あたり、また、1日あたりの引き出し制限額が設定されています。

たとえばアメリカでは、1回につき200ドル~500ドル、フィリピンでは、1回につき3,000~10,000ペソに制限されているATMが多いようです。

制限額は、現地の金融機関(ATMを設置している金融機関)が独自に設定しているので、各カード会社に問い合わせてもわかりません。

1回あたりの制限額が少額の場合、何度もATMを利用することになりますが、利用するごとにATM手数料がかかってしまうので要注意です。

ATM手数料が二重取りされることも?

ATM手数料については、カード会社が徴収する場合もありますし、現地の金融機関(ATMを設置している金融機関)が徴収することもあります。

もし、カード会社と現地金融機関の両方が手数料を徴収した場合、二重で手数料を取られることになってしまいますね。

事実、とある体験談では、「タイでオリコカードを使ってキャッシングした結果、二重でATM手数料を取られた」とレポートされていました。

各カード会社のATM手数料については、さきほど「ATM利用時の手数料」のところで紹介しましたので、そちらを参照してください。

ただし、現地の金融機関が手数料を徴収するかどうかは、実際に利用してみないとわかりません。

利用時、手数料についての説明が画面に表示されるか、もしくは利用後に明細をチェックするしかないのです。

強盗に注意

ATM利用時は、強盗に注意してください。

夜間や暗がりでのATM利用は避けましょう。

また、ATMの周囲、背後を見て、人がいないかを確認してから利用しましょう。

返済時

最後に、返済時に知っておいて欲しいポイントを紹介しましょう。

いつの為替レートで決済?

返済に関して気になるのは、「どのタイミングの為替レートで決済されるのか?」ということですよね。

これは決算センターの処理のタイミングによるので、一概に「いつのレート」とは定められていませんが、一般的には、キャッシング利用日から数日以内になることが多いようです。

繰上げ返済できる?

基本的にどのカード会社も繰上げ返済に対応しています。

「繰上げ返済をしたい」とカード会社に伝え、その後に振込みでおこなうことが多いようです(振込手数料は利用者負担)。

金利手数料は日割りで加算されるので、早く返済すれば利息を節約できます。

ここで、例をあげてみましょう。

下記の条件でキャッシングするとします。

金額:20万円
金利手数料:18%

  • 17日後に返済
  • 2 30日後に返済

それぞれ利息がいくらになるか計算してみましょう。

  • 17日後に返済
    20万円×18%÷365×7=690円
  • 230日後に返済
    20万円×18%÷365×30=2,959円

このように、早く返せばそれだけ利息を節約することができます。

また、海外キャッシングの場合、カード会社への連絡と締め日の関係で引き落としが延びることがあります。

キャッシングの返済の引き落としがいつになるかは、ホームページ(マイページなど)で確認するか、カスタマーセンターに問い合わせてみてください。

場合によっては、引き落としが2ヶ月先になることもありますので、積極的に繰上げ返済をしましょう。

ただし、繰上げ返済は、日本円での金額確定後でないとできません。

いかがでしたか?

最近は、ホテルもレストランもクレジットカードの使えるところばかりですが、なかには屋台やチップなど現金しか使えないシーンもありますよね。

現地で現金がなくて困ったときは、クレジットカードのキャッシングがおすすめです。

ただし、現地のATMは、1回あたりの引き出し制限額が設定されていることが多いので、まとまった現金が必要な時はあまりおすすめできません。

「1~2万円だけ必要」なときに、クレジットカードのキャッシングが便利ですね。

カードローン申込数ランキング

今日中にお金を借りたい人に、一番選ばれているカードローンは?

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報