クレジットカードキャッシングの仕組み・注意点と対応時間の比較

早急にまとまった額のお金が必要になったとき、あなたならどうしますか?

「貸してくれる人を探す時間もなく、銀行や消費者金融のローンを申込む時間もない」

こんなときは、クレジットカードのキャッシングが便利だと思います。

カードのキャッシングなら、申込みも審査も不要です。

カードさえあれば、銀行やコンビニのATMから現金を引き出すことができます。

しかし、これまでクレジットカードのキャッシング機能を利用したことがない場合、いくら借りられるのか、金利手数料はどのくらいなのか、どうやって利用すればいいのかなど、わからないことは多いですよね。

そこで今回は、急な出費に備えて知っておきたいクレジットカードのキャッシングについて、金利の相場から利用方法、メリットや注意点まで気になるところを調査しました。

  • 目次
  • ショッピングとキャッシングの違いを教えて!
  • いくら借りられる?
  • 金利手数料はどのくらいかかるの?
  • 利用方法は?
  • 返済方法は?
  • まとめ ~クレジットカードキャッシングのメリットと利用時の注意点~

ショッピングとキャッシングの違いを教えて!

クレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠があります。

ショッピング枠とは

ショッピング枠は、その名の通りカードで買い物や支払いをするときの限度額です。

例)
ショッピング枠30万円のカードなら、最大30万円まで買い物できる

1回払いなら手数料は無料ですが、分割払いとリボ払いの場合は手数料が発生します。

キャッシング枠とは

一方、キャッシング枠とは、カードでお金を借りるときの限度額です。

例)
キャッシング枠30万円のカードなら、最大30万円まで借入れ可能

こちらは利用すれば、必ず金利手数料が発生します。

キャッシング枠はショッピング枠に含まれている

キャッシング枠はショッピング枠に含まれています。

たとえば、ショッピング枠60万円、キャッシング枠20万円のカードがあるとしましょう。

このカードで50万円の買い物をしたら(ショッピング枠を50万円使ったら)、キャッシング枠は10万円まで下がってしまいます。

ショッピング枠60万円、キャッシング枠20万円のカードを利用した場合、利用額に応じて枠がどのように変化するかまとめてみました。

ショッピングの利用額 ショッピング枠(残り) キャッシング枠(残り)
10万円 50万円 20万円
20万円 40万円 20万円
30万円 30万円 20万円
40万円 20万円 20万円
50万円 10万円 10万円
60万円 0万円 0万円

ちなみに、同じカードでキャッシングを利用した場合は下記のようになります。

キャッシングの利用額 ショッピング枠(残り) キャッシング枠(残り)
10万円 50万円 10万円
20万円 40万円 0万円

いくら借りられる?

キャッシング枠の金額は、カードごとに異なります(カード申込時の審査で決まります)。

一般的に、信用度が高い利用者ほど、大きな枠をもらえるのです。

ただし、通常は20万~30万円程度に設定されることが多いようです。

自分のカードにいくらキャッシング枠が設定されているかわからない場合は、カードの利用明細かカード会社のホームページ(会員ページ)を確認しましょう。

例)楽天カードの会員ページ

楽天カードキャッシング枠(例)

もしキャッシング枠がついていなかったら、改めてカード会社に申込む必要があります(カード会社の会員ページや電話から申込めます)。

もちろん審査があるので、枠をもらえない可能性もあります。

また、すでにあるキャッシング枠の増額を申込むこともできますが、こちらも審査があります。

審査の結果、枠を減らされるリスクもあるので要注意です。

金利手数料はどのくらいかかるの?

カードの種類やキャッシング枠によって異なりますが、多くのカード会社が年18%を採用しています(枠が100万円以上の場合は年15%)。

大手の消費者金融と同程度の金利ですね。

自分のカードに設定されている金利手数料がわからない場合は、カードの利用明細かカード会社のホームページ(会員ページ)を確認しましょう。

利用方法は?

利用方法は下記の2つです。

  • 1ATM・CD
  • 2ネットキャッシング

(1) ATM・CD

各カード会社が提携している金融機関やコンビニのATM・CDを利用できます。出先で利用できるのは便利なものの、手数料がかかるのが玉にキズです。

ATM・CD利用時の手数料

借入額 1万円以下:100円(税抜き)
借入額 1万円超:200円(税抜き)

どこのATMを使えるの?

大手20社の提携ATMについて調査してみました。

  キャッシング利用可能な提携ATM
カード会社 セブン銀行 ローソン E-net 三菱東京UFJ銀行 三井住友銀行 みずほ銀行 ゆうちょ イオン銀行
JCB
ジャックス
三井住友カード
三菱UFJニコス
オリコカード
ビューカード × × × ×
イオンクレジットサービス
楽天カード
セブンカード・サービス × ×
ポケットカード
クレディセゾン
UCカード
セディナ
ライフカード
リクルート
SBIカード × × × × ×
NTTファイナンス
エポスカード
JALカード 提携カード会社「JCB」、「三菱UFJニコス」を参照
ANAカード 提携カード会社「JCB」、「三菱UFJニコス」を参照

ATMの操作方法

ATMの基本的な操作方法についてみていきましょう。

  • 1最初の画面で「クレジットカード」もしくは「お引き出し」ボタンを押す
  • 2クレジットカードを入れて、暗証番号を入力
  • 3「借入れ」ボタンを押す(ない場合もある)
  • 4返済方法について、「1回払い(※1)」か「リボ払い(※2)」を選ぶ
  • 5希望の借入金額を入力
  • 6カード、現金、利用明細表を受け取る

※1
機種によって表示が異なる場合があります。
例)キャッシングサービス、1回払い、一括払い など

※2
機種によって表示が異なる場合があります。
例)カードローン、ローン、リボ払い、リボキャッシング など

(2) ネットキャッシング

各カード会社の会員ページや電話から申込むと、直接口座に振込んでもらえます。

呼び名はカード会社によって異なりますが、「ネットキャッシング」「オンラインキャッシング」としているところが多いようです。

この方法ならどこからでも申込めますし、ATMと違い手数料もかかりません。

どのカード会社も対応している?

ネットキャッシングはどこのカード会社でも対応しているのでしょうか?

大手20社のネットキャッシングの可否と「申込み後、いつ振り込んでくれるのか」について調査しました。

カード会社 ネットキャッシングの可否 申込み後、いつ振り込んでくれる?
JCB 平日9:00~14:30...数分後
平日0:00~8:59...当日9:00以降(20分以内)
それ以外...翌営業日の9:00以降(20分以内)
ジャックス 平日0:00~11:59...当日
それ以外...翌営業日
三井住友カード 平日8:50~14:49...即時
平日0:00~8:59...当日午前中
それ以外...翌営業日午前中
三菱UFJニコス 翌営業日の12:00以降
オリコカード 平日13:30まで...当日(最短30分)
それ以外...翌営業日
ビューカード ×
イオンクレジットサービス 【振込先がイオン銀行の場合】
即時

【振込先がイオン銀行以外の場合】
平日9:00~15:00...即時
平日0:00~8:59...当日午前中
それ以外...翌営業日午前中
楽天カード 【振込先が楽天銀行の場合】
最短数分

【振込先が楽天銀行以外の場合】
平日9:00~14:49...最短数分
平日0:00~8:59...当日9:00以降
それ以外...翌営業日9:00以降
セブンカード・サービス 平日9:00~14:30...数分後
平日0:00~8:59...当日9:00以降(20分以内)
それ以外...翌営業日9:00以降(20分以内)
ポケットカード ○(電話のみ) 翌営業日
クレディセゾン 平日9:00~14:30...数十秒後
平日0:00~8:59...当日9:00以降
それ以外...翌営業日9:00以降
UCカード 平日9:00~14:30...数十秒後
平日0:00~8:59...当日9:00以降
それ以外...翌営業日9:00以降
セディナ 【振込先が楽天銀行の場合】
毎日0:15~23:30...即時

【振込先が楽天銀行以外の場合】
平日9:00~15:00...即時
平日0:15~9:00...当日9:00~10:00
それ以外...翌営業日9:00~10:00
ライフカード 平日0:00~10:00...当日中
それ以外...翌営業日
リクルート 提携カード会社「JCB」、「三菱UFJニコス」を参照
SBIカード 【振込先が住信SBIネット銀行、楽天銀行、三井住友銀行、ジャパンネット銀行の場合】
24時間即時
※ 三井住友銀行は、日曜 20:50~翌 7:10を除く
※ ジャパンネット銀行は、第3金曜23:00~翌7:00を除く

【振込先が三菱東京UFJ銀行の場合】
平日8:55~18:50...即時

【振込先がみずほ銀行の場合】
平日8:40~15:50...即時

【振込先がりそな銀行の場合】
平日8:55~15:50...即時

【振込先が上記以外の銀行の場合】
翌営業日
NTTファイナンス ×
エポスカード 平日9:00~14:29...最短数十秒
平日0:00~8:59...当日9:00以降
それ以外...翌営業日9:00以降
JALカード 提携カード会社「JCB」、「三菱UFJニコス」を参照
ANAカード 提携カード会社「JCB」、「三菱UFJニコス」を参照

会員ページからのネットキャッシング申込方法

一例ですが、会員ページからネットキャッシングを申込む方法を紹介しましょう。

  • 1カード会社のホームページから、会員ページへログイン
  • 2「ネットキャッシング(※3)」を選択
  • 3本人確認のため、パスワードを入力(入力しないこともある)
  • 4希望の借入額を入力し、「キャッシング一括」か「リボ返済」を選択
  • 5申込内容と振込先口座に間違いがないか確認
  • 6口座へ振込まれる

※3
カード会社によって、名称が異なる場合があります。

返済方法は?

返済方法は、「一括」と「リボ」の2種類となります。

一括

カード会社の締切日までの借入金額と利息が、翌月口座から引き落とされます。

イオンカードの例)
1月11日~2月10日までの利用分は、3月2日に引き落とし

リボ

借入残高に応じて、毎月一定額(元金と利息)が口座から引き落とされます。

イオンカードの例)

借入残高 月々の返済額
1円~10万円 3,000円
10万1円~20万円 6,000円
20万1円~30万円 8,000円
30万1円~50万円 15,000円

一括とリボ、どちらで返済したほうがいいの?

当然ですが、一括で返済したほうが利息は少なく済みます。

たとえば、下記の条件でキャッシングした場合をシミュレーションしてみましょう。

借入額:10万円
金利:18%

これで、一括とリボ(※4)、それぞれの方法で返済していく場合 支払総額はどうなるのでしょうか。

※4
ここでは、毎月1万円と利息を支払い、支払回数10回で支払い終えるケースを想定しています。

一括:10万1,479円
リボ:10万8,130円

ご覧のとおり、一括で支払うと6,000円以上の利息を節約できます。

リボにすると支払期間が伸びるので、利息を多くとられてしまいます。

可能なら一括返済すべきでしょう。

なお、こちらでリボ払いを計算したらとんでもなく損をしていた話を紹介しています。

繰上げ返済は可能?

一括での返済が厳しい場合は、やむをえずリボ払いを選択するしかありません。

そうなったら、毎月の引き落としを待つだけではダメです。

余裕があるときに繰上げ返済をおこないましょう。

繰上げ返済をおこなえば、その分は元金にあてられるので、返済期間が短縮され、完済がはやまります。

結果的に利息を節約できるのです。

ここで、大手20社が「繰上げ返済に対応しているか」調査し、下記にまとめてみました。

カード会社 繰上げ返済の可否 主な繰上げ返済方法
JCB 提携ATM
ジャックス 提携ATM
三井住友カード 提携ATM
三菱UFJニコス 指定口座への振込み
オリコカード 提携ATM(ATMから繰上げ返済できるのは、リボ払い専用クレジットカードのみ)
指定口座への振込み
ビューカード 駅のATM「VIEW ALTTE」
イオンクレジットサービス 提携ATM
楽天カード 指定口座への振込み
セブンカード・サービス 提携ATM
ポケットカード 指定口座への振込み
クレディセゾン 提携ATM
UCカード 提携ATM
セディナ 指定口座への振込み
ライフカード 指定口座への振込み
リクルート 提携カード会社「JCB」、「三菱UFJニコス」を参照
SBIカード オンライン支払いサービス
NTTファイナンス △(繰上げ返済は、カード会社が認めた場合のみ可能)
エポスカード エポスATM
JALカード 提携カード会社「JCB」、「三菱UFJニコス」を参照
ANAカード 提携カード会社「JCB」、「三菱UFJニコス」を参照
繰上げ返済可能な提携ATM
カード会社 セブン銀行 ローソン E-net 三菱東京UFJ銀行 三井住友銀行 みずほ銀行 ゆうちょ イオン銀行
JCB
ジャックス × ×
三井住友カード ×
オリコカード
イオンクレジットサービス × ×
セブンカード・サービス × × × ×
クレディセゾン
UCカード ×

ただし、繰上げ返済する際は、返済方法によって所定の手数料がかかるのでご注意ください。

例)
提携ATMの場合:前述のように、100円~200円(税抜き)
振込みの場合:所定の振込手数料

まとめ ~クレジットカードキャッシングのメリットと利用時の注意点~

ここまでクレジットカードのキャッシングについてみてきましたが、最後にクレジットカードキャッシングのメリットと利用時の注意点をまとめたいと思います。

メリット

  • 持っているカードにキャッシング枠があれば、申込みも審査もなしですぐキャッシングできるので、急な出費にも対応可能
  • 利用方法は簡単(ATMを利用するか、電話・会員ページから申込めば口座に振り込んでもらえる)
  • 海外で利用することもできる(海外でのクレジットカードキャッシングについてはこちらをご確認ください)

注意点

  • キャッシング枠を設定してもらえないこともある(審査で判断される)
  • ショッピングの一括払いとちがい、キャッシングは一括払いでも日割で金利手数料が発生する
  • キャッシングを利用すると、その分ショッピング枠が減る
  • 返済方法をリボにすると、支払期間が延びるため 多くの利息を支払わなければならない
  • 繰上げ返済に対応していないカードもある

また、クレジットカードのキャッシングは、銀行のカードローンに比べて高金利です。

銀行カードローンの金利(例)

三菱東京UFJ銀行カードローン 1.8~14.6%
三井住友銀行カードローン 4.0~14.5%
みずほ銀行カードローン 3.5~14.0%
住信SBIネット銀行MR.カードローン(プレミアムコース) 0.99~7.99%

このように、銀行カードローンの金利は、高くても15%を切るところが多いです。

なかには、住信SBIネット銀行Mr.カードローンのように低金利のローンもあります。

返済が長期に及ぶ場合は、このような低金利ローンの利用を検討してください。

カードローンを利用するなら、申込みも審査も必要になりますが、余裕のあるときに申込みカードを発行しておけば、いざというときにすぐ借入れできますよ!

クレジットカードのキャッシングは手軽に使えて便利ですが、やはり金利は安くないので、利用する際は必要な金額だけにとどめ、できるだけ早く完済してしまいましょう。

最後になりますが、人気カードのキャッシング機能(金利・限度額など)の比較ページや、クレジットカードキャッシングと消費者金融の比較ページもありますので、よかったらあわせて読んでみてください。

カードローン申込数ランキング

今日中にお金を借りたい人に、一番選ばれているカードローンは?

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報