信用情報機関を徹底解説!ローンの利用記録はいつまで残る?

ローンやクレジットカードを利用すると、信用情報に記録が残ります。

信用情報には、契約内容や返済状況など、あらゆる情報が記録されているのです。

また、一度記録された情報は、「一定期間」保存されることになりますが、その期間は情報の種類によって異なります。

「一度でもキャッシングをしたらその記録が一生残ることになるの?」
「債務整理をしたら、その記録も一生残ることになるの?」

もちろんそんなことはありません。

この記事では、「信用情報に記録される情報の種類と保存期間」について詳しく丁寧に解説しています。

どのような情報がどのぐらいの間、保存されるのか気になる場合は、ぜひ目を通してみてください。

また、現在はどこからも借りていないのに、なぜか審査に通らない方も必見です。

もしかすると、過去の延滞や債務整理の記録が原因になっているかもしれませんよ。

審査に落ちるのは信用情報に傷がついているから?

  • 目次
  • ズバリひとことで言うと信用情報とは?
  • あなたの信用情報を管理!「信用情報機関」ってどんな機関?
  • どんな情報がどのぐらい残る?
  • 完済後に記録が残る?「包括契約」に注意!
  • まとめ

ズバリひとことで言うと信用情報とは?

信用情報とは?

ひとことで言うと「金融機関との取引履歴」のことです。クレジットカードやローンを利用すると、信用情報に逐一記録が残ります。

例)

  • ローンやキャッシングに申し込んだとき
  • クレジットカードを契約したとき
  • クレジットカードやローンの返済を行ったとき
  • 返済期日に間に合わず、延滞してしまったとき

信用情報については、

これらの記事で詳しく解説しています。
あわせて確認すると、より理解が深まると思います。

では、信用情報はどこに記録され、どのように管理されているのでしょうか?

次は信用情報を管理している機関について簡単に説明します。

あなたの信用情報を管理!「信用情報機関」ってどんな機関?

信用情報機関とは、その名の通り、個人の信用情報を管理している機関です。信用情報の保持や提供を行っています。

日本にある3つの信用情報機関

現在、日本には3つの信用情報機関があります。

それぞれの特徴を以下にまとめました。

シー・アイ・シー(CIC)

主に、クレジットカード会社やローンを取り扱う銀行が加盟しています。

一部の消費者金融会社も加盟しています。

日本信用情報機構(JICC)

消費者金融会社のうち、およそ80%が加盟している信用情報機関です。

全国銀行個人信用情報センター

銀行や銀行関連のクレジットカード会社が加盟しています。

大手はどこの信用情報機関に加盟している?

日本の金融機関であれば、3つの信用情報機関のうち、いずれかに必ず加盟しています。

消費者金融会社やクレジットカード会社は、「シー・アイ・シー」と「日本信用情報機構」の両方に加盟することが多く、銀行や銀行関連のクレジットカード会社は、基本的に全ての信用情報機関に加盟しています。

このように、複数の信用情報機関に加盟するところも多いのです。

ここで、大手がどの信用情報機関に加盟しているのかまとめてみました。

加盟している信用情報機関 金融機関
CIC
JICC
アイフル
アコム
SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)
オリエントコーポレーション
クレディセゾン
ジェーシービー
セディナ
三井住友カード
楽天カード
CIC
全国銀行個人信用情報センター
三菱東京UFJ銀行
JICC
全国銀行個人信用情報センター
オリックス銀行
新生銀行
住信SBIネット銀行
東京スター銀行
CIC
JICC
全国銀行個人信用情報センター
イオン銀行
みずほ銀行
三井住友銀行
楽天銀行

金融機関と信用情報機関の関係は?

金融機関と信用情報機関の間では具体的にどのようなやりとりがあるのでしょうか?

例えば、鈴木さんという人がA社(消費者金融)のカードローンに申込んだとします。

A社は「シー・アイ・シー」と「日本信用情報機構」の両方に加盟しているので、「鈴木さんがA社のカードローンに申込んだ」という情報は2つの機関に通知され、それぞれ鈴木さんの信用情報として保存されます。

また、A社は「シー・アイ・シー」と「日本信用情報機構」両方から鈴木さんの信用情報を引き出し、それをもとに審査を行います(現在、他の借入があるのか、過去にどんなローンを利用していたのか、延滞や債務整理の記録はないかなどを確認し、それをもとに審査を行うのです)。

さらに、延滞や強制解約、債務整理などの「金融事故情報」は基本的に全ての信用情報機関で共有されます。

例えば、鈴木さんがA社のカードローンの返済を3ヶ月以上延滞した場合、A社が「全国銀行個人信用情報センター」には非加盟でも、情報は3つの信用情報機関すべてで共有されるのです。

信用情報の流れ

どんな情報がどのぐらい残る?

信用情報に記録される情報と保存期間についてまとめました。

申込時

ローンやクレジットカードに申込むと、それだけで信用情報に記録されます。

この場合、結果的に審査に通らず契約に至らなかったとしても、「申込」の記録は残ります。

記録される情報

  • 申込先
  • 個人情報(氏名、生年月日、電話番号など)
  • 申込日
  • 商品の種類(※クレジットカード、ローンなども全て「商品」扱いになります)

保存期間

最長6ヵ月間

契約時

無事、審査に通過し、契約を結んだ場合、その内容が信用情報に記録されます。

記録される情報

  • 契約日
  • 契約した商品の内容
  • 契約金額(利用限度額)
  • 支払回数など

保存期間

解約後、最長5年間

完済=解約ではありません。

完済後も、解約しなければ契約が継続します(詳しくは、下記「完済したのに記録が残る?「包括契約」に注意!」の章で説明しています)。

返済時

返済状況も、信用情報に記録されます。

記録される情報

  • 返済日
  • 返済予定日
  • 残高
  • 完済日

保存期間

解約後、最長5年間

完済=解約ではなりません。

完済後も、解約しなければ契約が継続します(詳しくは、下記「完済したのに記録が残る?「包括契約」に注意!」の章で説明しています)。

延滞発生時

信用情報機関では、「返済が3ヶ月以上滞ること」を「延滞」としていますが、実際は各金融機関の判断によって異なります。

通常は2~3ヶ月以上遅れると「延滞」の情報が記録されますが、同業者で2回以降延滞した場合は、すぐに記録されてしまうこともあるようです。

記録される情報

  • 延滞した商品内容
  • 延滞の解消状況
  • 延滞発生日(シー・アイ・シーのみ)
  • 延滞解消日(シー・アイ・シーのみ)

保存期間

  • シー・アイ・シーと全国銀行個人信用情報センターは、延滞が解消されてから最長5年間
  • 日本信用情報機構は、延滞が解消されてから最長1年間

延滞に関する情報は全ての信用情報機関で共有されるため、最長5年間記録が残ると考えておいた方が良いでしょう。

強制解約時

延滞が続くと、業者側から契約を解約されてしまうことがあります。

これを「強制解約」と言います。

記録される情報

  • 強制解約が行われたこと
  • 強制解約に関する延滞情報

保存期間

強制解約の発生日から最長5年間

任意整理時

借金を合法的に減らす方法として、「任意整理」があります。

裁判所を通さずに金融機関と交渉し、返済額を減額してもらうのです。

任意整理を行うと、その情報が信用情報に記録されます。

記録される情報

  • 任意整理が行われたこと
  • 任意整理に関する延滞情報

保存期間

最長5年間

信用情報機関に「任意整理」の情報を登録するタイミングは、金融機関によって大幅に異なります。

早ければ任意整理についてお互いが合意した後に登録されますが、遅い場合は任意整理後、返済が全て終わってから登録されます。

つまり、数年のタイムラグが発生する可能性があるのです。

念の為、返済が終わってから5年間と考えておいたほうがよさそうですね。

自己破産、個人再生時

合法的に全ての借金を帳消しにする制度――それが自己破産です。

裁判所に申し立てを行い、支払い不能であると認められると、借金が全額免除されます。

その代わり、家など一定の財産を手放すことになります。

個人再生は、家や財産を手放さずに借金を減額できる制度です。

5,000万円以下の借金が対象となりますが、住宅ローンを含めることはできません。

裁判所に申し立てを行い、借金を減額してもらいます。結果、3年間で完済する計画をたてて返済していきます。

余談ですが、自己破産や個人再生を行うと、信用情報機関だけでなく、国が発行している「官報」という機関紙に氏名や住所が掲載されます。

記録される情報

  • 自己破産や個人再生が行われたこと
  • 自己破産や個人再生に関する延滞情報

保存期間

  • シー・アイ・シーと日本信用情報機構は最長5年間
  • 全国銀行個人信用情報センターは最長10年間

自己破産、個人再生など債務整理に関する情報は全ての信用情報機関で共有されるため、最長10年間記録が残ると思っておいたほうが良いでしょう。

また、信用情報機関に情報を登録するタイミングは、金融機関によって異なります。

通常、自己破産の場合は裁判所の免責許可がおりてから、個人再生の場合は完済してから登録されることが多いようです。

(任意整理、個人再生、自己破産については、『「おまとめ」と「債務整理」どっちがお得?比較表』で詳しく解説しています。こちらもあわせて読んでみてください)

この章で説明した内容を表にまとめると下記のようになります。

  申込時 契約時 返済時
記録される情報
  • 申込先
  • 個人情報(氏名、生年月日、電話番号など)
  • 申込日
  • 商品の種類
  • 契約日
  • 契約した商品の内容
  • 契約金額(利用限度額)
  • 支払回数
  • 返済日
  • 返済予定日
  • 残高
  • 完済日
記録が残る期間 最長6ヵ月間 解約後、最長5年間 解約後、最長5年間
  延滞発生時 強制解約時 任意整理時 自己破産/個人再生時
記録される情報
  • 延滞している商品の内容
  • 延滞の解消状況
  • 延滞発生日(CICのみ)
  • 延滞解消日(CICのみ)
  • 強制解約が行われたこと
  • 強制解約に関する延滞情報
  • 任意整理が行われたこと
  • 任意整理に関する延滞情報
  • 自己破産や個人再生が行われたこと
  • 自己破産や個人再生に関する延滞情報
記録が残る期間 【CIC・全国銀行個人信用情報センター】
延滞が解消されてから最長5年間

【JICC】
延滞が解消されてから最長1年間
強制解約の発生日から最長5年間 最長5年間 【CIC・JICC】
最長5年間

【全国銀行個人信用情報センター】
最長10年間

完済後に記録が残る?「包括契約」に注意!

「完済して5年以上経っているが、信用情報にローンの契約情報が残っている」

先ほども説明しましたが、完済=解約ではありません。

ここで重要なのは契約の種類です。契約には「個別契約」と「包括契約」があります。

個別契約の場合、完済すると契約が終了します。同じ会社から再び借入を行う場合も、再度審査を行い、新しい契約を結ぶ必要があります。

対して包括契約は、解約しない限り、完済後も契約が継続します。

限度額までなら繰り返し借入・返済できるローンは基本的に包括契約です。現在はほとんどのキャッシングサービスがこの「包括契約」の形態を取っています。

個別契約の場合、完済と同時に契約が終了するため、5年経過したら契約に関する記録が消えますが、包括契約の場合、完済しても契約が終了しないため、借入残高がゼロの状態でいつまでも記録が残ってしまうのです。

では、どうすればいいのでしょうか?

簡単です。
解約手続きを行いましょう。

手続きも簡単。業者に電話で解約したい旨を伝えるだけでOKです。

解約後、5年ほどで情報が消えます。

まとめ

ローンやクレジットカードを利用すると、「どんな情報がどのくらいの期間保存されるのか?」おさらいしてみましょう。

  • 申込に関する情報 ⇒ 最長6ヵ月間
  • 契約、返済に関する情報 ⇒ 最長5年間
  • 延滞、強制解約に関する情報 ⇒ その状態が解消されてから最長5年間
  • 任意整理に関する情報 ⇒ 最長5年間
  • 自己破産や個人再生に関する情報 ⇒ 最長10年間

延滞、強制解約、任意整理、自己破産、個人再生――いわゆる「事故情報」が残っている場合、新規のクレジットカードやローンの審査に通るのは難しくなります。

また、短期間に複数のローンに申し込むと、それだけで審査に通りづらくなります(詳しくは、『キャッシング連続申込みの注意と複数業者に申込むときのコツ』を参考にしてください)。

包括契約の場合、解約しなければ完済後も記録が残りますが、これが住宅ローンの審査などに悪影響を与えることがあります。

将来住宅ローンを検討しているなら、完済したローンは全て解約しておきましょう。

また、自分の信用情報がどのようになっているのか調べることもできます。

気になる方は一度、自分の信用情報の開示請求をしてみてはいかがでしょうか?(開示請求の方法については、『【保存版】自分の借金総額を調べる方法。費用・方法・日数まとめ』の「全国銀行個人信用情報センター(KSC)に情報開示請求をする方法」以降の部分を参考にしてみてください)

この記事の筆者

相羽あさひ(仮名)
夫婦二人世帯の気楽な専業主婦です。若い頃はプログラムを組んでいたこともありました。現在は自分の糧を増やすべく、色々なことに興味を持ちながら文章を書く日々を過ごしています。

カードローン申込数ランキング

今日中にお金を借りたい人に、一番選ばれているカードローンは?

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報