女もお金を借りたい!女性に人気のレディースキャッシングを徹底解説

キャッシングを必要としている人のうち、77.7%が男性というデータがあります。(日本貸金業協会、平成24年調べ)

キャッシングがサラ金と呼ばれていた時代と比べると、だいぶ女性にも親しみを持たれるようになりますが、それでもまだ圧倒的に男性の利用者が多いですね。

しかし、女性の利用希望者が年々増えているのもまた事実です。

そんなニーズに応えるために、貸金業者側も「女性が利用しやすいキャッシング」を目指して日々奮闘しています。

その証拠に、「レディースキャッシング」――つまり、女性専用のキャッシングを取り扱っているところも多くなってきました。

今回は、

  • レディースキャッシングとは何か?
  • レディースキャッシングの選び方は?
  • レディースキャッシングの注意点とは?

などなど、「レディースキャッシング」について特集しましたので、キャッシング利用を検討している女性の方はぜひ参考にしてみてください。

  • 【目次】
  • 通常のキャッシングとレディースキャッシングの違い
  • レディースキャッシングを選ぶ時にチェックしたいポイント
  • 総量規制対象外のレディースキャッシング
  • 無利息期間サービスのあるレディースキャッシング
  • 配偶者貸付のあるレディースキャッシング
  • レディースキャッシングおすすめ業者一括比較表
  • 女性がキャッシングするときに気をつけたいポイント
  • レディースキャッシング以外も検討してみよう

通常のキャッシングとレディースキャッシングの違い

レディースキャッシングと普通のキャッシングは何が違うのでしょうか?

レディースキャッシングとは、一般的に、

  • 女性利用者専用
  • 女性スタッフが応対してくれる

キャッシングのこと。

同性による応対の方が快適と感じる女性顧客と、返済率の高い女性顧客を取り込みたい業者側、両方のニーズがマッチしてできた商品です。

レディースキャッシングには必ず女性専用ダイヤルがあるので、そこにかければ必ず女性のスタッフが対応してくれます。

ただし、女性専用だからといって、金利が低くなったり限度額がアップしたりすることはありません

では、レディースキャッシングのメリットとは何でしょうか?

やはり、「男性スタッフだとちょっと...」という方が安心して利用できることです。

申込時には家族構成や仕事の状況などプライベートなことも申告しなくてはいけないので、「女性のほうが話しやすい」という場合が多いのだと思います。

「家族に内緒で借りたい」などこみいった事情がある場合も、同じ女性のほうが相談しやすですよね。

また、業者側が利用者の勤務先や自宅に電話をかける際も、レディースキャッシングなら女性スタッフが個人名を名乗って電話をかけます。家族や知り合いに変な詮索をされる心配もありません。

たとえば、自宅に、

「(男性の声で)田中と申しますが、花子さんはいらっしゃいますか?」

こんな電話が掛ってきた場合、家族が電話に出たら「今の誰だろう?」と疑問に思うかもしれませんが、女性の声なら「知り合いかな?」と思って、気に留めることもないでしょう。

レディースキャッシングを選ぶ時にチェックしたいポイント

私が思うに、レディースキャッシングに欠かせない要素は、店舗に行かなくても申込⇒契約⇒借入⇒返済まで行える仕組みがあることです。

具体的には、

  • インターネットから申込可能
  • 店舗・自動契約機に出向かなくても契約可能
  • 振込融資可能、もしくは銀行・コンビニATMからキャッシングできる
  • 振り込みで返済可能、もしくは銀行・コンビニATMから返済可能

女性の場合は「なるべく消費者金融の店舗や自動契約機に入りたくない、入るところを見られたくない」と思っている方が多いのではないでしょうか?

したがって、店舗や自動契約機に行かなくてもキャッシングができる仕組みが不可欠だと思います。

さらにチェックしたいポイントとして、以下の3点が挙げられます。

総量規制対象外

銀行以外の貸金業者からキャャッシングする場合、「借入総額が年収の3分の1を超えてはいけない」という規定があります。(これは、2010年6月18日に施行された改正貸金業法の総量規制で決められています

そのため、年収の低い人は借りられる金額も低くなります。収入がゼロだと借りることはできません。

一般的に女性は男性よりも所得が低いので、総量規制の対象になるキャッシングでは不利になります。(中には男性の倍以上稼ぐスーパーウーマンもいらっしゃいますが)

しかし、銀行カードローンなど総量規制の対象外になるレディースキャッシングであれば、年収の3分の1の壁にしばられることはありません。

配偶者貸付

日本では、出産した女性の40%以上が仕事を辞めて専業主婦になります。キャッシングを利用したい人の中には、生活費を補てんしたい、専業主婦の方も少なくありません。

しかし、専業主婦の方は当然収入0。
総量規制によって借入が認められていません。

そうなると、総量規制対象外である銀行カードローンが候補になりますが、残念ながら銀行カードローンにはほとんど女性専用のプランがありません

したがって、収入ゼロの専業主婦が銀行以外の貸金業者からお金を借りたい場合、「配偶者貸付」をおこなっている業者で借りる必要があります。

配偶者貸付とは、総量規制の例外規定のひとつで、「配偶者の同意があれば夫婦の年収を合わせた金額の3分の1まで借入れができる」というもの。

配偶者貸付対応の業者であれば、収入ゼロの専業主婦でもお金を借りることができるのです。

無利息期間サービス

レディースキャッシングが特にお得なローンではない(金利が低いわけではない)ことはすでにお話ししました。

そこで、利息を安くおさえる方法として、無利息期間サービスありの業者を利用する手があります。

たとえば、20万円を金利18%借りた場合、通常なら1ヵ月2,958円の利息がかかりますが、30日無利息プランがあるところなら、それがゼロです。

以上のポイントを踏まえ、今回は「お店に行かなくても利用できるおすすめレディースキャッシング」を、

総量規制対象外のレディースキャッシング 新生銀行カードローン レイク
無利息期間のあるレディースキャッシング プロミスノーローン
配偶者貸付のあるレディースキャッシング ベルーナノーティス、エレガンス

の3種類に分けて紹介していきたいと思います。

(もちろん「店舗、自動契約機などお店に行かなくても申込⇒契約⇒借入⇒返済ができる仕組みがある」ことは前提です。)

  金利(年率) 限度額 総量規制対象
(か否か)
無利息
期間
(有無)
配偶者
貸付
(有無)
インターネット
申込
(有無)
振込キャッシング(可否) 銀行
コンビニATM
(有無)
レディースレイク 4.5~18.0% 1~500万円 対象外 ×
プロミスレディース 4.5~17.8% 最高1~500万円 対象 ×
女性のためのノーローン 4.9~18.0% 最高1~300万円 対象 ×
ベルーナノーティス 8.0~18.0% 1~100万円 対象 ×
エレガンス 10.00~20.00% 1~50万円 対象 × ×

総量規制対象外のレディースキャッシング

総量規制の対象にならないレディースキャッシングはこちらです。

レディースレイク

金利:4.5~18.0%
限度額:1~500万円

メリット

総量規制対象外

私が調べた限り、レディースキャッシングでは唯一の銀行カードローンです。

レイクは2011年から新生銀行が運営しているため、銀行カードローンに分類されます。よって、総量規制対象外になるため年収3分の1以上の借入も可能です。

2種類の無利息期間サービス

180日間無利息(5万円まで)と30日間無利息、2つの無利息プランがあることも大きな特徴です。

最短即日振込融資可能

レディースレイクは店舗や自動契約機まで出向かなくても最短即日振込による融資が可能です。

インターネット・電話から申し込み⇒審査結果を確認⇒メールかFAXで本人確認書類(運転免許証または健康保険証など)を提出します。

ここまでの流れを平日14時までに完了し、なおかつレイク側の本人確認書類の確認が済めば、当日中に振込融資をしてもらえます。

24時間インターネットで返済可能

返済は24時間365日、パソコン・携帯から可能です。

レイクはインターネット支払いシステムの「Pay-easy(ペイジー)」に加盟しているので、わざわざATMまで行かなくても24時間返済できます。もちろん手数料は無料。

「Pay-easy(ペイジー)」はほとんどの金融機関に対応しているので、おそらくあなたの口座も大丈夫でしょう。

デメリット

銀行カードローンにしては金利が高め

金利の比較をする時は、必ず最高金利をチェックしましょう。(初回利用の場合、ほぼ最高金利が適用されるため)

大手の銀行カードローンは、高くても最高金利15%以内のところが多い中、18%は少し高めです。これでは消費者金融と変わりません。

→新生銀行カードローン レイクを全8項目から調査してわかったこと

無利息期間サービスのあるレディースキャッシング

無利息期間サービスのあるレディースキャッシングはこちらです。

プロミスレディース

金利:4.5~17.8%
限度額:1~500万円

メリット

30日間無利息サービス

女性専用のプロミスレディースでは、通常のプロミスと同様 30日間無利息サービス(基本的に初回利用時のみ)があります。

最短即日振込融資可能

インターネットで申込み⇒審査結果通知⇒必要書類(運転免許証など)の画像をメールかアプリで送る、この手順を踏めば店舗や自動契約機まで行かずとも、最短即日振込で融資してもらえます(ただし、平日の14時までにWEB契約完了が必要です)。

融資はほぼリアルタイムで、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座があれば、24時間365日借入可能です。

その他の銀行なら平日14時50分までに申込めば即日融資が可能です(申込み時間帯によって当日中の融資が難しい可能性あり)。

24時間インターネットで借入・返済可能

返済も借入も24時間、インターネットがあればどこでもできます

三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、ジャパンネット銀行、みずほ銀行、楽天銀行の口座があれば、24時間土日祝日も含めていつでも利用できるので、申し込めばすぐに口座に入金されます。夜中でも借りられるのがいいですね。

デメリット

金利が高め

消費者金融なのでどうしても金利は高めになります。

プロミスの金利は4.5~17.8%なので、4%~15%が多い銀行カードローンと比べると 高い水準です。しかし消費者金融の中では平均的です。

→プロミス申込み前に知っておきたい悪いクチコミ、マイナス面、公平な評価

女性のためのノーローン

金利:4.9~18.0%
限度額:1~300万円

メリット

初回に限らず何度でも7日間分無利息

なんどでも1週間無利息」は、初回に限らず何度でも7日間分無利息になるというノーローン特有のサービスです。

ただし、7日間程度の利息だと(借り入れ額にもよりますが)少額になることが多いので、大きなメリットとは言えないかもしれません。

例) 20万円を金利18%で借りた場合、7日間の利息は約690円

即日振込融資可能

電話またはインターネットで申込み⇒審査結果の通知⇒メールで必要書類(運転免許証、健康保険証など)の画像を提出すれば、当日中に指定口座に振込で融資してもらえます。店舗や自動契約機まで出向く必要はありません。

ただし、時間制限があるので注意してください。

楽天口座がある人なら平日17時まで、その他の銀行なら平日12時30分までに審査結果の通知を受ける必要があります。

24時間インターネットで借入・返済可能

楽天銀行に口座があれば、24時間リアルタイムで借入可能です。パソコンで融資の実行をするだけなので、操作はとても簡単です。

また、返済には「Pay-easy(ペイジー)」が使えるので、24時間365日 手数料無料でインターネットから返済できます。対象金融機関には多くの都銀、地銀、信用金庫が含まれているので、ほとんどの人は使えるでしょう。

デメリット

金利が高め

ノーローンの金利は9.5%~18.0%と、だいぶ高めに設定されています。

無利息期間をうまく活用して、支払う利息を減らすようにしましょう。

→ノーローン検証。全8項目を他社と徹底比較。良い点悪い点まとめ

配偶者貸付のあるレディースキャッシング

続いて、収入0の主婦でも借入ができる、配偶者貸付のあるレディースキャッシングを紹介していきます。

ベルーナノーティス

金利:15~18%
限度額:1~100万円

メリット

大手企業経営

ベルーナノーティスは、大手通販会社「ベルーナ」が運営するレディースキャッシングです。

ベルーナは東証一部上場の大手企業で、ベルーナノーティスはそのキャッシング部門です。

専業主婦でも借りられる

配偶者貸付を利用すれば、専業主婦(収入なし)でも借りられます。

即日振込融資可能(?)

インターネットか電話、FAXで申し込み⇒審査後、必要書類をFAXすれば手続きは完了です。

振込を希望すれば、当日中に振込で融資してもらえることもあるようです。(ただし、必ずしも当日中に振り込んでもらえるわけではないので、急ぎの時は申込み前に問い合わせましょう。)

コンビニ・銀行ATMが使える

レディースキャッシング専門の業者は、「振込による融資のみ」のところが多いですが、ベルーナノーティスはコンビニ・銀行ATMにも対応しています。

セブン銀行ATM(セブンイレブン)、E-net(ファミリーマート、ミニストップ等)、ローソンATM、三菱東京UFJ銀行ATM、東京スター銀行ATMが使えます。

デメリット

金利が高め

金利は15%~18%と高めですが、他消費者金融と同水準です。最低金利が15%とだいぶ高いように思えますが、限度額が100万円なので妥当といえるでしょう。

手続きが面倒

必要書類などを送付する際は、郵送かFAXを利用します。急ぎの場合はFAXで対応してくれますが、自宅にない場合は不便ですね。

他社のようにメールやアプリで書類の提出ができればよいのですが...。

レディースキャッシング「エレガンス」

金利:10.00~20.00%
限度額:1~50万円

メリット

老舗レディースキャッシング会社

エレガンスは、女性向け専門の老舗キャッシング会社です。

創業は1970年。40年以上の歴史があるんですね。

専業主婦でも借りられる

配偶者貸付なら総量規制の対象外なので、収入のない専業主婦でも借りられます。

また、改正貸金業法について分からない方のために、ホームページで「配偶者貸付」について丁寧に説明してあります。

即日振込融資可能

電話から申込み⇒審査結果通知(申込から30分以内)⇒必要書類の提出(FAX)までを銀行の営業時間内(15時まで)に完了すれば、当日振込融資が可能です。

デメリット

金利が高め

金利は年率10.0%~20.0%です。

最高金利が20%と高いのは、1万円から借り入れが可能だからです。10万円未満の借り入れは最高金利20%、10万円以上は最高金利18%になります。(法律でそう決められています)

ただ、1万円から借入可能でも最高金利18%としているところが多いので、金利は高めといえますね。

限度額がかなり低め(50万円まで)

限度額は最高50万円と低めです。

そのかわり1万円の少額から借りられるので、「5万円だけすぐ借りたい!」という人に最適です。

手続きが面倒

書類の提出は基本的に郵送かFAXでおこなわれます。

FAXの方が早いのですが、自宅にない人は不便ですね。他社のようにメールやアプリで書類の提出ができる仕組みが欲しいところです。

レディースキャッシングおすすめ業者一括比較表

総量規制対象外のレディースキャッシング 新生銀行カードローン レイク
無利息期間のあるレディースキャッシング プロミスノーローン
配偶者貸付のあるレディースキャッシング ベルーナノーティス、エレガンス

の3種類に分けて紹介していきたいと思います。

(もちろん「店舗、自動契約機などお店に行かなくても申込⇒契約⇒借入⇒返済ができる仕組みがある」ことは前提です。)

  金利(年率) 限度額 総量規制対象 (か否か) 無利息期間
(有無)
配偶者貸付
(有無)
インターネット申込
(有無)
振込キャッシング
(可否)
銀行コンビニATM
(有無)
レディースレイク 4.5~18.0% 1~500万円 対象外 ×
プロミスレディース 4.5~17.8% 最高1~500万円 対象 ×
女性のためのノーローン 4.9~18.0% 最高1~300万円 対象 ×
ベルーナノーティス 8.0~18.0% 1~100万円 対象 ×
エレガンス 10.00~20.00% 1~50万円 対象 × ×

女性がキャッシングするときに気をつけたいポイント

女性がキャッシングする時には、いくつか気をつけたいポイント、知っておいた方がよいポイントがあります。

金利が高い

レディースキャッシングを扱っている商品は、どれも金利が高めです。多少の誤差はありますが、最高金利18~20%のところばかり。

銀行のカードローンなら最高金利15%程度のところが多いのですが、銀行カードローンには女性専用のプランがほとんど見当たらず、唯一扱っているレイクの金利は消費者金融並みに高いのです。

高額借り入れは期待できない

総量規制対象外のローンであっても、配偶者貸付利用可能のローンであっても、やはり本人に収入がない(もしくは少ない)場合、限度額は低く設定されます。

基本的に30万円~50万円以下に設定される場合が多いのではないかと思います。

配偶者貸付の注意点

配偶者貸付で融資を受けたい場合、以下の書類が必要になります。

  • 婚姻関係の証明書(住民票など)
  • 本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)
  • 配偶者の同意書
  • 収入証明書(※借入額による)

したがって、「配偶者に内緒で借りる」のは難しいです。

配偶者貸付を利用するなら、配偶者にきちんと相談して同意を得る必要があります。

レディースキャッシング以外も検討してみよう

初めてで不安だから、女性が応対してくれるレディースキャッシングがいいという気持ちは分かります。

しかし、これまでご紹介してきたように、レディースキャッシングは金利が高く、種類もあまり多くありません。

もし「女性専用でなくてもいいかな」ということでしたら、金利の低い銀行カードローンをはじめ、さまざまな選択肢が広がります。

もう一度、「どうしても女性専用のキャッシングがいいのか」検討してみてください

レディースキャッシングにこだわらない場合は、次のような業者がオススメです。

  • 低金利
  • 総量規制対象外
  • 来店不要(申込⇒契約⇒借入⇒返済まで)

楽天銀行スーパーローン

金利:1.9~14.5%
限度額:10~800万円

楽天銀行スーパーローンは、楽天銀行が運営するキャッシングです。

銀行カードローンなので金利が低く、総量規制の対象外です。楽天ポイントがたまるので、楽天会員の方にはオススメです。

専業主婦のコースもあり、収入がなくても限度額50万円、年率14.5%で借りることができます。(もちろん審査はある)配偶者の同意書も、収入証明書の提出も必要ありません。

インターネットから申込み⇒電話で契約内容確認⇒必要書類の提出(郵送もしくは楽天銀行のアプリから可能)⇒ローンカード発行(郵送)というふうに、店舗に行かなくても契約まで行うことが可能です。

もちろん、借入は24時間365日振込で可能、返済方法は自動引落しなのでお店やATMに出向く必要はありません。

→楽天銀行スーパーローンの気になる悪いクチコミ、マイナス評価

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」

金利:1.8~14.6%
限度額:10~500万円

三菱東京UFJ銀行カードローンは、大手都銀の三菱東京UFJ銀行が運営するカードローンです。

銀行カードローンならではの低金利が魅力です。銀行なのでもちろん総量規制の対象外

振込による融資は行なっていないので、借入の際は三菱東京UFJ銀行ATMか提携コンビニATM(セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなど)を利用する必要があります。

基本的に来店不要ですが、急ぎで申込⇒契約⇒借入まで行いたい場合は、三菱東京UFJ銀行併設のテレビ窓口がオススメです。その場でカードを発行してもらえるので、即日融資が可能です。

テレビ窓口は預金や運用で利用する人もいるので、「テレビ窓口を利用している」=「カードローン」とは思われません。

返済はATMからも可能ですが、自動引落しの方が忘れる心配がありません。

→三菱東京UFJ銀行カードローン申込み前に知りたい利用者が思う問題点、マイナスのクチコミ

カードローン申込数ランキング

今日中にお金を借りたい人に、一番選ばれているカードローンは?

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報