キャッシングの無利息サービス徹底比較!無利息は本当に得なのか?

「初回のみ30日間無利息」

このような広告をみて、「無利息ならとりあえず借りてみよう」と思ってしまう人は多いでしょう。

でも、ちょっと待ってください。

無利息サービスを提供するローンはたくさんありますが、一口に無利息サービスといっても、こまかいサービス内容は業者によって異なります。

そのため、人によってどの無利息サービスを使うとお得になるかも異なるのです。

そこで今回は、借入金額や返済期間別に、どの無利息サービスが本当にお得なのか解説しました。

また、無利息サービスありのローンと、低金利のローン(無利息サービスなし)も比較しています。

実は、無利息サービスを行っているローンの金利は軒並み高めなのです。

そのため、長い目で見るなら低金利のローン(無利息サービスなし)を使ったほうがお得になるかもしれません。

こちらも、借入金額や返済期間別に、どちらのほうがお得か検証していきます。

ローンの申込み前にぜひお読みになってみてくださいね。

まずは無利息サービスの基礎を知ろう!

まずは、無利息サービスについて簡単に勉強しましょう。

無利息サービスとは、その名の通り、一定期間、利息がゼロになるサービスです。

たとえば、「初回借入日の翌日から30日間無利息」というサービスなら、30日間は利息ゼロでお金を借りられます。

無利息期間中に完済したら元金のみの返済で済むのです。

無利息サービスの3つの注意点

無利息サービスを利用するうえで知らないと損をしてしまいそうな注意点をまとめました。

いつから無利息になるの?

無利息期間が始まるタイミングは、主に2通りあります。

「契約日の翌日」と「初回借入日の翌日」です。

無利息サービスの適用期間は必ず確認しておきましょう。

特に、「契約日の翌日から無利息期間が始まる」場合は要注意です。

この場合、契約日の翌日から無利息期間がはじまってしまうため、契約から借入れまで間が空くと、そのぶん無利息期間が減ってしまいます。

例)

  • 「契約日の翌日から30日間無利息」のサービスを利用
  • 契約日の10日後に借入れを行った

この条件の場合、無利息期間が30日から20日に減ってしまいます。

せっかくの無利息期間を減らしてしまうのはもったいないですよね。

無利息期間中に返済期日がきたら?

無利息期間中に返済期日がきてしまった場合は、通常どおり返済する必要があります(この場合、支払った金額はすべて元金にあてられます)。

また、無利息期間が終わると、その時点の借入残高に対して利息が発生します(日割り)。

延滞するとどうなる?

無利息期間中に返済期日がきてしまった場合、通常どおり返済しなければなりませんが、ここで延滞すると翌日から利息が発生します(※1)

つまり、延滞した時点で無利息期間が終了してしまうのです。

なかには、延滞すると無利息サービス自体が無効になることもあります。

この場合、「初日から利息が発生していた」として利息を請求されるのです。

返済の遅れにはくれぐれも注意しましょう。

※1
延滞すると、さらに遅延損害金を支払う必要があります。簡単にいうと、延滞に対する罰金のようなものです。相場は年率20%程度で、利息に加えて支払わなければなりません。

大手5社の無利息サービス一覧表

大手キャッシング・カードローンのうち、無利息サービスを行っているのは下記の5社です。

銀行カードローン

消費者金融

6社の無利息サービスを比較

  金利 無利息サービス
適用期間 回数 適用条件
新生銀行カードローン レイク 4.5~18.0% 契約日の翌日から30日間 初回のみ -
4.5~18.0% 契約日の翌日から180日間 初回のみ
  • 利用限度額200万円以下の人のみ
  • 借入額5万円まで
ジャパンネット銀行ネットキャッシング 2.5~18.0% 初回借入日から30日間 初回のみ -
プロミス 4.5~17.8% 初回借入日の翌日から30日間 初回のみ
  • メールアドレスを登録する
  • 「Web明細」を利用する
アコム 3.0~18.0% 契約日の翌日から30日間 初回のみ
  • 返済日を「35日ごと」に設定する
アイフル 4.5~18.0% 契約日の翌日から30日間 初回のみ -
ノーローン 4.9~18.0% 借入日の翌日から7日間 何回でも
  • 2回目以降は、完済した月の翌月から利用可能

「初回のみ30日間無利息」のところがほとんどですが、レイクは2種類のサービスから好きなほうを選べます。

  • 契約日の翌日から30日間無利息(金額上限なし)
  • 契約日の翌日から180日間無利息(上限5万円まで)

ノーローンも少し変わっていますね。
ノーローンの場合、無利息期間はわずか7日間ですが、完済すれば何度でも利用できるのです。

また、無利息サービスの適用期間はローンによって2種類に分かれます。

レイク・アコム・アイフルは契約日の翌日から、ジャパンネット銀行とプロミス、ノーローンは借入日の翌日から適用されます(※2)

また、ローンによっては無利息期間の適用条件が設けられています。

たとえばレイクの場合、利用限度額が200万円以下に設定された方でないと「180日間無利息」を利用できません(上限5万円)。

このような適用条件をクリアしないと無利息サービスを利用できないのでご注意ください。

※2
基本的に借入れ当日は利息が発生しません。そのため、「借入日の翌日から◯日間無利息」となっているローンが多いのです。ただし、ジャパンネット銀行の場合は、借入日から利息が発生します。そのため、「初回借入日から30日間無利息」となっています。その代わり、返済日当日は利息が発生しません。つまり、「借入日の翌日から30日間無利息」でも「借入日から30日間」でも、無利息になる期間は変わらないのです。

どの無利息サービスがお得?金額・期間別に徹底比較!

ここからは、大手6社の無利息サービスのうち、どのサービスが一番お得なのか比較していきます。

比較にあたり、下記5点の決まりごとを定めました。

  • 1借入額は10万円・30万円・50万円の3パターン、返済期間は3ヶ月・6ヶ月・1年・2年の4パターンで比較
  • 2各社ともはじめての契約・借入れであることが前提
  • 3無利息期間はフルで活用する
  • 4毎回均等な額で返済する(例:10万円を6回で返済する場合、毎回約1万7000円を返済していく)
  • 5追加借入れなどは考慮しない

なお、今回の計算で出した利息総額はあくまで目安です。

実際の金額とは異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

10万円を借入れた場合

まずは10万円を借入れた場合で比較してみましょう。

  金利 無利息 利息総額
3ヶ月 6ヶ月 1年 2年
新生銀行カードローン レイク 18.0% 30日間 1,419 3,542 7,306 17,356
18.0% 180日間
(5万円まで)
971 1,448 4,061 13,451
ジャパンネット銀行
ネットキャッシング
18.0% 30日間 1,419 3,542 7,306 17,356
プロミス 17.8% 30日間 1,433 3,607 8,035 17,211
アコム 18.0% 30日間 1,449 3,647 8,125 17,406
アイフル 18.0% 30日間 1,449 3,647 8,125 17,406
ノーローン 18.0% 7日間 2,623 4,883 9,501 19,123

※ 「3ヶ月」~「2年」はいずれも完済するまでの期間を表しています。たとえば、「3ヶ月」の列に記載されている金額は、「3ヶ月(返済回数3回)で完済した場合の利息総額」を示しています。

レイクがいちばんお得

借入額10万円なら、どの期間でもレイク(5万円まで180日間無利息)がいちばんお得です。

返済期間が短いうちはそこまで差が出ませんが、返済期間1年の場合は3,000~5,000円、2年の場合は4,000~5,000円利息を節約できます(他4社と比べて)。

→新生銀行カードローン レイクを全8項目から調査してわかったこと

30万円を借入れた場合

  金利 無利息 利息総額
3ヶ月 6ヶ月 1年 2年
新生銀行カードローン レイク 18.0% 30日間 4,347 10,860 23,861 52,091
18.0% 180日間
(5万円まで)
6,665 11,088 24,043 52,314
ジャパンネット銀行
ネットキャッシング
18.0% 30日間 4,347 10,860 23,861 52,091
プロミス 17.8% 30日間 4,300 10,820 24,104 51,624
アコム 18.0% 30日間 4,348 10,940 24,374 52,213
アイフル 18.0% 30日間 4,348 10,940 24,374 52,213
ノーローン 18.0% 7日間 7,869 14,650 28,504 57,375

30日間無利息がお得

30万円を借入れる場合は、30日間無利息のローン(レイク・ジャパンネット銀行・プロミス・アコム・アイフル)がやや有利です。

ノーローンと比べると、3,000~5,000円利息を節約できます。

ただ、レイク(5万円まで180日間無利息)と比べると、返済期間3ヶ月のとき以外はほとんど差がないようですね。

→プロミス申込み前に知っておきたい悪いクチコミ、マイナス面、公平な評価

→アコム申込み前に知っておきたいアコムの悪い点、第三者視点の評価

→アイフル徹底検証。全8項目を比較してわかったアイフルの客観的評価

50万円を借入れた場合

  金利 無利息 利息総額
3ヶ月 6ヶ月 1年 2年
新生銀行カードローン レイク 18.0% 30日間 7,231 18,176 40,452 86,831
18.0% 180日間
(5万円まで)
12,597 21,530 44,116 91,203
ジャパンネット銀行
ネットキャッシング
18.0% 30日間 7,231 18,176 40,452 86,831
プロミス 17.8% 30日間 7,167 18,033 40,173 86,041
アコム 18.0% 30日間 7,246 18,233 40,623 87,019
アイフル 18.0% 30日間 7,246 18,233 40,623 87,019
ノーローン 18.0% 7日間 13,115 24,417 47,507 95,627

30日間無利息がお得

借入額50万円の場合は、30日間無利息のローンを利用したほうがいいでしょう。

さきほどの「30万円借入れ」のケースより、差も大きく開くようになりました。

レイク(5万円まで180日間無利息)に比べて3,000円~5,000円の利息を節約できますし、ノーローンに比べて6,000円~9,000円の利息を節約できます。

「低金利 VS 無利息」はどっちがお得なの?金額・期間別に徹底比較!

ここまでは、無利息サービスを扱っているローン同士の比較をしてきました。

偶然にも、各社の金利がほぼ横ばいだったので、単純に「どこの無利息サービスがお得か」比較することができたのです。

では、無利息サービスが付いていない低金利のローンと比べると どちらがお得なのでしょうか?

ここからは、無利息サービスありのローンと、無利息サービスはないが低金利のローンを比較していきます。

比較するときの決まりごとは、「どの無利息サービスがお得?金額・期間別に徹底比較!」のところで説明したものと同じです。

今回は比較対象として、下記の4社を選びました。

低金利カードローン代表

三菱東京UFJ銀行カードローンは銀行カードローンの代表格。

金利は1.8~14.6% なので、消費者金融の金利相場(上限18%)より低金利です。

さらに、スピードは消費者金融にひけをとりません。審査時間は最短30分 ですし、最短即日で融資が可能です。

また、住信SBIネット銀行カードローンは銀行カードローンの中で群を抜いて低金利です。

金利は、0.99~7.99%となっています。

無利息サービス代表

  • プロミス(30日間無利息)
  • 新生銀行カードローン レイク(5万円まで180日間無利息)

プロミスは、30日間無利息サービスを扱うローンのなかで最も金利が低いです。

また、レイクの「5万円まで180日間無利息サービス」は、借入額が少額の場合に利息節約の効果を発揮します。

10万円を借入れた場合

  金利 無利息 利息総額
3ヶ月 6ヶ月 1年 2年
三菱東京UFJ銀行カードローン
バンクイック
14.6% 2,442 4,297 8,077 15,904
住信SBIネット銀行Mr.カードローン
(プレミアムコース)
7.99% 1,333 2,339 - -
プロミス 17.8% 30日間 1,433 3,607 8,035 17,211
新生銀行カードローン レイク 18.0% 180日間 971 1,448 4,061 13,451

やはりレイクがお得

借入額が10万円の場合は、レイク(5万円まで180日間無利息)が最もお得です。

やはり、少額の場合は180日間無利息が効果的なのですね。

1年で返済する場合、利息総額は三菱東京UFJ銀行カードローンやプロミスの約半分で済んでしまいます。

なお、レイクの次にお得なのは住信SBIネット銀行カードローンですが、「1年」「2年」の列のデータがありません。

これは、住信SBIネット銀行カードローンの月の最低返済額が1万円~となっているためです。

借入額10万円ですと、最長でも11ヶ月で返済が終わってしまいます。

30万円を借入れた場合

  金利 無利息 利息総額
3ヶ月 6ヶ月 1年 2年
三菱東京UFJ銀行カードローン
バンクイック
14.6% 7,329 12,901 24,245 47,725
住信SBIネット銀行 Mr.カードローン
(プレミアムコース)
7.99% 4,003 7,027 13,136 25,591
プロミス 17.8% 30日間 4,300 10,820 24,104 51,624
新生銀行カードローン レイク 18.0% 180日間 6,665 11,088 24,043 52,314

住信SBIネット銀行カードローンがお得

借入額が30万円となると、期間にかかわらず住信SBIネット銀行カードローンに軍配が上がります。

特に、返済が長引くほど差が大きくなっていますね。

2年の時点で比較すると、利息総額はレイクやプロミスの約半分で済みます。

→住信SBIネット銀行MR.カードローンを徹底検証!金利、限度額など全8項目を検証してわかったこと

半年以内なら三菱東京UFJ銀行カードローンよりプロミス

住信SBIネット銀行カードローン以外で興味深いのは、三菱東京UFJ銀行カードローンとプロミスです。

6ヶ月以内で完済するなら、プロミスのほうが2,000~3,000円利息を節約できます。

ちなみに、三菱東京UFJ銀行カードローンの上限金利は14.6% 、プロミスの上限金利は17.8%です。

返済期間が短い場合は、低金利より30日間無利息に軍配が上がるのですね。

一方、2年など、長期で返済する場合は三菱東京UFJ銀行カードローンのほうがお得です(プロミスに比べて約4,000円利息を節約できます)。

返済期間によって使い分けましょう。

50万円を借入れた場合

  金利 無利息 利息総額
3ヶ月 6ヶ月 1年 2年
三菱東京UFJ銀行カードローン
バンクイック
14.6% 12,215 21,503 40,412 79,551
住信SBIネット銀行 Mr.カードローン
(プレミアムコース)
7.99% 6,672 11,715 21,897 42,659
プロミス 17.8% 30日間 7,167 18,033 40,173 86,041
新生銀行カードローン レイク 18.0% 180日間 12,597 21,530 44,116 91,203

住信SBIネット銀行カードローンがお得

借入額が50万円になっても、住信SBIネット銀行カードローンの優位は変わりません。

やはり、上限金利7.99%は圧倒的なのですね。

返済期間1年超の場合、利息総額は他3社の約半分で済みます。

半年以内なら三菱東京UFJ銀行カードローンよりプロミス

借入額30万円のときのように、三菱東京UFJ銀行カードローンとプロミスを比較してみました。

今回も6ヶ月以内で完済するなら、プロミスのほうが3,000~5,000円利息を節約できます。

一方、2年など長期で返済する場合は、三菱東京UFJ銀行カードローンのほうが約6,000円お得です。

傾向は、借入額30万円のケースと同じですね。

どのローンを利用すればいいの?ケーススタディ!

ここまでの比較を元に、「利息総額の低いローンTOP3」をランキングにしてみました。

  返済期間
3ヶ月 6ヶ月 1年 2年
借入額 10万円 1位 レイク レイク レイク レイク
2位 住信 住信 プロミス 三菱
3位 プロミス プロミス 三菱 プロミス
30万円 1位 住信 住信 住信 住信
2位 プロミス プロミス レイク 三菱
3位 レイク レイク プロミス プロミス
50万円 1位 住信 住信 住信 住信
2位 プロミス プロミス レイク 三菱
3位 三菱 三菱 プロミス プロミス

※表内のローン名は略称を使用しています。また、表内のレイクは「5万円まで180日間無利息サービス」を指します。

ぜひローン選びの参考にしてみてください。

また、この結果を踏まえたうえで、「どのローンを利用すべきなのか」を状況別に検証してみました。

10万円程度の借入れならレイク(5万円まで180日間無利息)

何度も繰り返しますが、10万円程度の少額借入れなら、レイクの5万円まで180日間無利息サービスがいちばんお得です(返済期間は2年以内と仮定)。

レイクは、住信SBIネット銀行カードローンにくらべると10%以上高金利ですが、「180日間無利息」はそんな金利差も凌駕してしまうのですね。

借入額30万円以上なら住信SBIネット銀行カードローン

借入額30万円以上なら、まず住信SBIネット銀行カードローンで間違いないです。

今回の比較では、借入額10万円の場合をのぞき、全てのケースで利息総額が最安でした。

金利が低いぶん、審査通過のハードルは高いと予想されますが、借入額が大きい場合、返済期間が長い場合はぜひ検討してみてください。

次点でプロミスと三菱東京UFJ銀行カードローン

レイクと住信SBIネット銀行カードローン以外ですと、プロミスと三菱東京UFJ銀行カードローンが健闘していました。

返済期間半年まではプロミスが優勢、1年でほぼ横ばい、2年になると三菱東京UFJ銀行カードローンが優勢になります。

このへんは返済期間によって使い分けたいですね。

30日以内に完済できるなら30日間無利息のローン

当然ですが、30日以内に完済できるなら、30日間無利息のローン(レイク、プロミス、アコム、ジャパンネット銀行)を利用しましょう。

期間内に完済できれば、利息ゼロでお金を調達したことになります。

たとえば、50万円を借りて無利息期間内に完済した場合、約7,300円の利息を節約したことになります(金利18%と仮定)。

7日間無利息を繰り返し利用したいならノーローン

今回の比較・検証では全く良い所なしだったノーローンですが、何度でも7日間無利息(※3)は場合によって魅力です。

たとえば、毎月給料日前にピンチになってしまうケース。

この場合、給料日の数日前に借入れ、給料日に全額返済すれば利息ゼロで借入れできます。

定期的に、数日間だけお金を借りたい場合はノーローンが有効ですよ。

※3
ノーローンの無利息のサービスの場合、2度目以降は完済した翌月でないと利用できません。

【おまけ】無利息サービスをハシゴすることはできるの?

「無利息サービスをハシゴして使えば、長期間利息がゼロになるのでは?」

なかにはこんなことを考える人もいるでしょう。

最後に、無利息サービスのハシゴ利用について検証してみます。

たとえば、下記のような手順で利用すれば、最大120日間無利息でお金を借りることができます。

  • 1アコムで契約して即日借入れる
  • 230日経過する前にプロミスで契約し、即日借入れてアコムの分を完済
  • 330日経過する前にレイクで契約し、即日借入れてプロミスの分を完済
  • 430日経過する前にジャパンネット銀行で契約し、即日借入れる

※いずれのローンでも「30日間無利息サービス」を利用したと仮定

しかし、やめておいたほうが賢明でしょう。

なぜなら、あなたがローンやクレジットカードを利用した記録(信用情報といいます)は、すべて信用情報機関に残ってしまうからです(信用情報の詳細はこちら)。

そして、信用情報はローンやクレジットカードの審査の際に必ずチェックされます。

たとえば、あなたがA社のカードローンに申込んだ場合、A社は信用情報機関を通じてあなたの信用情報を確認します。

そこから、現在および過去のローン・クレジットカードの利用状況を確認し、審査の材料とするのです(※4)

もし、「短期間のうちに何度も契約・借入れした記録」が残っていたら、審査に悪影響を及ぼす可能性がありますよね。

審査基準は各社それぞれなので一概にいえませんが、今後の審査に悪影響を及ぼす可能性があることは覚えておきましょう。

※4
審査のときは、「これまでの返済に滞りがないか」「現在何社から・いくら借りているのか」などのことをチェックされます。

いかがでしたか?

無利息サービスは各社微妙に違いがあり、それぞれ長所・短所があります。

また、低金利のローンを利用すれば、条件次第で無利息サービスより利息を抑えられます。

それぞれ返済期間や借入額によって、「どのローンを使うべきか」は変わってくるのです。

たとえば、5万円~10万円を借りたい場合100万円~200万円を借りたい場合では、業者の選び方はまったく違うものになります。

そして、仮に無利息サービスを使用するより、低金利のローンを利用したほうがよいとなった場合も、賢く繰り上げ返済をすることで、利息をぐっと抑えることができます。

ですから、ローンを選ぶ前に返済計画を立てましょう。

目的に合わせてベストの選択ができるといいですね。

最後に、ノーローンの無利息サービスの利用者へのインタビューがありますので、こちらもぜひお読みになってみてください。

カードローン申込数ランキング

今日中にお金を借りたい人に、一番選ばれているカードローンは?

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報