なぜ、カード会社は高リスクのリボ払いをやたらと勧めてくるのか?

(0)

この記事を評価する

評価を設定してください
×

カード会社がリボ払いの勧誘をする理由

  • 毎月の負担は減るが高い手数料がかかるリボ払い
  • リボ払いは儲かる!カード会社の大事な収入源
  • リボ払いのキャンペーンはおトクじゃない!
  • 注意!リボ払いと気づかず利用している人も多い
  • カード会社の本音は?「リボ払いはやめておけ」
  • もっと深く理解したい場合は、下の記事を読んでね!

「クレジットカード会社のリボ払いの勧誘がしつこくて困る・・・」

「クレカのキャンペーンに加入したら、実はリボ払いになっていた・・・」

悪名高いクレジットカードのリボ払い。

リボ払いの勧誘は悪魔による囁(ささや)きとまで呼ばれることもあります。

リボ払いは、月々の支払額が一定になる代わりに、手数料がかかる支払方法ですが、この手数料が非常に高額なので、危険なサービスとして悪名高いんですね。

最近はそのことが広く知られるようになり、「一括払いしか利用しない!リボ払いは絶対に避ける!」という方も増えてきました。

こんにちは。
当サイト、ファイグーの編集部でお金に関する記事を担当して5年目になる木村です。
最近はリボ払いの利用者にもインタビューを行っています。

先ほどもお伝えしたとおり、クレジットカードのリボ払いは利用者にとって損な支払い方法です。

基本的には利用してはいけません。

でも、実際にはリボ払いを利用している方がまだまだいらっしゃいますよね。

なぜ、多くの方がリボ払いを使ってしまうのでしょう?

それは、カード会社がメール・電話・郵便など、ありとあらゆる手段で積極的に勧誘しているからです。

「リボ払いにするとポイント3倍!」

「後からリボ払いに変更可能!」

こんなセールストークで、見境なくリボ払いを誘いかけていますよね。

カード会社がこんなにも必死にリボ払いを勧誘する理由は、たったひとつ。

圧倒的に儲かるからです。

あるカード会社では、リボ払い手数料が収益のうちの約3割を占めるそうですから、そりゃがんばりますよね。

今回、私たちファイグー編集部が実施した、カード会社にお勤めの社員のみなさんへのインタビューでも、「リボ払いは儲かります!」と全員が即答でした(笑)

そこで気になるのは、「リボ払いはカード会社にとってどのくらいおいしいのか?」です。

また、利用者に気づかれないような誘導など、悪質な勧誘があるのかも気になるところじゃないでしょうか。

今回のインタビューでは、そのあたりもだいぶ突っ込んでお話をうかがいました!

カード会社社員の驚きの告白をご覧ください!

今回お話をうかがったみなさん

  • 安部さん(仮名)・・・大手信販会社勤務。
  • 遊佐さん(仮名)・・・2017年まで大手クレジットカード会社勤務。
  • 加瀬さん(仮名)・・・大手クレジットカード会社に30年近く勤務。
  • 麻生さん(仮名)・・・某クレジットカード会社に30年以上勤務。
  • 天野さん(仮名)・・・某クレジットカード会社勤務。

この記事のアドバイザー情報

  • 木村 澪子 編集者

    木村 澪子編集者

    テレビ・雑誌等の取材歴15年。ファイグーではお金の話をわかりやすく、よりリアルにお伝えするために、背景や当事者の気持ちに寄り添う取材を心がけています。銀行マン、証券マン、利用者などからぶっちゃけたお話を聞くにつけ、「消費者も賢くならなければ...」と痛感する日々です。家族は夫・娘・ザリガニ2匹。

そもそもリボ払いとは?おさらいしよう

毎月の負担は減るが高い手数料がかかるリボ払い

にゃんきち

今回はクレジットカード会社にお勤めのみなさまにお集まりいただきました~。

座談会テーマは「リボ払いについて」。

正直、お客さんには言えない、ここだけの話をお聞かせください!

遊佐さん

くれぐれも匿名でお願いしますね・・・社名も内緒で・・・。

大手カード会社

にゃんきち

もちろんです!

では座談会に入る前に、リボ払いについて簡単におさらいさせてください。

リボ払いはクレジットカードの支払方法のひとつですが、一体どんな支払方法なのでしょうか?

安部さん

ゴホン!

では、私が代表して説明いたします!

たとえば、10万円のマッサージ機をカードで購入するとします。

一括払いの場合、次の引き落とし日に10万円が引き落とされることになりますね。

一方、リボ払いで『月々1万円』の設定に変更すれば、月々の引き落とし額が1万円で済みます。

ただし、支払いが終わるまで11ヶ月もかかりますし、手数料もかかります。

仮に手数料が15%だとすると、合計7,497円の手数料を支払うことになってしまうのです!

大手信販会社

にゃんきち

ふむふむ。

毎月の支払い負担が少なくなる代わりに、手数料を上乗せして支払わなければならない・・・ということですね。

安部さん

そうです。

あと、ポイントとなるのは、毎月の支払額が変わらない点ですね。

大手信販会社

にゃんきち

え!いくら使っても毎月の支払額が変わらないのですか?

安部さん

そういうわけではないですが、一定額まではいくら利用しても変わりません。

設定はカードによってちがいますね。

たとえば、「利用額が計20万円以下なら毎月1万円の支払いで済む」といったイメージです。

大手信販会社

にゃんきち

な、なるほど~!

「リボ払いは手数料が高いのになぜ使う人がいるんだろう」と思っていましたが、毎月の負担が低くおさえられえるのはたしかに魅力的ですね・・・。

リボ払いを勧めるのは「カード会社が儲かるから」

リボ払いは儲かる!カード会社の大事な収入源

にゃんきち

カード会社は、なにかとリボ払いの勧誘をしているイメージがあります。

やっぱり、リボ払いは儲かるのでしょうか?

「正直儲かる」か「たいして儲からない」の二択で答えてください。

回答者 回答
安部さん(大手信販会社) 正直儲かる
遊佐さん(大手カード会社) 正直儲かる
加瀬さん(大手カード会社) 正直儲かる
麻生さん(某カード会社) 正直儲かる
天野さん(某カード会社) 正直儲かる
にゃんきち

なんと・・・!

全員、「正直儲かる」という回答ですね!

リボ払いはカード会社の大事な収入源

にゃんきち

正直リボ払いってどのくらい儲かるのですか?

安部さん

正確な数字をお答えするのは難しいです。

ただ、うちの場合、カード収益のうち、3割~4割はリボ払いによる収益ですね。

大手信販会社

加瀬さん

同じく、リボ払いによる収益が3割程度を占めています。

大手カード会社

麻生さん

うちもリボ払いによる収益が大きいと思います。

リボ払いの手数料はだいだいどこも15%ですからね~。

某カード会社

にゃんきち

なるほど。

15%というと、キャッシングやカードローンと同じくらい高いですよね。

手数料が高いリボ払いは、カード会社にとって重要な収入源なんですね。

山川さん

余談ですが、ひと昔前は「クレジットカードもキャッシングで稼げる」と考えられていました。

ところが、貸金業法の改正でグレーゾーン金利が撤廃され、状況が変わります。

それまでキャッシングの金利は最大29%でしたが、18%以下に下げなければならなくなったのです。

さらに総量規制もはじまったので、個人に年収の3分の1以上のお金を貸すことはできません。

これで、クレジットカード業界におけるキャッシングの利益は完全に頭打ちとなり、よりリボ払いの重要性が増すようになったのです。

某カード会社

低所得者も顧客に取り込める

にゃんきち

リボ払いには、ほかにどんなメリットがありますか?

遊佐さん

リボ払いなら、収入が低い人でも利用できますよね。

ですから、幅広い層の顧客獲得につながります。

大手カード会社

加瀬さん

そうですね~。

リボ払いなら一括払いできない層を取り込めるので、売上アップにつながります。

大手カード会社

にゃんきち

なるほど・・・!

手数料がかかるぶん、毎月の負担は少ないですもんね。

メール・電話・郵便・キャンペーン・・・ありとあらゆる方法でリボ払いに誘う

にゃんきち

カードを利用していると、毎月のようにリボ払いの勧誘メールが届きますよね。

「支払額変更サービスの案内」とか「リボへの変更は本日まで」とか・・・。

一時期は、リボ払いのCMが流れていることもありました。

みなさんの会社では、どのようにリボ払いを勧誘していましたか?

安部さん

お客さま窓口(コールセンター)でリボ払いの勧誘をしていますね。

住所変更や暗証番号変更など、とにかくコールセンターにかけてきた人には全員勧誘しています。

大手信販会社

遊佐さん

リボ払いの勧誘電話は常に実施していますし、リボ払い専用カードのダイレクトメールは定期的に送っていますね。

大手カード会社

加瀬さん

うちは、お客さまに送る明細書に『リボ払いキャンペーン』のチラシを入れたり、あとからリボ払い設定に変更できるよう会員ページを改装するなど、かなり力を入れていますね。

大手カード会社

にゃんきち

なるほど・・・。

やっぱりどこもリボ払い客獲得に力を入れているんですね~。

本当はおトクじゃないリボ払いのキャンペーン

リボ払いのキャンペーンはおトクじゃない!

にゃんきち

「リボ払いにするとポイント3倍!」といったキャンペーンは本当によく見かけます。

みなさんの会社では、どんなキャンペーンを行っていましたか?

安部さん

リボ払い専用カードや、自動リボ払い(※1)設定にすると特典が充実します。

たとえば、「5,000ポイントプレゼント」とか、「3ヶ月間はポイント3倍」とか・・・。

大手信販会社

天野さん

リボ払い専用カードだとポイント2倍ですし、初回限定でボーナスポイントが付与されたりします。

某カード会社

加瀬さん

キャンペーンというわけではないですが、リボ払い専用カードは年会費が永年無料ですね。

その他のカードはすべて年会費がかかるので、優遇されていたと思います。

大手カード会社

にゃんきち

あらゆる特典をちらつかせて「リボ払いにするとおトク」「リボ払い専用カードだとおトク」と思わせるのですね。

でも、どんな特典があっても手数料のことを考えたらおトクじゃないですよね?

「おトク」か「むしろ損する」の二択で答えてください。

回答者 回答
安部さん(大手信販会社) むしろ損する
遊佐さん(大手カード会社) むしろ損する
加瀬さん(大手カード会社) むしろ損する
麻生さん(某カード会社) むしろ損する
天野さん(某カード会社) むしろ損する
にゃんきち

全員一致で「むしろ損する」!

手数料は15%なので、長い目でみるとやっぱり損ですよね・・・。

※1
自動リボ払いの設定にしておくと、すべての支払いがリボ払いで処理されてしまいます。たとえば、レジで一括払いを選択しても、あとから自動でリボ払いに変更されてしまうのです。

危険!リボ払いと認識せずに利用する人が多い

注意!リボ払いと気づかず利用している人も多い

にゃんきち

リボ払いのキャンペーンや広告って、特典ばかり強調されていますよね?

だからというわけではないでしょうが、利用者のなかには、

「リボ払いだと認識せず支払方法を変更してしまった」

「リボ払い専用カードという認識がなかった」

・・・と不満に思っている方も多いようです。

このような方はたくさんいらっしゃるのでしょうか?

「けっこういる」か「あまりいない」の二択で答えてください。

回答者 回答
安部さん(大手信販会社) けっこういる
遊佐さん(大手カード会社) けっこういる
加瀬さん(大手カード会社) けっこういる
麻生さん(某カード会社) あまりいない
天野さん(某カード会社) けっこういる

安部さん

けっこういますね。

よくあるのが、カード入会時の申込画面で「月5,000円のお支払いコース」などにチェックを入れて、自動リボ払い設定にしてしまうケースです。

もちろん、それが自動リボ払いであることも記載されているのですが、ちゃんと確認せずに申込む方が多いです・・・。

大手信販会社

加瀬さん

うちで多いのは、リボ払い専用カードをそれと知らずに申込むお客さまですね。

もちろん、申込みページには『リボ払い専用カード』と記載してありますが、それに気づかないのだと思います。

大手カード会社

麻生さん

特設カウンターでリボ払い専用カードのキャンペーンをすると、ときたまそういう方がいますね。

こちらの説明不足もあるかもしれませんが、リボ払いのしくみを理解しないまま契約してしまうみたいです・・・。

某カード会社

遊佐さん

うちも同様のケースがあります。

たとえば、お客さまにリボ払いの勧誘をするときは、「リボ払い専用カードするとポイント3倍になる」という風に案内しますよね。

このとき、『ポイント3倍』に惹かれて『リボ払い』の説明を聞いていない方が一定数います。

大手カード会社

にゃんきち

なるほど・・・。

ちゃんと説明を読んでいない(聞いていない)利用者も問題ですが、リボ払いのことや手数料のことを強調していないカード会社側にも問題がありますね。

リボ払いを勧めるなら、そのリスクについてもしっかり説明してほしいものです!

とくに、リボ払いの説明が小さかったり、どこに説明が書かれているのかわからなかったりするケースには要注意!

カードに申込むときは、「リボ払い専用カードではないか?」「自動リボ払い設定を選択していないか?」を必ず確認するようにしましょう。

また、キャンペーンへ申込むときは、「キャンペーンの適用条件が『リボ払い』でないか」も忘れずチェックですね!

業者側の確認不足は確信犯!?

にゃんきち

たとえば、利用者が自動リボ払いの設定をしたり、リボ払い専用カードに申込みしたときに、「リボ払いで本当に大丈夫ですか?」と確認することはありませんか?

「確認する」「確認しない」の二択で答えてください。

回答者 回答
安部さん(大手信販会社) 確認しない
遊佐さん(大手カード会社) 確認しない
加瀬さん(大手カード会社) 確認しない
麻生さん(某カード会社) 確認しない
天野さん(某カード会社) 確認する
にゃんきち

ほとんど確認しない派ですね!

口頭で確認したり、確認画面が出たりはしないのですか?

遊佐さん

基本的にありません。

ですから、申込み前に、申込書(申込みページ)・規約・ホームページに載っている説明等をよく確認してほしいですね。

大手カード会社

安部さん

カード会社としては、お客さまに「リボ払いで大丈夫ですか?」と確認する必要はないんです。

規約を渡していれば、法律的に何も問題ありませんから。

大手信販会社

にゃんきち

「説明や規約を読まないほうが悪い」といわれるとそれまでですが、利用者にとって大事なことなので確認をとってほしいですよね!

あえて確認を取らないのは、確信犯のような気もします・・・。

カード会社社員の本音「リボ払いはやめたほうがいい!」

カード会社の本音は?「リボ払いはやめておけ」

にゃんきち

最後に、ズバリ本音をうかがいます!

みなさんの家族や友人にリボ払いを勧めたいと思いますか?

「勧める」か「勧めない」でお答えください!

回答者 回答
安部さん(大手信販会社) 勧めない
遊佐さん(大手カード会社) 勧めない
加瀬さん(大手カード会社) 勧めない
麻生さん(某カード会社) 勧めない
天野さん(某カード会社) 勧めない
にゃんきち

全員一致で「勧めない」ですね!

では、勧めない理由を教えてください。

麻生さん

手数料が高いので勧めないですね。

15%はカードローン並ですから。

また、リボ払いをきっかけに多重債務に陥る(複数の借金を抱える)方もいますし、やめたほうがいいと思います。

某カード会社

安部さん

月々の支払額が変わらないことから、金銭感覚がマヒするみたいなので、勧められません。

実際、リボ払いの使いすぎで返済が長引き、終わりがぜんぜん見えない方も多いですから・・・。

大手信販会社

にゃんきち

なるほど・・・。

でも、どのカード会社も表向きにはリボ払いを推してますよね。

利用者にとって不利益の多いサービスなら、もっとリボ払いを規制すべきではないでしょうか?

麻生さん

今のところリボ払いを禁止する動きはありません。

しかし、業界としてもリボ払いのしつこい勧誘などは止めるべきだと思いますね。

某カード会社

まとめ

にゃんきち

それでは今回の内容をおさらいしましょう。

  • カード会社がリボ払いを勧める理由は「儲かるから」
    • リボ払いの手数料は15%でカードローン並
  • リボ払いの勧誘方法はメール・電話・郵便・キャンペーンなど多岐にわたる
  • リボ払いのキャンペーンは長い目で見ると損
    • リボ払いにすると15%の手数料がかかるため
  • クレジットカードへの申込み時・キャンペーンへの申込み時は、「リボ払いについての条件や説明がないか」よく確認すること
  • リボ払いは、手数料が高く、支払いが長引きやすいので極力利用しないほうがいい
にゃんきち

カード会社は、「便利」「支払いがラク」など、リボ払いのメリットばかり強調しています!

しかし、実態は「高額な手数料」「長引く返済」などリスクが大きい商品です。

利用前に、慎重に検討するようにしましょう。

また、「知らないうちにリボ払いになっていた」なんてことにならないよう、申込みのときは説明をよく読むようにしてくださいね!

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地の自動契約機(むじんくん)の詳細情報
筆者へ質問