アコムへの申込み方法、手順、必要書類をわかりやすくまとめてみた

はじめてのキャッシング。

「何を持っていけばいいの?」「どうやって申込むの?」など、わからないことや不安なことがいっぱいありますよね。

そんなときのために、今回はアコムでの申込み方法についてまとめてみました。

アコムには毎月1万人以上が申込みをしています。特別難しいことはありません.

しかし、前もって融資までのスピードが早い申込方法、必要書類、営業時間などを知っておけば、無駄な時間を使わずに早くお金を借りることができます。

急いでいる方、申込みに不安がある方に読んでいただきたい内容です。

この記事の編集者情報

  • 田中 靖子私が編集者です!

    編集・ライター歴20年。読み手にわかりやすく、正確・誠実に情報を伝えることをモットーにしています。ファイグーでは読み手が求める情報をいかに適切に把握し、発信できるかを日々模索中。ささやかでも生活に役立つヒントをお届けできたら幸いです!現在は保育士とのダブルワーク中。高校球児の母。朝5時起きで白飯大盛弁当づくりが日課です。

アコムの申込方法と流れをわかりやすく解説!

まずは、アコムに申込み、契約し、借入れるまでの流れを説明しますね。

今回は、下記の主要6パターンについて詳しく紹介します(※1)

※1
郵送などの利用者が少ない申込み方法や、必要以上に時間がかかる方法は紹介していません。

自動契約機で契約する

まずは、この3パターンの流れについて紹介しましょう。

  • 自動契約機で申込み自動契約機で契約ATMで借入れ
  • インターネットで申込み自動契約機で契約ATMで借入れ
  • 電話で申込み自動契約機で契約ATMで借入れ

どの申込方法も自動契約機(※2)で契約し、ATMで借入れます。

オレンジ色の工程は、あなた(申込者)が行う工程です。

アコムの自動契約機のフローチャート

発行されたカードを使って、アコムのATMや提携金融機関のATMで借入れできます(ATMでの借入れについて詳しくは後ほど説明しています)。

※2
アコムの自動契約機は、「むじんくん」と「三菱東京UFJ銀行内カードローンコーナー」の2種類。

申込みの受付時間

自動契約機 営業日・営業時間
自動契約機
(むじんくん)
年中無休8時~22時(一部の店舗を除く)
年末年始は営業時間短縮あり
三菱東京UFJ銀行内
カードローンコーナー
年中無休8時~22時
年末年始は営業時間短縮あり

むじんくんは、基本的に年中無休で22時まで営業しています。

また、一部の三菱東京UFJ銀行のATMコーナーに、アコムの自動契約機が設置されています(※3)

営業時間はむじんくんと同じです。

※3
2016年現在、19ヶ所の三菱東京UFJ銀行ATMコーナーにアコムの自動契約機が設置されています。

自動契約機の探し方

アコムのホームページの「店舗・ATM検索」の画面に飛び、住所、駅名、地図、キーワード、路線図等で検索して最寄りのむじんくんや三菱東京UFJ銀行ATMコーナーを探してください。

施設の種類(むじんくんや三菱東京UFJ銀行ATMコーナー)、営業時間、駐車場の有無などの条件を絞り込むことも可能です。

また、アコムナビ(アプリ)なら現在地から最寄りの施設を検索できます。

自動契約機のつくり

自動契約機は、独立した個室内にあり、扉はすりガラスになっているため、外から中の様子は見えないようになっています。

当然、鍵もかかっています(個室に入室して一定時間が経過すると自動でロックがかかります)。

途中で他の人が入ってくる心配はありません。

ただし、個室の扉の近くに人がいた場合、中の声(申込者とオペレーターの話し声)が聞こえてしまう可能性があるので、気になるなら小声で話すようにしましょう。

ちなみに、アコムのむじんくんを利用した方の体験談集もありますので、興味があれば見てみてください。

店舗で契約する

アコムの店舗に来店して申込み、契約し、ATMで借入れることもできます。

オレンジ色の工程は、あなた(申込者)が行う工程です。

アコムの店舗に来店

申込書に必要事項を記入

本人確認書類(必要な場合は収入証明書も)を提出

審査が行われる

スタッフから審査結果を通知され、金利・利用限度額や返済方法などについての説明を受ける

契約書の内容を確認し、署名

カードが発行される

カードが発行されれば、アコムのATMや提携金融機関のATMを利用できます。

申込みの受付時間

店舗の営業時間は、平日9時30分~18時(一部の店舗は19時まで)です。

土日祝は閉まっているので注意してください。

店舗の探し方

アコムのホームページで「店舗・ATM検索」のページに行ってください。

「条件で検索」のところの、「1.エリアを選択」で都道府県を選択し、「2.絞り込み検索」で「店頭窓口で申し込みができる」を選択して検索してください。

FAXで契約する

電話で申込み、FAXで契約し、振込みで融資を受ける方法もあります。

オレンジ色の工程は、あなた(申込者)が行う工程です。

アコムのコールセンター(0120-07-1000)に電話し、必要な情報をオペレーターに伝えて申込み

仮審査が行われる

メールか電話で、仮審査結果の通知を受ける

アコムのホームページの「お急ぎのお客さま」から「FAX契約専用書類一式」をダウンロードして印刷(セブンイレブンのコピー機で出力することもできる)

「FAX契約専用書類一式」の内容を確認し、必要な書類に記入

「FAX契約専用書類一式」と「本人確認書類(必要な場合は収入証明書も)のコピー」をFAXで送付

審査が行われる

電話がかかってきて、審査結果が知らされる
金利・利用限度額や返済方法などについての説明を受ける

この場合、平日14時までに「FAX契約専用書類一式」と「本人確認書類(必要な場合は収入証明書も)のコピー」をFAXできれば、その日のうちに、指定の口座に振込みしてもらえます。

また、ATM用のカードは、1週間前後で郵送されてきます。

申込みの受付時間

電話申込みの場合、24時間365日いつでも申込み可能です。

ただし、審査が可能なのは9時~22時に限られるので、それ以外の時間帯に申込みをしたら翌朝9時以降の対応となります(22時までに申込みをしても、混み具合によって審査は翌日になります)。

インターネットで契約する

インターネットで申込み、振込みで融資を受けることもできます。

オレンジ色の工程は、あなた(申込者)が行う工程です。

アコムのホームページの「今すぐお申し込み」に飛び、必要事項を入力して申込み

アコムから電話かメールがきて、申込内容を確認される

本人確認書類(必要な場合は収入証明書も)を、下記のような方法で提出

  • スマートフォンや携帯電話で撮影し、そのデータを「アコムナビ(アプリ)」上で送信
  • スマートフォンやカメラで撮影し、そのデータをアコムの会員ページ上でアップロード

審査が行われる

メールで審査結果を通知される

インターネット上で契約内容を確認し、同意する

アコムから本人確認のために電話がかかってくる

アコムに振込みを依頼する

アコムに振込みを依頼する方法については、後ほど詳しく説明します。

ATM用のカードは、1週間前後で郵送されてきます。

申込みの受付時間

アコムのホームページで申込む場合、24時間365日いつでも申込みできます。

ただし、審査が可能なのは9時~22時なので、それ以外の時間帯に申込みをしたら翌朝9時以降の対応となります(22時までに申込みをしても、混み具合によって審査は翌日になります)。

申込み時に入力しなければならない個人情報一覧

アコムに申込む際に入力する主な情報を下記にまとめました。

下記のうち、がついている項目は任意の入力項目です。

個人の情報
  • 名前
  • 生年月日
  • 性別
  • 独身か既婚か
  • メールアドレス
自宅の情報
  • 住所
  • 電話番号(携帯と自宅)
  • 住居種類(自己所有、家族所有、賃貸、社宅、一戸建てなど)
  • 入居年月
  • 家賃・住宅ローン(本人または配偶者が負担しているか否か)
  • 家族の人数
勤務先の情報
  • 会社名
  • 所属部署
  • 住所
  • 電話番号
  • 社員数
  • 事業内容(建築、製造、小売、飲食店、金融、保険、不動産、通信、サービス、医療、公務員など)
  • 入社年月
  • 勤務形態(正社員、自営、派遣、アルバイト、季節工、期間工など)
  • 職種(事務、営業、販売、技術、個人経営、接客サービスなど)
  • 収入形態(固定給、一部歩合給、完全歩合給)
  • 年収(税込総支給額でボーナス含む)
  • 給料日
  • 保険証種類(社会保険、組合保険、共済保険、国民健康保険など)
  • 保険証区分(本人、配偶者、配偶者以外)
  • 休日
その他
  • 他社借入状況(他の消費者金融とクレジットカード会社からの借入件数と借入総額)
  • 希望極度額(希望する利用限度額を記入)
  • 審査結果を通知する連絡先(携帯、自宅、勤務先)
  • 振込口座(振込みの入金専用)

項目数は多いですね。

勤務先の情報や他社借入状況など、はっきり覚えていないものはあらかじめ確認しておくと申込みがスムーズでしょう。

申込みに必要な書類

アコムに申込むなら本人確認書類が必須です。

また、場合によっては「収入証明書」の提出が必要です。

具体的にどんな書類を準備しなければならないのか、確認していきましょう。

本人確認書類

申込者が本人であることを証明する書類が必要です。

下記のうちいずれかの書類を用意しましょう(いずれも原本が必要です)。

  • 運転免許証
  • マイナンバー(個人番号)カード
  • 住民基本台帳カード(顔写真ありのもの)
  • 健康保険証+α

αとは、下記のうちいずれかです(いずれも原本が必要)。

  • 住民票
  • 公共料金の領収書(電気、ガス、水道、固定電話、NHK)
  • 納税証明書

いずれも6ヵ月以内に発行されたものが有効です。

なお、運転免許証やマイナンバーカードに記載されている住所と現住所が異なる場合も、上記のαのうちいずれかの書類が必要です。

収入証明書

下記のいずれかに当てはまる場合は、収入証明書の提出を求められます。

  • アコムで希望する利用限度額が50万円を超える場合
  • アコムで希望する利用限度額と他社の借入額の合計が100万円を超える場合

ここでいう「他社の借入額」には、他の消費者金融やクレジットカード会社でのキャッシング・カードローンが含まれます(クレジットカードのショッピングは対象外)。

アコムで収入証明書として認められるのは、主に下記の書類です(いずれも原本が必要)。

  • 源泉徴収票(最新年度のもの)
  • 給与明細書(直近1ヶ月~2ヶ月分)+賞与がある場合は賞与明細書(直近1年分)
  • 市民税・県民税額決定通知書(最新年度のもの)
  • 所得証明書(最新年度のもの)
  • 確定申告書の第一表(最新年度のもの)

提出の際は、書類が最新かどうかよく確認しましょう。

もし、手元に収入証明書がない場合、ものによっては再発行してもらうこともできます。

収入証明書の再発行の方法についてはこちらで詳しく解説していますので、あわせてご確認ください。

その他

口座振替での返済を希望する場合は、口座情報がわかるもの(キャッシュカード等)と銀行への届出印を持参しましょう。

契約までどのくらいかかるの?

審査にかかる時間は最短30分、申込みから契約までにかかる時間は最短40分程度とのことです。

ただし これは、申込み手続きや審査などがすべてスムーズに終わった場合の最短時間です。

特にはじめての申込みならスムーズに行かないことも多いと思うので、1時間以上かかると思っておきましょう。

審査通過後のお金の借り方

アコムでお金を借入れる方法は、主に振込みとATMです。

ここでは、借入方法(特に初回借入れ)について詳しく説明します。

ATM

アコムの借入れができるATMは以下の通りです。

  • アコムの自社ATM
  • 三菱東京UFJ銀行
  • ゼロバンク(愛知県・岐阜県のみ)
  • ローソンATM
  • イオン銀行
  • セブン銀行
  • E-net(ファミリーマート、ミニストップなど)
  • 熊本銀行
  • 親和銀行
  • 第三銀行
  • 東京スター銀行
  • 西日本シティ銀行
  • 八十二銀行
  • 広島銀行
  • 福岡銀行
  • 北海道銀行
  • 北陸銀行
  • セゾンカード(クレディセゾン)

アコムATM の営業時間は?

店舗や自動契約機で契約した場合、その場でカードが発行されます。

ほとんどの店舗・自動契約機にはアコムのATMが併設されているので、カードが発行されたらすぐにATMで借入れできますよ。

アコムのATMの営業時間は24時間です。

メンテナンス中などの事情がなければ、基本的にいつでも利用できます。

手数料

アコムATMを利用する際の手数料は無料ですが、それ以外のATMは利用手数料がかかります。

金額が1万円以下なら108円(税込み)、1万円を超える場合は216円(税込み)です。

振込み

アコムに依頼して、指定した口座に振込みをしてもらう方法です(※4)

※4
利用者名義の口座であれば、どの金融機関の口座でも指定できます。

手数料

無料です。

振込みが実施されるのはいつ?

振込みが実施されるタイミングは、契約方法や振込先の金融機関によって異なります。

初回借入れの場合は、いつ振込みが実施されるのでしょうか。

FAXで契約した場合

平日14時までに「FAX契約専用書類一式」と「本人確認書類(必要な場合は収入証明書も)のコピー」をFAXできれば、その日のうちに振込みされます。

インターネットで契約した場合

インターネット上で契約後、アコムの会員ページで振込みを依頼するか、コールセンターに電話して振込みを依頼することになります。

アコムの会員ページで振込みを依頼する場合

会員ページにログインしたら、「振込によるお借入のお申し込み」を選択しましょう。

この場合、振込先によって、振込み実施の時間帯が異なります。

振込先 振込みを依頼する時間 振込まれる時間
楽天銀行 ほぼ24時間
(初回は17時半まで)
即時
ゆうちょ銀行 平日14時まで その日の17時まで
その他の銀行 平日14時半まで 即時

上記以外の時間帯に振込みを依頼した場合は、翌営業日の正午までに振込みが実施されます。

電話で振込みを依頼する場合

担当者と直接話す(0120-07-1000)か、音声自動応答装置(0120-134-567)、どちらか好きなほうを選択できます。

平日14時までに振込みを依頼すれば、その日の15時までに振込みが実施されます(それ以外の時間帯に依頼した場合は、翌営業日の9時半以降に振込みが実施されます)。

また、三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・ゆうちょ銀行のうちいずれかの口座を持っているなら、振込実施時間が少し延長されます(※5)

振込先 振込みを依頼する時間 振込まれる時間
三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
ゆうちょ銀行
平日18時まで 平日19時まで

ただしこの場合、必ず「0120-07-1000」のほうにかけて振込みを依頼してください。

※5
初回借入時のみの特典です。この特典を利用したい場合は申込時に担当者へ「振込みによる借入れ希望」と伝えておきましょう。

結局、どの申込方法がオススメなの?

ここまで説明したように、アコムには複数の申込方法や契約方法があります。

最後に、タイプ別のおすすめの方法を紹介したいと思います。

自宅にいながら申込みから借入れまで済ませたい

来店なしで融資が受けられる方法は次の2つです。

  • 電話で申込みFAXで契約振込みで融資を受ける
  • インターネットで申込みインターネットで契約振込みで融資を受ける

ただし前者の場合は、アコムのホームページから「FAX契約専用書類一式」をダウンロードして印刷しなければなりません。

できない場合は、セブンイレブンに行って「FAX契約専用書類一式」を出力する必要があります。

とにかく即日融資希望!

今回紹介した方法であれば、すべて即日融資を受けられる可能性があります。

ただし、即日融資を受けるためには、守らなければならないタイムリミットがあります。

自動契約機で契約し、ATMで借入れる場合

8時~22時(一部の店舗を除く)までに契約を済ませてカードを発行する必要があります。

店舗で契約し、ATMで借入れる場合

平日9時30分~18時に契約を済ませてカードを発行する必要があります。

FAXで契約し、振込みで融資を受ける場合

平日14時までに、「FAX契約専用書類一式」と「本人確認書類(必要な場合は収入証明書も)のコピー」をFAXすれば、その日のうちに振込みされます。

インターネットで契約し、振込みで融資を受ける場合

アコムの会員ページで手続きするか、コールセンターに電話して振込みを依頼します。

アコムの会員ページで振込みを依頼する場合

振込先によって異なります。

  • 振込先が楽天銀行の場合
    • 17時半までに契約し、振込みの依頼まで済ませる必要があります。
  • 振込先がゆうちょ銀行の場合
    • 平日14時までに契約し、振込みの依頼まで済ませる必要があります。
  • 振込先がその他の銀行の場合
    • 平日14時半までに契約し、振込みの依頼まで済ませる必要があります。

電話で振込みを依頼する場合

  • 振込先が三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・ゆうちょ銀行のいずれかの場合
    • 平日18時までに契約し、振込みの依頼まで済ませる必要があります。
  • 振込先がその他の銀行の場合
    • 平日14時までに契約し、振込みの依頼まで済ませる必要があります。

なお、アコムで即日融資を受ける方法についてはこちらでも特集していますので、あわせてご確認ください。

借入れまでのスピードがもっとも早い申込み方法

申込みから借入れまで最もはやく進むのは、下記の方法です。

インターネットで申込み自動契約機で契約ATMで借入れ

特に急いでいる場合は、申込みをしたらすぐに自動契約機に向かいましょう。

ちょうど仮審査の結果が出る頃に自動契約機に着いておけば、すぐ自動契約機での手続きを始められます。

自動契約機に着いてから改めて本審査が行われますが、自動契約機で最初から申込むより時間を短縮できるのです。

オペレーターに質問しながら申込みたい!

わからないことを質問しながら申込みたいなら、自動契約機、店舗、電話のうちいずれかで申込みましょう。

自動契約機には電話が付いており、そこからオペレーターに質問できます。

最近では、モニター越しにオペレーターを見ながら話せるタイプが増えてきており、対面で話しているような感覚で相談できるのです。

郵送物を送らないでほしい!

「自宅に郵便物を送らないでほしい」と思う方もいるでしょう。

その場合は、自動契約機や店舗で契約し、その場でカードを受取るようにしましょう。

そうしておけば、後日、カードや契約書が郵送される心配もありません。

なお、契約後は借入れ・返済時の利用明細書が郵送される可能性があります。

それを避けたいなら、アコムの会員ページにログインし、「書面の受取方法」メニューで、受取方法を「電磁交付」に変更しておきましょう。

これで明細は郵送されず、会員ページ上で確認できるようになります。

アコムの担当者と話さないで済む方法は?

残念ながら、どの申込方法でもアコムの担当者と話すことになります。

アコムの担当者から何を聞かれる?

必ず聞かれるのは、借入目的(お金の使い道)です。

また、申込内容に間違いがないか確認されます。

申込内容に間違いがあると、審査に時間がかかったり、最悪審査に落ちることがあるので、正確に記入するように注意しましょう。

もちろん虚偽申告は厳禁です。

最後になりましたが、アコムの審査基準の解説や、実際にアコムを利用した方の体験談集もありますので、あわせて読んでみてください。

→アコム申込み前に知っておきたいアコムの悪い点、第三者視点の評価

カードローン申込数ランキング

今日中にお金を借りたい人に、一番選ばれているカードローンは?

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報