アコムは学生でも借りられる?収入証明、親バレ、学校バレの対策

学生が多く住む街では、「学生ローン!」と書かれた看板をよく見かけますよね。

たしかに学生生活には出費がつきものですから、一時的にお金を借りたいと思うのも仕方ありません。

そこで今回、キャッシングのアコムを例にして、本当に学生でもアコムで借り入れできるのかを調査しました。

学生がキャッシングするときに一番気になるのは、親や学校に内緒で借りられるのか?ということではないですか?

今回は、その辺りを集中的に調べましたので、親や学校に内緒で借りるための対策を徹底して紹介しています。

学生がアコムでお金を借りるなら、必ず役に立つ内容になっていると思いますので、ぜひ読んでみてください。

ただし!
その前にひとつお願いがあります。

お金を借りるということには、リスクが伴います。

場合によっては、あなたの人生を破滅させてしまう可能性さえあります。

今回はそのリスクについてもきっちり説明しました。
ですから、必ず最後まで読むようにしてくださいね。

それではどうぞ!

学生でもアコムでお金を借りられるの?

アコムは学生でも借り入れ可能なのでしょうか?

まずはアコムの申込資格や審査基準を確認していきましょう。

20歳以上で安定収入があれば申込み可能

アコムのホームページには、「20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方は申込み可能」と記載されています。

つまり、20歳以上でアルバイトなどの安定収入があれば学生でも問題ありません。

年齢と安定収入の条件をクリアしていれば、申込み可能です。

審査に落ちる条件とは?

申込資格を満たしていても、審査に通るかどうかはまだ別の問題です。

では、アコムの審査基準は具体的にどのようなものなのでしょうか?

基本的には、社会人も学生も審査基準は同じですが、どういった人が審査に落ちるのか解説していきましょう。

安定した収入がない(月1回以上の収入がない)

アコムを利用するためには、労働による安定収入が必要です。

アルバイトなどで、月1回以上の収入があれば問題ありません。

一方、収入の入る時期が不定期ですと、審査に落ちる確率が高まります。

なお、仕送りやお小遣いなど、人からもらったお金は収入とみなされないので注意してください。

過去に「長期延滞」を起こしたことがある

下記にあるのような支払いを2ヶ月以上延滞すると、長期延滞(※2)として信用情報(※1)に記録されます。

例)

  • クレジットカード(ショッピング・キャッシング)
  • カードローン(消費者金融、銀行などの業種問わず)
  • 自動車ローン
  • 教育ローン
  • 携帯電話の割賦購入代金

アコムの審査では申込者の信用情報を確認しますので、長期延滞の記録があると審査に落ちてしまうでしょう(※3)

特に、スマートフォンの割賦購入代金を延滞する学生は多いようなので、注意してください。

ただし、アコムの場合、長期延滞の記録が残っていても、その延滞が解消されていれば、審査対象となるケースがあります。

※1
ローンやクレジットカードを利用すると、その内容(契約状況・利用状況・支払状況など)があなたの信用情報に記録されます。つまり、信用情報をみれば、あなたがこれまでに利用したローンやクレジットカードの記録がわかるのです。信用情報は信用情報機関で管理されています。また、アコムなどの金融業者は、審査時に信用情報機関を通じて申込者の信用情報を確認しています。信用情報についてはこちらで詳しく解説していますので、ご興味があればお読みください。

※2
ローンやクレジットカードの返済で何らかの問題が発生し、通常通りに返済が終わらなかった場合、「金融事故が起こった」といいます。長期延滞は金融事故の一種です。事故を起こすと信用情報に記録されます。金融事故についてもこちらで解説していますのであわせて確認してください。

※3
長期延滞にかぎらず、金融事故の記録があったら審査に落ちてしまいます。くわしくはアコムの審査基準まとめをチェックしてください。

貸金業者からの借入れが多い

貸金業者とは、主にクレジットカード会社と消費者金融のことを指します。

つまり、「貸金業者からの借入れ」とは、クレジットカード会社や消費者金融のキャッシングやローンのことです(クレジットカードのショッピングは含みません)。

貸金業者からの借入れが多いと審査に落ちてしまいます。

借り入れが多いの目安としては、借入件数が5社以上あると審査に落ちてしまうでしょう。

また、借入金額が多い場合もNGです。

貸金業者からの借入総額が年収の3分の1を超えている場合は、審査に落ちてしまいます。

たとえば、年収120万円の学生A君が、すでに他の消費者金融で40万円借入れている状態でアコムに申込みをしても、審査に落ちてしまうでしょう。

在籍確認がとれなかった

アコムの審査では勤務先への在籍確認が行われます。

アコムの担当者が申込者の勤務先に電話をかけて、本当に在籍しているかを簡単に確認するのです(※4)

このとき、下記のような理由で在籍確認がとれなかった場合は審査落ちとなる可能性があります。

  • 実際は勤めていなかった
  • 退職済みだった
  • 休職中・休暇中だった

※4
在籍確認時、本人以外に社名・サービス名・用件を明かすことは絶対にありません。こちらではアコムの在籍確認についても詳しく解説しています。

派遣や家庭教師をしている場合はどこに電話がかかってくるの?

派遣や家庭教師など、いつも決まった場所で働いていない学生もいるでしょう。

そのような場合、在籍確認の電話はどこにかかってくるのでしょうか?

家庭教師のアルバイトの場合

派遣スタイルの家庭教師なら、派遣元の会社にかかってきます。

一方、個人的に家庭教師のアルバイトをしている場合は、電話以外の方法を取ることになるでしょう。

この場合、契約書や収入を証明できる書類を提出することになります。

派遣のアルバイトの場合

派遣のアルバイトの場合は、派遣元の会社にかかってきます。
原則として、派遣先の職場にかけることはありません。

家族や親戚の仕事を手伝っている場合

家族や親戚の仕事を手伝っている場合は、その作業場にかかってきます。

仮に自宅で作業しているなら、自宅にかかってくるでしょう。

学生はいくら借りられる?目安が知りたい!

学生に設定される利用限度額は、10万円、30万円、50万円のうちのいずれかです。

そこで、「どのくらいの収入でいくら借りられるのか」のおおよその目安を表にしてみました(※5)

年収 利用限度額
30万円以上 10万円
90万円以上 30万円
150万円以上 50万円

ちなみに、50万円超の利用限度額を設定してもらうには、最低でも年収200万円超が必要です。

※5
他の貸金業者からの借入れはゼロと仮定しています。他社からの借入れがある場合は、その金額に応じて利用限度額が下がります。また、審査で「不安要素がある」と判断された場合も、利用限度額を下げられてしまいます。

親や学校に内緒でアコムを利用できる?

学生がアコムに申込むと、本人の連絡先や自宅の住所以外に下記のようなことを聞かれる場合があります。

  • 実家の連絡先
  • 学校名
  • 親の情報(名前、勤務先、収入)

特に、親元を離れてひとり暮らしをしている学生の場合は実家の連絡先を聞かれるケースが多いようです。

親の収入や学校名はあくまで参考情報なので、聞かれずに済むこともあるようです。

ただ、ここで心配なのは「親や学校に連絡されるのか」ということですよね。

アコムを利用するにあたり、「まわりの人に気づかれたくない」と考えている人は多いと思います。

そこで、ここからは親や学校に知られずにアコムを利用する方法を紹介していきます。

アコムからの連絡が来ないようにするには?

まずは、アコムを利用すると、いつ・どのタイミングで連絡がくるのか知っておきましょう。

主なものを表にまとめてみました。

タイミング 連絡方法 宛先 内容
申込時 郵送 自宅 申込書類の郵送
(郵送での申込みを希望した場合のみ)
審査時 電話 携帯電話
(※6)
申込書類に記入された連絡先が正しいか確認
自宅
勤務先 申込書類に記入された勤務先に在籍しているか確認
(在籍確認)
契約時 電話 or メール 携帯電話
(※6)
審査結果の通知
郵送 自宅 ローンカードの郵送
(郵送でカードを受取る場合のみ)
利用中 電話 携帯電話
(※6)
営業や案内の連絡
郵送 自宅 明細書の郵送
問題発生時
(延滞など)
電話 携帯電話
(※6)
支払いの催促、問題についての確認
自宅
勤務先
実家
郵送 自宅

※6
正しくは「携帯電話」ではなく、「希望連絡先」への連絡となります。「希望連絡先」は申込時に選択します。ほとんどの方は希望連絡先として携帯電話を選択するので、ここでは「携帯電話=希望連絡先」として話を進めていきます。

このように、どんなことがあっても学校に連絡されることはないので安心してください。

また、携帯電話に電話があったら自分で対応できますよね。

問題は、「自宅への郵送」「自宅への電話」「勤務先への電話」「実家への電話」です。

それぞれ防ぐ方法を簡単に紹介していきます。

申込時に郵送を防ぐ方法

アコムには多くの申込方法が用意されています(ホームページ・電話・むじんくんなど)。

郵送以外の方法で申込めば、申込書類が郵送されてくることはありません。

審査時に自宅への電話を防ぐ方法

申込時、自宅の電話番号を記入しなければ電話がかかってくることもありません。

つまり、「固定電話を引いていない」と申告するのです。

しかし、家族にアコムの利用経験者がいた場合は、そこからウソがばれることもあるので注意しましょう。

審査時に勤務先への電話を防ぐ方法

アコムの担当者に相談すれば、別の方法で対応してくれるケースもあります。

たとえば、勤めていることを証明する書類(給与明細など)を提出すればそれだけでOKとなる場合もあるようです。

契約時の郵送を防ぐ方法

店舗かむじんくん(無人契約機)で申込み、契約し、その場でカードを受け取れば郵送物が届くことはありません(※7)

※7
ホームページや電話で申込み、審査結果が出てから店舗やむじんくんに行って契約することもできます。この場合も、その場でカードを受け取れるので、後から郵送されてくることはありません。

利用中の郵送を防ぐ方法

アコムの利用明細は、ホームページ(会員ページ)からも確認できます。

会員ページで明細を確認するように設定を変更しましょう。

電話かホームページ(会員ページ)から設定を変更できます。

問題発生時に自宅・勤務先・実家への連絡を防ぐ方法

まずは延滞などの問題を起こさないことが第一です。

しかし、なかにはどうしても返済が難しい時もあるでしょう。

その場合は、あらかじめアコムに連絡し、「いつまでに支払います」と約束しておきましょう。

そうしておけば、約束の日まで返済を待ってもらえますし、アコムから連絡が入ることもありません。

万一、無断で延滞してしまった場合は、まず携帯電話に連絡があるので、この時点ですみやかに対応しましょう。

ここでしっかり対応しておけば、自宅・勤務先・実家に連絡されることはありません(※8)

※8
携帯電話につながらなかった場合、自宅や勤務先に電話がかかってきます。また、自宅には催促の手紙が送られてきます。さらに、延滞が60日~90日を超える場合は実家に電話がかかってくるケースもあります。アコムの取り立ての流れを知りたい方はこちらも読んでみてください。

アコムに希望を伝えておくことも大切

アコムの担当者に「自宅(実家)や勤務先に連絡しないでほしい」「郵便物を送るのはやめてほしい」と伝えておけば、アコムも配慮しますし、相談に乗ってもらえます。

余計な連絡を防ぐためにも、事前にアコムへこちらの希望を伝えておきましょう。

アコムのプライバシー対策は万全?

ここまでお話してきたように、アコムからの電話や郵便は基本的に防ぐことができますが、自分以外の誰かが電話に出てしまったり、郵便物を受け取ってしまったケースを想定しておくとより安心ですね。

では、アコムが利用者の自宅や勤務先に電話をかけるときに、どんなプライバシー対策を取っているのか、また郵便物を送る際は、どのような対策を取っているのかを解説していきます。

電話のプライバシー対策

あなたの自宅や勤務先に電話をかける際は、担当者の個人名を名乗ります。

また、本人以外に社名やサービス内容、用件を明かすことはありません。

郵便物のプライバシー対策

アコムから利用者に郵便物を送る際、差出人名は「ACサービスセンター」としています。

そのため、封を開けられなければ、アコムからの連絡とは思われないでしょう。

家族がアコムに問い合わせたらどうなるの?

なんらかのきっかけで家族が借金のことを知り、アコムに問い合わせた場合、アコムはどのように対応するのでしょうか?

アコムでは、何も答えられませんし教えられません。

なぜなら、利用者の情報を第三者に明かすことは固く禁じられているからです。

相手が利用者の家族であっても同じように徹底されています。

学生にカードローンをおすすめできない2つの理由

ここまで、「学生がアコムを利用する」という前提で話を進めてきましたが、基本的に学生にはカードローンをおすすめできません。

なぜなら、さまざまなリスクがあるからです。

軽い気持ちで利用すると、将来的に大きなハンデを背負うことになりかねません。

ここからは、学生がカードローンを利用することによるリスクを紹介していきます。

将来、住宅ローンが組めなくなることも?

アコムを利用した記録は、解約後 最長5年間は信用情報に残ります。

そして、金融業者がローンやクレジットカードの審査をするときは必ず信用情報を確認します。

審査基準が厳格な業者の場合、「過去にカードローンを組んでいた」だけで審査に落とすこともあります。

特に住宅ローンは金額が大きいため、審査も厳しいので注意しましょう。

もちろん、長期延滞などの金融事故を起こしたらまず審査には通りません(ローンやクレジットカードの種類問わず)。

金融事故の記録は、信用情報に5年~10年間は残るので要注意です。

金融業者の採用試験に悪影響?

銀行など一部の金融業者が独自のルートで応募者の信用情報を参照し、採用試験の参考にしているという根強い噂があります。

本来は、採用試験のために信用情報を参照することは禁じられているのですが、そのルールを破って、選考基準としている会社もあるようです。

信用情報を見られていると仮定した場合、下記のような方は不採用になりそうです。

  • カードローンで借入れを繰り返している
  • 長期延滞などの金融事故を起こしている

あくまで推測の域を出ませんが、将来的に金融業界への就職を検討している場合は注意しましょう。

親が子供の代わりに返済することはできるの?

心のどこかで、「借金を返せなくなったら親に肩代わりしてもらえばいい」という甘い考えを持っている方もいるかもしれませんが、借金はあくまでもあなたの借金です。

法律上、親が子供(成人済み)の借金を返済する義務はありません。

しかし、親が子の借金を知り、自ら返済を申し出ることもあるでしょう。

その場合、子供の代わりに親が返済することはできるのでしょうか?

親が代わりに返済する方法

親が借金の返済を肩代わりする場合、利用者本人の同意を得る必要があります。

そして、同意を得て返済を行うためには、下記の3つのやり方に限られます。

  • 親子そろって店舗に行き返済する
  • 親が店舗に行き返済する
  • ATMで返済する(※9)

「親が店舗に行き返済する」場合は要注意です。

この場合、親がひとりで店舗に行くことになるので、アコムから本人宛に届いたハガキ・封書などの書類を必ず持参しましょう。

その上で、本人の同意を証明しなくてはなりません。

アコムの担当者が本人の携帯に電話をかけ、「代わりに支払うことに同意しているか」確認するので、そこで同意があればOK。返済可能となります。

※9
アコムの自社ATMを利用する場合はローンカードがなくても、暗証番号がわからなくても返済可能です。一方、提携ATMを利用する場合はローンカードも暗証番号も必要です。

例外的に本人の同意が不要なケース

例外として、本人の同意がなくても親からの返済を受け付ける場合があります。

  • 本人が入院している場合
  • 本人の意識がない場合
  • 長期延滞を起こしている場合
  • 毎回のように延滞を繰り返している場合

このような場合は、本人の返済能力がないと判断されるため、同意なしでも返済を受け付けてもらえます。

親が代わりに返済すると金融事故になる?

すでに長期延滞を起こしている状態で代わりに返済してもらうと、そのことが代位弁済として信用情報に記録されます。

代位弁済も金融事故の一種なので、記録されたらローンやクレジットカードの審査に通らなくなるでしょう。

また、代わりに支払ってもらった場合は、アコムの社内データベースにも記録が残ります。

そのせいで、今後のアコムの利用に悪影響をおよぼすこともあるので注意しましょう。

たとえば、利用限度額を減額されたり、追加借入れができなくなる可能性があります。

まとめ

いかがでしたか。

最後に、今回の記事で重要なポイントをまとめてみました。

  • 学生でも20歳以上で安定収入があればアコムに申込める
  • 審査落ちの条件
    • 安定した収入がない(月1回以上の収入がない)
    • 過去に長期延滞などの金融事故を起こしたことがある
    • 貸金業者からの借入件数が5社以上ある
    • 貸金業者からの借入総額が年収の3分の1を超えている
    • 在籍確認がとれない
  • 学生に設定される利用限度額は、10万円、30万円、50万円のうちのいずれか
  • 自宅・勤務先への連絡を避ける方法
    • 郵送以外の方法で申込む
    • 申込み時に自宅の電話番号を記入しない
    • アコムに相談する
    • 店舗かむじんくん(無人契約機)でローンカードを受けとる
    • 利用明細を会員ページから確認できるように設定を変更
    • 延滞などの問題を起こさない
    • 延滞する前にアコムに連絡し支払日を延ばしてもらう
    • アコムから携帯電話に連絡があったらすぐに対応する
  • アコムが本人以外に社名やサービス名、用件などを明かすことはない
  • 学生がカードローンを利用することで生じる(かもしれない)悪影響
    • 将来 住宅ローンなどの審査に悪影響を与えるかもしれない
    • 将来 企業の採用試験に悪影響を与えるかもしれない(特に金融業界)
  • 親が代わりに返済をする場合は本人の同意が必要

アコムに限らず、学生のうちから借金をするのはおすすめできません。

事実、軽い気持ちで利用してしまい、返済が困難になってしまう学生も多いのだとか。

なかには、たった2万円の借入れで何ヶ月も延滞し、長期延滞となってしまったケースもあるそうです。

借金をすると、どんなリスクや影響があるのか、よく確認して、それでもという場合に限って利用するようにしましょう。

カードローン申込数ランキング

今日中にお金を借りたい人に、一番選ばれているカードローンは?

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報