アコムで30万円借りると利息はいくら?出来るだけ利子を減らそう!

キャッシングの中吊り広告やテレビCMをみると、

「金利○○%!」
「業界トップクラスの低金利!」

よくこんなセールス文句が並んでいますよね?

しかし、金利○○%と書かれても、実際にいくら借りて、どのくらいの利息になるのかは、よくわからないという人が多いはず。

そこで今回はアコムから10万円・30万円・50万円・100万円を借りた場合、実際にいくらの利息が発生するのかを調査しました。

毎月の返済金額と返済期間によって、どのぐらいの差が生まれるのか徹底シミュレーションしています。

難しい言葉はなるべく使わず、みなさんが知りたいことをまとめましたので、これを読めば利息を少なくするにはどうすべきなのか?オトクな借金の返し方がわかると思います。

キャッシング業者から言われた通りの最低返済額で返済している人は、ぜひ読んでみてくださいね。

アコムでは「いつ」「いくら」返せばいいの?

まずはアコムの返済について、基本的なルールを確認していきましょう。

毎回の返済額はいくらになるの?

アコムの最少返済額は、下記の式で計算できます。

借入額×一定の割合=最少返済額(千円単位)

最少返済額とは、「最低でもこの金額以上は返済してくださいね」と決められている金額です。

また、この場合の「一定の割合」は、各々に設定された利用限度額によって下記のように設定されています。

利用限度額 一定の割合
30万円以下 4.2%
30万円超~500万円 3.0%
(※1)

※1 利用限度額が100万円超の場合、審査結果によって一定の割合が2.5%または2.0%まで下げられることもあります。

それでは、利用限度額30万円の利用者が10万円を借入れた場合の返済額を計算してみましょう。

10万円×4.2%=4,200円

アコムの返済は千円単位(百円単位は切り上げ)となるので、この場合の返済額は5,000円です。

では、利用限度額50万円の利用者が50万円を借入れた場合はどうでしょうか。

この場合は、

50万円×3.0%=15,000円

返済額は1万5000円となります。

ちなみに、上記の返済額はいずれも最少返済額なので、この金額以上であればいくら返済してもOKです。

いつ返せばいいの?

返済期日は35日毎毎月指定期日の2種類があり、どちらかを選びます。

35日毎

この場合、返済日と返済日の間隔が35日以内であればいつ返済してもOKです。

次回の返済日は、前回返済日の翌日から数えて35日目となります。

たとえば、前回の返済日が4月30日の場合、6月4日までに返済すればOKです。

毎月指定期日

利用者が都合のいい返済期日を指定し、毎月、その日に返済していきます(口座振替で返済する場合、返済期日は自動的に毎月6日に設定されます)。

例)
10日を返済期日に指定した場合、毎月10日までに返済することになる

ただし、返済期日より15日以上前に返済すると、前月分の追加入金扱いになってしまうので注意しましょう(この場合、今月分は改めて返済しなければならない)。

利息総額はいくらになる?(借入額5万円~100万円の場合)

アコムで5万円~100万円を借入れ、最少返済額を返済していくとすると、利息総額はいくらになるのでしょうか。

計算して表にまとめてみました。

借入額 毎回の返済額 金利 返済期日
35日ごと 毎月指定期日
返済回数 利息総額 返済回数 利息総額
5万円 3,000円 18% 20 9,470 20 7,840
17% 20 8,824 20 7,319
16% 20 8,196 19 6,811
15% 20 7,578 19 6,318
10万円 5,000円 18% 25 23,725 24 19,443
17% 25 22,016 24 18,106
16% 25 20,359 24 16,803
15% 24 18,771 24 15,533
30万円 1万3000円 18% 30 85,944 29 69,729
17% 30 79,407 29 64,697
16% 29 73,171 28 59,875
15% 29 67,193 28 55,204
50万円 1万5000円 18% 51 250,726 47 194,085
17% 49 227,215 46 177,699
16% 48 205,618 45 162,342
15% 46 185,760 44 147,908
100万円 3万円 15% 46 371,520 44 295,816

この表からわかることは、主に3つです。

  • 金利が低くなるにつれ、利息総額は安くなる
  • 返済回数は、「35日毎」より「毎月指定期日」のほうが少ない
  • 利息総額は、「35日毎」より「毎月指定期日」のほうが安い

毎月、返済期日ぴったりに返済すると仮定すると、当然、「35日毎」より「毎月指定期日」のほうが返済のピッチは速くなります。

そのため、返済回数も利息総額も少なくなるのです。

たとえば、30万円を金利18%で借入れた場合の利息総額は、「35日毎」の場合、8万5944円、「毎月指定期日」の場合は6万9729円です。

なんと、約1万6000円もの差が生まれます。

毎回、返済期日ぴったりに返済するなら、「毎月指定期日」のほうが利息を節約できるのです。

利息をおさえるにはとにかく多めに返すこと!

「毎月指定期日で返済する」以外にも、利息をおさえる方法があります。

たとえば、毎回少しでも多く返済することで、支払い利息はかなり抑えられます。

では、返済額を増やすと、どれだけ利息をおさえられるのか、こちらも表にまとめてみました。

借入額10万円の場合

金利 毎回の返済額 返済期日
35日ごと 毎月指定期日
返済回数 利息総額 返済回数 利息総額
18% 5,000円 25 23,725 24 19,443
7,000円 17 15,826 17 13,177
1万円 12 10,723 11 9,024
1万5000円 8 7,167 8 6,066
2万円 6 5,515 6 4,684
17% 5,000円 25 22,016 24 18,106
7,000円 17 14,779 17 12,325
1万円 12 10,049 11 8,474
1万5000円 8 6,736 8 5,705
2万円 6 5,190 6 4,411
16% 5,000円 25 20,359 24 16,803
7,000円 17 13,754 16 11,495
1万円 11 9,394 11 7,930
1万5000円 8 6,308 8 5,347
2万円 6 4,868 6 4,139
15% 5,000円 24 18,771 24 15,533
7,000円 17 12,749 16 10,683
1万円 11 8,748 11 7,391
1万5000円 8 5,885 7 4,992
2万円 6 3,869 6 4,547

毎回の返済額が大きいほど、利息総額が安くなっていますよね。

たとえば、金利18%で毎月指定期日に5,000円ずつ返済するときの利息総額は1万9443円です。

その返済額を1万円にすると、利息総額は9,024円。

5,000円ずつの返済に比べて、半分以下になります。

借入額30万円の場合

金利 毎回の返済額 返済期日
35日ごと 毎月指定期日
返済回数 利息総額 返済回数 利息総額
18% 1万3000円 30 85,944 29 69,729
2万円 18 50,215 18 41,725
3万円 12 32,169 11 27,071
4万円 9 24,071 9 20,336
5万円 7 19,525 7 16,559
17% 1万3000円 30 79,407 29 64,697
2万円 18 46,856 17 39,015
3万円 12 30,147 11 25,421
4万円 9 22,606 8 19,126
5万円 7 18,364 7 15,584
16% 1万3000円 29 73,171 28 59,875
2万円 18 43,571 17 36,377
3万円 11 28,182 11 23,789
4万円 9 21,157 8 17,931
5万円 7 17,213 7 14,615
15% 1万3000円 29 67,193 28 55,204
2万円 18 40,357 17 33,784
3万円 11 26,244 11 22,174
4万円 8 19,728 8 16,744
5万円 7 16,071 7 13,653

こちらは、返済額1万3000円と2万円で比較してみましょう。

金利18%で毎月指定期日に1万3000円ずつ返済する場合の利息総額は6万9729円です。

同じ条件で2万円ずつ返済すれば、利息総額は4万1725円になります。

なんと、約2万8000円もの利息を節約できるのです。

借入額50万円の場合

金利 毎回の返済額 返済期日
35日ごと 毎月指定期日
返済回数 利息総額 返済回数 利息総額
18% 1万5000円 51 250,726 47 194,085
2万円 34 160,043 32 128,953
3万円 20 94,700 20 78,398
4万円 15 68,119 14 56,962
5万円 12 53,614 11 45,119
17% 1万5000円 49 227,215 46 177,699
2万円 33 147,489 31 119,395
3万円 20 88,238 20 73,189
4万円 15 63,699 14 53,392
5万円 12 50,244 11 42,368
16% 1万5000円 48 205,618 45 162,342
2万円 32 135,516 31 110,274
3万円 20 81,932 19 68,115
4万円 14 59,370 14 49,873
5万円 11 46,969 11 39,648
15% 1万5000円 46 185,760 44 147,908
2万円 32 124,128 31 101,452
3万円 20 75,780 19 63,182
4万円 14 55,171 14 46,403
5万円 11 43,740 11 36,957

借入額が50万円になると、返済額の増減による利息の差は一段と広がります。

金利18%で、毎月指定期日に1万5000円ずつ返済する場合の利息総額は19万4085円です。

同じ条件で2万円ずつ返済すれば、利息総額は12万8953円となります。

利息総額の差は約6万5000円です。

借入額100万円の場合

金利 毎回の返済額 返済期日
35日ごと 毎月指定期日
返済回数 利息総額 返済回数 利息総額
15% 3万円 46 371,520 44 295,816
4万円 32 248,256 31 202,904
5万円 24 187,705 24 155,327
7万円 17 127,492 16 106,827
10万円 11 87,480 11 73,914

参考までに、借入額100万円の表も載せておきます。

借入額が100万円以上になると、自動的に金利は15%以下に下がります(※2)

そのため、表には金利15%の一覧のみ載せています。

※2
借入額100万円以上の場合、15%超の金利で貸し出すことは法律で禁じられています。

数千円でも多く返したほうがいい!

これまでの検証で、数千円でも多めに支払えば、利息を数万円節約することもできることがわかりました。

1,000円でも2,000円でもいいので、可能な限り、多めに支払いましょう。

なぜ返済額を増やすと利息を節約できるのか

では、なぜ返済額を増やすと、利息を節約できるのでしょうか(すでにご存知だったり、興味がない場合はここは読み飛ばしてください)。

毎回支払う利息は、下記の式で計算されます。

利息=元金(借入残高)×金利÷365日×借入日数(前回返済時からの日数)

では、金利18%で10万円を借り、35日後に初回の返済を行う場合の利息を計算してみましょう。

10万円×18%÷365日×35日=1,726円

このとき、1,726円より多く支払った分はすべて元金の返済にあてられます。

5,000円を返済した場合、

5,000円-1,726円=3,274円

3,274円が元金の返済にあてられ、

1万円を返済した場合は、

1万円-1,726円=8,274円

8,274円が元金の返済にあてられます。

つまり、多く返すほど元金も速く減っていきます。

そして、利息は元金に金利をかけて計算しますから、元金が少なければそれだけ利息も少なくなります。

毎回 多めに返済すればそれだけ元金の減りも速まり、結果的に利息も節約できるということです。

カードローン4社を比較!アコムの利息は高い?安い?

ここからは、アコムと他社の利息総額を比べ、「アコムの利息が高いのか安いのか」検証したいと思います。

比較対象3社の基本情報

比較対象として銀行のカードローンとJAのカードローン、計3社をピックアップしました。

まずは各社の基本情報を確認しましょう。

会社名・商品名 金利 返済方式 返済期日
アコム カードローン 3.0~18.0% 元利定率リボルビング方式
(※4)
・毎月指定日
・35日ごと
三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック 1.8~14.6% 残高スライド元利定額リボルビング方式 ・毎月指定日
・35日ごと
住信SBIネット銀行MR.カードローン(プレミアムコース) 0.99~7.99% 残高スライド元利定額リボルビング方式
(※5)
・毎月5日
JAネットローン カードローン 9.35~11.75%
(※3)
残高スライド元利定額リボルビング方式 ・毎月指定日

※3 JAバンク千葉・JAとうかつ中央の2015年11月時点での金利
※4 ホームページでの表記は「定率リボルビング方式」
※5 ホームページでの表記は「残高スライドリボルビング返済」

各社の返済方式は?

アコムの返済方式は、元利定率リボルビング方式なので、下記のような特徴があります。

  • 返済額に利息が含まれる
  • 最少返済額は「借入額×一定の割合」で決まる
  • 途中で追加借入れしない限り、完済まで最少返済額が変わらない

一方、アコム以外の3社はすべて残高スライド元利定額リボルビング方式です。

残高スライド元利定額リボルビング方式の特徴は下記です。

  • 返済額に利息が含まれる
  • 最少返済額は、借入残高に応じて増減する
  • 返済によって借入残高が減ると、それに応じて最少返済額も少なくなる

なお、こちらでは返済方式の基礎を解説しておりますので、 興味があれば読んでみてください。

各社の最少返済額は?

アコムの最少返済額については先ほど説明しましたので、その他3社の最少返済額を紹介します。

三菱東京UFJ銀行カードローンの最少返済額

借入残高
(※6)
最少返済額
10万円以下 2,000円
10万円超~20万円以下 4,000円
20万円超~30万円以下 6,000円
30万円超~40万円以下 8,000円
40万円超~50万円以下 1万円
50万円超~60万円以下 1万2000円
60万円超~70万円以下 1万4000円
70万円超~80万円以下 1万6000円
80万円超~90万円以下 1万8000円
90万円超~100万円以下 2万円

たとえば、30万円を借入れた場合、返済が進み残高が減るにつれ、最少返済額は6,000円 ⇒ 4,000円⇒ 2,000円と下がっていきます。

※6
返済直前の借入残高に応じて最少返済額が決まります。

住信SBIネット銀行Mr.カードローンの最少返済額

借入残高
(※7)
最少返済額
1万円以下 月末時点の借入残高
1万円超50万円以下 1万円
50万円超100万円以下 2万円

※7
前月末時点での借入残高に応じて最少返済額が決まります。

JAネットローンカードローンの最少返済額

借入残高
(※8)
最少返済額
1万円未満 前月返済日時点での借入残高
1万円以上50万円以下 1万円
50万円超100万円以下 2万円

※8
返済直前の借入残高に応じて最少返済額が決まります。

借入額10万円で比較

それでは、各社の利息総額がいくらになるか、シミュレーションしていきましょう。

シミュレーションは、下記の条件で行います。

  • 金利は4社それぞれの上限金利を適用する(たとえばアコムの場合は18%)
  • 返済期日は「毎月1回」で統一する

まずは、10万円を借入れた場合の利息総額を比較してみましょう。

返済額 会社名 商品名 金利 最少返済額 返済回数 利息総額
最少返済額 アコム カードローン 18% 5,000円 24 19,443
三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック 14.6% 2,000円 77 53,631
住信SBIネット銀行Mr.カードローン(プレミアムコース) 7.99% 1万円 11 3,782
JAネットローン カードローン 11.75% 1万円 11 5,683
1万円 アコム カードローン 18% 11 9,024
三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック 14.6% 11 7,178
住信SBIネット銀行Mr.カードローン(プレミアムコース) 7.99% 11 3,782
JAネットローン カードローン 11.75% 11 5,683
2万円 アコム カードローン 18% 6 4,685
三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック 14.6% 6 3,761
住信SBIネット銀行Mr.カードローン(プレミアムコース) 7.99% 6 2,018
JAネットローン カードローン 11.75% 6 3,001
3万円 アコム カードローン 18% 4 3,361
三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック 14.6% 4 2,710
住信SBIネット銀行Mr.カードローン(プレミアムコース) 7.99% 4 1,466
JAネットローン カードローン 11.75% 4 2,170

ポイントを下記にまとめます。

  • 返済額が同じなら、金利が低いほど利息も安くなる(借入額がいくらでも同じ)
  • 最少返済額で返済する場合、アコムと三菱東京UFJ銀行の利息差は約3万4000円(アコムのほうが安い)

借入額30万円で比較

返済額 会社名 商品名 金利 最少返済額 返済回数 利息総額
最少返済額 アコム カードローン 18% 1万3000円 29 69,729
三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック 14.6% 6,000円
~2,000円
158 24,4891
住信SBIネット銀行Mr.カードローン(プレミアムコース) 7.99% 1万円 34 35,219
JAネットローン カードローン 11.75% 1万円 36 55,955
2万円 アコム カードローン 18% 18 41,725
三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック 14.6% 17 32,760
住信SBIネット銀行Mr.カードローン(プレミアムコース) 7.99% 16 16,869
JAネットローン カードローン 11.75% 17 25,668
3万円 アコム カードローン 18% 11 27,071
三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック 14.6% 11 21,533
住信SBIネット銀行Mr.カードローン(プレミアムコース) 7.99% 11 11,345
JAネットローン カードローン 11.75% 11 17,049
4万円 アコム カードローン 18% 9 20,336
三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック 14.6% 8 16,272
住信SBIネット銀行Mr.カードローン(プレミアムコース) 7.99% 8 8,676
JAネットローン カードローン 11.75% 8 12,949

ポイントは下記です。

  • 最少返済額で返済する場合、アコムと三菱東京UFJ銀行の利息差は約17万5000円(アコムのほうが安い)

借入額50万円で比較

返済額 会社名 商品名 金利 最少返済額 返済回数 利息総額
最少返済額 アコム カードローン 18% 1万5000円 47 194,085
三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック 14.6% 1万円
~2,000円
205 474,948
住信SBIネット銀行Mr.カードローン(プレミアムコース) 7.99% 1万円 61 108,084
JAネットローン カードローン 11.75% 1万円 69 186,163
3万円 アコム カードローン 18% 20 78,398
三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック 14.6% 19 61,236
住信SBIネット銀行Mr.カードローン(プレミアムコース) 7.99% 18 31,296
JAネットローン カードローン 11.75% 19 47,812
4万円 アコム カードローン 18% 14 56,962
三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック 14.6% 14 45,030
住信SBIネット銀行Mr.カードローン(プレミアムコース) 7.99% 14 23,441
JAネットローン カードローン 11.75% 14 35,467
5万円 アコム カードローン 18% 11 45,119
三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック 14.6% 11 35,889
住信SBIネット銀行Mr.カードローン(プレミアムコース) 7.99% 11 18,909
JAネットローン カードローン 11.75% 11 28,414

ポイントは下記です。

  • 最少返済額で返済する場合、アコムと三菱東京UFJ銀行の利息差は約28万円(アコムのほうが安い)
  • 最少返済額で返済する場合、アコムとJAの利息差はたった8,000円(アコムのほうが高い)

借入額100万円で比較

返済額 会社名 商品名 金利 最少返済額 返済回数 利息総額
最少返済額 アコム カードローン 15% 3万円 44 295,816
三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック 14.6% 2万円
~2,000円
(※8)
277 1,112,883
住信SBIネット銀行Mr.カードローン(プレミアムコース) 7.99% 2万円
~1万円
(※9)
94 273,432
JAネットローン カードローン 11.75% 109 482,181
4万円 アコム カードローン 15% 31 202,904
三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック 14.6% 30 196,057
住信SBIネット銀行Mr.カードローン(プレミアムコース) 7.99% 28 95,963
JAネットローン カードローン 11.75% 29 150,074
5万円 アコム カードローン 15% 24 155,327
三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック 14.6% 24 150,336
住信SBIネット銀行Mr.カードローン(プレミアムコース) 7.99% 22 75,612
JAネットローン カードローン 11.75% 23 116,555
10万円 アコム カードローン 15% 11 73,914
三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック 14.6% 11 71,778
住信SBIネット銀行Mr.カードローン(プレミアムコース) 7.99% 11 37,817
JAネットローン カードローン 11.75% 11 56,829

ポイントを下記にまとめます。

  • 最少返済額で返済する場合、アコムと三菱東京UFJ銀行の利息差は約81万7000円(アコムのほうが安い)
  • 最少返済額で返済する場合、アコムとJAの利息差は約18万6000円(アコムのほうが安い)
  • 返済額4万円~10万円の場合、アコムと三菱東京UFJ銀行の利息差は約2,000円~6,000円とわずか

さきほど説明したように、借入額100万円以上の場合、金利は15%以下に下がります。

三菱東京UFJ銀行との金利差はわずか0.4%なので、返済額4~10万円のケースでも、利息総額はほとんど変わりません。

アコムの利息は高い?

最後に、アコムと他社の利息総額を比較してわかったことをまとめます。

まず返済額が同じ金額の場合。

当然ですが、金利が低いほど利息も安くなるので、もっとも金利の高いアコムが不利になってしまいます。

では、最少返済額で返済する場合はどうでしょう。

アコムは、最少返済額が比較的高く設定されているうえに、完済まで金額が変わらない(※9)ため、高金利のわりに利息をおさえることができました。

三菱東京UFJ銀行と比べると、借入額10万円・30万円・50万円・100万円すべてのケースでアコムに軍配が上がりました。

このように、アコムのような高金利のローンで借りてしまっても、返済方法次第で利息をおさえることができます。

できるだけ多めに返せば、そのぶん利息を減らすことができます。

早めの完済を目指しましょう。

※9
途中で追加借入れした場合は、「追加借入れ後の借入残高×一定の割合」で最少返済額が計算されます。

なお、一般的な利息節約方法についても紹介していますので、こちらもあわせてご覧になってみてください。

→アコム申込み前に知っておきたいアコムの悪い点、第三者視点の評価

カードローン申込数ランキング

今日中にお金を借りたい人に、一番選ばれているカードローンは?

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報