キャッシング連続申込みの注意と複数業者に申込むときのコツ

「キャッシングに連続で申込むと審査に通りづらくなる」

こんな話を聞いたことはありませんか?

1ヶ月に3社以上申込むと審査に通らなくなるという、具体的なエピソードを載せている情報サイトもありますよね。

でもこれって、本当に正しいのでしょうか?

銀行・消費者金融・クレジットカード会社などの金融機関は、それぞれ審査基準が異なりますし、また公開もしていません。

だから、噂の域を出ない話が、さも事実のように広がっているのかもしれません。

そこで今回、このことについて詳しく調べてみました。

  • キャッシングに申込むと信用情報にどのように記録されるのか
  • 申込記録が審査にあたえる影響
  • 複数の会社に申込むときの注意点

また、後半では、金融機関の元社員にインタビューを行なっています。

「他社への申込記録が審査に影響するのか」をお伺いし、その結果をまとめました。

複数のキャッシングに申込みたいと考えている場合にお読みいただければと思います。

  • 目次
  • 申込むだけで信用情報に記録が残ってしまう?
  • 「1ヶ月に3社以上申込むと審査に通らなくなる」は本当?
  • 1ヶ月に3社以上申込んでも審査に大きな影響はない!

申込むだけで信用情報に記録が残ってしまう?

まず知っておくべきなのは、キャッシングやクレジットカードに申込むだけで、その記録があなたの信用情報に残るということです。

では、そもそも信用情報って何でしょうか。

まずは信用情報について簡単に説明しましょう。

信用情報とは?

信用情報を一言でいうと、個人のキャッシングやローン、クレジットカードの利用記録です。

信用情報は、主にその人の支払能力(ちゃんとお金を返してくれるか)をはかるためにあります。

そのため、金融機関は審査の際 必ず申込者の信用情報を確認するのです。

信用情報をみれば、「現在他社(※1)からいくら借入れているのか」「過去に返済を延滞したことはないか」といったことがわかるので、それらの情報をもとに審査を行います。

※1
記事中の「他社」には、消費者金融、クレジットカード会社、銀行などの金融機関全般が含まれます。

信用情報にはどんな情報が記録されている?

信用情報には、主に下記のような情報が記録されています。

  • 氏名、住所、生年月日、勤務先など基本的な個人情報
  • キャッシングやローン、クレジットカードへの申込み、契約、借入れ、返済の記録
  • 事故情報(※2)の記録

このような、申込みから返済までのありとあらゆる情報が記録されているのです。

※2
事故情報とは、延滞や債務整理など、返済中に問題が起こったときに記録される情報です(事故情報は通称なので、正しくは異動情報と呼ばれます)。詳しくは後ほど説明しています。

信用情報はどこで管理されているの?

信用情報は、信用情報機関という機関で管理されています。

現在、日本には3つの信用情報機関があります。

  • CIC(シー・アイ・シー)
  • JICC(日本信用情報機構)
  • 全国銀行個人信用情報センター

消費者金融、クレジットカード会社、銀行などの金融機関ならこの3つのうちいずれかの信用情報機関に必ず加盟しています。

そして、金融機関は、自社が加盟している信用情報機関にある情報を確認できるのです。

キャッシングに申込むだけで信用情報に記録が残る!

金融機関は、キャッシングやローン、クレジットカードの申込みを受けると、審査のために自社が加盟している信用情報機関から申込者の信用情報を照会します。

金融機関は、基本的に審査のときしか信用情報を照会しないので、この「照会記録」が「申込記録」として残ることになるのです。

ちなみに、最終的に融資が実行されなくても申込記録は残ります。

申込記録はいつまで残る?

下記の表からわかるように、申込みに関する記録は最長6ヶ月にわたって記録されます。

また、各機関別に登録される情報をまとめました。

  CIC(シー・アイ・シー) JICC(日本信用情報機構) 全国銀行個人信用情報センター
申込みに関して、記録される情報 申込日
商品名
契約予定額
支払予定回数
申込先の会社名等
申込日
申込商品の種別
申込日
契約内容や申込内容
期間 最長6ヶ月間 最長6ヶ月間 最長6ヶ月間

申込みと診断の違いに注意

最近のキャッシングの多くはホームページから申込めますが、「申込み」と書かれておらず、「仮審査」「3秒審査」などのボタンを押すと、そのまま申込画面にとんでしまうパターンです。

名前、住所、連絡先、勤務先などの個人情報を入力する場合、それは申込みと考えるべきでしょう。

一方、性別、年齢、他社借入件数、保険の種類などの情報を入力するだけで審査可否を簡易的に診断する診断ツールがありますが、これは申込みにはあたらないので安心してください。

事故情報は3つの信用情報期間で共有される

さきほど、「金融機関は自社が加盟している信用情報機関の情報しか確認できない」と説明しましたが、例外もあります。

事故情報は、3つの信用情報機関で共有されているのです。

そのため、どこの信用情報機関に加盟していても確認できます。

では、事故情報とはどういった情報なのでしょうか?

さきほども少し説明しましたが、事故情報とは、延滞や債務整理など、返済中に問題が起こったときに記録される情報です(事故情報は通称なので、正しくは異動情報と呼ばれます)。

たとえば、61日以上延滞したり、破産したりすると事故情報として記録が残ります。

ただ、「何日以上延滞すると信用情報に記録するのか」については、各金融機関の裁量に任されています。

そのため、金融機関によっては1ヶ月程度の延滞でも信用情報に記録されてしまうかもしれません。

ただ、数日~1週間程度の延滞であればまずセーフでしょう。

ちなみに、信用情報への記録については金融機関ごとに対応が異なります。

このあたりについては、信用情報や信用情報機関の詳しい解説も参考にしてみてください。

自分の信用情報なら自分で確認できる!

信用情報は、照会して閲覧することができます。

ただし、自分の信用情報のみで、自分以外の信用情報は閲覧できません。

開示請求は簡単で、CIC、JICC、全国銀行個人信用情報センターの各信用情報機関に開示請求をすればいいだけです。

手数料は500円~1,000円程度。

開示請求をすれば、申込記録の他、借入記録、返済記録、事故情報まですべて確認できます。

「1ヶ月に3社以上申込むと審査に通らなくなる」は本当?

ここまでで、

  • キャッシングに申込むと信用情報に記録が残ること
  • キャッシングやローン、クレジットカードの審査の際、金融機関があなたの信用情報を確認すること

を説明しました。

そこで本題ですが、申込記録が審査に影響することはあるのでしょうか?

ネット上には「1ヶ月に3社以上申込むと審査に通らなくなる」という説があります。

その点について、独自に調査してみることにしました。

公式ホームページを調査

まず、大手消費者金融、銀行、クレジットカード会社などの公式ホームページを調べましたがが、どこにも連続申込みに関する記述はありません。

また、各信用情報機関の公式ホームページをチェックしましたが、こちらも空振りでした。

電話調査

金融機関の代表として、大手消費者金融A社に電話で問い合わせてみました。

結果、「短期間のうちに複数の申込記録があるからといって審査に落ちることはない」とのこと。

同じ質問をJICCにもしましたが、「1ヶ月以内に3社以上申込んだからといって、審査に影響が出るとは考えにくい。ただし、審査基準は各社独自のものなので、保証はできない」との返答でした。

これをみるかぎり、申込記録は審査にほとんど影響しないといえそうですが、それなら連続申込みNGの噂はどこから広がったのでしょう?

さらに、消費者金融の元社員、元銀行員にインタビューを実施しました。

金融機関の元社員にインタビューして調査

今回は、大手消費者金融の元社員3名、地方銀行の元行員2名に話を聞きました。

【質問1】
キャッシングやカードローンの審査をするうえで、申込者の信用情報をチェックすると思いますが、そのときに申込記録も確認しますか?

消費者金融の元社員Aさん、Bさん、Cさん、元銀行員Dさんの回答

確認します。

元銀行員Eさんの回答

申込記録は確認しません。
チェックするのは、申込記録ではなく借入れに関する記録です。

【質問2】
申込件数が一定件数以上ある場合、その時点で融資不可になるといったような基準はありますか?

消費者金融の元社員Aさんの回答

そのような明確な基準はありません。

しかし、たとえば申込件数が7~8件を超えるような場合は、少し対応が変わります。

この場合、申込件数以外に問題がなければ、とりあえず先にキャッシングカードを発行してしまいます。

ただし、この時点ではまだカードを利用することはできません。

カード発行の翌日に、再度、信用情報を照会し、借入額が極端に増えていなければ、カードの利用を解禁していました。

一方、借入額が増えていた場合はそのまま解約処理をしていました。

申込記録はリアルタイムで信用情報機関に反映されますが、借入額は借入れから24時間経過しないと正確な情報がわからないため、時間をおいて確認する必要があるのです。

消費者金融の元社員Bさんの回答

そのような基準はありません。

ただし、直近で他社にも申込んでいる場合は、それらの結果を待ってから審査を行います。

他社での借入額が確定するまで待つのです。

そのため、通常より審査結果がでるまで時間がかかってしまいます。

消費者金融の元社員Cさんの回答

あります。

当社への申込日から3日以内の申込件数を確認し、一定数を超えたお客さんは融資不可としていました(一定数の内訳についてはお答えできません)。

申込件数が多いお客さんは、貸し倒れリスクが高い傾向があるためです。

元銀行員Dさん、Eさんの回答

基準は特にありません。

重視するのは申込記録ではなく、借入件数や金額です。

まとめ

5人の回答をまとめてみましょう。

  • 申込記録が審査に大きな影響を与えることはない
  • 重要なのは申込記録ではなく借入れの記録
  • 1~3日中に複数の会社に申込むと、審査に不利になることがある
  • 1~3日中に複数の会社に申込むと、審査に余計な時間がかかってしまうことがある

1ヶ月に3社以上申込んでも審査に大きな影響はない!

いかがでしたか?

今回の調査では、「1ヶ月に3社以上申込むと審査に通らなくなる」という説を裏付ける根拠はみつかりませんでした。

基本的に、申込記録が審査に大きな影響を与えることはないといえそうです。

あなたが審査に通らないのなら、なにか他に原因があると思ったほうがいいでしょう(キャッシングの審査基準について詳しくはこちらで解説しています)。

心当たりがないのなら、一度信用情報を確認することをおすすめします。

ただ、複数の会社に申込みたいなら、1~3日中に申込むのはやめておきましょう。

また、必要以上に多くの会社に申込むのもやめましょう。

あまりに件数が多いと不審に思われる可能性がありますからね。

カードローン申込数ランキング

今日中にお金を借りたい人に、一番選ばれているカードローンは?

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報