学生キャッシングの前に知っておきたい学生特有の審査基準

学生でもキャッシングやカードローン(※1)を利用できるのでしょうか?

答えはYesです。

一般的に、20歳以上で安定収入があれば、学生でも申込み可能です。

でも、ちょっと待ってください。

申込めるからといって、学生が安易にキャッシングしては絶対にダメですよ。

学生キャッシングは、返済できなかったときに人生を台無しする危険をはらんでいます。

まずは親や友達に相談して、それでも解決しなかったときの最終手段にするようにしましょう。

それでは、本題ですが、

学生がキャッシングに申込む場合、学生だから審査が厳しくなったり、利用限度額が低くなったりすることはあるのでしょうか?

他にも、

「学生がキャッシングに申込むには親の同意が必須らしい」
「学生は10万円が限度らしい」

これらの話は本当なのでしょうか?

今回は、ネット銀行(A銀行)、地方銀行(B銀行・C銀行)、信用金庫(D信金・E信金)、大手消費者金融(F社)に取材を行い、学生がキャッシングに申込んだときのリアルな審査の実態を伺いました。

どうしてもお金が必要で、親にも友達にも頼れないというときに役立つ内容になっていると思います。

※ 1
キャッシングとカードローンは同じサービスなので、記事中では「キャッシング」に統一します。

学生でもキャッシングに申込める?

一般的なキャッシングの申込資格は、「20歳以上で安定収入のある方」となっています。

ですから、学生でも申込み可能です(※2)

※ 2
申込資格は、金融業者によって異なります。別の申込資格が設定されている場合は、その条件も満たさなければなりません。

未成年の学生は申込めない?

「20歳以上」が前提とすると、18~19歳の学生は申込みできないことになりますが、実際はどうなのでしょうか?

A銀行・B銀行・C銀行とF社の担当者は、いずれも「未成年者の申込みはNG」とのことでした。

A銀行の審査担当者談

民法により、基本的に未成年者の契約行為は認められていません(親の同意がある場合を除く)。仮にうちが未成年にお金を貸しても、親権者から契約取消しの申し出があれば契約は無効。つまり、お金を回収できなくなってしまいます。そのため、「未成年は申込み不可」としている銀行や消費者金融が多いと思いますよ。

一方、D信金・E信金の場合は、未成年者も申込み可能です。

D信金・E信金の審査担当者談

18歳以上で、親権者の承認を得られれば申込み可能です。実際に借入れる場合は親権者に連帯保証人となってもらいます。万が一、本人(学生)が返済できないときは親権者に請求します。

アルバイトをしていないと申込めない?

安定収入がある学生というと、ほとんどがアルバイトですよね。

では、アルバイトをしていなかったら、申込めないのでしょうか?

アルバイトをしていないと申込めないのは、B銀行・C銀行・F社です。

C銀行の審査担当者談

アルバイトをしていない学生の場合は、返済財源がないとみなされます。仮に申込みしたとしても、審査に通りません。

一方、アルバイトをしていなくても申込めるのは、A銀行・D信金・E信金です。

A銀行の審査担当者談

アルバイトをしていなくても申込める場合があります。

D信金の審査担当者談

親の仕送りなどで、年間に300万円以上受け取っていれば申込みは可能です。

E信金の審査担当者談

両親どちらかの勤務先や年収を申告してもらい、それで審査をします。

仕送りは安定収入とみなされる?

親元から離れて暮らしている学生は、仕送りをもらっていることが多いと思います。

では、仕送りも「安定収入」とみなされるのでしょうか?

こちらについては、全社一致で「安定収入とはみなさない」とのことでした。

しかし、一部の業者は仕送りの金額を参考にしているようです。

F社の審査担当者談

仕送りを安定収入とすることはありませんが、返済能力には関係するので金額を聞きます。そして、利用限度額を決める際の参考にします。

親の同意が必要?

基本的に、成人していれば親の同意は不要です。

B銀行の審査担当者談

成人していたら、親の承認なくお金を借りられます。

ただし、一部の業者は同意を必要とするそうです。

A銀行とD信金の場合、申込みの段階で、親権者の同意書が必要とのことです。

D信金の審査担当者談

学生の申込みには、親権者の承認が必要です。

親の連絡先を伝える必要がある?

今回の調査では、全社一致で「親の連絡先を聞く」との回答でした。

これはあくまで、返済が滞ったときのためです。

返済が滞り、なおかつ本人と連絡が取れない場合、親に連絡することもあります。

C銀行・E信金・F社の審査担当者談

返済が滞るなど、万が一に備えて親の連絡先を聞いているだけです。基本的に、親に借金のことを話すことはありません。

A銀行の審査担当者談

連絡先が本人の電話のみだと、引越しした場合に所在確認が難しくなるので、必ず親の連絡先を聞きます。

親を保証人にする必要がある?

キャッシングは原則として保証人不要です。

しかし、学生の場合は、親権者を保証人に設定することもあるようです。

D信金の審査担当者談

申込者が未成年、もしくは、安定した収入がない場合、親に連帯保証人となってもらう場合があります。

E信金の審査担当者談

ローンやクレジットカード(金融業者の種類問わず)で300万円以上の借入れがある場合は親に連帯保証人となってもらう場合があります。

一般よりも厳しい!?学生の審査基準

まずは、一般的な「審査に落ちる条件」をみていきましょう。

一般的な審査に落ちる条件

下記に当てはまる場合は、キャッシングの審査に落ちる可能性が高いでしょう(学生であるかどうかに関わらず)。

  • 1過去に金融事故を起こしている(※3)
  • 2過去に、ローン(※4)やクレジットカード等の支払いを延滞した経験がある
  • 3他社での借入金額・借入件数が多い
  • 4直近で他社のキャッシングにも申込みしている
  • 5安定した収入がない(月1回以上の収入がない)
  • 6反社会勢力の関係会社や、水商売・風俗業で働いている
  • 7勤続期間が短い
  • 8家賃や住宅ローンの負担が大きい
  • 9在籍確認の結果、在籍していないことがわかった、もしくは在籍しているかわからなかった(※5)

2,3,4,7,8の場合、審査落ちの細かい基準は、各金融業者によって異なります。

たとえば、2の場合、業者によっては数日の遅延を延滞とみなさなかったりする一方、ある業者では1日の遅延でも延滞と記録したりします。

一般的な審査落ちの基準はこちらを参考にしてください。

※3
金融事故とは、長期延滞や債務整理などのトラブルのことです。長期延滞は、ローンやクレジットカード等の支払いを2ヶ月以上滞らせている状態。債務整理とは、法律のもとに、ローンやクレジットカード等の支払いを減額する手続きのことです。

※4
記事中の「ローン」には、あらゆるローンが含まれています。キャッシング(クレジットカードのキャッシング含む)やカードローンはもちろん、住宅ローン、自動車ローン、教育ローン、フリーローン、その他目的別ローン、奨学金、携帯電話の分割払いなど。金融業者の種類は問いません。銀行・信金のローンも、クレジットカード会社のローンも、消費者金融のローンも含まれます。

※5
在籍確認については後ほど説明します。

学生だと審査基準が厳しくなるの?

学生の場合、一般よりも審査基準が厳しくなることがあるようです。

いくつか例をあげてみましょう。

E信金の審査担当者談

学生の場合、その親が金融事故を起こしていたら審査には通りません(※6)

※6
通常は、本人以外の金融事故が審査に影響することはありません。今回の調査でも、D信金・E信金以外の4社は、「家族の金融事故が審査に影響することはない」との回答でした。

A銀行の審査担当者談

学生だと、他にローンを借りている時点で審査には通りません(ただし、携帯端末の分割払いはOK)。

E信金の審査担当者談

学生の場合、過去1年間でクレジットカードやローンの支払いを1週間以上延滞していたら、審査に落ちるでしょう。

A銀行の審査担当者談

学生だと、最低でも月収5万円はないと審査に落ちてしまいます。

B銀行の審査担当者談

学生なら、少なくても月収5~8万円は必要です。

このように、学生の場合は審査が厳しくなるところもあるので、注意しましょう。

学生の場合も在籍確認は必須?

在籍確認とは、申込者が申込書に「勤務先」として記した企業に本当に勤めているかを確認する作業です。

キャッシングの審査では必ず行われるため、学生の場合も例外ではありません。

A銀行以外(6社中5社)は、「在籍確認は必須」との回答でした。

D信金の審査担当者談

在籍確認をすれば、実際に働いているかどうかを確認できますし、ウソをついているかどうかも確かめられます。

在籍確認の方法は、大きく分けて2つです。

  • 金融業者の審査担当者が勤務先(アルバイト先)に電話して確認する
  • 申込者が、在籍を証明できる書類(給与明細など)を提出する

各社の在籍確認の方法は次の通りです。

金融業者 在籍確認の種類
B銀行 電話
C銀行 在籍を証明する書類の提出
D信金 電話
E信金 電話
F社 電話

F社の審査担当者談

学生の場合は電話による在籍確認が必須です。

C銀行の審査担当者談

源泉徴収票や給与受取口座の通帳等を提出してもらいます。

学生が審査を有利に進めるにはどうすればいい?

ここから、学生が審査で有利に進めるうえで、ポイントになることをまとめてみました。

どんな学生だと審査に有利?

学生の場合、一人暮らしより実家暮らしのほうが有利です。

B銀行の審査担当者談

実家暮らしだと所在が確認しやすいので審査で有利になります。

D信金の審査担当者談

実家暮らしだと審査に有利ですが、さらに「居住年数が長い」「住宅ローン完済済み」などの条件が重なると、一層有利です。

F社の審査担当者談

親と同居していると、家賃や食費といった支出が少なく済むので、審査で有利です。

他にも、ポイントはいくつかあります。
下記にまとめて紹介しますね。

  • アルバイトの勤続期間が1年以上(B銀行の審査担当者談)
  • キャッシングの申込みをするのが初めて(B銀行の審査担当者談)
  • 借入れの理由が「旅行代金」「資格取得の費用」など明確で健全なもの(B銀行の審査担当者談)
  • 卒業間近の大学4年生で、社会人になる日が近い(C銀行の審査担当者談)
  • クレジットカードやキャッシングの契約件数が計5件未満(E信金の審査担当者談)
  • 親権者に安定した収入がある(E信金の審査担当者談)

審査で不利なのはどんな学生?

それとは反対に、審査で不利な学生はどんな人でしょうか?

 
  • 留年している(C銀行の審査担当者談)
  • 携帯電話料金、公共料金、家賃の支払いが遅れている(D信金の審査担当者談)

信用情報に一切記録がないと不利になる?

信用情報とは、クレジットカードやローンなどの利用状況の記録のことです。

キャッシングの審査では、金融業者はあなたの信用情報を必ず調べます。

そして、「過去に金融事故を起こしていないか」「他から借りすぎていないか」を確認し、審査の参考にするのです。

ちなみに、以下の条件にすべてあてはまる場合、あなたの信用情報に一切記録がない可能性があります。

  • これまでに一度もクレジットカードやローンを利用したことがない(申込みしたこともない)
  • 携帯電話を分割で購入したことがない
  • 奨学金を利用していない

信用情報に一切記録がないことを俗に、スーパーホワイトと呼び、「スーパーホワイトは審査に不利」という噂もありますが、実際のところはどうなのでしょうか?

各社の担当者に質問したところ、学生の場合はまったく問題ないそうです。

A銀行の審査担当者談

学生は信用情報の登録がなくて当然です。むしろ、ないほうが審査で有利です。

D信金の審査担当者談

これまでローンやクレジットカードを利用した実績がなかったとしても、審査に悪い影響はありません。

学生はいくら借りられるの?

学生の場合、一体いくらくらい借りられるのでしょうか?

各社に、学生に設定する利用限度額についてヒアリングしてみました。

金融業者 学生に設定する利用限度額
A銀行 10~30万円
B銀行 10~50万円
C銀行 20~70万円
D信金 10~40万円
E信金 10~15万円
F社 10~30万円

さらに、下記の4パターンの学生の場合、それぞれ利用限度額がいくらになるのか、シミュレーションしていただきました。

項目 実家暮らしA 実家暮らしB 一人暮らしA 一人暮らしB
年齢 20歳 20歳 20歳 20歳
同居家族 両親 両親 なし なし
雇用形態 アルバイト アルバイト アルバイト アルバイト
勤続年数 1年 1年 1年 1年
月収 10万円 5万円 10万円 5万円
給与形態 時給 時給 時給 時給
家賃負担 なし なし 5万円 5万円
居住年数 10年以上 10年以上 2年 2年
他社借入 なし なし なし なし
仕送り なし なし 月7万円 月7万円

※いずれも、学費(授業料や教科書代等)は親負担とする。

上記4つのパターンでは、それぞれ利用限度額がいくらに設定されるのでしょうか。

金融業者 実家暮らしA 実家暮らしB 一人暮らしA 一人暮らしB
A銀行 30万円 10万円 10万円 10万円
B銀行 10~30万円 10万円 10~30万円 審査落ちもしくは10万円
C銀行 70万円 30万円 50万円 20万円
D信金 40万円 20万円 40万円 20万円
E信金 15万円 12万円 12万円 10万円
F社 30万円 20万円 20~30万円 10万円

B銀行の審査担当者談

家賃負担の有無は重要なポイントです。「一人暮らしB」の場合、月収が5万円なのに、家賃負担は5万円もあります。この場合、審査に落ちるか、受かったとしても利用限度額10万円(最低額)となるでしょう。

C銀行の審査担当者談

月々の返済額は、利用限度額ごとに決まっています。今回の場合、「実家暮らしA」なら月2万円、「実家暮らしB」なら月5,000円、「一人暮らしA」なら月1万円、「一人暮らしB」なら月5,000円の返済となるので、無理のない返済が可能と思われます。

F社の審査担当者談

学生の利用限度額は、まず低めに設定します。しかし、その後、問題なく返済を続けてくれれば、増額される可能性も十分あります。

まとめ

最後に、今回のポイントをまとめていきましょう。

そもそも学生は申込める?

  • 未成年の学生は申込みできない可能性が高い
  • アルバイト等で収入を得ていない学生は申込みできない可能性が高い
  • 基本的に、成人していれば親の同意は不要
  • 基本的に保証人不要
  • 学生の場合は必ず親の連絡先を聞かれる

一般的な審査落ちの条件

  • 過去に金融事故を起こしている
  • 過去に、ローンやクレジットカード等の支払いを延滞した経験がある
  • 他社での借入金額・借入件数が多い
  • 直近で他社のキャッシングに申込みしている
  • 安定した収入がない(毎月1回以上の収入がない)
  • 反社会勢力の関係会社や水商売、風俗業で働いている
  • 勤続期間が短い
  • 家賃や住宅ローンの負担が大きい
  • 在籍確認の結果、在籍していないことがわかった、もしくは在籍しているかわからなかった

学生ならではの審査落ちの条件

  • 親が金融事故を起こしている
  • 他にローンを借りている(携帯端末の分割支払いはのぞく)
  • 過去1年間で、クレジットカードやローンの支払いを1週間以上延滞している
  • 月収5万円未満

どんな学生が審査に有利?

  • 一人暮らしより実家暮らしのほうが有利
  • アルバイトの勤続期間が1年以上
  • キャッシングの申込みをするのが初めて
  • 借入れの理由が、「旅行代金」「資格取得の学習費用」など明確で健全なもの
  • 卒業間近の大学4年生で、社会人になる日が近い
  • クレジットカードやキャッシングの契約件数が計5件未満
  • 親権者に安定した収入がある

どんな学生が審査で不利?

  • 留年している
  • 携帯電話、公共料金、家賃の支払いが遅れている

学生は、社会人にくらべると信用が低いので、審査に通っても10万~30万円程度しか借りられないと思っておきましょう。

そもそも、

学生が借金するのはあまりおすすめできません。

もし、なにかのきっかけで返済が滞り、金融事故にでもなったら、その後の人生に悪い影響を与えます。

学生のうちは安易にキャッシングをせず、アルバイトをしたり、理由を説明して身内に借りたりして乗り切りましょう。

もし、どうしてもキャッシングを利用せざるをえない場合は、余裕を持って返済できる金額しか借りないようにしましょう。

カードローン申込数ランキング

今日中にお金を借りたい人に、一番選ばれているカードローンは?

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報