夫が急病で入院!高額療養費制度を利用でも入院費が高額な理由【体験談】

40代前半の夫は大手企業の管理職。年収は1,000万円。自宅は持ち家。

これだけ聞くと、生活にさぞ余裕があるのだろうと思われるかもしれませんが、そんなことはありませんでした。

我が家は、入ってくるお金はあるだけ使う性分でしたので、いつも家計は綱渡り状態。

ボーナスがなければ赤字に転落してしまう危うい家計だったのです。

そんななか、夫が単身赴任先で緊急入院!

ここで問題になったのが入院費です。

高額療養費制度を使うことで少し費用をおさえることができましたが、それでもお金が足りず...。

結局、定期預金を解約して支払うことになりました。

今回はその当時の体験談と高額療養費制度の落とし穴についてお話していきます。

体験者の情報

名前:酒井 聡子(仮名)
年齢:42歳
職業:専業主婦(夫は会社員)
お金に困った理由:ボーナスの大幅カットに加えて、夫が急病で入院。予想以上に入院費を請求された
入院費用:40万円

夫の年収は夢の1,000万!だけど実態は...

40代前半の夫は大手企業の管理職。年収は1,000万円ほどありました。

サラリーマン家庭であれば、年収1,000万円は一種のステータスだと思います。

しかし、私たちの生活はけしてラクではありませんでした。
毎月の給料60万円を住宅ローン、教育費、カード決済分に振り分けると、残りはたったの数万円。

そのわずかなお金を生活費にあてている状態だったのです。

それでも、昨年はボーナスのおかげで年間100万円貯金することができました。住宅ローンも50万円を繰上げ返済できたのです。

しかし、今年は勝手が違いました。
収入が大幅に減って、支出が大幅に増えたのです。

まず2011年に発生した東日本大震災の影響で、夫の会社のボーナスが一気に減ってしまいました。

これまで年2回のボーナスは手取りで合計200万円ほどあったのですが、今年は手取り130万円程度。70万円の大幅ダウンです。

ボーナスをあてにしていた我が家にとっては大問題!

なにせボーナスから支払う予定だった費用はいろいろあります。

住宅ローン 40万円
保険料 50万円
車検、スタッドレス等の購入費用、税金、保険など車関連の支払い 30万円
夫のスーツ代、年末年始やお盆の帰省費用、長期休暇のレジャー費用、妻である私の服飾費など 合計50万円

ざっと170万円ほどです。
今年のボーナスは手取り130万円なので、このままでは赤字になってしまいます!!!

夫が心疾患で入院

ボーナス減による大幅な収入減で頭をかかえていた我が家は、またしても不幸に見舞われました。

突然、夫が心疾患で倒れてしまったのです。
夫は20日間ほどの入院を余儀なくされました。

この入院で家計はさらにピンチになってしまったのです。

夫が倒れたのは単身赴任先。
私たち家族は新幹線で片道2時間もかかる離れた場所に住んでいます。

入院していた20日間、自宅と病院を新幹線で5往復したので、交通費だけで15万円もかかりました。

また、自宅で飼っている犬は入院先へ連れて行くことができません。ペットのホテル代はトータルで5万円かかりました。

そして、肝心の夫の入院費用は約40万円にのぼったのです。

高額療養費制度で少し負担が減ったものの...

今回の入院で私は「高額療養費制度」を初めて知りました。

高額療養費制度とは、1ヶ月間(同月内)に支払った医療費のうち、自己負担限度額を超えた分については公的医療保険組合から払い戻しが受けられる、という制度です。

自己負担限度額は、その人の年齢や所得、保険の種類などによって変わります。今回、うちの夫の場合は約15万円でした。

ということは、「40万円の入院費も実質15万円で済む?」と一瞬期待しましたが、そう うまくはいきません。

夫は5月23日に入院し、6月9日に退院しています。

そう、高額療養費制度は、1ヶ月間(同月内)に支払った医療費のうち、自己負担限度額を超えた分について払い戻しを受けられるもの。

つまり、5月分と6月分の医療費を分けて計算しなくてはならないのです。

結果、5月分・6月分の医療費はいずれも自己負担限度額である15万円を超えていたので、実質負担する医療費は15万円×2=約30万円ということになりました。

入院費が払えない!泣く泣く子どもの定期預金を解約

高額療養費制度を利用しても、その払戻しが受けられるのは少し先のことです。

病院への支払いは、とりあえず全額こちらで負担しなければなりません。

夫の退院前日になって、40万円の現金が準備できないことに気づいた私は、焦りました。

実は、昨年貯めた100万円はもうすでに使いきっていたのです(50万円は住宅ローンの繰上げ返済に使い、残り50万円は結婚15周年の記念品として時計を購入するために使っていました)。

普通預金の残高はほとんどゼロだったのです。

最近はクレジットカードを使える病院もがありますが、夫の入院先では使用不可でした。

まさか治療費の滞納なんて...そんな恥ずかしいことはできません!

私は苦渋の決断をしました。
子ども名義の定期貯金100万円のうち、50万円を解約したのです!

この100万円は、私の両親、つまり子どもたちの祖父母が、「孫のために」と、誕生日のたびにくれたお金を貯めたものでした。

どんなことがあっても絶対に手をつけないと決めていた、子どものための貯金です。

ただ、背に腹はかえられません。
私は泣く泣く定期預金を解約し、そこから入院費を支払いました。

現在、夫の退院から半年以上が経ちました。
しかし、まだ子どもの定期預金に50万円を戻せていません。

今回の夫の入院で、「ボーナスに依存している家計を見なおさなければならない」という強い決意が私たち夫婦の中で生まれました。

子どもの定期預金にお金を戻すためにも、今後は家計を見直していこうと思っています。

高額療養費制度の落とし穴(編集より)

今回の体験者 酒井さんは、高額療養費制度を利用したにもかかわらず、大きな金額を負担することとなりました。

ここからは、酒井さんの負担が大きくなった要因を検証していきます。

そもそも自己負担限度額が高い

自己負担限度額はその人の年齢や所得、保険の種類などによって変わります。

酒井さんのご主人が該当するのは「70歳未満・上位所得者」という区分で、なかでも最も自己負担限度額が高い区分です。

「70歳未満・上位所得者」の自己負担限度額は、

15万円+(医療費-50万円)×1%

医療費の部分に今回の入院費をあてはめると、自己負担限度額は約15万円となりますね。

酒井さんのご主人は年収が高かったため、自己負担限度額も最高クラスになってしまったのです。

入院が月をまたいでしまった

高額療養費制度の自己負担限度額は、同月内(1日から月末)にかかった医療費に適用され、月が変わった場合は、新たにその月の医療費に適用されます。

場合によっては、月間の医療費の合計が自己負担限度額に届かず、全額負担になることもあるのです。

例)
Aさんは、5月から6月にかけて入院し、その費用は合計20万円。
また、この場合のAさんの自己負担限度額は15万円。
医療費は、 5月分が9万円、6月分が11万円だったので、いずれも自己負担限度額である15万円に届かず、高額療養費制度の対象外となった。

酒井さんの場合も、入院が月をまたいでしまいました。

ただ、酒井さんの場合はふた月とも自己負担限度額を超える医療費がかかったので、ふた月とも高額療養費制度の対象となりました。

15万円×2=30万円の負担で済んだのです。

ただ、もし入院が同月内におさまっていたら、入院費40万円のところ 実際の負担は15万円で済んでいたのですね。

対象にならない費用がある

何かと頼りになる高額療養費制度ですが、見落としがちなのが自己負担限度額の対象外の費用です。

いくつか例をあげましょう。

  • 差額ベッド代
  • 食事代
  • 診断書代
  • シーツ、病衣、テレビ、オムツ代など
  • 先進医療の先進技術部分の負担

上記費用はすべて実費を支払わなければならないので、これらが高額になると大きな負担になります。

また酒井さんの場合、病院と自宅が離れていたため、交通費やペットのホテル代が余分にかかりましたが、当然これらの費用も対象外です。

限度額適用認定証を交付してもらおう(編集より)

高額療養費制度で払い戻しを受けられるのはだいたい3~4ヵ月後です。

したがって、病院の窓口で精算する際は、一旦 建て替えておく必要があります。

ただ、窓口で限度額適用認定証を提出すれば、最初から自己負担限度額の支払いだけでOKとなります。

限度額適用認定証は所属する健康保険組合から交付してもらえるので、もしものときのために申請をだしておきましょう。

なお、70歳以上の方は、そもそも窓口での負担は自己負担限度額のみで済むようになっていますので、限度額適用認定証は必要ありません。

いかがでしたか?
酒井さんのように、毎月の生活がぎりぎりだと、急な出費に困ることにもなりかねません。

いざというときに備えて、日ごろから余裕のあるやりくりをしたいものですね。

また、他にも高額療養費制度の特集や、医療費が払えないときの対策をまとめた記事もありますので、これらもあわせて確認してみてください。

カードローン申込数ランキング

今日中にお金を借りたい人に、一番選ばれているカードローンは?

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報