結婚資金が4万円からの貯金体験談。がんばって節約しました。

大好きな彼女に、勢い余ってプロポーズしてしまった私。

彼女はうなずき、天にも昇る気持ちでしたが、結婚までの道のりは険しかったです。

当時、私の口座には4万円しか入っていませんでした(笑)

これでは結婚式も新婚旅行も夢のまた夢です。

「なんとかしければ!」

私は意を決し、結婚資金を貯めるさまざまな方策を練り始めました。

今回は、当時の結婚資金捻出術についてお話したいと思います。

※ 編集より
記事の後半では「結婚資金を2人で貯める方法」について解説しています。こちらもあわせてご覧ください。

体験者の情報

名前:十三寺 萌雄(仮名)
性別:男性
お金に困った理由:結婚資金が必要になった
当時の職業:情報処理サービス業
当時の年齢:28歳

結婚資金はたったの4万円!?

4万円

何度も何度も、穴が空くほどに通帳の残高を見ましたが、金額は変わりません。

私は焦燥感に駆られました。

完全に勢いでしたプロポーズですが、彼女はうなずいてくれたのです。

資金が貯まってからとか、出世してからとか、理由はいろいろつけられましたが、話が盛り上がってしまい、気持ちを抑えることができませんでした。

でも、貯金はほとんどありません。

もともと、結婚なんて無縁の世界だと思っていた私は、稼いだお金を趣味や旅行につぎ込み、貯金したことがありませんでした。

それにしても、結婚資金4万円というのはあまりに無謀です!

彼女にも失礼ですよね...。

そこで、せめて100万円、1年以内に貯めなければ!と一念発起したのです。

自炊は節約への第一歩

入ってくる給料は同じですから、節約するしかありません。

もともと自炊はしていましたが、ご飯を炊いて買ってきた惣菜を温めるか、肉を焼くのがせいぜいです。

さらに、私は大食いなので、節約という点ではあまり効果はありませんでした。

しかし、今度ばかりはそういうわけにいきません。

スーパーで、野菜や卵、魚などを買ってきて包丁を握り、ちゃんと料理をすることにしたのです。

いろいろ作りましたが、記憶に残っているのはこの3つですね。

  • 目玉焼き丼
    目玉焼きをご飯に乗せて醤油をかけただけの丼ですが、意外と美味しく、驚かされました。
  • 豆腐卵とじ鍋
    豆腐・肉・野菜を入れて卵で閉じた鍋は、彼女にも好評でした。
  • 具なし焼きそば
    お昼ごはん用に、3袋100円の焼きそばを1玉焼いてタッパーに入れて会社に持って行っていました。コンビニで売っている、ろくに具の入っていない焼きそばの値段を考えたら、かなり割安です。

幹事になれば交際費も節約できる!

節約しなきゃいけないことはわかっていますが、結婚前は独身最後で遊びたいのもホンネ。

飲み会の誘いを断るのも、なんだか寂しく思えます。

でも、断らずに行ったら友人に思いのほか高い店に連れていかれ、後で軽くなった財布をみてため息をつくことが多々ありました。

交際費を節約するのはなかなか難しいですよね。

しかし、私は思いついたのです。

交際費を節約する方法を!

「自分が幹事になって、飲み会の場所を決めてしまえばいい!」

こうして、私は安い居酒屋を調べ始めました。

均一料金のチェーン店はもちろん、もつ焼き屋など昔ながらの赤提灯の居酒屋もなかなか粋です。

あるとき、私はみんなを とある赤提灯の店に連れて行きました。

結果的にこの作戦は大成功。

みんな口々に「うまい!」「安い!」「変わっている!」と言ってくれて、飲み会は大いに盛り上がりました。

それ以降、飲み会の幹事は私が引き受けることになったのです。

また、最大の出費である彼女とのデートも工夫しました。

ランチはもっぱらラーメンです。

雑誌に載っている行列店に並ぶのは、遊園地のアトラクションに並ぶようなワクワク感がありました。

幸い、彼女も乗り気だったので、結婚資金は順調に貯まっていきました。

新婚旅行費を節約するなら「すべて自分で手配」

私が節約しながら考えていたのは、「どうにかして結婚資金を節約できないか」ということです。

新居の家具は一人暮らしで使っていたものを流用するにしても、結婚式や新婚旅行には多額の費用がかかります。

そこをなんとか節約するため、どうにかして新婚旅行の金額を抑えることにしたのです。

私たちは新婚旅行でヨーロッパに行くと決めていました。

ただ、旅行会社に頼むと、ハネムーンツアーは通常のツアーよりもかなり高額です。

そこで、航空券からホテル、レストランまですべて自分で手配することにしました。

ひとつひとつ英字メールと格闘しながら予約を済ませた結果、ヨーロッパ5泊7日で、4ツ星・5ツ星のホテルに泊まり、食費にお土産、高級レストラン1食をつけても1人30万円を切る価格に抑えることができました(当時、1ユーロが160円でした)。

工夫次第で、お得にリッチな旅行ができるのです。

今でも役立っている節約術

無事に結婚資金を貯めることができ、結婚式も新婚旅行も済ませることが出来ました。

あれからだいぶ経ちますが、今でも赤提灯や居酒屋の巡礼は続いています。

お小遣い制のサラリーマンのふところは寒いのです。

のれんをくぐり、瓶ビールと煮込み、数本の串焼きを食べ、千円札と小銭数枚を出して帰っていく、そんな毎日です...。

そして、妻はというと、すっかり恐妻家になってしまいました。

もしあのとき節約生活をしなかったら、立場は今より弱いものになっていたでしょう(笑)

いかがでしたか?
結婚は、新しい人生のスタートです。

結婚に向けて2人で貯金や節約をし、結婚資金の目標額が達成できたならば、素晴らしい人生のスタートを切ることができるでしょう。

話しあったり、計画を立てることは、今後の結婚生活においても大切なことです。

より豊かな人生を送るために、さっそく2人で貯金・節約を始めてみてはいかがでしょうか。

最後に、どうしても結婚資金が足りない場合は、ブライダルローンを利用するという手もあります。

ただし、ブライダルローンは最後の最後の手段です。

けしてお勧めできる手段でないので、どうしようもないときは検討してみましょう。

カードローン申込数ランキング

今日中にお金を借りたい人に、一番選ばれているカードローンは?

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報