夜のお仕事の種類を徹底解説。店選びの前に確認すべきことまとめ

水商売のアルバイトといえば、華やかで時給が高いイメージがありますよね。

ただ一言で水商売といっても、その種類は様々です。

高い接客スキルを要求される高級クラブ、若い女の子が多いキャバクラやガールズバー、近所のお客さんが多いスナックなど、それぞれ特徴や仕事内容、時給が変わってきます。

「はじめてだけど水商売のバイトを始めてみたい!でも、どうやってお店を決めればいいの?」

はじめはこんなふうに悩む方も多いのではないでしょうか。

今回は、お店の種類や仕事内容、時給相場について紹介した上で、お店を選ぶときに気をつけたいポイントや面接に行く時の注意点についてもみていきたいと思います。

水商売のアルバイトを検討している方、興味がある方は必見です!

夜のお仕事にはどんなものがある?

  • 目次
  • 水商売のアルバイトってどんな種類があるの?
    • クラブ・ラウンジ
    • キャバクラ
    • ガールズバー
    • スナック・パブ
  • お店の種類を決めるときのポイント
  • 店側に確認すべきこと
  • 面接のときに気をつけたいポイント

水商売のアルバイトってどんな種類があるの?

今回の記事では、「水商売= 一緒にお酒を飲んだり話したりして、お客さんを楽しませるお仕事(風俗など、アダルトな要素を含むものは除外)」とさせていただきます。

代表的なお店の種類について、時給が高い順に紹介していきましょう。

クラブ・ラウンジ

クラブといっても、若者が踊りに行く「クラブ」ではなく、銀座を代表とする高級クラブのことです。

料金は非常に高額で、時間制限がない代わりに席に座った時点で数万円のチャージが発生し、ホステスを指名する際も「指名料(ホステスチャージ)」がかかります。

クラブと似ている業態にラウンジがありますが、ラウンジはクラブよりも料金がやや安く、指名料も発生しないお店が多いようです。

仕事内容や求められるスキルは?

お客さんの席に座り、お酒を作ったり、タバコに火を点けたりしながらおもてなしをします。

勤務時間以外のお付き合い(同伴やアフター、メールや電話のやり取り)も当然必要になってきます。

高級クラブのホステスは、容姿だけでなく品格のあるマナーや高い教養も要求されるので、見た目を磨くだけではダメです。中には、お客さんとの会話のために新聞や経済誌・新書を通読する人もいるそうです。

お店によっては指名に厳しいノルマが課せられているので、指名を勝ち取るためにも上に書いたような様々な努力が必要になってくるんですね。

客層は?

年齢層は高めです。企業のトップや重役クラス、著名人など、お金に余裕のある大人の男性客が多くを占めます。

高級クラブの場合は会員制なので一見さんはお断り、初めてのお客さんはすでに会員となっている人の紹介で来店します。

働いているキャストの年齢層

20~30代が多いようです。

服装は?

例えアルバイトでも、勤務時の衣装・ヘアメイク・ネイルは細かいところまで気を遣う必要があります。ただしアルバイトの場合、衣装のレンタルを利用するケースも多いようです。

ヘアメイクの設備があるお店もありますが、利用する場合はお給料から利用料を引かれます。

また、お店によっては出勤時の服装についても一定の決まりがあります。(ジーンズNG、だらしない服装NGなど)

平均的な時給

高級クラブは、日給で2〜4万円。

それ以外のアットホームなクラブでも、都心で時給4,000〜5,000円が相場です。ただしルックスや経験によって、最初から高い金額を提示されることもあります。

また、指名されると指名料(ホステスチャージ)が支払われ、指名が多く入るほど報酬もアップしていく仕組みをとっています。

また、自分がついた席で高いボトルが入るなど、売り上げに貢献した場合はママから別途お小遣いをもらえたり、お客さんから直接チップをもらえることもあります。

キャバクラ

クラブ・ラウンジと同様 お客さんの席に同席して接客します。

ただ、キャバクラは「キャバレーのような明確な会計で、クラブのような接待を受けられる」というのが売りなので、クラブほど高額ではありません。料金体系は時間制のセット料金で、延長するごとに料金が加算されます。

クラブ・ラウンジはお客さんと静かに会話を楽しむイメージがありますが、キャバクラはどちらかというとワイワイ騒いで楽しむイメージです。

仕事内容や求められるスキルは?

お酒を作る、タバコに火を付けるなど、基本的にはクラブと同じですが、ハイレベルな会話や接客は要求されません。お客さんと楽しくおしゃべりすることがメインです。

ただ、こちらもクラブ同様 指名を多く取ることが求められますし、勤務時間外のお付き合い(同伴やアフター・メールのやり取りなど)が必要になります。

時には酔ったお客さんに体を触られることもありますが、ムキになって怒るのは厳禁。笑って受け流すくらいでないとつとまりません。

客層は?

クラブやラウンジと比較すると料金が安いので、普通のサラリーマンがよく訪れます。一見さんお断り、会員制といったシステムもないので、新規のお客さんも多いです。

働いているキャストの年齢層

18~23歳くらいの子が多いようです。

服装は?

基本はドレスファッションで、無料で貸し出してくれるお店もあります。ただし、サイズや好みに合わない場合は、自分専用のドレスを買う必要があります。

お店によっては専属のヘアメイクさんがいたり、近所の美容室と提携していてそこでヘアメイクをしてもらえます。(無料、もしくは有料でも1,000円前後)

平均的な時給

2,000~3,000円、有名店だと5,000円程度が相場です。

さらにお客さんから指名があれば、指名料(例:本指名が1,000円、場内指名が500円など)が別にもらえるので、指名が多くなるほどお給料が増えるしくみです。

ガールズバー

バーテンダー(テンダーアイドルと呼ぶことも)が全て女性のバーのことを「ガールズバー」と呼びます。

クラブやキャバクラではお客さんの隣に座って接客しますが、ガールズバーで働く女性はあくまでバーテンダー。女性はカウンター越しに立って接客します。

店内もカジュアルなバーのスタイル(モニターで映画やスポーツを流したり、ダーツやカラオケがあったりなど)をとっているところが多いです。

また、0時以降の営業が禁止されているクラブやキャバクラと違い、ガールズバーは終夜営業が可能です。

仕事内容と求められるスキルは?

カウンター内でお酒を作り、カウンター越しに会話をして接客します。指名・同伴・アフターなどのシステムはありません。

お客さんの隣に座って接客するわけではないので、クラブやキャバクラよりも気軽にはじめられます。

ただし長時間ハイヒールで立ちっぱなしなので、体力的にはキツイかもしれません。(カウンター内では低いサンダルでもOKというお店もあるので確認してみて下さい。)

働いているキャストの年齢層

20代前半の若いスタッフが多く、それ以上の年齢層のお店は「レディースバー」と呼ばれています。

客層は?

クラブやキャバクラよりも料金体系が安く気軽に入れるので、比較的若いお客さんが多いようです。

服装は?

衣装やヘアメイクのルールはお店によって異なります。

Tシャツ+ジーンズでOKなお店から、胸元の開いたセクシーなシャツ、露出度の高いコスチュームを制服として支給されるお店もあります。プチ情報ですが、露出度が高いお店ほど時給が高くなる傾向があります。

平均的な時給

キャバクラと比較すると時給は安めです。地域にもよりますが、都心だと1,500〜4,000円くらいです。

スナック・パブ

スナックとパブ(アイリッシュパブ・英国風パブではない)には明確な違いはありません。

強いて言えば、パブのほうが比較的女性の数が多く、スナックの場合はママとアルバイトの女性の二人だけ、もしくはママだけというケースもあります。

そのお店のママや他の常連さんに会うために来ている人が多く、全体的にアットホームなお店が多いことが特徴です。

パブの場合は、「韓国パブ」「フィリピンパブ」など外国人だけを雇っているお店や、「熟女パブ」などジャンルが限定されているお店もあります。

仕事内容と求められるスキルは?

お酒や料理を提供しながらお客さんの話し相手をし、時にはお客さんと一緒にカラオケを楽しみます。

もちろん指名・同伴・アフターなどのシステムはありません。特に着飾る必要もないので気軽に働けます。

働いているキャストの年齢層

20~40代など、幅広い年齢の女性が働いています。

客層は?

年齢層はだいぶ高めです。

近所のおじちゃん、おじいちゃんが来るんですね^^

服装は?

衣装やヘアメイクについては、ルールなし、私服OKのお店が多いです。

平均的な時給

パブの場合はお店の規模にもよりますが、都心部で2,000〜3,000円程度。

スナックは地域によって差がありますが、お店の規模が小さいので1,700〜2,000円程度が相場のようです。

お店の種類を決めるときのポイント

どのようなお店で働こうか悩んだときは、これから説明するポイントをチェックしてください!

どれくらいの時間を費やせるのか?

学校や昼間の仕事の傍らで水商売のアルバイトをしたい!という方も多いと思います。その場合は、どれくらいの時間をアルバイトに費やせるか検討してみましょう。

クラブやキャバクラは勤務時間以外の付き合いが多いので、その分プライベートの時間を削らなくてはいけません。

出勤前にお客さんと待ち合わせし、食事をしてからお店に行く同伴
閉店後、お客さんと食事などに出かけるアフター

家に帰ってからも、営業メールを送ったり、電話をかけたりしなければいけません。

したがって、「シフトで決められた時間以外は一切時間をとりたくない!」という方にクラブやキャバクラは向いてないと思います。

あくまでも学校や昼間の仕事に支障がない程度に働きたいなら、

  • 出勤時間(何時までに出勤すればいいか)
  • 勤務時間(最低何時間働く必要があるか、絶対にいなくてはいけない時間帯はあるか)
  • 退勤時間(時間通りに上がれるか、終電までの勤務OKかなど)
  • アフター、同伴があるか
  • ノルマがあるか

など、時間に関すること、時間外勤務のことについて細かく確認する必要があります。

ちなみに、ガールズバーやスナック・パブの場合、勤務時間以外の付き合いがないお店が多いので(同伴・アフター・ノルマがないお店が多い)、「お店に出勤している時以外は時間をとりたくない!」という方でも働きやすいと思います。

どれくらい稼ぎたいのか?

どれくらい稼ぎたいのか――お小遣い程度の収入でいいのか、あるいは生活を支えるくらいのお金が必要なのか――によっても、選ぶお店が変わってくると思います。

ちゃんと稼ぎたいならクラブやキャバクラがおすすめですが、指名をとるための努力・出費の負担も多くなるので、そこのところをよく心得る必要があります。

見た目に気を遣う必要があるので、衣装代、美容院代、エステ代がかかりますし、お客さんとやり取りをする携帯電話の料金も馬鹿になりません。

また、先にも述べたように勤務時間以外の付き合いでとられる時間が多いので、それも勤務時間として計算すると実際の時給はだいぶ低くなってしまうかもしれませんね。

もちろん、指名が多くもらえるようになったらその分お給料も上がります。中には月数百万円以上稼ぐカリスマキャバ嬢もいるので、それを目指して本気でがんばる!というならクラブ・キャバクラでお水の花道を極めるのもいいかもしれません。

しかし、普通のキャバクラ嬢の平均月収は約32万円だそうです。ここからもろもろかかるお金を引くと、OLさんと変わらない給料になってしまうかもしれません。

気軽にお小遣い程度のお金を稼ぎたい場合は、やはりガールズバーやスナック・パブをおすすめします。

クラブ・キャバクラより時給が安くなる分、勤務時間外の付き合いや美容代・衣装代も必要ないので気軽に働くことができます。

お客さんの隣に座るor立って接客

今回紹介した中だと、ガールズバー以外のお店は基本的にお客さんの隣に座って接客します。それが苦手な場合はガールズバーがおすすめですが、ガールズバーは終始立って接客をするので意外に体力が要ります。

お客さんとの距離が近いが、座って接客できるお店
カウンター越しの接客でOKだが、終始立ちっぱなしのお店

どちらが自分に向いているか検討してみましょう。

店側に確認すべきこと

お店に確認したいこと、質問したいことをあらかじめメモしておき、面接の時に担当者に聞きましょう。曖昧なままお仕事を始めてしまうと、後々「こんなはずじゃなかった!」ということになりかねません。

お店によって給料、システム、待遇、条件などが大きく異なりますが、基本は次のようなことを確認しておきましょう。

給料システム

  • 勤務開始時の時給
    研修期間中の時給が、募集要項に掲載されている時給と異なる場合があります。
  • 指名料やバックのシステム
    本指名1本ごとにいくらのバックがあるか、ボトル1本ごとに何%のバックがあるか、など。
  • 給料の締め日、支払い日
  • 給料の日払い、週払いは可能か
  • 給料の支払い方法
    手渡しか、振り込みかなど

ドレス、ヘアメイク

募集要項に「レンタルドレス有り、ヘアメイク有り」と書かれている場合は、それらが無料なのか有料なのか(いくらなのか)を確認しておきましょう。こうした経費を福利厚生費という名目で給料から引くお店もありますので、要注意です。

特にキャバクラの場合、キャスト用に凝ったデザインの名刺を作りますが、こうした費用も給料から差し引かれていることがありますので、事前にチェックしておきましょう。

税金

基本は、お給料から源泉徴収されるお店、源泉徴収票を発行してくれるお店を選びましょう!

したがって、「源泉徴収はされるのか」「源泉徴収票は発行されるのか」は事前によく確認しておく必要があります。税金に関してはっきり説明してくれないお店はあやしいと思ってください!

中には、源泉徴収しておきながら実際は納税していないという悪質なお店もあります。十分注意しましょう。

罰金・ノルマ

遅刻や欠勤のペナルティーとして罰金制度を設けているお店もあるので、お店のルールを確認しておきましょう。中には、指名・同伴などのノルマが達成できないときのペナルティーを設けているお店もあります。

また、「ノルマはあるのか」「どういったノルマがあるのか」も要確認です。ノルマが厳しそうなお店はやめておいたほうが無難です。

お店のルール

仕事内容や服装については、お店によって異なるルールが設けられています。

例えばキャバクラでは、同伴・アフターや営業メール・営業電話を義務付けているところがあったり、比較的ゆるいイメージがあるガールズバーやスナックでも、服装やヘアメイクに一定のルールがあったりします。

細かいところですが、事前によくチェックしておきましょう。

送迎

終電後まで働くキャストのために送迎が用意されているお店も多いですが、送迎の有無、(ある場合は)無料か有料かについても確認しておきましょう。

面接が店外で行われる場合は要注意!

「キャバクラのお店だと思って面接を受けてみたら、実は風俗店だった!」ということがあるので、注意が必要です。

面接の予約をした際、面接場所として喫茶店などお店以外の場所を指定された場合、そのお店は風俗店の可能性が高いです。

面接のときに気をつけたいポイント

面接をするお店のスタッフは、あなたのことをシビアな目でチェックしています。面接のときに気をつけたいこと、心がけたいことは何でしょうか?

女性らしく、清潔感のある装いで

好感度が高く、なおかつ自分に似合う服装を選んで下さい。

ただしクラブやキャバクラの場合、ジーパン、Tシャツなどのカジュアルな服装はNG。

ワンピースやちょっとセクシーなスーツにヒールなど、女性らしい服装のほうが好印象です。

ヘアメイクやネイルにも手を抜かないでください。手抜きだとずぼらで清潔感のない印象を与えてしまうので、面接で落とされる可能性があります。

特に高級クラブの場合、かなり細かい部分まで観察されます。

ヒールが泥で汚れていたり、ストッキングが伝染していたり、ハンカチがシワだらけだと、気配りのない女性だと思われてしまいます。

肌荒れはなるべくカバーして

素肌に自信のある人は薄いメイクで、シミなどが気になる人はなるべくメイクでカバーして、肌をきれいに見せる努力をしましょう。

男性客は、顔の造作より肌がきれいな女性を好む傾向があるので、面接するスタッフもメイクの上手さより素肌を観察しています。

どんな美人でも、近くで見た時に肌がボコボコだったら興冷めしてしまいます。無駄毛や眉毛などもキレイにケアしておきましょう。

受け答えは明るく

もっとも気をつけたいのは話し方、態度です。

基本は明るく元気に!お店の人はコミュニケーションがうまく取れるかどうか、社交性を観察しています。

  • 相手の目を見ない
  • 笑顔が無い
  • 陰気な感じがする
  • ボソボソと話す

など、非社交的な態度だと面接で落とされてしまいます。

必要以上に明るく振る舞ったり媚を売る必要はありませんが、なるべく笑顔を絶やさず、はっきりとした話し方をするようにしましょう。

正直に答える

面接ではさまざまな質問をされます。

例えば、「志望動機」「週にどれくらい働けるか」「昼間の仕事はしているか」について、そして経験者には、「以前働いていたお店の名前や当時の時給」「働いていた期間」「辞めた理由」などを聞かれます。

質問には正直に答えましょう。

水商売は未経験なのに経験ありだと言ったり、「雇ってくれたら何十人もお客さんを呼ぶことができる!」など過剰なアピールをするのは逆効果です。

「経験がないと雇ってもらえないのでは?」と心配する人もいますが、あえて素人を好むお店もあります。未経験なら正直にそう答えましょう。

年齢と顔が確認できるものを持参しよう

免許証やパスポート、学生証など、生年月日と顔が確認できる身分証明書を持参しましょう。水商売のアルバイトは18歳以上でなければ働くことができません。

したがって面接の際は、必ず本人確認書類を提示する必要があるのです。(こうした確認をしてこないお店は要注意。働かないほうが無難です。)

また、簡単な履歴書が必要なこともあります。

最近は高い時給に惹かれて水商売に挑戦する若い女性が多いですが、ただ決められたことをすれば良い普通のウエイトレスに比べると、何かと苦労が多い仕事だと思います。

会話力や高いコミュケーション能力が要求されますし、お店によっては容姿や服装、髪やネイルにまで気を遣わなくてはいけません。

あとで、「思ってた仕事と違う!」「こんなハズじゃなかった」とがっかりしないためにも、お店を選ぶときは、仕事内容、服装、給料システムなど、細かいところまでよく調べた上でアルバイトをするかどうか検討するようにしましょう。

最後になりましたが、水商売のお仕事を考えているなら、その欠点や裏側についても知っておくべきです。

あわせて確認してみてください。

→ オトクなアルバイトの探し方!知らなきゃ損する!複数サイト利用術

カードローン申込数ランキング

今日中にお金を借りたい人に、一番選ばれているカードローンは?

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報