ポスティングアルバイトの勤務時間、報酬、辛い点のまとめ【体験談】

どこの家でも、自宅の郵便受けに毎日のように入るチラシ。

不動産の案内やデリバリーのメニューなど、いつの間にか様々な宣伝のビラが入れられていますが、実はこのチラシを秘かに差し込んでいるのが、「ポスティング」というアルバイトをする人たちです。

時間に縛られず自由に働ける反面、住民との思わぬトラブルに巻き込まれる危険もあるポスティング。果たしておいしいアルバイトなのかどうか、体験者がその実態をお話しします。

体験者の情報

名前(仮名):佐々木
アルバイトをしていた時期:2008年1月~2011年1月
時給(報酬):一軒家 5円、マンション・アパート3円(時給にして600~700円前後)

ポスティングのアルバイトの実態

ポスティングとはマンションや一戸建ての住宅のポストに、宣伝のチラシを入れる仕事です。

運動にもなり、マイペースに働けますが、雨の日は働けない、他所の家のポストに無断で配布するので非常に気を遣うなど、デメリットもあります。

私がなぜポスティングのアルバイトを始めたのか、仕事内容や報酬、仕事を上手くこなすコツなどについても、実体験をもとにご紹介しましょう。

ポスティングをはじめたきっかけ

私はもともとIT関係の仕事をしていましたが、ストレスでうつ病を患い、会社を退職してしまいました。

節約しながら、これまでの貯金で暮らしていたのですが、まったくの無職では生活できません。そこでいくつかアルバイトをすることにしたのです。

しかし病気のために、フルタイムで仕事をする自信はありませんでした。

こうして働ける時だけ働く、「超短期」「1日だけ」のような求人を出している仕事を選ぶことにしたのです。そういう求人は、駅に無料で置いてある「タウンワーク」や、インターネットで探しました。

そこで見つけた仕事の一つが、時間の融通が効くポスティングだったのです。

ポスティングの募集があるのは、特に新築マンションが建った時。新しいマンションの宣伝のために、周辺にチラシを撒く人が必要になるからです。

うつ状態が続き、部屋にこもりがちになると、私は外に出る機会を作るために、このバイトはじめました。

仕事内容

仕事は依頼主からチラシと地図を受け取り、それをもとに決められたエリアのポストにチラシを配布するというものです。配布地域は、基本的に自分の家の周辺に限定されていました。

作業形態は、全部配り終えてなくなったら事務所まで取りに行くタイプと、定期的に宅配便で自宅までチラシを送付してくれるタイプの2つがあります。

依頼会社は住宅詳細地図を持っており、配布地域毎にコピーの地図を渡してくれました。

この地図には配布禁止の家などの情報が入っていて、目立つように蛍光ペンで印をつけてあるのです。

チラシの種類によって、住人の反応は違います。不動産案内のチラシはあまり歓迎されません。一番喜ばれるのはピザなど各種デリバリーのメニュー、中でも割引券が付いたチラシです。

とはいえ、マンションの郵便受けに配っていて、そこの管理人が来ると大体、やめてくれと言われました。このように人の気配を気にしながらやらなければならない仕事でした。

勤務時間

何時でもできるので、自分で自由に働く時間を決めることができます。ただしチラシが配布できる時間帯は、早朝から夕方に限定されました。

夜間にポスティングを試みたこともあるのですが、一戸建てだと案外ポストの位置は分かりにくく、しかも住民には警戒されます。またマンションだとオートロックがかかってしまいポスティングができない物件が多いのです。

それから勤務時間は自由でも、きちんとノルマをこなさなければいけません。

依頼会社はチラシの投函後の反響率を把握しており、サボるとばれてしまうのです。逆に真面目にポスティングをすれば、依頼主は見てないようで見てくれています。

チラシの反響率は私たちアルバイトには教えてくれませんが、測定ポイントとしている家、マンションがいくつかあるそうです。

それと、ポスティング1000枚につき、問い合わせが何%あったかという数値。

この2つの指標を平均的にクリアしていないと、仕事を継続できない仕組みになっていました。

報酬の相場

仕事の単価は一戸建てなら1枚5円、マンションなどポストが集合している所は1枚3円程度です。一気にポスティングをできるマンションは効率が良いように思われますが、実は案外「しんどい」アルバイトでした。

一戸建てが多い地域に当たってしまうと、1日1000枚配布するのは至難の業です。

私は1日に3~4時間やっていましたが、月収にすると多くても3万円から4万円でした。

こういう人が向いている

年齢は基本的に不問なため、年配の方から高校生までいました。

中でも、多少厚かましいぐらいの人のほうが、ポスティングのバイトには向いています。

私もこのバイトを始めたばかりの頃は、配布中に住人に気づかれるとビクビクしていましたが、慣れてくると「ポスティングさせていただいてます」と、断って堂々とできるようになりました。

良かったところ

この仕事のいいところは、明るい時間帯なら何時でもできるということです。

また、運動不足解消にはもってこいです。そして、高齢者でもできる数少ないアルバイトの1つです。

大変だったところ

バイクではやりにくい

効率を上げようとしてバイクを使ってみたのですが、一方通行に阻まれたり、いちいちエンジンを切るのが面倒で作業効率は上がりません。

結局、徒歩か自転車で、地道に1軒ずつ配布するのが一番だと分かりました。

手当たり次第に入れてもダメ

通りの左右の家に交互にポスティングをしていくと効率がいいように見えるのですが、続けていくと配布エリア外に間違ってポスティングしてしまうことがあります。

また、依頼会社から配布厳禁の物件(以前に苦情が来た家、マンションなど)の地図をもらっていても、間違えて投函してしまい、チラシの回収に冷や汗をかくということもありました。

結局、指定された番地ごとにポスティングするのが、一番ミスが少ないやり方でした。

折る作業に時間がかかる

チラシが大きい場合は、郵便受けに入るサイズに折らないといけません。配布に行く前に全部折っておくのですが、その作業は無給な上に、とても時間がかかります

チラシは大量にまとめて折ると折り目が付きづらくなるため、10枚を1束として折り目をつけていきます。初めは手で折り目をつけていましたが、手がすれてきて痛くなりました。

そこで依頼主が教えてくれたのが、硬いガラスの灰皿を使って折り目をつけていくやり方です。

それでも1日に2000~3000枚のチラシを受け取り、折り目をつける作業は1時間以上かかってしまいます。

雨の日は仕事ができない

雨の日はチラシが濡れてしまうため配布ができず、梅雨時はほとんどポスティングのバイトはできません。

裁判にまで発展した大事件

早朝にあるマンションでポスティングをしていたところ、家主だという男に「不法侵入や」と110番通報されてしまいました。お詫びをしても帰らせてもらえず、「組の者とも知り合いや」と脅迫してきたのです。

仕方なく携帯電話で依頼主に状況を説明している最中に、警官が3人駆け付けてきます。

実は家主の男は、これまでにも何度かポスティングの人間を110番通報したようです。

やって来た警官は「またこの家主か」という感じで、何を配布しているのか私に聞いてきました。

不動産のチラシを見せると、違法なピンクチラシではないし、私が提示した免許証で、この近所の人間だと分かったので、警官は家主をなだめます。

そして「嫌ならマンションの入り口に、チラシお断りと掲示を出して下さい」と指示していました。

一方、警察は私には、「マンションの郵便受けは郵便物を受ける場所であって、チラシを受ける場所ではない」「マンションの敷地内に無許可で入ったのは違法になる可能性がある」と説教。

そして「家主が興奮しているし、今回は事件にはしないから帰りなさい」と言います。

しかし、携帯で話したバイトの依頼主は「その場で待て」とのこと。

警官と依頼主の板挟みで迷っていると、警官から「早く出て行きなさい」と叱られてしまったのです。

しかたなく自転車にまたがり現場を去ろうとすると、今度は家主が「オイコラ待てや」と突っ走ってきて自転車ごと突き倒され、私は肩を道路に強く打ち付けました。

一度は立ち去った警官3人が戻ってきて家主を私から引き離し、私に「早く帰りなさい!」と怒鳴り、私はあわててその場から逃げ帰ったのです。

依頼主の所に戻って状況を説明すると、「そこのマンションで今までトラブルはなかった、そんなことになるとは...」と驚いています。そして「もうポスティングをしなくていいので休養するように」と言われ、その日は自宅に帰りました。

しかし正直この一件以来、ポスティングの仕事が怖くなってしまいます。

私はあの家主から暴力を受けたので、弁護士を雇って、家主を刑事告訴したのですが、警察は事件として扱ってくれません。

ところがその後、家主は他のポスティング作業員にも暴力を振るって逮捕されたのです。それでようやく警察は動いてくれました。

しかしそれは、私が最初に訴えてから1年後のことでした。

すでにそれまでの弁護士費用に27万円もかかっており、全く収穫のない刑事告訴でした。

→ オトクなアルバイトの探し方!知らなきゃ損する!複数サイト利用術

カードローン申込数ランキング

今日中にお金を借りたい人に、一番選ばれているカードローンは?

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報