【はじめてのハローワーク使い方ガイド】求人検索、窓口相談の注意点

ハローワークでは、数多くの求人情報を紹介してくれるだけでなく、窓口の担当者が仕事探しのサポートをしてくれます。

しかし、初めて利用するとなると、

「ハローワークの仕組みがわからない」
「とりあえず最寄りのハローワークに行けばいいの?」
「用意したほうがいいものはある?」

など、不安なこともいっぱいありますよね。

今回は、ハローワークで求人を探すときに知っておいたほうがいいポイントをまとめました。上手にハローワークを使いこなすために、しっかり予習していきましょう。

効果的にハローワークを使うには?

ハローワークってどんなところ?

ハローワークは、仕事を探している人のための公共機関です。正社員やアルバイト・パートまで、あらゆる業種の仕事を取り扱っています。

簡単に言うと、求人紹介所ですね。

人材を探している企業が、ハローワークに"求めている人材"の条件を提出すると、その情報がハローワークに登録されます。

そして、求職者はハローワークに登録されている求人情報から、自分の望む条件に合ったものを探すことができるのです。

これらは全てコンピュータで管理されているので、日本全国のものを見ることができます。

どこのハローワークへ行けばいい?

ハローワークは全国の自治体に設置されており、誰でも無料で利用することができます。

新しい仕事を探すだけであれば、どこのハローワークを利用しても特に違いはありません。(ただし、退職後、失業保険の受給申請をする為にハローワークへ行く場合は、あなたの住んでいる地域を管轄するハローワークへ行く必要があります)

ハローワークへ行くときの持ち物・服装

  • 持ち物
    履歴書・職務経歴書を持参しましょう。
  • 服装
    「今から来てください。面接をします」と言われることもあるので、そのまま面接を受けられる格好で行きましょう。

ハローワークで求人情報を探す流れ

求人を探す流れは、以下のとおりです。

ハローワークで求人情報を探す流れ

では、それぞれの項目について、詳しく説明します。

ハローワークカードへの記入・登録

初めてハローワークに行ったら、まず「ハローワークカード」を記入し、自分の情報を登録します。

登録すると、ハローワークで紹介されている求人に応募できるだけでなく、職業相談や企業への取り次ぎ、紹介状の作成など、採用されるまでさまざまなサポートを受けることができます。(ただし、登録期限は登録した月の翌々月の末日までとなっており、期限を過ぎると再登録する必要があります。)

ハローワークカードに記入するのは以下の項目です。

  • 氏名
  • 性別
  • 年齢
  • 生年月日
  • 電話番号、FAX番号、携帯番号
  • 現住所、最寄駅
  • 転居の可否
  • 家族構成(配偶者の有無、扶養家族の人数)
  • 就業上留意が必要な家族の有無(小さな子供がいるなど)
  • 仕事をする上で身体上注意する点
  • 希望就業形態(一般、パート、季節労働)
  • 希望する仕事
  • 就職希望地
  • 希望収入(月収、パートの場合は時給)
  • 希望勤務時間(パートの場合は、1日の勤務希望時間と1週間の勤務希望日数)
  • 希望休日(何曜日の休日を希望するか)
  • 週休二日制の希望(毎週、各週、不問)
  • その他の希望
  • 学歴(最終学歴)
  • 公共職業訓練の受講歴
  • 免許・資格
  • 自動車免許(取得している場合は、限定なしかAT限定か)
  • 最後の職業(事業所名、主な仕事、退職の理由、働いていた期間、退職時の税込月収)
  • 経験した主な仕事(最近のものから順に3つ。期間と内容)

カードには、あなたがこれまで経験した主な仕事について記入する欄があります。事前に職務経歴をまとめておくと、スムーズに記入できるでしょう。

次に、ハローワークに登録することによるメリットを説明します。

求人情報検索端末の使い方

ハローワークのホームページから求人情報を検索する際、自分の登録番号(ハローワークに登録する際に発行される)を入力すれば 求人の詳細情報を見ることができます。

これらの情報自体は、登録せずとも閲覧できますが、一部企業は企業名・所在地・連絡先などの情報を「登録者のみ閲覧可能」としています。

登録すれば、このような限定公開情報まで見ることができるので、必ず登録してから閲覧するようにしましょう。

ハローワークインターネットサービス「求人情報検索のしかた」
https://www.hellowork.go.jp/member/search01.html

企業から「リクエスト」がもらえる

ハローワークカードには、「自分の情報を企業に公開するか」という欄があります。「公開する」を選択した場合、あなたの登録情報を企業が閲覧できるようになります。

企業の担当者があなたの情報を見て、「ぜひうちで働いてもらいたい!」となった場合、スカウトされる可能性があるのです。

ただ、「いろんな企業に自分の個人情報を見られるのは嫌だ」という方もいらっしゃるでしょう。

しかし、公開される情報には、氏名・性別・年齢など、個人を特定できるような情報は含まれません。安心してください。

もし企業からスカウトがあった場合、郵送で企業名や所在地、勤務地、仕事内容などが明記されている封書が届きます。

求人情報検索端末の使い方

ハローワークカードを提出し、登録が済んだら、求人情報検索端末などを使って求人情報を探します。

端末では希望職種や給与など、自分の希望条件を設定することができるので、そこから条件に合った会社を検索していきます。

端末を使って求人情報を探すときのポイントを4つご紹介しましょう。

「年齢」は実年齢より少し下を

「若いだけの未経験者より、経験豊富な人材が欲しい」と思っている会社も多いです。

あなたの職歴や持っている資格によって、募集要項に載っている年齢をオーバーしていても面接までこぎ着けられる場合があります。

したがって、実年齢で検索しても良い求人がなかった場合、入力する年齢を少し下げて検索してみましょう。

もしそれで良い求人があれば、窓口で「年齢はあてはまらないのですが、過去に経験ありの職種です。」などと相談してみましょう。すると、窓口担当者がその会社へ連絡し、採用担当者と直接話をしてくれます。

それが面接や採用に結び付くこともありますので、「年齢がオーバーしてる」と思って諦めないようにしましょう。

「希望月給」は希望より少し低めに

希望月給も、なるべく低めに入力しましょう。

また、検索でヒットした案件の賃金を見るときは、最低額を目安にした方が無難です。

例えば、希望月給を「25万円」として検索すると、

195,000円~265,000円
200,000円~300,000円

など、条件の「25万円」を含む求人がでてきます。最初から最高額が適用されることはほとんどないので、最高額はあまりアテにしないほうがいいでしょう。

冊子に載っている求人情報もチェック

最新の求人情報がホチキス止めした冊子になって置かれているので、これも必ず閲覧しましょう。(求人情報検索端末にはない情報も載っているようです。)

地域ごとや職種ごとに分類され、別々の冊子にまとめられています。設置場所はハローワークによってまちまちですが、たいていは入口付近に置かれています。

よく求人を出している会社は要注意

頻繁に求人を出している会社は、人の出入りが激しかったり、単なる宣伝で求人を出している場合があるので要注意です。

特に人の出入りが激しい会社は、会社の体質に問題があったり、なんらかの問題を抱えている可能性が極めて高いです。

端末で検索した情報は、印刷して持ち帰ることができます。ただし、印刷できる件数は5件まで(ハローワークによって異なる)に制限されています。

気になる求人情報を印刷して持ち帰り、自宅でその会社についてよく調べてみましょう。

窓口で相談する

気になる求人が見つかったら、窓口の担当者に相談するのですが、ここではその相談時のポイントを解説します。

企業の詳細を確認

  • 現在も求人しているか?
  • 現在の応募数(他の応募者の年齢層、スキル)
  • その企業の評判
  • その他、気になったこと(給料や仕事内容、残業についてなど)

などを、窓口の担当者に質問して確認しましょう。

特に「現在の応募数」は、求人情報検索端末で調べても載っていないので、窓口担当者に聞かなければわかりません。

気になったことはなんでも聞いてみましょう。あとで窓口担当者が企業へ電話をする際に確認してくれます。

自分のことをアピール

いろいろ質問した結果、「ぜひこの企業の面接を受けたい」と思ったら、今度は窓口担当者に自分のことをアピールしましょう。

ただし、適当にアピールしてもダメ。適切なアピールでなければ、窓口担当者も「募集要項に合わない」という理由で会社に取り次いでくれません。

具体的には、以下のような点をアピールするといいでしょう。

その企業に貢献できる部分を強調

「どういう形で貢献できるか」を具体的に伝えるといいでしょう。

例)
これまでIT業界でシステム開発の仕事をしていたが、今回は事務職を希望している場合のであれば、「事務作業をツール化して、作業の効率化ができる」など、会社のメリットになりそうなポイントを見つけてアピールすることが大事です。

仕事に役立つ資格

役に立ちそうな資格やスキルがあるならそれを伝えましょう。

例)
プログラマーの仕事を希望している場合、経験はなくても情報処理系の資格を持っているなら、「努力をしている(勉強をしている)」というアピールになります。

面接の取次ぎ+紹介状をだしてもらう

相談の末、窓口担当者が「この人は紹介しても大丈夫はいける」と判断すれば、企業会社に電話をして面接のアポイントを取ってくれます。

もし本人あなたが応募要件に満たない場合でも、窓口担当者が会社の採用担当者を説得してくれます。どうにか、面接をが受けられるように取り計らってくれるのです。

面接の日時が決まれば、担当者が紹介状を用意してくれます。(紹介状は、ほとんどのハローワークでは、一1度に最大に5社までもらうことができます。紹介状を書いてもらえるようです。)

この紹介状がなければ、面接を受けることはできません。

また、紹介状を持参して面接を受ければ、就職後に何らかのトラブル(例:募集要項と実際の勤務状態が大きく異なっていた場合など)があったときに、ハローワークが相談に乗ってくれます。

求職について個別相談

希望の求人案件が見つからない場合も、一度窓口で相談してみましょう。

中には、「産業カウンセラー」や「キャリア・コンサルタント」といった専門の資格を持った窓口担当者もいるので、仕事の探し方や、自分の適性、どんなスキルを身につければ希望の仕事に就けるかなど、さまざまな相談に応じてもらえます。

就職活動のためのノウハウも提供

ハローワークでは、履歴書や職務経歴書の書き方、面接時の注意点、面接後のお礼状の書き方など、就職するために必要な情報はひと通り提供してくれます。

いかがでしょうか?もしあなたが求職中なら、是非一度ハローワークへ足を運んでみてください。

まずは自分に合った求人を探したり、窓口担当者に相談してみましょう。

この記事の筆者

松永 しおり(仮名)
IT業界13年(システムエンジニア)、教育業界4年(教材開発、講師)、製薬会社2年(OA機器・サーバー管理)など。教育に関する仕事のうち、2年間は職業訓練の講師(担任)を経験。職業訓練の講師時代に、授業以外にも訓練生の再就職の手助けをしたことで、ハローワークの業務を知る。また、私自身も転職する際、ハローワークを利用したため、欲しい情報を得る方法など自分なりに工夫した。地方でも、この15年くらいの間に、求人する会社の採用条件や採用担当者の意識の変化を感じている。

カードローン申込数ランキング

今日中にお金を借りたい人に、一番選ばれているカードローンは?

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報