無人君(アコム)を利用するときの注意点

今回は、「むじんくんのメリットデメリット」や「むじんくんを利用するときの注意点」について解説していきたいと思います。

むじんくんのメリットとデメリットを検証!

むじんくんのメリットとデメリットについて詳しく分析してみましょう。

メリット

融資までの時間が実店舗で契約した場合とさほど変わらない

むじんくんのブースに入ったら、自動契約機が店員さんのようなものです。画面の入力内容も遠隔からチェックされてますし、スキャンした申込書もリアルタイムで確認されています。

さらに、必要に応じてインターホンで質問されるので、目の前に店員さんがいるのと同じです。

つまり、実店舗で契約する場合とほぼ同じ対応をしてくれることになりますので、融資までの時間はそんなに変わりません。私が利用した時は30分前後で契約が完了しました。

プライバシーが確保されている

むじんくんは、多くの場合駅前や国道沿いに設置されています。万が一「契約中に人が入ってきたら・・・」と心配になるかもしれません。

しかし、契約開始と同時に「ドアをロックします」という案内が出て自動的に鍵がかかるので、その点は問題ないといえるでしょう。

扉のガラスはくもりガラスになっているので外から顔は見えず、誰が契約しているのかはわかりません。ただし、声は外に漏れやすいので大きな声で話さないことです。

それでも誰かに見られることが心配だという人は、インターネットでの申し込みをおすすめします。自宅にパソコンがあれば申し込むことができるので、このほうがプライバシーの保護は万全です。

併設のATMですぐに出金できる

むじんくんは、自動契約機だけでなくATMも併設されています。契約ブースでカードを受け取ったら、店舗内にあるATMで出金することが可能です。

デメリット

融資が翌日になることも

むじんくんで営業時間内に契約できても、その日のうちに出金できないことがあります。(土日祝日や平日の19:00以降)

私が平日の20時頃にむじんくんを利用したとき、オペレーターから融資が翌日になると言われたことがあります。これは、実店舗の営業時間に関係していると考えられます。

その日のうちに出金したい場合は、実店舗の営業時間である18:00までに申し込んでおくことをおすすめします。

申込書と同じ内容が質問される

むじんくんに限ったことではありませんが、オペレーターから申込書と同じ内容が質問されることがあります。しかも、申込書が契約機に取り込まれたあとなので、矛盾がないように回答しなければならず注意が必要です。

嘘の記載がないかをチェックしていると考えられますが、普通に申し込むならそんな気にしなくてもよいでしょう。

嘘の報告をしてしまいがちなものには次のような項目があります。

  • 年収
  • 他社借入件数、金額
  • 勤続年数
  • 利用目的

どれも証明するものがないので、つい嘘をついてしまいたくなるものです。私も「年収は多めに書いたほうが・・・」「借入は少ないほうが・・・」と思うこともありましたが、ばれたら最後と思い直し正直に答えました。

意外と質問が多い

人と会わずに契約できるのがむじんくんのよさですが、オペレーターからの質問にうんざりする人も少なくないようです。実際にむじんくんを利用した人からはこんな口コミが見受けられます。

「質問が多い上に雑談まで・・・」
「無人っていうから使ってみたのに結構質問が多い」
「質問ばかりで1時間近くかかった」

質問の多さは申込者の属性や状態などにもよるでしょうが、利用するならある程度時間を取っておいたほうがよさそうですね。私の場合はそこまで質問されませんでした。

私が質問されたのは・・・

  • 他社借入件数、金額
  • 勤務先
  • 具体的な家族構成
  • 利用目的
  • 家族の職種

といったところでしょうか。

質問のほとんどが申込書に記載した内容と重複しています。

他社借入件数、金額は適当に書いてしまうと質問されたときに焦ってしまうので正直に書いたほうがよいでしょう。これは、アコムが信用情報を確認すればばれてしまうので、できるかぎり正確な情報を記載すべきです。

事前にチェック!むじんくんを利用するときの注意点

申込書の記入はむじんくんに入る前に!

申込書があるのは、むじんくんのブース内だけではありません。実は、ブースの外の机にも申込書が用意されているのです。

ブースに入ってから、画面の案内通りに記入してもよいのですが、前もって記入しておけば時間の短縮になりますよ!記入方法は、机にも掲示されているので心配しなくても大丈夫です。

私が申込書に記入した内容には次のような項目がありました。

  • 住所、氏名、満年齢、生年月日
  • 勤務先の住所と電話番号、勤続年数、職種
  • 他社借入件数、借入額
  • 希望限度額、希望借入額
  • 同居家族、自宅以外に住む家族
  • 配偶者の有無
  • 税込みの年収額

満年齢や年収額、生年月日は画面のタッチパネルでも入力することになるのがちょっと面倒でした。

不明点はその都度質問する!

むじんくんでの契約は、申込書の記入から身分証明書のスキャン、暗証番号の設定、契約書の記入など様々な手順を踏むことになります。

初めてむじんくんを利用する人なら、途中でわからなくなることも出てくるでしょう。そんな時は、あとで質問しないでインターホンでその都度質問しましょう。

段階を踏んでいる最中に質問すれば、オペレーターも内容が把握しやすい上に、時間短縮にもなります。

準備しておきたいもの

スムーズな契約に繋げるために、事前に準備しておきたいものがあるのでチェックしておきましょう。

  • 運転免許証や健康保険証
  • 収入証明書(希望限度額が50万円を超える場合)

身分証明書は必ず必要になるので忘れないようにしましょう。また、むじんくんのスキャナーのセット方法をよく画面で確認して、一回で取り込めるように注意しなければなりません。

それと、50万円以上の融資を希望したい場合は、収入証明書が必要になります。早めに公的機関で取り寄せておくようにしましょう。

何も知らずに行くよりは、事前に情報を集めておいたほうが断然有利です。気軽に素早く契約できるのがむじんくんのよさなので、これを100%生かす形で申し込むようにしましょう!

→アコム申込み前に知っておきたいアコムの悪い点、第三者視点の評価

【この記事の筆者】
弦 ユキヲ(仮名)
1977年千葉県に生まれる。 20歳のとき、親の借金を肩代わりするためにキャッシングを経験する。 不況の煽りを受けて収入が減ったとこもあり、自分の生活費のためにも借入れを増やし返済不能に陥る。 結果、任意整理で過払い金を受け取り、現在借入れはゼロ。キャッシングのアドバイザーが副業である。

カードローン申込数ランキング

今日中にお金を借りたい人に、一番選ばれているカードローンは?

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報