アコムのむじんくん(無人君)を利用するときの注意点

今回は、アコムの自動契約機「むじんくん」について、よくわからないという方向けに、むじんくんの利用の流れや注意点、メリット・デメリットを解説していきたいと思います。

特に、「今日中に借入れしたい!」「カードを郵送してほしくない」という場合は、自動契約機(※1)の利用がおすすめです。

その他にも、むじんくんの外観・内観や必要なもの、手続きにかかる時間などもわかりやすくまとめていますので、これからアコムに申込む方も、検討中の方も、ぜひ参考にしてみてください。

※1
無人契約機、もしくは無人機と呼ばれることもあります。

アコムの自動契約機「むじんくん」とは?

まずは、「むじんくん」の利用の流れ、外観・内観、営業時間など基本的なことを確認していきましょう。

むじんくんで申し込み、借入れるまでの流れは?

アコムでお金を借りる場合、「申込み仮審査審査契約借り入れ」の手順を踏まなければなりませんが、自動契約機ならいっぺんに済ますことができます。

また、インターネット(アコムのホームページ)や電話で申込み、仮審査を済ませ、以降の手続きを自動契約機で行うこともできます。

流れを下記にまとめてみました。

アコム契約のフローチャート

カードが発行されれば、自動契約機 備え付けのATM借入れできます。

むじんくんはどこにあるの?

スマートフォンで自動契約機の場所を探す方法を紹介します。

スマートフォンでアコムのホームページを表示し、スクロールして「店舗・ATM案内」をタップしてください。

アコムのホームページ

すると、このような画面が出てきますので、

店舗・ATM案内

「店舗・ATM検索」をタップしましょう。

下記のような画面に切り替わったら、

店舗を絞り込み

住所、駅名、都道府県&市区町村などの条件で検索して店舗を絞り込みましょう。

試しに、「フリーワード検索」で「渋谷」を検索してみましょう。

「フリーワード検索」で「渋谷」を検索

すると、下記のような画面に切り替わりますので、「渋谷」を選択すると、

「フリーワード検索」で「渋谷」を検索-2

渋谷周辺のむじんくんコーナーが表示されるので、地図を拡大して渋谷駅周辺をチェック。

「渋谷ハチ公前むじんくんコーナー」

この中から、「渋谷ハチ公前むじんくんコーナー」を選択し、タップ。

すると、下記のように、住所、地図、営業時間、併設されたATMの営業時間、最寄り駅からの距離・所要時間などが表示されます。

住所、地図、営業時間、併設されたATMの営業時間

最寄り駅からの距離・所要時間など

なお、名前に「むじんくんコーナー」と入っているものがむじんくんの店舗で、「支店」と入っているものは有人店舗となります。

例)
渋谷ハチ公前むじんくんコーナー...むじんくん(自動契約機)の店舗
渋谷ハチ公前支店...有人店舗

また、一部の三菱東京UFJ銀行内のATMコーナーに、自動契約機が設置されています。

この場合、名前に「カードローンコーナー(カードローン契約機)」と入っています。

三菱東京UFJ銀行内のカードローンコーナーでも、むじんくんと同様の手続きができます。

むじんくんの外観・内観

むじんくんの見た目はどのような感じなのでしょうか?

一例ですが、写真でまとめてみました。

店舗の入り口

アコム-店舗外観

店舗内 自動契約機があるブースの外観

店舗内 自動契約機があるブースの外観

ブース内の自動契約機

アコム-ブース内の自動契約機

自動契約機の中に人がいるの?

いいえ、いません。

ただし、ブース内にはカメラが設置されているため、中の様子はオペレーターに見られている、と思っておいてください。

また、オペレーターの説明を聞いたり、質問に答えたりする必要があります。

誰とも話さずに手続きが完了するわけではありません。

ブース内は密室なの?

自動契約機があるブース内は密室で施錠され、外から中が見えないようになっています。

ただし、扉付近はブース内の音が外に漏れる可能性がありますね。

また、店舗に入るところ、店舗から出るところを人に見られるおそれはありますので、こちらも注意してください。

むじんくんの営業時間

基本的に、全日8時~22時まで営業していますが、一部の店舗は21時までです(年末年始除く)。

店舗によって営業時間が異なるので、できれば「店舗・ATM検索」で検索して、営業時間を確認しておきましょう。

むじんくんを利用するときの注意点

ここからは、むじんくんを利用する際の注意点を紹介していきましょう。

必要書類を忘れずに

必要書類を忘れてしまうと、契約できないことがあります。

必ず必要書類を用意してから出かけましょう。

本人確認書類

まず必要なのは、本人確認書類(身分証明書)です。

下記のうちいずれかを用意しましょう。

  • 運転免許証(※3)
  • マイナンバーカード(※3)
  • 顔写真付きの住民基本台帳カード(※3)
  • パスポート(※3)

上記の書類を用意できない場合は、保険証と住民票を用意しましょう。

住民票の代わりに、公共料金の領収書、もしくは納税証明書でもOKです(※4)

なお、外国籍の方の場合は、通常の本人確認書類に加えて、在留カードか特別永住者証明書が必要になりますので、注意してください。

※3
書類に記載された住所と、実際の住所が違う場合は、さらに、住民票・公共料金の領収書・納税証明書のいずれかを提出する必要があります。半年以内に発行されたものでなければ認められません。

※4
住民票・公共料金の領収書・納税証明書は、いずれも、半年以内に発行されたものでなければ認められません。また、携帯電話の領収書は「公共料金の領収書」として認められないので注意してください。

収入証明書

下記の条件のうちどちらかにあてはまる場合は、収入証明書が必要です。

  • アコムでの希望額(利用限度額)が50万円超
  • アコムでの希望額(利用限度額)と、他の貸金業者からの借入額(※5)の合計が100万円超

ただし、上記の条件にあてはまらない場合でも、収入証明書を持っていくことをおすすめします。

正確な収入額を証明できるため、審査に有利になりますし、利用限度額が上がりやすくなるからです。

また、審査次第で収入証明書を求められることもあるので、念のため用意して行ったほうが安心でしょう。

下記のような収入証明書を用意して行きましょう。

  • 源泉徴収票(最新年度のもの)
  • 給与明細書(直近1ヶ月~2ヶ月分)+賞与がある場合は賞与明細書(直近1年分)
  • 市民税・県民税額決定通知書(最新年度のもの)
  • 所得証明書(最新年度のもの)
  • 確定申告書の第一表(最新年度のもの)

なお、アコムで認められる収入証明書の種類についてはこちらでも解説しています。

※5
貸金業者は、主に消費者金融やクレジットカード会社のことです。つまり、消費者金融やクレジットカード会社でのキャッシング・カードローンが「他の貸金業者からの借入額」に含まれます。ただし、クレジットカードのショッピング利用は含まれません。

在籍を証明できる書類

キャッシングの審査では、在籍確認が行われます。

在籍確認とは、アコムの担当者が申込者の会社へ電話して、「OOさんはいらっしゃいますか?」と確認する作業のことです(アコムが行う在籍確認についてもっと知りたい場合はこちらを読んでください)。

このとき、担当者は本人以外に社名・用件を明かすことはありませんが、そもそも会社に電話されたくない方も多いと思います。

また、アコムが在籍確認を行う時間帯が会社の営業時間外だったら、「営業開始まで在籍確認できない」ということにもなりかねません(※6)

このような場合はアコムに相談しましょう。

在籍を証明できる書類(下記のうちいずれか)を提出すれば、電話での在籍確認が省略されるケースがあります。

  • 社会保険証+直近1ヶ月分の給与明細
  • 顔写真付きの社員証
  • 雇用契約書の写し

※6
在籍確認が取れていない状態でも一旦審査終了とし、カードが発行されるケースがあります。ただしこの場合、利用限度額はかなり少額(10万円程度)に設定されることが多いようです。この場合、後日 改めて在籍確認(電話確認)ないしは在籍を証明できる書類を提出するなどで、後から利用限度額が上がるケースもあります。

混雑しているとカード発行まで数時間かかることも

実際にアコムのむじんくんで契約された6名の体験談より、当時の状況をまとめてみました。

  Aさん Bさん Cさん Dさん Eさん
申込時期 2016年1月 2016年3月 2016年10月 2016年7月 2015年9月
自動契約機に入った日時 覚えていない 覚えていない 日曜日の12時過ぎ 10時頃 平日の昼間
申込方法 インターネット 電話 自動契約機 インターネット 自動契約機
契約方法 自動契約機 自動契約機 自動契約機 自動契約機 自動契約機
提出書類
  • 運転免許証
  • 直近3ヶ月分の給料明細
運転免許証 住民基本台帳カード
  • パスポート
  • 社会保険証
  • 銀行のキャッシュカード
  • 学生証
  • 保険証
書類の提出方法 撮影したデータをアップロード 自動契約機でスキャン 自動契約機でスキャン 自動契約機でスキャン 自動契約機でスキャン
審査時間 2時間 2時間半 30分 覚えていない ほとんどかからなかった
在籍確認の有無 あり(電話) あり(電話) なし(※7) なし(※7) あり(電話)
申込みからカード発行までの時間 3時間
(移動時間除く)
3時間半
(移動時間除く)
1時間 覚えていない 30分以内

申込みからカード発行までの所要時間は、申込者によってまちまちでした。

30分で済んでいる方がいる一方、3時間半もかかっている方もいるんですね。

広告には最短1時間融資とありますが、これをみるとできるだけ余裕を持って申込みすべきですね。

※7
本当に在籍確認がなかったのか、ご本人が認識していない(覚えていない)だけなのかは、はっきりわかりませんでした。

混雑している時間を避けよう

土日、月曜、平日18時以降は申込みが混み合う傾向にあります。

混雑していると、カード発行までに数時間かかることがあるので、できるだけ混雑する時間帯は避けましょう。

急いでいる場合はどうすればいい?

たとえば、お勤めの方なら、下記のような手順で申込みましょう。

出勤前にインターネット(アコムのホームページ)で申込む

必要書類を持って出勤

勤務中に仮審査結果のメールを受けとる

勤務終了後、むじんくんに行って契約手続きを行い、カードを受取る

併設のアコムATMで借入れ

この場合、本人が勤務している間に審査が進むので、待ち時間がありません。

むじんくんは22時まで営業しているのも嬉しいですよね。

また、どうしてもアコムで今日中にお金を借りたい場合は、アコムで即日融資を受ける方法をご確認ください。

むじんくんを利用するメリット・デメリットは?

むじんくんを利用すると、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

メリット

まずはメリットから紹介しましょう。

  • 1その場で申込みから借入れまで済ませられる(即日融資も可能)
  • 2夜遅くまで(22時まで)営業している
  • 3契約書・カードが郵送されない

契約書・カードが郵送されない

1と2はすでに説明済みなので、3について説明しましょう。

アコムでは、来店一切なしで申込みから借入れまで済ませることもできますが、その場合は、カードと契約書がのちほど自宅に届きます。

一方、自動契約機もしくは有人店舗でカード・契約書を受け取れば、郵送されてくることはありません(※8)

※8
借入れ、返済の際の利用明細が、自宅に届くおそれがあります。それがイヤな方は、アコムの会員ページの「書面の受取方法」で「電磁交付」に設定しておきましょう。そうすれば、明細が自宅に届くことはありません。

デメリット

一方で、下記のようなデメリットがあるので、注意してください。

  • 1むじんくんに出向かなければならない
  • 2むじんくんに行ってから申込む場合は、ブース内で数十分以上待たされることもある
  • 3その場でカードを受け取れない場合もある
  • 4可能性は低いが、店舗への出入りを誰かに見られる可能性がある

まとめ

ここで、今回の記事のポイントをおさらいしましょう。

むじんくんとは?

  • むじんくんに行けば、「申込み⇒仮審査⇒審査⇒契約⇒借入れ」までの手続きをすべて済ませられる
  • 自動契約機のブース内は無人だが、中の様子はカメラを通してオペレーターにチェックされているし、オペレーターと画面越しに会話する必要がある
  • ブース内は密室で施錠され、外から中が見えないようになっている
  • むじんくんの場所は、アコムのホームページで検索できる
  • むじんくんは、全日8時~22時まで営業している(年末年始除く)

むじんくんを利用するときの注意点

  • 必要書類を忘れずに持っていくこと
    • 本人確認書類
    • 運転免許証
    • マイナンバーカード
    • 顔写真付きの住民基本台帳カード
    • 保険証+住民票or公共料金の領収書or納税証明書
    • 収入証明書(特定の条件にあてはまる場合)
    • 源泉徴収票(最新年度のもの)
    • 給与明細書(直近1ヶ月~2ヶ月分)+賞与がある場合は賞与明細書(直近1年分)
    • 市民税・県民税額決定通知書(最新年度のもの)
    • 所得証明書(最新年度のもの)
    • 確定申告書の第一表(最新年度のもの)
    • 在籍を証明できる書類(電話確認を避けたい場合)
    • 社会保険証+直近1ヶ月分の給与明細
    • 顔写真付きの社員証
    • 雇用契約書の写し
  • 混雑しているとカード発行まで2~3数時間かかることもある
  • 土日、月曜、平日18時以降は避けて申込もう
  • お勤めの方は、下記のような手順で申込むとムダがない
    出勤前にインターネット(アコムのホームページ)で申込む

    必要書類を持って出勤

    勤務中に仮審査結果のメールを受けとる

    勤務終了後、むじんくん(22時まで営業)に行って契約手続きを行い、カードを受取る

    併設のアコムATMで借入れ

むじんくんを利用するメリット

  • その場で申込みから借入れまで済ませられる(即日融資も可能)
  • 夜遅くまで(22時まで)営業している
  • 契約書・カードが郵送されてこない

むじんくんのデメリット

  • むじんくんに出向かなければならない
  • むじんくんに行ってから申込む場合は、ブース内で数十分以上待たされることもある
  • その場でカードを受け取れない場合もある
  • 可能性は低いが、店舗に出入りするところをだれかに見られてしまう可能性がある

いかがでしたか。

これからむじんくんを利用するかもしれない方は、ぜひ参考にしてみてください。

最後になりましたが、自動契約機については下記のような特集も組んでいますので、あわせてご覧ください。

また、アコムの審査に通らない人の条件についても解説しています。

アコムの体験談を集めたページもありますので、あわせてご確認ください。

→アコム申込み前に知っておきたいアコムの悪い点、第三者視点の評価

カードローン申込数ランキング

今日中にお金を借りたい人に、一番選ばれているカードローンは?

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報