これは便利!預金を担保にお金を借りる定期預金担保貸付とは?

今回は、定期預金を担保にして、一時的にお金を借りられる仕組み、定期預金担保貸付の特集です。

急にお金が必要になると、こんなことを考えちゃいませんか?

「普通預金は必要な金額しか残っていないから、定期預金を解約するしかない!」

「親や兄弟にお金を借りるしかない!」

「カードローンやフリーローンを利用するしかない!」

でも、ちょっとまってください!

キャッシングやカードローンって、すごく高金利で年利14~15%が相場なんですね。

今回紹介する定期預金担保貸付は、

なんと年利1%以下~1%台の低金利でお金を借りることができます。

しかも、定期預金を解約することなくお金を用立てることができちゃうんです。

利用条件は「総合口座を持っていること」と「総合口座内に定期預金を組んでいること」だけ。

ほとんど制限なく、しかも超低金利でお金を借りられるなら、カードローンよりずっといいですよね?

今回は、定期預金担保貸付のしくみから利用方法、メリット、注意点まで、できるだけわかりやすく解説していきます。

すでに定期預金を組んでいる方も、これから組もうと思っている方もぜひ一度ご覧になってみてくださいね。

この記事の編集者情報

  • 松田 一郎私が編集者です!

    博多生まれ横浜育ち。アラフィフの3児の父。出版社に12年勤務後、フリーランスに。結婚後、住宅ローンに教育費、生命保険に国民年金などなど、否応なしにかさんでいく家計を少しでも節約すべく、お金の勉強をはじめました。自分の体験や節約術が、同じような悩みを抱えている方々のお役に立てばという思いを込めて、ファイグーの記事制作にいそしんでいます。フィナンシャルプランナー2級技能士。日本サッカー協会公認D級指導員。

定期預金担保貸付って?誰でも使えるの?

個人が銀行からお金を借りる方法としては、ローンを組むのが一般的です。

でも、もしあなたが定期預金を組んでいるなら、定期預金担保貸付を検討してみてください。

定期預金担保貸付とは、金融機関に定期預金しているお金を担保にして、借入れする制度。

定期預金担保貸付なら、定期預金を解約は不要。しかも、まとまったお金を借りることができるって知っていましたか?

そもそも定期預金って何だっけ?

定期預金は、期間を決めてお金を預け入れるタイプの預金です。

普通預金より高い金利がつきますが、満期日まで自由に出し入れできません。

定期預金を開設すると、次のいずれかの方法で管理することになります。

名称 概要
定期預金証書 定期預金額や満期日が記載された預かり証明書のようなもの。1つの定期預金につき1枚の証書が発行されます。
定期預金通帳 定期預金専用の通帳。1冊で複数の定期預金を管理できます。
総合口座通帳 普通預金、定期預金、国債等の通帳がセットになっているため、1冊で全部管理できます。

定期預金担保貸付を利用するために必要なのは?

定期預金担保貸付を利用するには、下記2つの条件を満たす必要があります。

  • 総合口座通帳を持っている(※1)
  • 総合口座通帳内の定期預金に残高がある

条件を満たした上で、
普通預金の残高を超える引き出し・引き落としが行われると、自動的に融資を受けられます。

たとえば、残高が10万円の普通預金口座から15万円の引き落としが行われる場合、5万円分が残高不足になりますよね。

この場合、自動的に5万円が融資され、普通預金口座に入金される。これが定期預金担保貸付です。

※1
定期預金通帳や定期預金証書を利用するタイプの定期預金担保貸付は、取り扱っていない銀行が多いようです。実際に今回調査した11行(例 みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行等)ではいずれも取り扱っていませんでした。なお、定期預金通帳・定期預金証書で定期預金担保貸付を行う場合は、金融機関の窓口に行って申込む必要があります。また、借りられる金額は、預けている定期預金の額面以内、金利は「定期預金の金利+0.5%」が相場のようです。

大手銀行の定期預金担保貸付の利用条件

金融機関では、定期預金担保貸付という呼び方をしていません。

金融機関によって、「自動貸付」「口座貸越」「当座貸越」「自動融資」など呼び名が異なります。

また、定期預金担保貸付の利用条件も、金融機関によって微妙に異なります。

銀行名 定期預金担保貸付の名称 定期預金担保貸付の利用条件 定期預金担保貸付を利用できる定期預金の種類
三菱東京UFJ銀行 自動借り入れ
  • 20歳以上
  • 総合口座通帳を持っており、そのなかの定期預金に残高があること
  • スーパー定期
  • スーパー定期300
  • 期日指定定期
  • 大口定期
三井住友銀行 総合口座貸越 総合口座通帳を持っており、そのなかの定期預金に残高があること
  • 期日指定定期預金
  • スーパー定期
  • 大口定期
みずほ銀行 総合口座貸越
  • 総合口座通帳を持っており、そのなかの定期預金に残高があること
  • スーパー定期
  • 大口定期預金
  • 期日指定定期預金
  • 変動金利定期預金
  • 据置型定期預金
りそな銀行 自動貸越サービス 総合口座通帳を持っており、そのなかの定期預金に残高があること
  • スーパー定期
  • スーパー定期300
  • 自由金利型定期
  • 満期選択型定期
  • 期日指定定期
千葉銀行 当座貸越 総合口座通帳を持っており、そのなかの定期預金に残高があること
  • スーパー定期
  • スーパー定期300
  • 期日指定定期
  • 自由引出型定期
  • 利息分割受取型定期
  • 変動金利定期
  • 大口定期
静岡銀行 自動融資
  • 20歳以上
  • 総合口座通帳を持っており、そのなかの定期預金に残高があること
  • スーパー定期
  • 大口定期
  • 期日指定定期
  • 変動金利定期
  • 利息分割受取定期
  • 金利成長定期
  • 定額受取定期
横浜銀行 当座貸越 総合口座通帳を持っており、そのなかの定期預金に残高があること
  • スーパー定期
  • 1か月据置型定期
  • 期日指定定期
  • 利息分割定期
  • 変動金利定期
  • 大口定期
イオン銀行 総合口座当座貸越
  • 20歳以上
  • 総合口座通帳を持っており、そのなかの定期預金に残高があること
  • スーパー定期
  • 大口定期
  • 積立式定期
住信SBIネット銀行 当座貸越
  • 18歳以上
  • 総合口座通帳を持っており、そのなかの定期預金に残高があること
  • 円定期預金
新生銀行 当座貸越
  • 20歳以上
  • 総合口座通帳を持っており、そのなかの定期預金に残高があること
  • 円定期
  • 大口円定期
  • スタートアップ円定期
ゆうちょ銀行 貯金担保自動貸付け 総合口座通帳を持っており、そのなかの定期預金に残高があること
  • 担保定額貯金
  • 担保定期貯金

一部の銀行は年齢などの条件を設けていますね。

定期預金担保貸付のメリット

ここからは、定期預金担保貸付の優れている点を紹介していきますね。

定期預金の90%まで借入れ可能

定期預金担保貸付の限度額は、「定期預金残高の90%まで」というのが一般的です。

別途、最高額が決められている場合もあります。

たとえば、「定期預金残高の90%まで借入れ可能(最高200万円まで)」という条件の場合、

  • 定期預金Aの残高が50万円、定期預金Bの残高が50万円のケース (50万円+50万円)×90%<200万円 限度額は90万円
  • 定期預金Aの残高が100万円、定期預金Bの残高が200万円のケース (100万円+200万円)×90%>200万円 限度額は200万円

では、ここで大手銀行の限度額を調べてみました。

銀行名 定期預金担保貸付の限度額
三菱東京UFJ銀行 定期預金残高の90%
(最高200万円まで)
三井住友銀行 定期預金残高の90%
(最高200万円まで)
みずほ銀行 定期預金残高の90%
(最高200万円まで)
りそな銀行 定期預金残高の90%
(最高200万円まで)
千葉銀行 定期預金残高の90%
(最高300万円まで)
静岡銀行 定期預金残高の90%
(最高300万円まで)
横浜銀行 定期預金残高の90%
(最高200万円まで)
イオン銀行 定期預金残高の90%
(最高300万円まで)
住信SBI銀行 定期預金残高の90%
(最高200万円まで)
新生銀行 定期預金残高の90%
(最高500万円まで)
ゆうちょ銀行 定期預金残高の90%
(最高300万円まで)

※2017年8月現在

圧倒的に低金利

また、定期預金担保貸付は他のローンに比べても圧倒的に低金利です。

ここで、大手銀行の定期預金担保貸付の金利をみてみましょう。

銀行名 定期預金担保貸付の金利の決まり方 定期預金担保貸付の金利
三菱東京UFJ銀行 定期預金の金利+0.5% 0.51%
三井住友銀行 定期預金の金利+0.5% 0.51%
みずほ銀行 定期預金の金利+0.5% 0.51%
りそな銀行 定期預金の金利+0.5% 0.51%
千葉銀行 定期預金の金利+0.5% 0.51~0.511%
静岡銀行 定期預金の金利+0.5% 0.51%
横浜銀行 定期預金の金利+0.5% 0.51%
イオン銀行 定期預金の金利+0.5% 0.52~0.6%
住信SBI銀行 変動金利(毎日更新) 1.68%
新生銀行 変動金利(随時更新) 1.88%
ゆうちょ銀行
  • 「担保定額貯金」を担保とする場合:返済時の金利+0.25%
  • 「担保定期貯金」を担保とする場合:預入時の金利+0.5%
0.26~0.51%

※2017年8月現在

いずれも、 1%以下~1%台の低金利です。

比較対象として、いくつか大手銀行カードローンの金利を調べてみました。

銀行名 カードローンの名称 カードローンの金利
三菱東京UFJ銀行 三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック 1.8~14.6%
三井住友銀行 三井住友銀行カードローン 4.0~14.5%
みずほ銀行 みずほ銀行カードローン 2.0~14.0%
りそな銀行 りそな銀行 りそなプレミアムカードローン 3.5~12.475%
千葉銀行 千葉銀行カードローン クイックパワー<アドバンス> 1.7~14.8%
静岡銀行 静岡銀行カードローン セレカ 4.0~14.5%
横浜銀行 横浜銀行カードローン 1.9~14.6%
イオン銀行 イオン銀行カードローン 3.8~13.8%
住信SBI銀行 住信SBIネット銀行Mrカードローン 0.99~14.79%
新生銀行 新生銀行カードローン レイク 4.5~18.0%

このように、カードローン金利には幅があるため、実際に適用される利率は審査を受けてみないとわかりません。

ただし、上限金利寄りの利率を適用されることが多いので、14~15%が相場と考えておきましょう。

カードローンに比べると、定期預金担保貸付のほうが遥かに低金利ですね。

金利が高いといくら損するの?

金利が支払う利息にどのくらい影響するのか、具体例をあげてみましょう。

たとえば、三菱東京UFJ銀行の総合口座の自動借入れ(金利0.51%)を利用して30万円借入れ、2年後に一括返済した場合、

支払う利息(合計)は 3,064円。

一方、三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック(金利14.6%)で30万円借入れ、2年かけて返済した場合、

支払う利息(合計)は4万7,725円です。

金利差が大きいため、支払う利息にも大きな差が出ますね。

利息はいつ支払うの?

定期預金担保貸付の利息は、借入期間中、日割りで発生し、年に何回か普通預金から引き落とされます。

銀行名 定期預金担保貸付の利息の引き落とし時期
三菱東京UFJ銀行 毎年2月と8月の普通預金の利払い日
三井住友銀行 毎年2月と8月の第3日曜日
みずほ銀行 毎年2月と8月の普通預金の利払い日
りそな銀行 毎年2月と8月の普通預金の利払い日
千葉銀行 毎年2月と8月の普通預金の利払い日
静岡銀行 毎年2月と8月の普通預金の利払い日
横浜銀行 毎年2月と8月の第3金曜日
イオン銀行 毎年2月と8月の普通預金の利払い日
住信SBI銀行 毎月第3土曜日
新生銀行 毎月1日
ゆうちょ銀行 通常貯金に入金時、元金と同時引き落とし

自動的に借入れ・返済できる

定期預金担保貸付では、
普通預金の残高以上の引き落とし・引き出しが発生した場合、自動的に不足金額が融資され、普通預金口座に入金されます。

自動で融資が行われますので、普通預金の通帳には残高がマイナスで表記されるんですね。

通帳表記の例)

取引年月日 摘要 支払金額 差引残高
29-07-06 カード 10,000 82,569
29-07-07 送金 100,000 -17,431

では、通帳のマイナスはいくらまでOKなのでしょうか(定期貯金担保貸付の限度額はいくらなのでしょうか)。

さきほども説明したとおり、「定期預金残高の90%まで」が一般的です。

また、返済方法は、普通預金口座に入金するだけ。

これで自動的に返済にあてられます。

審査がない

ローンやキャッシングを利用する場合は、返済能力の有無を確認するために審査を受けなければいけません。

しかし、定期預金担保貸付には審査がありません。

「総合口座通帳を持っており、定期預金に残高がある」という条件を満たせば、基本的に誰でも利用可能です(一部の銀行では年齢の条件あり)。

信用情報に載らない

定期預金担保貸付に関しては、信用情報に一切記録が残りません。

信用情報とは、個人のローン、キャッシング、クレジットカード等の契約・借入れ・返済状況を記録したものです。

通常、ローン、キャッシング、クレジットカード等の審査では、申込者の信用情報をチェックされます(過去の利用に問題がないかどうかチェックされる)。

定期預金担保貸付に関しては信用情報に一切記録が残らないので、

他のローンやクレジットカードの審査に影響することもありません。

信用情報については下記でわかりやすく解説しています。

定期預金担保貸付のデメリット・注意点

定期預金担保貸付には、デメリットや注意すべき点もあります。

知らない間に借りすぎてしまう?

定期預金担保貸付では、普通預金の残高以上の引き出しがあると、自動で融資されてしまいます。

これは便利な反面、
知らない間に借金を増やしてしまうリスクがあるんですね。

できるだけこまめに普通預金の残高(マイナスになっていないか)をチェックするようにしましょう。

自動融資機能を外すこともできる?

総合口座から自動融資の機能を外せる銀行もあります。

たとえば、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、りそな銀行、イオン銀行、住信SBIネット銀行、新生銀行、ゆうちょ銀行では、定期預金担保貸付の自動融資機能を解除することが可能です。

定期預金の残高が少ないとたいして借りられない

定期預金担保貸付の限度額は、「定期預金残高の90%」です。

そのため、定期預金の残高が少なければ、それだけ借りられる金額も少なくなってしまいます。

例)
定期預金の残高(合計)が10万円の場合、借りられるのは9万円まで

満期までに返済しないと定期預金と相殺される

定期預金担保貸付の場合、定期預金の満期までに(※2)返済が終わらなかったらどうなるのでしょうか?

この場合は、定期預金の中から返済(相殺)されます(※3)

ただし、あらかじめ自動継続の契約をしておけば、そのまま定期預金担保貸付も引き継がれるので、満期時に相殺されることはありません(返済期限が定められている場合を除く)。

※2
途中で解約した場合も、定期預金から返済(相殺)されることになります。

※3
満期より前に返済期限が設定されていることがあるので注意してください。たとえば、ゆうちょ銀行の「貯金担保自動貸付け」の場合、最長で2年間までしか借入れできません。

定期預金を解約したほうがオトクなことも?

定期預金担保貸付で借りるより、定期預金を解約したほうがお得なケースも少なくありません。

判断基準としては、

定期満期時に受け取る利子の合計額(税引後) > 定期預金担保貸付で支払う利息の合計

であれば、定期預金担保貸付を利用しましょう。

一方、

定期満期時に受け取る利子の合計額(税引後) < 定期預金担保貸付で支払う利息の合計

であれば、定期預金を解約したほうが得です。

たとえば、

預入額:100万円
利子:0.01%(半年ごとの複利)
期間:3年

上記の条件で定期預金を組んだ場合、満期に受け取る利子(税引後)は398円です。

もし、この状態で定期預金担保貸付を利用した場合、支払う利息はいくらになるのでしょうか。

たとえば、

借入額:30万円
金利:0.51%
借入期間:95日

この場合、支払う利息が398円を超えてしまいます。

ですから、「定期満期時に受け取る利子の合計額(税引後)」と「定期預金担保貸付で支払う利息の合計」をシミュレーションすることが大切ですね。

定期預金の利子は下記のようなツールでシミュレーションできます。

一般社団法人 全国銀行協会「預金の利息シミュレーション」
https://www.zenginkyo.or.jp/article/simulation/fund/

また、定期預金担保貸付の利息は、原則として下記の式で計算できますね。

借入額×金利÷365×借入期間

例)
300,000×0.51%÷365×95=約398円

まとめ

それでは、定期預金担保貸付の重要ポイントをおさらいしておきましょう。

  • 利用するための条件は、「総合口座通帳を持っており、そのなかの定期預金に残高があること」
  • 審査を受ける必要はない
  • 限度額は「定期預金残高の90%(最高200万円~300万円まで)」としている銀行が多い
  • 金利は1%以下~1%台
  • 普通預金の残高をオーバーして引き出し・引き落としが行われたら、自動的に融資を受けられる(不足分が普通預金口座に入金される)
  • 残高がマイナスになっている普通預金口座に入金したら、自動的に返済にあてられる
  • 信用情報には一切記録が残らない
  • 自動的に融資を受けられるため、知らない間に借入れを増やすリスクがある
    • こまめに普通預金の残高(マイナスになっていないか)をチェックすること
  • 満期時、解約時に未返済分がある場合は、定期預金から返済(相殺)される
  • 定期預金を解約したほうがお得なケースも少なくない
    • 「定期満期時に受け取る利子の合計額(税引後)<定期預金担保貸付で支払う利息の合計」であれば解約したほうがお得

定期預金担保貸付は、通常のローンよりはるかに低金利で利用できます。

とはいえ、利息は発生するので、あくまでも応急処置的に利用するのがよいでしょう。

たとえば、住宅ローンの延滞を回避するために利用するケースがそれにあたります。

住宅ローンの延滞を避けるため、一時的に定期預金担保貸付を利用するのはいいかもしれません。

ただし、思い切って定期預金を解約したほうが得な可能性もあります。

まとまったお金が必要な場合は、よく検討するようにしてくださいね。

カードローン申込数ランキング

今日中にお金を借りたい人に、一番選ばれているカードローンは?

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報