キャッシングの無利息サービスを使って最大192日無利息でお金を借りる方法

「飲み会が続いてしまった!」
「学生時代の同級生の結婚披露宴に招かれた!」

などなど、懐にに余裕がないときに限って、出費はかさむものです。

そこで思いつくのがキャッシングですが、利息を払うのは嫌ですよね。

そんなときにおすすめしたいのが、無利息キャッシングです。

キャッシング業者の中には、無利息期間を設けている業者があります。

この無利息期間をうまく活用することで、最大で192日間、無利息でお金を借りることができるのです。

多くの無利息サービスは、30日間など短期の借り入れに限りますが、複数の業者を連続して利用することで、最大192日間、無利息でお金を借りれます。

ただし、このやり方は、借入れや返済のタイミングが難しいので、簡単なモデルケースにして説明していきますね。

題して、

「無利息サービスを複数使って、半年以上無利息でお金を借りる方法」

です。

また、無利息サービスをはしごするうえで、さまざまな注意点があります。

注意点を知らず、やみくもに利用すると、無利息期間が途切れ、利息を支払うはめになってしまいます。

そのあたりについても詳しく解説していきますね。

無利息サービスがある大手業者一覧

キャッシングでお金を借りたら、利息を足して返さなければなりません。

しかし、なかには無利息でお金を貸すサービスがあるのです。

無利息期間中は利息が発生しないので、期間中に完済すれば実質無料でお金を借りられます(※1)

※1
無利息期間中に初回の返済日が来てしまうこともあります。その場合は、最少返済額(返済しなければならない最少の金額)を支払わなければなりません。ただし、無利息期間中に返済したお金はすべて元金の返済にあてられます。

無利息サービスがある大手業者一覧

まずは、大手消費者金融や銀行のうち無利息サービスを提供している業者をあげてみましょう。

※下の表は右にスクロールすることができます。

商品名 金利(実質年率) 限度額 無利息サービスについて 借入方法 返済方法
日数 無利息の開始日 適用条件 手数料無料 手数料有料 手数料無料 手数料有料
カードローン
(キャッシング専用アコムカード)
3.0~18.0% 1~800万円 30日間 契約日の翌日
  • カードローンの初回契約時
    (ACマスターカード、ビジネスサポートカードローン、貸金業法に基づく借換え専用ローンは対象外)
  • 返済期日を「35日ごと」とすること
  • アコムATM
  • 振込み(電話かインターネットで振込依頼)
提携金融機関のATM
  • インターネット返済
  • 店頭窓口
  • アコムATM
  • 口座振替
  • 提携金融機関のATM
  • 銀行振込
フリーキャッシング 4.5~17.8% 1~500万円 30日間 初回借入日の翌日
  • フリーキャッシングの初回契約時
    (貸金業法に基づくおまとめローン、自営者カードローン、目的ローンは対象外)
  • プロミスでメールアドレスを登録すること
  • 明細はWeb明細とすること
  • 振込み(電話かインターネットで振込依頼)
  • プロミスATM
  • 三井住友銀行ATM
  • 店頭窓口
提携金融機関のATM
  • インターネット返済
  • プロミスATM
  • 三井住友銀行ATM
  • ローソン・ミニストップ・ファミリーマートのメディア端末
  • 口座振替
  • 店頭窓口
  • 提携金融機関のATM
  • 銀行振込
キャッシングローン 4.5~18.0% 500万円 30日間 契約日の翌日 キャッシングローン、Sulali、ファーストプレミアムカードローンの初回契約時
(おまとめMAX、かりかえMAX、事業サポートプラン、目的別ローンは対象外)
  • 振込み(電話かインターネットで振込依頼)
  • アイフルATM
提携金融機関のATM
  • 店頭窓口
  • 口座振替
  • アイフルATM
  • 提携金融機関のATM
  • ローソン・ファミリーマートのマルチメディア端末
  • 銀行振込
4.9~18.0% 1~300万円 7日間 借入日の翌日 繰り返し利用可能
(二度目以降は、完済日の翌月以降の借入れで無利息が適用される)
  • 振込み(電話かインターネットで振込依頼)
  • レイクATM
提携金融機関のATM
  • インターネット返済
  • レイクATM
  • 口座振替
  • 提携金融機関のATM
  • 銀行振込
4.5~18.0% 1~500万円 30日間
もしくは
180日間(契約額5万円まで)
※併用不可
契約日の翌日 初めての契約であること
  • 振込み(インターネットで振込依頼)
  • レイクATM
  • 提携ATM
  • インターネット返済
  • レイクATM
  • 提携金融機関のATM
  • 口座振替
銀行振込
2.5~18.0% 10~1,000万円 30日間 初回借入日 初めての契約であること 振込み(インターネットで振込依頼) 口座振替

※提携金融機関のATM利用手数料は、いずれも利用額1万円以下なら108円、1万円超なら216円です(ローソン・ファミリーマートのマルチメディア端末も同様)。
※銀行振込の際の手数料は、各金融業者によって異なります。

たとえばプロミスの場合、初回借入日の翌日から30日間は無利息となります。

ただし、下記の条件を満たす必要があるので注意してください。

  • フリーキャッシングを契約した場合のみ(貸金業法に基づくおまとめローン、自営者カードローン、目的ローンは対象外)
  • プロミスにメールアドレスを登録すること
  • 明細はWeb明細(ホームページの会員ページから明細を確認する)に設定すること

無利息サービス利用時の注意点

無利息サービスを利用するにあたって、知っておきたい注意点を簡単にまとめます。

無利息となるのは原則一度のみ

基本的に無利息サービスは、初めて契約をする人を対象にしたサービスであり、一度しか利用できません。

ただし、ノーローンだけは、無利息サービス(7日間無利息)を繰り返し利用できます。

二度目以降は、完済した月の翌月以降に借入れた場合、無利息サービスが適用されます。

無利息期間はいつから?

無利息期間がいつからスタートするのか、必ず確認しておきましょう。

アコムアイフル新生銀行カードローン レイクは、いずれも契約日の翌日から無利息期間が始まります。

契約から借入れまで間が空くと、その分、無利息期間が短くなってしまうので注意が必要です。

借入れ・返済時の手数料に注意

せっかく無利息期間を利用しているのに、借入れや返済時に手数料がかかったら、もったいないですよね。

できるだけ、手数料無料の方法で借入れ、返済するようにしましょう。

無利息サービスを連続使用したら最大何日間無利息になる?

アコム、プロミス、アイフル、ノーローン、新生銀行カードローン レイク、ジャパンネット銀行ネットキャッシングを連続して契約したら、最大何日間 無利息で利用できるのでしょうか?

今回は下記の前提条件をもとに検証していきます。

  • 借入額は10万円
  • 初回の借入日は4月1日
  • 土日祝など銀行の休業日は考慮しない

最初に、大まかな流れを図にしてみましたので、こちらをご覧いただきながら、その先の解説をお読みになってください。

無利息期間-アコム・プロミス・アイフル・レイク・ジャパンネット銀行

【下準備】ジャパンネット銀行の口座開設&ネットキャッシングへの申込み

ジャパンネット銀行ネットキャッシングの無利息期間は初回借入日からスタートするので、先に口座開設、ネットキャッシングへの申込みを済ませておいてください。

ジャパンネット銀行の口座を持っていない場合

ジャパンネット銀行の口座を持っていない場合は、ホームページから「口座開設」と「ネットキャッシング」の申込みを行います。

このとき、本人確認書類(運転免許証や健康保険証)の提出が必要です。

運転免許証やカード型保険証なら、スマートフォン用の「書類送信アプリ」を使って提出できます(アプリをダウンロードし、運転免許証やカード型保険証を撮影し、アプリを通じて送信)。

平日14時までに本人確認書類の提出を済ませておけば、17時までに審査結果のメールが届きます(それ以外の曜日・時間帯に申込むと、翌営業日の10時以降に届きます)。

後日、郵送されるキャッシュカードとトークン(パスワードを生成する小型の機器)を受け取ったら、ジャパンネット銀行のホームページから初期設定を行い、手続き完了です。

なお、ホームページで口座開設とネットキャッシングの申込みをしてから、初期設定完了まで、最短で5日~7日程度かかります。

ジャパンネット銀行の口座を持っている場合

口座を持っている場合は、ホームページで「ネットキャッシングのみ」の申込みをしてください。

この場合、ジャパンネット銀行にログインする必要があります。また、トークンが必要です。

平日14時までに申込みを済ませておけば、17時までに審査結果メールが届きます(それ以外の曜日・時間帯に申込むと、翌営業日の10時以降に届きます)。

審査時間は最短1時間です。

その後、契約手続きが完了したらメールが届き、契約完了となります。

4月1日にノーローンで借入れ

4月1日に、新生銀行カードローン レイクの自動契約コーナーに行き、ノーローンに申込みます。

このとき、本人確認書類(運転免許証、健康保険証、パスポートなど)が必要となりますので、忘れずに持参しましょう。

レイクの自動契約コーナーの営業時間は8時45分~21時です(第3日曜日のみ19時まで)。

即日融資を受けたいなら、少なくとも終了30分前までに申込みを済ませておきましょう。

審査時間は最短20分です。

契約手続きが終わったらカードが発行されるので、自動契約コーナー併設のレイクATMで10万円を借入れます。

レイクのATMを利用すれば、手数料はかかりません。

4月8日にジャパンネット銀行で借入れ、ノーローンを完済

ノーローンの無利息期間は4月8日までです。

そこで、前もって契約しておいたジャパンネット銀行のネットキャッシングで4月8日に10万円を借入れます。

具体的には、ジャパンネット銀行のホームページから会員ページにログインして借入れの手続きをしてください。

手数料は無料です。

手続き後、すぐにジャパンネット銀行の口座に入金されるので、キャッシュカードを使って提携金融機関のATM(※2)から10万円を引き出します。

引き出し時の手数料も無料です。

そして、ノーローンに電話して一括返済したい旨を伝え、金額を聞き出してください。

一括返済は、レイクATMか銀行振込で可能ですが、レイクのATMなら手数料無料です。

レイクATM(ノーローン利用)の営業時間は7時30分~23時30分までなので、間に合うように返済を済ませましょう。

※2
ジャパンネット銀行の提携ATMは三井住友銀行、セブン銀行、ローソンATM、E-net、ゆうちょ銀行です。毎月最初の入金・出金は手数料無料です。2回目以降も3万円以上の入金・出金なら手数料はかかりません。

5月7日にノーローンで借入れ、ジャパンネット銀行を完済する

ジャパンネット銀行ネットキャッシングの無利息期間は5月7日までです。

5月7日より前に、ノーローンの会員ページで振込先の口座情報(ジャパンネット銀行の口座情報)を登録しておきましょう。

そして、5月7日(平日であると仮定)の13時までにノーローンの会員ページで振込融資の手続きすれば、ジャパンネット銀行の口座に10万円が振込まれます(0時~10時までに手続きした場合は11時までに、10時~13時までに手続きした場合は14時30分までに振込まれます)。

手数料はかかりません。

ジャパンネット銀行の口座に10万円が振込まれたら、一度、ジャパンネット銀行に電話して一括返済したいと伝えてください。

そうして一括返済の金額を聞いたら、ネットキャッシングの会員ページにログインし、返済手続きを行います。

こちらも手数料はかかりません。

7日中に一括返済の手続きを済ませればOKです。

5月14日にアイフルで借入れ、ノーローンを完済する

ノーローン2回目の無利息期間は5月14日までなので、その日にアイフルに申込みましょう。

まず、アイフルのホームページから申込み、申込みが完了したらフリーダイヤルに電話をして急いでいると伝えます。

本人確認書類は、メール(携帯などで書類を撮影し、そのデータを添付して送信)かFAXで提出してください。

そして、審査結果は電話かメールで届きます。審査時間は最短30分です。

結果が出たら、アイフルの無人契約コーナーに行き、契約手続きを済ませてください。

アイフルの無人契約コーナーの営業時間は8時~22時までなので、終了30分前までには契約手続きをするようにしましょう。

契約手続きが終わり、カードが発行されたら、備え付けのアイフルATM(※3)で10万円を借入れてください。

アイフルATMなら、手数料はかかりません。

そして、アイフルから借入れた10万円を使ってノーローンへ一括返済します(ノーローンへの一括返済の方法は先ほど説明したので割愛します)。

※3
一部、アイフルATMが併設されていないところもあるので注意してください。

6月13日にノーローンで借入れ、アイフルを完済する

アイフルの無利息期間は6月13日までです。

そのため、6月13日にノーローンで10万円を借入れてください。

レイクATMで借入れれば、手数料はかかりません。

10万円を借入れたらアイフルに電話をして、一括返済をしたいと伝えましょう。

一括返済の金額がわかったら、アイフルの店舗もしくはアイフルATMで返済してください(いずれも手数料無料)。

店舗の営業時間は平日の10時~18時、ATMは7時~23時までです。

間に合うように一括返済してください。

6月20日にレイクで借入れ、ノーローンを完済する

ノーローン3回目の無利息期間は6月20日までです。

そのため、6月20日にレイクの自動契約コーナーに行き、レイクに申込みましょう。

持ち物は本人確認書類だけです。

即日融資を希望する場合、20時までには申込みを済ませましょう。

契約手続きが終わると、その場でカードが発行されるので、自動契約コーナーに併設されたATMで10万円を借入れます。

この場合、ATM手数料はかかりません。

その後、レイクATMでノーローンの一括返済を行ってください(ノーローンへの一括返済の方法は先ほど説明したので割愛します)。

7月20日にノーローンで借入れ、レイクを完済する

レイクの無利息期間は7月20日まで。

まずレイクに電話して、一括返済をしたいと伝えましょう。

一括返済の金額がわかったら、7月20日にレイクATMを使ってノーローンから借入れ、同じレイクATMでレイクに一括返済しましょう。

この場合、手数料はかかりません。

レイクATMの営業時間は7時30分~24時まで(日曜・祝日は22時まで、第3日曜は20時まで)なので、間に合うように返済を済ませてください。

7月27日にアコムで借入れ、ノーローンを完済する

ノーローン4回目の無利息期間は7月27日までです。

7月27日のできるだけ早い時間、少なくとも午前中のうちに、アコムのホームページで申込みをしましょう。

本人確認書類は、アップロードする(携帯などで写真を撮ってそのデータをアップロードする)か、FAXで送付します。

審査時間は最短30分です。

審査結果のメールが送られてきたら、契約内容に同意して契約完了となります。

ここまでの手続きを、13時30分までに手続きを済ませておきましょう。

その後、アコムのホームページから会員ページにログインし、振込融資の手続きをしてください。

平日14時30分までに振込み依頼をしたら、約1分ほどで振込まれます(※4)

手数料は無料です。

そして、アコムから振込まれた10万円をATMで引き出し、ノーローンに一括返済します(ノーローンへの一括返済の方法は先ほど説明したので割愛します)。

※4
振込先が楽天銀行の場合は、全日23時50分までに振込みを依頼すれば即日振込まれます。ゆうちょ銀行の場合は、平日14時までに振込み依頼をしたら、当日17時までに振込まれます。

8月26日にノーローンで借入れ、アコムを完済する

アコムの無利息期間は8月26日までです。

8月26日にレイクATMを使ってノーローンから10万円を借入れます。

そして、アコムに電話をして一括返済の旨を伝えましょう。

返済する金額が判明したら、アコムのATMや店舗から一括返済を行いましょう。

いずれの方法でも手数料無料です。

アコムATMの営業時間は24時間、店舗の営業時間は9時30分~18時なので、間に合うように返済手続きを済ませましょう。

9月2日にプロミスで借入れ、ノーローンを完済する

ノーローン5回目の無利息期間は9月2日までです。

9月2日にプロミスのホームページから申込みましょう。

本人確認書類は、メールかプロミスのアプリで送信(携帯などで書類を撮影し、アプリを通じて送信)すればOKです。

その後、メールか電話で審査結果の連絡があり、契約手続き完了となります。

審査時間は最短30分です。

できれば、契約までの手続きを14時までに済ませておきましょう。

契約完了後、プロミスのホームページから会員ページにログインし、振込融資の手続きを行います。

平日の14時50分までに振込み依頼をすれば、10秒ほどで振込みが完了します(※5)

手数料は無料です。

そして、振込まれた10万円をATMから引き出し、ノーローンに一括返済します(ノーローンへの一括返済の方法は先ほど説明したので割愛します)。

※5
振込先がジャパンネット銀行か三井住友銀行なら24時間いつでも振込依頼が可能です。受付完了から10秒ほどで振込みが完了します。

10月2日にノーローンで借入れ、プロミスを完済する

プロミスの無利息期間は10月2日まで。

10月2日にレイクATMを使って、ノーローンで10万円を借入れます。

そして、プロミスに電話して一括返済をすると伝え、金額を聞きましょう。

支払い金額がわかったら、インターネット返済(※6)か、プロミスATM、三井住友銀行ATM、メディア端末(ローソン、ミニストップ、ファミリーマート)でプロミスに一括返済してください。

いずれも手数料は無料です。

※6
プロミスの会員ページにログインし、そこからインターネットバンキングにログインして返済する方法です。あらかじめインターネットバンキングに対応した口座が必要となります。

ノーローンを完済する

ノーローン6回目の無利息期間は10月9日までです。

10月9日までにノーローンに10万円を返済すれば利息はかかりません。

このように、各業者の無利息期間をすべて活用すると、4月1日から10月9日までの192日間、無利息でお金を借りることができました。

ただし、今回は「すべてが順調に進んだ」という前提のシミュレーションです。

現実にはこのようにうまくいくとは限らないので、注意してください。

無利息サービスを連続使用するときの注意点

実際に無利息サービスを連続使用するとしたら、下記のようなリスクが考えられます。

審査に通らない可能性がある

キャッシングの審査基準は業者によって異なります。

そのため、「ノーローンと契約できたけどプロミスの審査には落ちる」ということもありえます。

また、総量規制の影響で契約できない可能性も考えられます。

総量規制とは、貸金業者は個人の年収の3分の1を超えた金額を貸付けることができないルールを定めたもの です。

貸金業者には、アコム、プロミス、アイフル、ノーローンなどの消費者金融が含まれます。

無利息サービスを連続使用する場合、一時的に倍の金額を借入れることになるので、総量規制に引っかかる可能性が出てきます。

さきほどの例だと、「ノーローンから借りた10万円を返済するためにアイフルから10万円を借りる」などするため、最大で20万円を借入れることになり、少なくとも60万円の年収が必要です。

即日融資を受けられない可能性がある

今回紹介した6社はいずれも即日融資に対応しています。

しかし、「最短即日融資可能」なので、申込み日時や審査の混み具合によって、融資が翌日以降となることもあります。

もし、2社目以降の融資が予定より遅れ、無利息期間を過ぎてしまった場合は、利息が発生します。

たとえば、アコムの金利は18%なので、10万円を借入れたら1日あたり約49円の利息がかかるのです。

1円も利息を払いたくないなら、無利息期間の最終日に次の業者に申込むのではなく、1~2日余裕を持って準備をするといいでしょう。

途中で利用限度額が下がってしまう可能性がある

利用者ごとの借入額の上限(利用限度額)は、審査によって決まります。

さきほど説明したとおり、審査基準は各社異なるので、利用限度額が希望額に届かない可能性があるのです。

少額ならまだしも、金額が大きい場は注意が必要です。

なお、一定以上の金額を希望する場合は、収入証明書(源泉徴収票、確定申告書、給与明細など)の提出が求められますので、事前に確認しておきましょう。

業者名 収入証明書が必要になるケース
アコム 希望額が50万円超 もしくは「希望額+他社借入残高(※7)」が100万円超
プロミス 希望額が50万円超 もしくは「希望額+他社借入残高(※7)」が100万円超
アイフル 希望額が50万円超 もしくは「希望額+他社借入残高(※7)」が100万円超
ノーローン 希望額が50万円超 もしくは「希望額+他社借入残高(※7)」が100万円超
新生銀行カードローン レイク 希望額が100万円超
ジャパンネット銀行ネットキャッシング 希望額が300万円超

※7 ここでいう他社とは貸金業者のことです。貸金業者には、主に消費者金融とクレジットカード会社が含まれます。

途中で返済しなければならないこともある

キャッシングの返済期日は業者によって異なりますが、原則として1ヶ月に1回は返済しなければなりません。

ここで、6社の返済期日を確認してみましょう。

業者 返済期日
アコム 借入日の翌日から35日後
プロミス 5日、15日、25日、末日のうち希望日を選択
アイフル
  • 借入日の翌日から35日後
  • 任意で返済期日(日にち)を指定できる
ノーローン 任意で返済期日(日にち)を指定できる
新生銀行カードローン レイク 任意で返済期日(日にち)を指定できる
ジャパンネット銀行ネットキャッシング 1日~28日もしくは月末のうち、任意で返済期日(日にち)を指定できる

できれば無利息期間中に初回の返済期日がこないように設定しましょう。

それができなかった場合は、返済期日までに最少返済額(※8)を支払わなければなりませんが、無利息期間中の返済分はすべて元金にあてられます。

とはいえ、手数料無料の方法で返済するようにしましょうね。

また、一度でも返済した場合は、一括返済の際に支払う金額を知るために業者に電話で問い合わせなければなりません。

※8
最少返済額は、業者によって異なります。さらに詳しくいうと、借入額や利用限度額によって異なります。

まとめ

無利息サービスを利用する際に押さえておきたいポイントをまとめます。

  • 無利息サービスの利用は原則1回のみ
  • 利用するために特定の条件を満たさなければならないことがある
  • 無利息期間の開始日に注意(契約日の翌日、借入日の翌日などのパターンがある)
  • 通常の返済や一括返済の際は手数料無料の方法で返済すべき
  • 無利息サービスをはしごする場合、すべての業者の審査に通るとは限らない
  • 無利息サービスをはしごする場合、一時的に希望額の倍の金額を借入れることになるので注意
  • 総量規制により、貸金業者から年収の3分の1超の金額を借入れることはできない
  • 予定通りのタイミングで融資を受けられるとは限らないので、余裕を持って申込みや借入れなどの準備をしたほうがいい
  • 業者によっては希望額を借入れできない可能性がある
  • 無利息期間中に初回の返済がこないよう、返済期日を設定したほうがいい
  • 無利息期間中に返済日がきてしまった場合は必ず最少返済額を返済しなければならない

最後になりましたが、「キャッシングの無利息サービスは本当に得なのか?」を調べた特集もありますので、あわせて読んでみてください。

また、5万円~10万円の少額キャッシングのときは無利息サービスを使ったほうがお得なので、こちらもぜひ検討してみてください。

カードローン申込数ランキング

今日中にお金を借りたい人に、一番選ばれているカードローンは?

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報