自動車税滞納による差し押さえを回避するには?廃車後も納税義務は残る

自動車税を滞納していると、最終的に必ず差し押さえを受けることになります。

有無をいわさず あなたの預金・給与・車をもっていかれてしまうのです。

ある日突然、口座のお金がなくなっているなんて、考えたくもないですよね。

でも、

「財布がピンチで税金を払えるお金がない!」

ということもあると思います。

そんなときはどうすればいいのでしょうか?

今回は、自動車税の滞納について調査し、お金がなくて支払えないときにどうすればいいかを解説しました。

督促の流れや、延滞金、差し押さえを阻止する方法をまとめています。

「いっそのこと廃車にしてしまえばいいのでは?」

なんて考えないでくださいね。

正規の手続きで車を廃車(抹消登録)にしても、過去の納税義務は消えません!

そうではなく、とにかく早く対応することが大切です。

  • 目次
  • 自動車税の納付期限はいつ?
  • 滞納したらどうなる?督促の流れ
  • 延滞金は「いつから」「いくら」かかるの?
  • 差し押さえのXデーはいつ?
  • 差し押さえられると何が起こるの?
  • 差し押さえを避けたいならすぐ相談に行くべし!
  • 次回の車検日前に完納しよう

自動車税の納付期限はいつ?

毎年4月1日に自動車の所有者、または車検証に記載された使用者(ローンで購入した場合)に1年分の自動車税が課されます。

納付書の郵送は5月上旬、納付期限は5月31日です。

納付の方法は都道府県ごとに異なりますが、最近はコンビ二での現金払いや、クレジットカードによる支払いが主流。

簡単に納付できるよう工夫されています。

「役所に行く時間が取れず支払えなかった」という言い訳は通用しなくなってしまいました。

滞納したらどうなる?督促の流れ

自動車税は地方税で、都道府県税事務所の管轄となります。

そのため、督促の方法や時期も都道府県ごとに異なるのです。

ここでは、代表的な督促の流れを紹介します。

督促状が届く

自動車税の納付期限である5月31日までに納付しなかった場合、20日以内に督促状が送られてきます。

このときの封筒の色は都道府県によってさまざまで、なかには、黄色やオレンジ、赤など目立つ色を使うところもあるようです。

表題も「督促状」「納付のお願い」などさまざま。

ちなみに、このときの督促状で厳しい言葉を使ったり、差し押さえを匂わせるようなはことは、まずありません。

「自動車税の納付をお忘れではありませんか? 早く納めてくださいね」と呼びかける程度のものが多いようです。

二度目の督促状 もしくは 催告書が届く

一度目の督促状とほぼ同じ内容の書面が再度送られてきます。

表題は「督促状」もしくは「催告書」となっていることが多いようです。

送付時期にきまりはありません。

また、場合によってはこのステップがないこともあります。

三度目の督促状、もしくは催告書が届く

その後も滞納を続けると、再度書面が送られてきますが、これまで送られてきたものとは様子が違います。

封筒や書面は、赤や黄色など 目立つ色が使われ、全体的にキツイ雰囲気です。

また、表題は「催告書」となっている場合が多いようです。

このときの書面には、「今後も自動車税を納めないのなら、財産を差し押さえする可能性がある」といった内容が、強い言葉づかいで書かれています。

しかし、この後すぐに差し押さえが行われるわけではありません(差し押さえの時期については、後ほど詳しく説明しています)。

なお、都道府県によっては、書面以外で督促を行うところもあります。

電話がかかってきたり、職員が自宅を訪問してくる場合もあります。

筆者が受けた督促の流れ

平成14年度のことです。

私は、埼玉県で自動車税を滞納して督促を受けた経験があります。

そのとき受けた督促についてお話しましょう。

7月 督促状が届く

7月に「督促状」が届きました。

たしか封筒も書面も白色だったと思います。

納付書も同封されていましたが、忙しさを理由に放置してしまいました。

9月 催告書が届く

9月に「催告書」が届きました。

このときも、封筒と書面は白色だったと思います。

でも、このときも忙しかったので再び放置してしまいました。

11月 催告書が届く

11月に再び「催告書」が届きました。

封筒は白かったのですが、封を切ると書面に赤い紙が使われていてびっくり!

そこには、「11月30日までに納付されない場合、あなたの財産や資産の調査を行い、差し押さえを行う」という、ショッキングな言葉が書かれていました。

ここでようやく、自分に差し押さえが迫っていることを実感したのです。

なお、納付書に書いてある納付金額が増えていたので、今回から延滞金が加算されたのだとわかりました(当時の埼玉県は、二度の督促で納付しなければ延滞金が発生するという方針だったようです)。

結局、私はこの翌日に会社を休みました。

税金滞納中のマイカ―に乗り、ドキドキしながら最寄りの県税事務所に相談に行ったのです。

あのときそうしていなければ、近いうちに差し押さえを受けていたかもしれません。

延滞金は「いつから」「いくら」かかるの?

さきほどの私の話にもでてきましたが、自動車税を滞納すると延滞金がかかります。

では、延滞金はいつから・いくら発生するのでしょうか?

延滞金は、納付期限の翌日から全額納付されるまでの期間、年9.1%の割合で発生します(納付期限の翌日から1ヶ月を経過する日までの期間は年2.8%です ※1 )。

納付期限は5月31日なので、法律上は6月1日から延滞金が加算されます。

ただし、延滞金の金額が1,000円未満なら請求されません。

よって、実際に延滞金が請求されるのは少し先になります。

たとえば、税額が34,500円なら10月18日、税額が39,500円なら10月3日からです(※2)

※1
いずれも平成27年の利率です。今後、利率が変更される可能性があります。

※2
いずれも平成27年の場合です。平成27年は、5月31日が日曜日なので、休み明けの6月1日が納付期限となっていました。

延滞金発生の例

ここで、ひとつ例をあげてみましょう。

平成27年度において、「1.5リットル超2リットル以下のエンジンの自家用車」に課される自動車税は年間3万9500円です。

また、平成27年は、5月31日が日曜日なので、休み明けの6月1日が納付期限となっていました。

ここで、自動車税を滞納し、平成27年12月24日に全額納付した場合、延滞金はいくらになるのでしょうか?

計算してみましょう。

まず、滞納している自動車税額は3万9000円です(※3)

納付期限の翌日から1ヶ月を経過する日まで(平成27年6月2日~7月1日)の延滞金を計算します。

3万9000円×2.8%÷365日×30日=89円(※4)

続いて、残りの日数(平成27年7月2日~12月24日)の延滞金を計算します。

3万9000円×9.1%÷365日×176日=1,711円(※4)

つまり、
89円+1,711円=1,800円(※5)

この場合、合計1,800円の延滞金が発生します。

延滞金については、督促状や催告書、納付書に記載されていますが、わからなければ管轄の都道府県税事務所に問い合わせてみてください。

※3
延滞金を計算する際、税額は1,000円未満切り捨てなので、3万9000円となります。

※4
1円未満は切り捨て。

※5
100円未満は切り捨て。

差し押さえのXデーはいつ?

「延滞金なんかかけられたら ますます払えないけど、差し押さえは絶対イヤ!結局いつ差し押さえになってしまうの?」

お待たせしました。

ここからは、差し押さえの時期について説明していきます。

法律上はいつから差し押さえ可能になる?

地方税法には、「納付期限後20日以内に督促状を発送し、発送後 10日経過したら差し押さえが可能」と書かれています。

でも、これはあくまで法律上の話です。

こんな早いタイミングで差し押さえられることはまずありません。

差し押さえ時期は「わからない」

では、実際はいつ差し押さえがおこなわれるのでしょうか?

残念ですが、正確な時期はわからないのです。

自動車税の場合、都道府県税事務所が差し押さえの権限を持っています。

したがって、すべては都道府県税事務所の都合で行われるのです。

また、差し押さえの前に対象者の財産(自動車や預金、給料など)について調査が行われます。

差し押さえの具体的な時期を明かすと財産を隠す人がいるので、事前に知らせることはできないのです。

差し押さえ時期の例

ここで、実際に差し押さえが行われた時期について、いくつか例をあげましょう。

東京都では、平成26年12月を「オール東京滞納STOP強化月間」と定め、自動車税の滞納者に対し、車などの差し押さえを行いました。

また、岐阜県では、平成26年の9月から12月までの4ヶ月にわたり、「自動車税の滞納に対する集中差し押さえ」を実施しました。

平成26年の納付期限は6月2日だったので、3ヶ月~6ヶ月の滞納者に対して差し押さえを行った、ということになりますね。

最後通告が届いたらいよいよ危険

督促状や催告書を放置すれば、「納税の意思がない」とみなされて、差し押さえに向けた手続きがどんどん進行してしまいます。

そして、いよいよ差し押さえが迫ってくると、どの都道府県でも最後通告の書面を発送します。

書面の表題は、下記のようにさまざまです。

  • 差押予告書
  • 差押予告通知書
  • 差押通告書
  • 通告書
  • 差押警告書

書面には、「O月X日までに納付されなければ、差し押さえを行う」、「O月X日までに納付されなければ、あなたの財産や資産の調査を開始する」などのことが書かれています。

もしこの書面が届いてしまったら、即座に対応しましょう!

支払えるならすぐ支払うべきですし、お金が用意できない場合もすぐ管轄の都道府県税事務所に相談に行ってください。

最後通告の書面に記載された期日を過ぎたら、いつ差し押さえられてもおかしくありません。

差し押さえられると何が起こるの?

最後通告後に無視を続ければ、いずれは差し押さえられます。

では、自動車税滞納で差し押さえになった場合、具体的に何が起こるのでしょうか?

自家用車の自動車税なら、搭載するエンジンの排気量に応じて、数万円から10万円台なのでそこまで高額ではありません。

ここでは、代表的な車、給与、預金を差し押さえられるケースについて、それぞれ説明します(※6)

※6
何を差し押さえられるかは人によって異なります。車の他に売掛金のなどの債権、動産(テレビ、美術品など)が差し押さえられる可能性もあります。

車を差し押さえ

まず、裁判所の職員と執行官が、対象車に差し押さえの印を付けにきます。

黄色と黒のシマ柄など、「差し押さえられた」ことが一目でわかるテープがその印です。

また、車輪を回せないように専門器具を装着されることもあります(これをタイヤロックといいます)。

こうなると、もう車を走らせることはできません。

そして、保管場所の目処がついたら、車はレッカーで引き上げられます(車内の私物は持ち主に返却されます)。

引き上げられた車は、インターネットオークションにかけられ売却されます。

その売却代金を滞納分と延滞金にあてるのです。

もし余ったお金があれば、持ち主に返還されます。

給与の差し押さえ

都道府県税事務所から、勤務先の会社に、「差し押さえを行うので、本人の給料のうち決まった額を都道府県税事務所に支払ってください」という通知が送られます。

この時点で、会社には税金滞納がバレてしまいますね...。

そして、給与から滞納分と延滞金をもっていかれます。

ただし、給与全額が一気に全額差し押さえられるわけではありません。

原則として、ひと月の給与から税金や社会保険料、通勤費を差し引いた残額の4分の1までしか差し押さえできないことになっています(ただし、月額33万円を超える部分については全額差し押さえ可能)。

したがって、一度の差し押さえで足りなければ、また翌月の給与から差し押さえます。

滞納分と延滞金のすべてを回収するまで毎月差し押さえが続くのです。

預金を差し押さえ

都道府県税事務所から銀行に、「◯◯ ◯◯◯(滞納者)の口座にある預金を差し押さえる」という通知が出されます。

そして、預金から滞納分と延滞金をもっていかれます。

こちらは一気に全額を差し押さえられるので要注意です。

ちなみに、具体的な事例はこちらでお読みください。

差し押さえを避けたいならすぐ相談に行くべし!

都道府県側としても、滞納者に事情があることを考慮して督促を行っています。

ですから、いきなり差し押さえるのではなく、最初は「自分から納付するよう」求める通知を出すのです。

しかし、それを無視し続けると、「納税の意思がない」と受け止められてしまいます。

自動車税を滞納しているなら、一刻も早く都道府県税事務所やその支所、自動車税事務所に連絡して、納付の意思を示すことです。

ちなみに、軽自動車税は各市区町村の管轄なので、市区町村役場やその支所へ連絡しましょう。

とにかく連絡しよう

まずは所定の番号に電話をするか、窓口を訪ねましょう(窓口を訪ねる場合は、督促状か催告書をお忘れなく)。

そして、滞納していた理由を正直に話しましょう。

例)

  • 仕事が安定せず、収入が途絶えがちになってしまった
  • 督促状をちゃんと見ておらず、放置していた
  • 転職したが、想像していた以上に劣悪な環境で体を壊して働けなくなった

窓口の職員は、あなたを厳しくしかりつけたり、無理やり納付させようとすることはありません。

埼玉県内のある県税事務所の窓口で私が相談したときもそうでした。

なお、災害、病気、ケガ、困窮、倒産による失業など特別な事情がある場合は、保険料減免の可能性もあります。

減免に関しては、都道府県によってさまざまな要件があります。

くわしくは、各都道府県税事務所へ問い合わせてみてくださいね。

一括納付できるなら期日を決めよう

滞納理由を伝えた後は、いよいよ納付方法の相談です。一括納付が可能であれば、期日を決めましょう。

私が相談した県税事務所の職員は、「生活を破綻させることない範囲で、できるだけ早く納付してほしい」と言っていました。

ちなみに、期日を決める際は、納付の根拠をはっきり伝えることが大事です。

例)

  • O月X日に給料が振込まれるので、翌日に全額納めます
  • 親戚からお金を借りて、今月末日までに完納します

具体的な納税予定を提示すれば、「納税の意志がある」とみなされやすいです。

一方、「来月あたりに余裕があったら払う」のような曖昧な提案はダメです。

納税の意志がないとみなされるかもしれません。

分割納付の相談をしよう

一括納付が難しい場合、分割納付にしてもらうのが現実的な方法です。

この場合、「一括で納付すると生活できないので、月々1万5000円の3回払いにしてほしい」といった具体案を示すようにしてください。

また、このとき あなたの生活状況を示す書類を持参すると、分割納付を認めてもらいやすくなります。

例)

  • 給与明細
  • 預金通帳
  • 離職票
  • 医師の診断書

ただし、注意点もあります。

分割回数を増やすと、滞納期間が延びるので、延滞金がかさみます。

さらに、次の自動車税の納付期限の期日になり、ダブル滞納の恐れもあります。

次回の車検日前に完納しよう

滞納分は、次回の車検日前に完納しましょう。

車検には、自動車税の納税証明書が必要です。

車検満了日までに納税が済んでいないと、新たに車検を受けられません。

いかがでしたか?

督促状や催告書が届いたら、放置・無視は厳禁です。

できるだけはやく、都道府県税事務所の窓口へ相談に行ってくださいね。

→ 税金滞納・料金滞納の事例と対処法

カードローン申込数ランキング

今日中にお金を借りたい人に、一番選ばれているカードローンは?

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報