国民健康保険料を滞納し続け...遂に役所に相談にいった私の体験談

私は国保滞納の常習犯でした。

役所から督促の通知は届いていましたが、それも知らんぷり。

しばらくすると、滞納していることも忘れてしまいます。

そんなある日のこと、我が家のインターホンが鳴りました。

突然、役所の担当者が訪ねてきたのです。

あせってネットで調べてみると、

なんと国民健康保険の支払い未納が原因で、預貯金などを差し押さえられた人がいるとのこと。。。

もしかして、かなりマズい状況なんじゃないかと冷や汗をかきました。

貯金はもちろん、車が差し押さえられたら仕事にもいけなくなります。

観念した私は役所へ相談しにいくことにしたのです。

今日はその時のことをお話したいと思います。

また、記事の後半では、自治体で国民健康保険を担当していた元職員や、私以外の滞納者からのお話もまとめてみました。

国保の滞納者には気になることばかりだと思いますので、こちらもぜひ一緒に読んでみてくださいね。

  • 国民健康保険料を滞納すると、どんな督促があるのか?
  • 延滞金は発生するのか?
  • 保険料を滞納したら医療費は全額自己負担になってしまうのか?
  • 分割払いには応じてもらえるのか?

自治体の元職員の話を先に読みたい場合はこちらをクリック

国保を滞納してそのままにしていると、最悪の場合、財産の差し押さえを受けます。

そんなことにならないためにも、この記事を読んで、早め早めに対応をしていきましょう!

今ならまだ間に合うかもしれません。

体験者の情報

名前:柏原 大(仮名)
性別:男性
当時の職業:自営業(広告業)
当時の年齢:31歳
滞納したもの:国民健康保険料
滞納金額:5万6,500円

赤紙が届く、そして自宅のインターホンが鳴った

2011年5月20日、一通の赤い紙が入った封筒が自宅に届きました。

入っていた手紙の内容をかんたんに説明すると、「滞納している国民健康保険の保険料を支払ってください。無理だとしてもすぐに役所に相談にきてください」というもの。

指定された日程は、5月21日から5月23日まで。

いずれも10時~20時の間と書いてありました。

しかし、その3日間はすべて仕事の用事があったので、役所に連絡せずそのまま放置してしまったのです。

すると、6月はじめに私の家のインターホンが鳴りました。

私は仕事で外出していたのですが、その日は偶然 母がおり、「国民健康保険のことで、役所のGさんという人が訪ねてきたよ!」と電話で連絡があったのです。

そのときGさんが置いていった手紙の内容は、「とにかく一度、役所に来てほしい」というものだったので、しぶしぶですが、役所へ相談に行くことにしました。

「5,000円くらいなんとかならないのですか?」

役所の保険年金課のカウンターで手紙を見せると、

所員

中へどうぞ。すぐに担当者が参ります

と所員の方が誘導してくれました。

誘導された場所はパネル状の壁で仕切られていました。

まるで警察の取調べ室のような圧迫感ある雰囲気です。

私が席に着いてからほどなくして、一人の所員が入ってきました。

どうやら先日自宅に来たGさんです。

Gさん

柏原さんですね?Gと申します。よろしくお願いします。

と挨拶を交わしたあと、すぐに本題へ入りました。

Gさん

国民健康保険の保険料の件なのですが、すでに5万6,500円の滞納があります。

このままですと、今後 柏原さんが病院にかかる際、医療費は10割負担となってしまいます

Gさんは淡々と説明してくれました。

それに対して私は、

今すぐ滞納分全額は支払えないし、月々の支払いも厳しい

柏原さん

と正直に話したのですが、Gさんは

Gさん

柏原さんなら月5,000円ですよ?

5,000円くらい何とかならないのですか?

と冷たい視線を送りながら言ってきました。

5,000円くらい...!?

柏原さん

その失礼な言い方に怒りがこみ上げます。

私は思わず、

こちらは自営業で経費も全て負担しているんです。

Gさんが思っているほど5,000円は小額ではありません!

柏原さん

と声を荒らげてしまいました。

「毎月5,000円くらい払えないわけがないでしょう?」と言わんばかりに首をかしげながら私を見下す態度。

本当に腹がたちました。

私は、現在の収入・支出の状況を説明しながら、「どれだけ余裕がないか」を訴えましたが、しばらくは平行線の話し合いが続きました。

すると Gさんは、何かを諦めたように、

Gさん

わかりました。しばらくお待ちください

と言って、席を外してしまったのです。

それから5分くらい経ったあとでしょうか。

Gさんともう一人、年配の上司らしき人が入ってきました。

柏原さん、はじめまして。Oと言います。

保険料のお支払いの件ね、あなたのお話はよくわかりました。

自営業だと大変だね。

毎月、半額でも良いから、なんとか払ってくれませんかね?

Oさん

さきほどのGさんの対応と全く違ったので少し驚きましたが、「半額であればなんとかなるかもしれない」と思い、私も承諾しました。

それからまた少し待たされた後、半額(2,500円)になった払い込み用紙と、今後の状況確認の実施についての案内を渡されました。

その際、Gさんが一言。

Gさん

また状況を確認しますので、2ヵ月後の指定してある3日間のうち、どれかの日に来れますね?

「来れますね?」という決め付け言葉にまたしても怒りがこみ上げてきます。

そんなの仕事次第だからまだわかりません!

柏原さん

と強い口調で言い、役所を出ました。

震災の影響で仕事が激減!いまだ完済できず

役所に相談に行ってから数ヵ月が経ち、東日本大震災がありました。

その影響で、東京から請けていた広告関連の仕事が激減してしまったのです。

そのせいで収入も減ってしまったので、かなり厳しい状況ですが、それでも若干の余裕があるときに2,500円支払うようにしています(もちろんまだ滞納分は完済できていませんが)。

その結果、通常の保険証ではなく短期の保険証をもらうことができました。

あのとき役所に相談に行っておいてよかったです。

私のように、滞納分を一括で支払うのが厳しい方も、ぜひ一度 役所に相談に行ってみてください。

もしかしたら、私のケースのように分割払いに対応してくれるかもしれませんよ。

しかしながら、役所のGさんの対応はいかがなものかと思いました。

もちろん、支払いが出来ない私も悪いのですが、こちらは生活が苦しくて支払えないのですから、そのような相手の気持ちに立って対応してほしいものです。

公務員は決して上層階級ではないと思います。

カードローン申込数ランキング

今日中にお金を借りたい人に、一番選ばれているカードローンは?

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報