カードの焦げ付き・滞納が原因で企業融資が受けられない【体験談】

わずか数十万の借入れをしただけなのに、いつまでも返済しないで放置してしまった私は、その後大変な事態に見舞われることになります。

融資を受けてお店を開く予定だったのに、気がつくとカードも作れず、ローンも組めず、誰もお金を貸してくれない状態になっていたのです。

キャッシングするのは手軽で便利ですが、返済を甘く見ていると、とんでもないことになってしまいます。

体験者の情報

名前:高梨 洋介(仮名)
性別:男性
当時の職業:フリーター
当時の年齢:23歳
会社名:セディナ
借入件数:1件
利用時期:2010年2月~2013年6月
当時の借金の合計金額: 20万円

わずかな借金でも放置はダメ

私が楽天カードのキャッシングサービスを利用してお金を借りたのは、「友人と約束していた旅行資金を用意するため」という単純な理由でした。借入れしたのはわずか20万円。

ところがこのわずかな返済を放置したばっかりに、私は自分の店を持つために利用するはずだった融資を受けられなくなってしまいます。

借金の催促で怖い目に遭うことはありませんでしたが、後から痛い思いをするハメになった体験談です。

楽天のクレジットカードに付随したキャッシング機能

当時、私は外資系の通信会社の派遣社員で、月収は30万円くらいもらっていました。しかし浪費グセがあったために、貯金はありません。

その頃、ネットショッピング用に楽天銀行のクレジットカードをインターネットで申し込みます。このカードにはキャッシング機能も付いていたので、限度額は30万円に設定しました

審査の際、クレジット会社から私の勤務先に在籍確認の電話が入ったようですが、大企業だからか事務の方から私の方へは特に連絡はありませんでした。

しかし楽天銀行カードが手元に届いても、一度も使うことはなく、しばらくそのカードの存在自体を忘れてしまいます。

こうして30万円のキャッシング枠を利用しないまま、カードは財布に入っているだけの状態で、半年ほどが経過しました。

旅行のためにキャッシングを利用

その頃、私は働いていた派遣会社を退社していました。

しかし次の仕事まで暇ができたので、友人と遊んだり飲みに行ったりするうちに貯金が底を突いてしまいます。

そんな時、友達から電話が来たのです。

「1週間後に沖縄本島へみんなで旅行に行くだろう? お前の航空券も予約してチケット代は立て替えておいたから、払ってくれ」

実は沖縄本島へ3泊4日の男4人旅に誘われていたのです。旅行代は10万円もあれば足りると言われていました。

しかしこの時までその約束をすっかり忘れていた私は、あわてて友達にチケット代を払いました。ところがそれで完全に無一文になってしまいます。

どうしようかと思っていたところ、たまたま楽天から来たダイレクトメールで「セディナ」という会社のキャッシングサービス案内を目にしました。

楽天カードのクレジットサービスは、クレジット会社の「セディナ」が担当していたのです。

そこには「30万円利用可能」と書いてあり、私はこれで忘れていたキャッシング枠のことを思い出しました。まさにお金に困っていた私にとっては「渡りに船」。

家族に借りるのも気が引けると思っていたところだったので、このセディナのサービスを利用することにしました。

退職後でも借りられた!

私はキャッシングをするために、普段よく使っている銀行のATMへ向かいました。

初めてのキャッシングということもあり、かなり緊張します。またいろいろと面倒な作業が待ち受けているだろうと思っていました。

ところが実際は窓口にも行く必要もなく、特にこれといった手続きも審査もありません。

ATMの案内に沿って何度かボタンを押し、借入金額を入力しただけで、あっという間に現金が出てきたのです。結局、20万円を14%の金利で借入しました。

この楽天銀行のカードを作った時はまだ派遣社員で、安定した収入がありました。だからすんなりと審査に通ったのでしょう。

しかしカードを使うことになった今の私は、会社を辞めていて収入は不安定です。今カードを作りに行ったら、審査には通っていなかったかもしれません。

ですから本当に借りられるのか不安だったのですが、意外にもあっさりお金が手に入りました。

カードを作った後に退職しても、そういう情報はカード会社には伝わらないみたいです。

そのおかげで今回借りることができたわけですが、今の私のように収入の見込みがないのに借りることができてしまうのは少し恐ろしい気もします。

催促の電話を放置し続ける

こうして友人たちと沖縄旅行へ行くことができました。

しかし浪費グセのある私は、借り入れした20万円を沖縄滞在中に全額使いきってしまい、帰りの羽田空港で友人に食事をおごってもらう始末でした。

しかもその後、借金をしていることなどすっかり忘れてしまったのです。

キャッシングとはいえ操作が簡単で、銀行の口座からお金を引き出すような感覚に近かったので、借金をしたという意識が低かったのかもしれません。そしてその後は返済を一度も行わず、放置してしまったのです。

当時はアパートに独り暮らしをしていたのですが、郵便物はすべて実家に届くようにしていました。

しばらくしてセディナから、借入状況が書かれた払い込み用紙付きの督促状が届いていたようですが、家族は私あての郵便物は触らないので、私は催促状が届いていたことすら知りませんでした。

しかも自分のアパートには固定電話を引いておらず、派遣会社を退社後に携帯番号も変更していたので、セディナから私へ直接つながる連絡手段はありません。

実家にはセディナから電話も来ていたらしいのですが、家族が出ても「本人はいない」と答えてそれで終わりです。

またセディナは私が借金していることを家族に勝手に話したりはしませんでした。ですから家族は何も知らず、セールスの電話だろうと思っていたようです。

企業融資を受ければ返済できる

しかし久しぶりに実家に帰った時に、「最近セディナって所からよく電話が来る」と言われました。私はたまった郵便物も確認し、それでようやく借入していたことを思い出したのです。

もちろん返済しなくてはと思ったのですが、当時の私は飲食店を開業することになっていて、その準備に追われていました。

開業のための勉強をしながらアルバイトをしていて、月収10万円前後のぎりぎりの生活です。

生活費以外は、本を買ったり講習会に行くための資金に使っていて、返済に回す余裕がありません。こうして「来週こそ、来週こそ」と返済を先延ばしにする日々が続きました。

しかも開業資金の調達の相談をしていた銀行員の先輩に、その借金のことを打ち明けたところ「起業融資を受けたら、その資金で返せばいいから大丈夫」と言われたのです。

私はそれを信じて安心していました。ですから私は返済の意志があることを、セディナに伝えることもまったくしませんでした。

やがて実家への催促の電話も次第に来なくなり、たまに督促状が届くだけになります。

このように、ドラマで見るような借金取りが怒鳴ってくるうっとうしい催促はまったくありませんでしたから、危機感を持つことがないまま時間が過ぎて行きました。

カードの焦げ付きのため融資が受けられない

私は飲食店を開業するために、銀行や日本金融政策公庫から、300万円ほどの起業融資を受けるつもりでいました。そしてこの融資が下りたら、先輩のアドバイス通り、ここからセディナへの返済もするつもりでいたのです。

ところが、まずいことになりました。融資を受ける時には保証会社が必要ですが、その保証会社に「私が過去にキャッシングをしてまったく返済していない」という情報が伝わっていたのです。

私は「返済意志のない人」とみなされ、銀行などから融資を受けることができませんでした。

カードの焦げ付き」というらしいのですが、銀行の融資担当窓口の人にも、カードの焦げ付きがあると融資の審査はなかなか通らないと言われてしまいました。

ところがこの時すでに、開業する店の不動産契約も済ませてしまっていたのです。

開業資金がどこからも調達できず、私は本当に頭を抱えてしまいました。

銀行員の先輩は、「20万円程度のカードの焦げ付きなら気にせず貸してくれるはずなのに、おかしい」と言います。

理由は定かではありませんが、「2011年の震災以降、新規の人間への融資の審査基準が厳しくなったのかもしれない」などと言われました。

カードも作れず、ローンも組めない

こうして当初は300万円の資金で開業する予定が、急遽祖母から貸してもらった80万円で、無理矢理店を開業することになります。

その後も店の運営資金を優先せざるを得ず、セディナにはなかなか返済できませんでした。

店の売り上げが上がればすぐに返せるところなんですが、そうなかなかうまくいってくれません。

しかし全額返す意志はあるのです。ただし私は相変わらずセディナからの電話には出ないようにしています。そして自分が払える時に払える額だけ、少しずつ返済しています。

現在は利息を合わせた総額およそ25万円を、3ヶ月に一回くらいのペースで1万円~3万円ずつ返済しているところです。2013年6月現在は、残額13万円になっています。

私のようにたった20万円借入しただけなのに早めに返済しておかないと、いざという時に困ったことになってしまいます。

キャッシングを利用する時は「返済の計画をちゃんと立ててから借りること」「今は総額いくら借りているのか」「どれくらいの期間で返済が完了するのか」「毎月いくらぐらい返済に充てなくてはならないのか」などのことを、きちんと把握しておかなければいけないと痛感しているところうです。

→ 【ビジネスローン徹底比較】都市銀行・地銀ノンバンクのレビューまとめ

カードローン申込数ランキング

今日中にお金を借りたい人に、一番選ばれているカードローンは?

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報