休職中でもキャッシングの審査に通る?実際に電話で問い合わせてみた!

キャッシングの審査で最も問われるのは、あなたの「返済能力」です。

「安定・継続した収入があるか」これがキーポイントになります。

無職で収入ゼロの人が審査に通ることはないでしょうが、事情があって会社を休んでいる場合はどうなのでしょうか?

休職中というだけで審査に通らなくなってしまうのでしょうか?それとも、何か特定の条件をクリアすれば審査に通過するのでしょうか?

今回は、

  • 休職中でも審査に通る可能性は?
  • 休職中でも審査に通るケースとは?

について、実際に大手消費者金融や銀行カードローンに問い合わせた結果をまじえて検証したいと思います。

休職中でも審査に通る可能性はある?

基本的に、休職中だと審査に通る可能性はかなり低くなるといえるでしょう。復職の目処が経っていない場合は特に厳しいと思います。

ただし、給料が支給されている、副収入がある、配偶者に収入があるなど、ケースによっては審査に通る可能性があります。

休職中でも審査に通るケースとは?

給料が支払われている場合

休職中でも、会社から給料の支給がある場合は、キャッシングの審査に通過する可能性があります。減額支給の場合も同じです。

ただし、申し込みの時点で必ず「休職中であること」を申告しておきましょう。

下手に隠すのはやめておいたほうが無難です。なぜなら、審査の過程で必ず在籍確認があります。

在籍確認とは、金融機関の担当者が、あなたの勤務先に電話をかけ、その会社に本当に勤めているのか確認する作業です。その過程で休職中だということがわかってしまう可能性は高いでしょう。

黙っていて後々わかってしまうと、一気に信用がなくなります。必ず自分から申し出ておきましょうね。

副収入がある場合

勤務先からもらうお給料とは別に副収入がある場合、それを申告すれば審査に通るかもしれません。

ただしこの場合、源泉徴収票、所得証明書、確定申告書など 収入の証明となる書類の提出が必須となるでしょう。

ちなみに、書類で証明できない収入は、たとえ額が大きくてもNGです。例えばパチンコや競馬で得たような臨時収入は認められません。

実際、休職中に審査に通る可能性はどの程度あるのでしょうか?

事実を調査するため、大手消費者金融と銀行カードローン計9社に、

  • 休職中でも審査に通る可能性はありますか?(無給の場合)
  • 休職中で給与が支給されている(ただし減額されている)場合、審査に通る可能性はありますか?
  • 休職中(無給の場合)でも、副収入がある場合はそれを申告すれば申し込めますか?

以上を問い合わせたので、その結果を表にまとめてみました。

  休職中でも審査に通る可能性はありますか?(無給の場合) 休職中で、給与が支給されている(ただし減額されている)場合、審査に通る可能性はありますか? 休職中(無給の場合)でも、副収入がある場合はそれを申告すれば申し込めますか?
アコム 可能性なし 可能性なし
(ただし在籍確認が取れれば審査に通過する可能性あり)
副収入でも、安定した定期収入が見込めれば審査可能。
(ただし、収入証明書類が必要な場合あり)
プロミス 可能性なし 可能性なし
(ただし在籍確認が取れれば審査に通過する可能性あり)
本業と副業の収入を足した収入にて審査可能。
アイフル 可能性なし 可能性なし 副収入でも、安定した定期収入が見込めれば審査可能。
(ただし、収入証明書類が必要な場合あり)
モビット 可能性なし 可能性なし 副収入でも、安定した定期収入が見込めれば審査可能。
新生銀行カードローン レイク 可能性なし 可能性なし 審査可能。
しかし、副収入は定期的・安定的な収入でないと不可。
みずほ銀行カードローン 希望する借入額によっては審査可能である。
過去の就業状況(収入を含む)、将来性にて総合的に判断する。
審査可能。
ただし希望する借入額によっては、対応出来ない場合あり。
副収入が安定的かつ継続的であるものかどうかが焦点。
実際に審査してみないとわからない。
三菱東京UFJ銀行カードローン 可能性なし 可能性なし 申込み自体は可能だが、審査通過は厳しい。
(副収入が安定的かつ継続的であるものかどうかが焦点。)
三井住友銀行カードローン 実際に審査してみないとわからない 実際に審査してみないとわからない 実際に審査してみないとわからない
楽天銀行スーパーローン 可能性なし 可能性なし 副収入でも、安定した定期収入が見込めれば審査可能。
(ただし、収入証明書類が必要な場合あり)

この結果を見る限り、休職中にキャッシングを申し込んだ場合、審査に通過するのは、なかなか厳しそうですね。(給料が支給されているか否かに関わらず)

一方、副収入がある場合はそれを申告して申し込むことができそうです。

ただし、審査通過の鍵は「安定的・継続的な副収入」であるかどうか。「安定的・継続的な副収入」であることを証明できないと、審査通過は厳しいものと思われます。

配偶者に収入がある場合

休職中で収入0でも、配偶者に収入がある場合は審査に通るかもしれません。

これは、「夫婦の年収(合算)の3分の1までお金が借りられる」という「配偶者貸付」の制度があるためです。

配偶者貸付を利用するには、

  • 配偶者の同意書
  • 配偶者の収入証明書
  • 婚姻関係を証明する住民票や戸籍謄本などの書類

これらの書類が必要になります。

ただし、たとえ配偶者の収入が安定していても、既に夫婦の年収(合算)の3分の1以上の借入れがある場合、新たなキャッシングは利用できません。

この制度を利用するときは、自分と配偶者の借入残高を調べてから申し込むようにしましょう。

また、最近では配偶者貸付を実施していない金融機関が増えています。(代表的な消費者金融であるアコム・プロミス・アイフル・モビットも、現在は配偶者貸付を実施していません。 2013年8月現在)

配偶者貸付を実施している金融機関については、『専業主婦も借りられるカードローン一覧。知らなきゃ損する配偶者貸付』を確認してみてください。

クレジットカードを持っているなら、キャッシング機能を利用しよう

ここまで、「休職中でもキャッシングの審査に通ることができるのか」検証してきましたが、すでにクレジットカードを持っているのであれば、クレジットカードに付帯しているキャッシング機能を利用することができます。

最近は、大半のクレジットカードにキャッシング機能がついています。利用限度額は数十万円とあまり高額ではない場合が多いですが、困ったときにありがたいですね。

クレジットカードキャッシングの金利相場は15%~18%なので、だいたい消費者金融で借りるのと同じくらいです。

もちろん、既にカードを持っているなら、改めて審査を受けたり申込みをする必要もありません。手持ちのクレジットカードのキャッシング利用方法を調べ、利用を検討しましょう。

休職中にキャッシングを利用するときの注意点

休職中にキャッシングを利用する場合、どのようなことに気をつければいいのでしょうか?

休職中ということを忘れず、計画的に利用すること

まず第一に考えなければならないことは、返済をどうするかです。

お金を借りたら利息をつけて返さなければなりません。

各金融機関の返済シミュレーションを利用するなどして、毎月ちゃんと返済していけるのかよく検討してから利用するようにしましょう。

また、キャッシングは「本当に困ったときだけ」「一時的な資金として」利用すること。これも鉄則です。

違法業者に注意

いくらお金に困っていても、絶対に利用してはいけない業者、サービスがあります。

まず「収入がない方OK!お金貸します」というような広告を出している金融業者がありますが、このようなところは絶対利用してはいけません。違法な金融業者です。

違法業者の特徴や見分け方については、『違法金融業者の特徴と見分け方』にて詳しく紹介しています。

また、同様に「クレジットカードの現金化」にも絶対に手を出してはいけません。

クレジットカード現金化を利用してはいけない理由については、『カード現金化(ショッピング枠)を使うと自己破産もできなくなる!』『クレジットカード現金化を絶対に使ってはいけない5つの理由と甘い罠』にて詳しく説明しています。

カードローン申込数ランキング

今日中にお金を借りたい人に、一番選ばれているカードローンは?

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報