元消費者金融社員に聞く!キャッシング限度額を増枠されやすい人の条件

消費者金融でお金を借りていると、「増枠しませんか?」という勧誘を受けることがあります。「増枠」とは、あなたが借りられる金額の限度が上がることです。

では、どうすれば増枠されるのでしょうか。もちろん誰でも簡単に増枠されるわけではなく、条件があります。

どんな人が増枠の対象になるのか。また、いくら増枠されるものなのでしょうか

今回は、増枠がどのように決められているのか、実際に消費者金融で勤務されていた男性から話を聞くことができました。

増枠されやすい人の条件、増枠金額、増枠のタイミングなどを詳しく伺っています。

今回インタビューにご協力いただいたのは...

名前:小林 智(仮名)
性別:男性
勤めていた金融機関:大手消費者金融 A社
勤めていた期間:2002年~2007年頃
仕事内容:主に営業、債権回収

  • 目次
  • 消費者金融の元社員が明かす、「増枠」の実態
  • 「増枠」は社内評価に繋がる大切な仕事
  • 増枠の対象になる「優良な客さん」とは?
  • お客さんから増枠して欲しいと言われたら?
  • 消費者金融の社員のお給料はいくら!?
  • おまけ:消費者金融で働いている人ってどんな人?
  • インタビューを終えて

※ 編集より補足
今回、インタビューに応じてくださった小林さん(仮名)が大手消費者金融にお勤めだったのは2002年~2007年頃のこと。したがって、現在の状況とはだいぶ異なる部分もあるかと思います。そのことを念頭に入れてお読みください。

消費者金融の元社員が明かす「増枠」の実態

今回、お話をうかがったのは、小林智(仮名)さん。

彼は20代の頃、漫画の「ナニワ金融道」やVシネマ「ミナミの帝王」に憧れて、消費者金融大手A社に就職しました。

東京都内の店舗で5年間勤務。窓口業務や債権回収など、さまざまな仕事を担当されていたそうです。

そのなかで、営業成績に関わる重要な仕事のひとつが「増枠の案内」でした。

増枠とは何か?

「増枠」とは、お客さんの利用限度額を増やすことです。

例えば20万円の限度額のある人が「優良なお客さん」と判断されると、限度額が「30万円」や「50万円」に増えることがあります。

お客さんにとっては、限度額が大きいほどたくさんのお金を借りられますから、ぜひ増枠して欲しい!という人もいるでしょう。

では「優良なお客さん」と判断されるのはどんな人なのでしょうか?

実際に増枠決定の裏側で仕事をされていた小林さんに詳しく話を聞くことができました。

増枠は社内評価に繋がる大切な仕事

― 消費者金融の社員さんにとって、増枠はどんなお仕事でしょうか?

当時の消費者金融の営業と言えば、駅前でティッシュを配ることと、お客さんに「増枠の案内」をすることがメインです。

特に増枠の案内は、社内評価や店舗の営業成績に関わる重要な仕事でした。

消費者金融は、お客さんにたくさんお金を借りてもらうほど利益が大きくなります。ですから毎月「○○店では総額△△△万円増枠した!」と、店舗同士を競わせているんです。

つまり、「たくさんのお客さんの利用限度額を増枠したい」のが消費者金融の本音です。

私たちは、優良なお客さんに対して積極的に増枠の案内を行っていました。

― 増枠の案内はどんな風にするのですか?

優良なお客さんに電話で案内します。

「限度額を△△万円まで増枠できますが、いかがなさいますか?」と聞くんです。

― 最初の契約からどれくらいで増枠の案内をするのですか?

契約後、3ヶ月~6ヶ月くらいの間に案内をすることが多かったですね。

契約後1ヶ月程度で増枠の案内をすることはありません。1ヶ月で優良なお客さんと判断するのは難しいからです。最低でも契約後3ヶ月は様子を見る必要があります。

― 増枠案内は毎日しているのですか?

毎日ではありません。毎月末日の一週間前が営業の強化週間になっていて、みんな一斉に電話をかけていました。

― 増枠案内をした時の、お客さんの反応は?

ほとんどの方がOKしてくれてましたね。

たまに「これ以上の枠はいらない」と断る方もいらっしゃいましたが。

でも、私としては増枠いただければ営業成績が良くなるので、「借りなくてもいいので増枠だけしませんか?」と頼み込み、OKをもらっていまいた。

もちろん、それでも断る方には増枠しません。

増枠の対象になる「優良なお客さん」とは?

― 増枠の対象になる「優良なお客さん」とはどのような方ですか?

第一にきっちり返済している方です。

返済日を守ることはもちろんですが、返済日よりも前に入金すると、より信用されます。例えば「4月5日に返済すべきところを4月1日に返済する」ような人です。

また、返済額が多めの方も信用度が高くなります。

たとえば、毎月の最低返済額は1万5,000円なのに3万円とか5万円とか、多めに返済する方ですね。

つまり「早めに入金する」「多めに入金する」ことがポイントです。

― 増枠の金額はいくらぐらいですか?

「50万円⇒80万円」「50万円⇒100万円」、この二つのパターンが多かったです。

もともと限度額が少ないお客さんでも、「20万円⇒50万円」になることはありました。

― 増枠の額はどのように決めるのでしょう?

重要視されるのは、勤め先・勤続年数・年収などの属性や、これまでの返済実績です。

きちんと仕事を持っていて安定した収入があり、返済をきっちりしていれば、増枠の額は上がっていきます。

― フリーターや派遣社員でも増枠の対象になるのですか?

増枠を判断する時に、職業などの属性は重要視されます。ただし、フリーターや派遣社員でも、返済がきちんと行われていれば問題はありません。

増枠の対象にならないのは、順調に返済できていない方たちです。

対象にならない方は全体の5割程度でした。

― 「どのお客さんに増枠の案内をするか?」は誰が決めていたのでしょうか?

優良なお客さんの情報は支店長が管理しています。支店長が毎月それをチェックして、「この方に増枠の案内の電話をかけてください」と社員に指示を出すんです。

ただ、社員の方から「この方は優良客ですよ」と提案して、電話をかけることもありましたよ。

お客さんから増枠して欲しいと言われたら?

― お客さんから「増枠して欲しい」と頼まれて増枠する場合はありますか?

お客さんからの希望でも、増枠は可能です。A社では基本的に「対応できる範囲であれば対応する」というスタンスでした。

ただし、半年以上利用していて、返済に一度も遅れていないことが最低条件です。

そのうえで、お客さんの信用情報をチェックし、「他社の借入れがない、もしくは増えていない」ということがわかれば、増枠されます。

もちろん、この場合も支店長に判断を仰いでから決定しますが。

― 限度額いっぱい借りている人に「増枠して欲しい」と言われたら?

限度額が50万円なのに、すでに50万円借りているようなお客さんの場合ですね。

そういう方でも、上記のような条件が満たされていれば、基本的に増枠していました。ただし、増枠額は少なめ(10万円程度)でしょう。

― カードを作っただけ(契約しただけ)で、借入実績がない方から増枠の依頼を受けた場合はどうするのですか?

「カードを作っただけで、休眠したまま(借入れをしていない)」という人は増枠の対象外です。「継続して利用している」実績が必要です。

消費者金融の社員のお給料はいくら!?

― 「増枠」以外にも、お客さんへ営業をする方法があると思います。たとえば、A社以外でも借りている人に「A社に借り換え(おまとめ)しませんか?」とすすめることはありましたか?

他社の借入れを「うちでおまとめしてください(借り換えしてください)」という営業は、当時(2002~2007年ごろ)のA社ではやっていませんでした。

あの頃は「おまとめ」という言葉自体、ほとんど知られていなかったと思います。

― お客さんの増枠が成功したら、その営業成績が給料に反映されることはありましたか?

ありましたね。社内では「いかにお客さんにお金を貸したか」が評価の対象でしたから。

たとえば「限度額がこれだけありますから借りてくださいよ!」と営業をかけ、借りてもらえればそれは実績になります。

契約時に担当したお客さんは自分のお客さんとなるので、そのお客さんに増枠の案内をして、新たに借入れをしてもらえれば評価され、給料に反映されました。

― ちなみに、お給料はどれくらいもらっていましたか?

手取りで33万円~36万円くらいあったと思います。

働いていた当時は25歳前後でしたが、もし30歳を過ぎて同じところに勤めていたら、さらにもらっていたかもしれませんね。

同年代の人に比べても、よかったのではないでしょうか?

おまけ:消費者金融で働いている人ってどんな人?

― 消費者金融で働いている人は、どんなタイプの人が多いのでしょうか?

自分の印象では、几帳面な人が多かったです。

具体的に言うと、机の上をいつもキレイにしているとか、時間に正確で就業時間より30分早く会社に来ているようなかんじです。

消費者金融にはいろんな先入観があるかもしれませんが、残念ながら働いている人に怖い人はいません(笑)

― 入社試験ではどんなことを聞かれましたか?

僕は中途で入社したのですが、入社試験でも「几帳面な性格かどうか」を見られていたのかもしれませんね。お金を扱う仕事ですから。

面接ではいろいろな質問をされたのですが、なかでもびっくりしたのは「今日は新聞を読まれましたか?」と聞かれたことです。まさか消費者金融の面接で、新聞の話をされるとは思わなかったので...。

他には志望動機や入社したらやりたいことなどを聞かれました。

また、面接のときに業務内容の説明もあって、「このような仕事ですが大丈夫ですか?」といった逆質問を受けたことも印象的でした。

― 消費者金融で働くことになって周囲の反応は?

反応はいたって普通で、特に反対されることはありませんでした。

テレビでコマーシャルもやっているような大きな会社でしたから。

― またこの仕事をしてみたいと思いますか?

また働きたいとは思わないですね。
消費者金融業界の裏の世界も知ることができて、もう満足したので(笑)

インタビューを終えて

現在は消費者金融から離れ、別のお仕事をされているという小林さん。終始落ち着いた様子で、消費者金融の裏側を話してくれました。

インタビュー中の彼の受け答えは大変緻密で、話も理路整然といていました。きっと、小林さん自身も大変几帳面な人なのだと思います。

最後に、小林さんが語ってくれた「増枠の対象になる方の条件」をまとめてみました。

  • 仕事や収入が安定している
  • 最低3か月の利用実績がある
  • 返済日までにきちんと返済をしている(やや早め・多めに返済するとより良い)
  • 他社から新たに借り入れしていない

ただし小林さんがA社に勤務していたのは、2002~2007年のことなので、現在(2014年)とはやや状況が異なる部分もあるかもしれません。

小林さんにはまだまだお話を伺いました。つづいての話題は「債権回収(つまり返済の督促)」についてです。

また、前回のインタビューでは「窓口業務(主に融資の審査)」について詳しいお話を伺っています。気になる方は、こちらからご覧ください。

カードローン申込数ランキング

今日中にお金を借りたい人に、一番選ばれているカードローンは?

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報