税金・国保滞納による差押えを役所に泣きつき逃れました【体験談】

会社に勤めている間は、国民健康保険料や住民税などの社会保険料は、給料から天引されることが多いです。

しかし会社を辞めた途端に、自分で支払う義務が生じ、思わぬ負担になることがあります。

私は自分の生活費や娯楽費を優先したために、こうした社会保険料を滞納し、大変苦労するハメになりました。

体験者の情報

名前:木村 あかり(仮名)
性別:女
年齢:20~27歳(期間)
職業:会社事務員
滞納金額:不明
滞納期間:2004年1月~2010年4月
何を滞納していたか:国民健康保険・市民税

税金滞納・役所に泣きついて財産差し押さえを免れるまで

当時の私は20歳そこそこの遊びたい盛り。

携帯代やクレジットカードの支払いがかさみ、月2万円の国民健康保険料を2年以上滞納、とうとう保険料を全額負担しなければならない事態になってしまします。

さらに市民税も1年ほど滞納、こちらは「財産差し押さえ」の通知が来てしまったのです。

役所に泣きついて分割で支払うことになりましたが、もう滞納はしないと心に誓った私の体験談です。

健康保険料を滞納

当時の私は、まだ社会人になったばかりの実家暮らし、月収はおよそ20万円でした。

19歳の時に就職した最初の会社では、社会保険に加入することができました。ですから、国民健康保険や年金の保険料は、お給料から自動的に引かれる形で支払っていたのです。

その後、その会社を20歳の時に退職。

すぐに再就職したのですが、その会社には社会保険がなかったので、自分で国民健康保険に加入、保険料は自分で支払いをしなければならなくなりしました。

しかし女の子ですから、化粧品に洋服、外食など、保険料以外の出費もかさみます。

支払いは、引き落としではなく、金融機関での窓口払いだったので、つい忘れてしまうこともありました。

しかもお給料がアップするにつれ、健康保険料もどんどん上がっていき、2~3年後には2万円ほどになってしまいます。

それで、私は自分のお金が減るのが嫌になり、保険料を支払わなくなってしまったのです。

役所から届いた赤い催促状

この頃の健康保険料は、月に約2万円の支払いですから、1年では約24万円です。しかし私が支払ったのは、その間の たったの1~2回でした。

そして、とうとうある日、督促状が届いてしまったのです。

督促状は、始めのうちは、数ヶ月に1回、茶色い封筒で来ていました。中身は、納付書と「納期はきちんと守りましょう」と書かれた文書。

しかし、それでも支払わずに放置していると、今度は赤い封筒が届きました。

これには親も驚いて、私にだまって封筒を開け、中身を見たようです。

こうして私が国民健康保険料を滞納しているということが、親に知られてしまい、「払える分は払いなさい」と言われてしまいます。

しかし私には貯金もありませんでしたから、まとめて払うこともできませんでした。

最低1万円は払わないと健康保険が継続できない?

保険料を支払えない私は、仕方なく役所に相談に行きました。

対応したのは、滞納を担当しているらしい年配の男性職員です。

相談は隣の人の会話が聞こえないような、仕切られた場所で行われ、何だか悪いことしているような、後ろめたい気持ちになりました。

担当職員は、私の前年度の収入が記載された記録を持ってくると、私の懐具合について、あれこれ質問をしてきます。

「今も同じ会社で働いてるの?」
「毎月、ローンの支払いとかあるのかな?」
「ん~、このくらい収入があったら、みんな1万円くらいは払っているんだよ」

そこで私が「5000円なら払えます」と伝えたところ、「最低、1万円は払ってもらわないと、保険証が継続できないよ」と言われてしまいました。

私は仕方なく、毎月1万円ずつ支払う約束をして、その日は帰りました。

保険が効かない保険証になってしまった!

こうして役所の職員との相談後は、1ヶ月おきぐらいに保険料を支払っていましたが、そのうち徐々に間隔があいて、再び支払いが滞るようになりました。

そして国民健康保険料を滞納しはじめて3年目に、保険証が1年間有効のものから、有効期限3ヶ月のものになり、さらに滞納を続けるうちに、とうとう受診時の医療費全額負担の保険証が届いてしまったのです!

それまでは薄黄色の保険証だったのですが、白い保険証になっていたので、私はびっくりしました。

3割負担から全額負担になると、コンタクトレンズを作るために眼科にかかる費用も、馬鹿になりません。

私は、再び役所に相談に行きました。

またしても、私の毎月のお金の使い方を聞かれます。

「車は持ってる?支払い、いくら?」
「携帯代はいくら?」

本当に突っ込んだことまで、いろいろ聞かれます。私は毎月の支出について、正直に答えました。

まず、実家暮らしでしたが、家賃や生命保険の支払い分として、8万円を親に渡しています。

また携帯電話は数台契約していましたから、合計3万円ほど料金を払っていて、ほかに車のローンに各種保険料、クレジットカードの支払い、食費を引くと手元に残る現金は2万円ほどだったのです。

その上、国民健康保険料を毎月2万円ずつ支払うと、現金は残りません。

しかしそれでは話が進まないので、毎月1万円ずつ支払う約束をして、ようやく3ヶ月間有効の保険証をもらうことができました。

何回か役所に相談に行っているうちに、ある時担当の職員が「国民健康保険料の徴収権は、2年を経過すると時効になる」と口にしたのです。

これを聞いて、「2年間放置すれば、保険料を払わなくてもすむのではないか」と考えましたが、実は、そういうわけではありませんでした。

確かに、法律上「国民健康保険料の徴収の権利は2年で時効により消滅する」そうですが、督促状が届くと時効は無効になるそうです。

つまり、結局は払わざるをえないのです。

今度は15万円の市民税の請求

そんな滞納生活をしている間に、私は結婚し、それを機に退職。

ところが、退職した数か月後に、今度は約15万円の市民税の請求が届いたのです。

健康保険料は自分で支払わなければなりませんでしたが、市民税はそれまで給料から引かれていました。

しかし、退職すると昨年度の税金は、自分で支払わなければいけません。

でも私は結婚後仕事をしておらず、貯金も結婚資金でほとんど消えていました。15万円も払える余裕はありません。

そこでまたも役所に相談することにします。

私は結婚後引っ越したので、今度は窓口まで行くことができず、電話で相談しました。

そして15万を3期に分けて支払う納付書が来ていましたが、それを毎月1万円ずつ払うという約束で、納付書を作り直してもらったのです。

しかし毎月1万円でもなかなか払えず、その後も出産でお金がかかったりして、滞納が続きました。

ところが市民税を滞納しはじめて1年経った頃、突然「財産を差し押さえます」という告知書が届いたのです。

「差し押さえ」の文字に私は焦りましたが、急いで役所の納税課に電話をかけ、何とか差し押さえは免れました。

私はこれでようやく目が覚め、現在は市民税の15万円を毎月1万円ずつ真面目に支払っています。そして今年中には支払いが完了する予定です。

このように退職するなら、あとから請求される税金のことも考えて、勤めているうちに貯金をしておいたほうがいいと思います。

一方、国民健康保険料の支払いもコツコツと支払いを続け、残りはあと3万円になりました。

税金はきちんと納めなくてはいけません。

真面目に支払ってさえいれば、私のように、督促状が送られてきてから頭を下げて相談しなくてもいいのです。

どうしても支払いができない場合は、きちんと役所に相談に行きましょう。

→ 税金滞納・料金滞納の事例と対処法

カードローン申込数ランキング

今日中にお金を借りたい人に、一番選ばれているカードローンは?

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報