キャッシング無人契約機の審査、在籍確認の裏側を元業界社員が徹底解説

今回は大手消費者金融会社で無人契約機(自動契約機)のオペレーターをされていたお三方にインタビューを行い、

「だれもいない無人契約機の向こう側がどのような仕組みになっていて、どうやって審査が進んでいくのか?」

についてお話を伺いました。

無人契約機は、インターネットや電話で申込むより早く現金を受け取れ、誰とも顔を合わす必要がないので、急いでいる人に人気の申込方法です。

しかし、こんなマイナス面があるって知っていましたか?

たとえば、審査中は無人契約機の外に出ちゃダメなんです。

審査時間は最長で30分~1時間にもなりますから、その間ずっと無人契約機内にとどまっていないといけません。

しかも、審査中は機械を通してオペレーターがあなたの言動をチェックしています。

あまりいい気持ちはしませんよね。

その他にも無人契約機にはメリットとデメリットがありますので、今回はそれらをオペレーター目線で解説してもらいました。

  • オペレーターには何を聞かれるのか?
  • カードを受取るまでは何分かかるのか?
  • 無人契約機での言動が審査に影響するのか?

特にこのあたりの点を深く突っ込んで話を聞いていますので、家を出る前にぜひ読んでみてくださいね。

自動契約機(無人契約機)の中では何が行われる?

自動契約機に行って、キャッシングやカードローンの申込みをするとき、契約機の中では何が行われるのでしょうか。

まずは申込みからカードが発行までの流れを確認しましょう。

オレンジの工程は、あなた(申込者)が行う工程です。

  • 自動契約機に入室します

  • 申込みの流れやカード発行までの所要時間について、自動音声による説明があります

  • タッチパネルで申込みに必要な個人情報を入力します

  • 本人確認書類・収入証明書などの必要書類を備え付けの機械でスキャンします(申込み完了)

  • オペレーターから申込内容の確認をされます(備え付けの電話機に電話がかかってきます)

  • 審査・在籍確認が行われます

  • 審査結果を通知されます(備え付けの電話機に電話がかかってきます)

  • オペレーターから借入方法・返済方法などについての説明を受けます

  • 契約書に署名し、備え付けの機械でスキャンします(契約完了)

  • カードが発行されます

業者によって前後することはありますが、主にこのような手順で進みます。

オペレーターには何を聞かれるの?

オペレーターは、申込者がタッチパネルで入力した情報(名前・住所・生年月日・家族構成・年収・勤務先・希望借入額・他社借入金額(※1)など)について、改めて質問します。

例)
お勤め先はどちらですか?

タッチパネルで入力された情報と、本人の回答が異なっていると警戒されます。

Cさん談

タッチパネルで入力された内容に嘘があった場合は借入れ不可になることを説明したうえで、「情報が正しいか」を確認します。

Aさん談

入力された情報と本人の回答が異なる合は審査担当者へ報告するので、より慎重に審査が行われます。

※1
消費者金融のキャッシングやカードローンに申込む場合、「他社借入れ」とは、貸金業者からの借入れを指します。貸金業者とは、主に消費者金融やクレジットカード会社のことです。つまり他社借入れとは、他の消費者金融やクレジットカード会社からの借入れを指します(クレジットカードのショッピング利用分は含みません)。

わからないことはすぐ質問できる

わからないことがあったら、自動契約機に備付けの電話機ですぐオペレーターに質問することができます。

必要書類ってどういうもの?

自動契約機で申込む場合は、必要書類を忘れると契約できません。

必ず持参しなければならないのが、本人確認書類です。

本人確認書類とは、運転免許証、パスポート、健康保険証などです。

本人確認書類の種類については、出かける前に必ず確認しましょう(業者のホームページか電話問い合わせで確認できます)。

業者によって、運転免許証が必要だったり、顔写真がない場合は2種類以上の本人確認書類が必要だったりします。

Aさん談

本人確認書類は運転免許証がベストですが、健康保険証と住民基本台帳カード、健康保険証とタスポなどでも大丈夫な場合もあるので持参してください。

Bさん談

本人確認書類として個人番号カード(マイナンバーカード)を提示すると、確認に時間がかかることがあります。

収入証明書が必要なケース

消費者金融など、貸金業者(※2)のカードローンへ申込むとき、下記のいずれかに当てはまる場合は収入証明書が必要になります。

  • 50万円超の借入れを希望する場合
  • 借入希望額とすでに他の貸金業者から借入れている借金の合計が100万円を超える場合

収入証明書とは、給与明細や源泉徴収票などのことです。

こちらも必要書類の種類については、出かける前に必ず確認しましょう(業者のホームページか電話問い合わせで確認できます)。

なお、大手キャッシング・カードローンの「収入証明書が必要な条件」についてはこちらでまとめています。

※2
貸金業者とは、主に消費者金融やクレジットカード会社のことです。

在籍確認ってなに?

在籍確認では、申込時に入力された勤務先に本当に勤めているのかがチェックされます。

具体的には、業者の担当者が申込者の勤務先に電話をかけ、申込者の在籍を確認すれば完了です(勤務先から「OOはただいま外出しています」などという返答が得られればOK)。

また、在籍を示す書類(社員証や社会保険証など)を提出すればOKのところもあります。

その場合、勤務先には電話しません。

Bさん談

基本的に勤務先に電話しますが、審査担当者の判断次第で電話しないこともありました。その場合、社員証や直近の給与明細を提示してもらいます。

なお、在籍確認について不安や疑問を持っている場合はこちらも参考にしてみてください。

カードを受取るまでは何分かかる?

ここからは自動契約機での所要時間について説明していきます。

申込みには何分かかるの?

自動契約機で申込む(※3)場合、通常はどのくらいの時間がかかるのでしょうか。

Aさん勤務の
消費者金融
Bさん勤務の
消費者金融
Cさん勤務の
消費者金融
約10分 約15分 約10分

通常は10分程度で申込みが完了するようです。

Aさん談

高齢者や外国人の場合は、2倍以上の時間がかかることもあります。

※3
ここでいう「申込み」とは、さきほど説明した手順のうち、「1.自動契約機に入室します」~「4.本人確認書類・収入証明書などの必要書類を備え付けの機械でスキャンします(申込み完了)」までを指します。

オペレーターからの説明・質疑応答の所要時間

申込後や契約前にオペレーターから、質問と説明を受けますが、この所要時間は合計10~20分程度です。

審査の所要時間

審査にはどのくらいの時間がかかるのでしょうか?

所要時間 Aさん勤務の
消費者金融
Bさん勤務の
消費者金融
Cさん勤務の
消費者金融
平均 15分 15分 40 分
最短 10分 10分 30分

15分程度で終了する場合も多いようですが、混雑していたり、審査が難航したりするとより多くの時間がかかります。

Cさん談

審査だけで、1時間以上かかることもあります。

特に下記のような場合は、審査に時間がかかるようです。

Aさん談

会社の終業後だったり、勤務先の人に「個人情報なので答えられない」と言われてしまうと、在籍確認が取れず、時間がかかってしまいます。

Cさん談

「申込時に入力された情報と本人確認書類の情報が一致しない」「メモを見ながら申込みをしていた」などの不審点があると審査が慎重になるため、時間がかかります。

Cさん談

他社(貸金業者)からの借入れが多い場合や、過去に当社から借入れたときに返済の遅れがあった場合、借入希望額が50万円超の場合は審査に時間がかかります。

お願いしたら審査を急いでもらえる?

審査を急ぐようオペレーターにお願いしたら聞いてもらえるのでしょうか?

Aさん談

できるだけ急ぎますが、特別な対応はしません。

Bさん談

急いで審査しますが、どれだけ急いでも10分程度はかかります。

可能な限り急ぎで対応してくれるようですね。

急いでいる場合は、はじめにオペレーターに伝えておきましょう。

審査中は契約機の外に出てもいい?

基本的に外には出ないでください。

Aさん談

「途中から別人に代わった」などのトラブルを防ぐため、申込み途中で外に出るのはご遠慮いただいています。

契約機内で待つのが嫌なら事前に申込みをしておこう

インターネットで申込みを済ませておけば、契約機のなかで待たずに済みます。

ここで簡単に、「インターネットで申込み、自動契約機で契約する場合の流れ」を確認しましょう。

オレンジの工程は、あなた(申込者)が行う工程です。

  • ホームページの申込みフォームに、必要な個人情報を入力します(申込み完了)

  • オペレーターから電話がかかり、申込内容について確認されます

  • 審査や在籍確認が行われます

  • 審査結果がメールや電話で通知されます

  • 自動契約機に来店し、いくつか簡単な項目(名前や生年月日など)を入力します

  • 本人確認書類・収入証明書などの必要書類を備え付けの機械でスキャンします

  • オペレーターから、借入方法・返済方法などについての説明を受けます

  • 契約書に署名し、備え付けの機械でスキャンします(契約完了)

  • カードが発行されます

この場合、審査結果が出た後に自動契約機に行くので、契約機の中にいる時間が短く済みます。

ただし、全体の所要時間は「自動契約機で申込む場合」とほとんど変わりません。

申込みからカード発行までの所要時間

自動契約機で申込み、カードを受取るまでの所要時間は以下の通りです。

所要時間 Aさん勤務の
消費者金融
Bさん勤務の
消費者金融
Cさん勤務の
消費者金融
平均 50分 45分 60分
最短 30分 35分 50分

Aさん談

長引くと2時間くらいかかることもあります。

Cさん談

なかには、その場で契約できない場合もあります。

カードを受け取ったら、自動契約機のそばのATMですぐに借入れできます。

急いでいるなら混雑する日時を避けよう

申込みが混雑していると、審査やその他の手続きに余計な時間がかかってしまいます。

できれば、混雑する日時を避けて申込みましょう。

  混雑する日時 比較的空いている日時
Aさん勤務の消費者金融
  • 平日17時以降
  • クリスマス前、年末年始、お盆
平日9時~12時
Bさん勤務の消費者金融
  • 土日
  • 平日18時以降
特になし
Cさん勤務の消費者金融 月末・月初 火曜日・水曜日の午前中

何時までに行けば即日融資に間に合う?

即日融資を受けるためには、何時までに自動契約機で申込みを開始すればいいのでしょうか?

  Aさん勤務の
消費者金融
Bさん勤務の
消費者金融
Cさん勤務の
消費者金融
自動契約機で申込む場合 営業終了60分前 営業終了30分前 営業終了90分前

Cさん談

自動契約機の操作を間違えたりやり直しになったりする可能性もあるので、余裕を持って来店してください。

一方、インターネットで申込み、審査が済んでいる場合は、何時までに自動契約機に行けばいいのでしょうか?

  Aさん勤務の
消費者金融
Bさん勤務の
消費者金融
Cさん勤務の
消費者金融
インターネットで申込み、
審査を済ませている場合
営業終了30分前 営業終了15分前 営業終了30分前

Aさん談

この場合、自動契約機では書類の提示・契約手続き・カード発行をするだけなのでそんなに時間はかかりません。終了30分前に来店すれば間に合うでしょう。

ちなみに、大手消費者金融であるアコムアイフルプロミスの自動契約機は22時まで、モビットの自動契約機は21時まで営業しています。

ただし、なかには営業時間が異なる契約機もありますので、注意してください。

近くの自動契約機の営業時間は各業者のホームページで確認できます。

なお、即日融資可能なキャッシング・カードローン一覧もありますので、こちらもあわせてご確認ください。

自動契約機のプライバシーに問題はない?

自動契約機の安全性・プライバシーに問題はないのでしょうか?

  Aさん勤務の
消費者金融
Bさん勤務の
消費者金融
Cさん勤務の
消費者金融
カギ タッチパネルのロックボタンを押すと施錠される 入ってから一定時間が経つと自動で施錠される 申込者が施錠する
構造 白いガラス張りで中は見えない。足下は開いているので中に人がいることはわかる 完全個室 完全個室
防音 完全防音 扉付近だと少し声が漏れる可能性がある 大きな声で話すと声が漏れる可能性はある
契約機内のカメラ 申込み完了後に使用する 本人確認書類を確認するときに使用する 契約機に人が入ったら使用する

いずれもカギは設置されていますし、基本的に外から見えない設計になっているようです。

ただし、自動契約機に入るところを誰かに見られるおそれはあります。

100%防音ではないので、外に声が漏れる可能性もありますね。

また、自動契約機内にはカメラが設置されており、オペレーターは中の様子を確認することができます。

Cさん談

自動契約機内に人が入ったらカメラをチェックします。なかには申込みをせずに出て行く人もいますが、すべて見ていますよ。

Aさん談

申込みの入力が完了した時点でオペレーターへ連絡が入るようになっています。そのときから申込者のことを見ていますね。

Bさん談

本人確認書類を確認するとき、申込者の顔を見るためにカメラをチェックします。

自動契約機での言動が審査に影響する?

自動契約機での言動が、審査に影響することもあるようです。

よくあるケースをいくつかあげてみましょう。

質問に答えられない

Bさん談

勤務先のことを聞いているのに答えられなかったり、ご自身のことなのに返答が曖昧だったりすると不審に思って契約しないことがあります。

借入れの理由が不自然

Bさん談

第三者に貸すために借りたいという人や、契約の見返りにお金をもらう約束をしている人など、後々トラブルを招きそうな人とは契約しません。

複数人で来店

Aさん談

複数人で自動契約機に入ってきた場合、借入れを強要されていたり、名義貸しのおそれがあります。この場合は、申込者1人で操作するように伝え、他の方は外に出てもらいます。

何かにおびえていたり、落ち着かない様子

Cさん談

申込者が何かにおびえたていたり、終始落ち着かない様子だったりすると、犯罪に巻き込まれている可能性があるので、支店長が対応することがあります。

切羽詰まった様子

Bさん談

「どうしても今日中にお金を借りられないと困る!」というような切羽詰まった態度の申込者には警戒します。審査も慎重になりますね。

態度が高圧的

Cさん談

やけに自信たっぷりな態度を取る申込者は、偽造した書類を使っているケースが多いので警戒します。審査も厳しくなりますね。

オペレーターに暴言を吐く

Cさん談

「どれだけ待たせるんだ!早く金を貸せ!」みたいな暴言を吐いた申込者の情報は、すべて社内のデータベースに記録します。また、審査も通常より厳しくチェックします。暴言を吐くような人は、信用情報に問題があったり、多くの債務を抱えている可能性が高いからです。

自分からペラペラ話す

Bさん談

オペレーターに聞かれたことだけ簡潔に返答してください。自分からペラペラ話しすぎると、「何かやましいことがあるのでは」と疑われる場合があります。

職場や自宅から遠い自動契約機に来店する

Aさん談

職場からも自宅からも遠い自動契約機にわざわざ来店している場合は、警戒します。「より近い契約機があるのに、なんで?」と不審に思ってしまいますね。

自動契約機で不正をするとどうなる?

自動契約機で不正に契約しようとするケースは後を絶たないようです。

いくつか代表的なケースをあげていただきました。

  • 本人確認書類を偽造する
  • 自分以外の本人確認書類で契約しようとする

Bさん談

過去に親の保険証を持参し、自分の顔にマジックでシワを書いて契約しようとした未成年者がいました。このケースでは保護者に連絡を入れました。

  • 部下など立場の弱い人をおどして契約させようとする
  • 勤務先として架空の会社を申告する
  • 申込内容がほとんどデタラメ

Bさん談

多いのは、実在しない住所や電話番号を入力するケースです。そのため、住所を地図で調べたり、実際に電話をかけて確認したりします。

不正に契約しようとすると、審査に落ちるばかりでなく、警察沙汰になることもあります。

絶対にやめておきましょう。

Aさん談

不正があった場合、契約不可になるのはもちろんですが、悪質だと警察に通報することもあります。

Cさん談

不正があった場合、すべて審査落ちとなり、社内のデータベースに虚偽申告者として登録されます。

自動契約機のメリット・デメリット・注意点まとめ

最後に自動契約機のメリット・デメリット・注意点をまとめてみました。

メリット

  • 申込み~カード受取りまで、その場でできる(所要時間は30分~1時間程度)
  • 不明点をすぐオペレーターに確認できる
  • 他の申込方法と違い、夜遅くまで即日融資に対応している(大手消費者金融の自動契約機は21時頃まで営業)
  • 自動契約機は施錠可能で、基本的に外から見えない設計になっている

デメリット

  • 自動契約機まで出かけなければならない
  • 審査だけで1時間以上かかる可能性があり、その間、自動契約機内で待たされることに(事前にインターネットで申込みをすれば契約機内で待たされることはない)
  • その場で契約できない場合もある
  • 自動契約機に入るところを誰かに見られる可能性がある
  • 自動契約機の外に声が漏れる可能性がある

注意点

  • 事前に必要書類を調べて用意してから自動契約機に出かけるべき(本人確認書類は必須)
  • 在籍確認が取れないとその場で契約できないおそれがあるので、勤務先の営業中に申込みをしたほうが良い
  • 混雑する日時(例、平日夕方以降・土日・月末・月初)を避けて申込むべき
  • 即日融資希望なら営業終了90分前には自動契約機で申込みを開始すべき(インターネットで申込み、審査も済んでいる場合は営業終了30分前でOK)
  • 下記のような場合は審査に不利になる可能性がある
    • オペレーターからの質問に答えられない
    • 借入れの理由が不自然
    • 複数人で来店した
    • 何かにおびえていたり、落ち着かない様子
    • 切羽詰まった様子
    • 態度が高圧的
    • オペレーターに暴言を吐く
    • 自分からペラペラ話す
    • 職場や自宅から遠い自動契約機に来店する
  • 自動契約機で不正に契約しようとすると審査に落ちるだけでなく、警察沙汰になることも

いかがでしょうか。

自動契約機に足を運べば、申込みから借入れまでその場で済ませることができます。

また、わからないことがあったら、備え付けの電話でオペレーターに質問可能です。

初めて申込む方にはおすすめの方法といえるでしょう。

審査に通るか不安な場合は、先にインターネットで申込み、審査結果が出てから自動契約機に行けば、なかで長時間待つこともありません。

ご自分の都合や状況に合わせて、自動契約機を利用してみましょう。

Aさん談

金利は会社によって微妙に違います。複数社に申込みをして一番金利の低いところで借入れるのもひとつの方法です。申込みの際、「他社で設定された金利や利用限度額」を伝えると金利を下げてもらえるかもしれません。ただし、キャッシングへの申込み記録は信用情報に半年間残るので、注意してください。

最後になりましたが、大手消費者金融・大手銀行カードローンの自動契約機について徹底比較した記事もありますので、あわせて読んでみてください。

カードローン申込数ランキング

今日中にお金を借りたい人に、一番選ばれているカードローンは?

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報