クレジットカードキャッシングと消費者金融の違い。全7項目から調査

クレジットカードのキャッシングと消費者金融のキャッシングって、いったい何が違うのでしょうか?

「イメージの違い?」
「カードで買い物ができるかどうかの違い?」
すぐに思いつくのはこのような点かもしれませんが、実は他にも違いがあります。

そこで、今回は、クレジットカードのキャッシングと消費者金融のキャッシングについて、

  • サービス
  • イメージ
  • 申込、審査
  • 金利
  • 限度額
  • 借入方法
  • 返済方法

の点から検証していきたいと思います。

クレジットカードのキャッシングの特徴

まずはクレジットカードキャッシングの特徴を項目別に解説していきますね。

サービスの特徴

キャッシング業界は「銀行」「信販」「消費者金融」の3業界で構成されています。この中で、クレジットカードのキャッシングは「信販」に該当します。

クレジットカードには、2つの機能があり、カードで買い物ができる「ショッピング機能」と、消費者金融のように現金の借入ができる「キャッシング機能」が一枚のカードに搭載されていますのはご存じの方も多いのではないでしょうか。

クレジット会社のメイン業務はあくまで「ショッピング機能」です。

「キャッシング機能」はサブ的な立ち位置ですが、だからといってクレジットカードのキャッシングサービスが消費者金融に比べて劣っているということはありません。

むしろ、クレジットカードならではのメリットもたくさんあるのです。

  • 海外でキャッシングできる(クレジットカードによってできないものもある)
  • 利用金額に応じてポイントが付与される
  • 新規入会時のキャンペーンでポイントが付与される(クレジットカードによってできないものもある)
  • ショッピング機能がついているから日常の買い物と併用できる

イメージ

消費者金融と比べて抵抗なく利用できる方が多いようです。

クレジットカードに申し込むことを恥ずかしがる人はいませんよね。

申込、審査

基本的に18歳以上であれば申込可能です。(消費者金融は20歳以上)もちろん学生、フリーター、主婦の申込もOKです。

申込方法は主に「店頭」「郵送」「インターネット」の3種類。

今はほとんどのカード会社がこの3種類に対応していますが、カードが届くまでは通常、数日~1、2週間程度かかることが多く、スピードには難があるといえるかもしれません。(ものによっては1ヶ月程度かかります。)即日融資は難しいでしょう。

また、審査で見られるポイントは消費者金融の審査と大差ありませんが、審査基準は消費者金融に比べると厳しめです。キャッシング(消費者金融)の審査のポイント、審査基準は別ページで解説しています。

特に、過去のローンで返済延滞や不払いの履歴があると、審査はとても厳しくなるようです。(例えば、1ヶ月以上の延滞が3回以上あると審査通過はほぼ不可能といわれています。)

金利

キャッシングの金利は消費者金融と大した差はなく、15.0~18.0%のカード会社がほとんどです。

利息の計算方法は日割り計算。消費者金融と同じ算出方法です。

限度額

限度額は全体的に低めの会社が多いです。

上限100~150万円のところが多く、中には30~50万円のところもあります。(さらに、学生、フリーター、主婦、自営業、賃貸契約の方は限度額が低くなる傾向があります。)

借入方法

基本的にはATMを利用します。

全国の銀行ATM、コンビニATMに対応しているところが多く、あまり不便は感じないでしょう。(ただし、借入金額1万円以上の場合105円、借入金額2万円以上の場合210円など、手数料がかかることが多いので注意が必要です。)

インターネットを利用した振込サービス(インターネットバンキングを利用して、指定口座にお金を直接振り込んでもらえるサービス)については、楽天カードなどが対応していますが、まだまだ普及していません。

返済方法

返済方法は、主に「分割払い」「リボルビング払い」「元金定額払い」「一括払い」が一般的です。

返済日は月に一度、締日から20~25日後に口座から引き落とされます。引き落とし以外だと、ATMから返済できるカード会社もあるようです。(借入同様に手数料がかかる場合があります。)

消費者金融のキャッシングの特徴とは?

消費者金融の特徴について、項目別に解説していきます。

業界の成り立ち・サービスの特徴

消費者金融の業務のメインは「貸金業」。信用を担保としてお金を貸し付ける業務をメインとしています。

キャッシングのサービス、利便性に長けているのは消費者金融の大きな特徴です。

例えば、「30日間無利息融資」のキャンペーンを行うなど、サービス精神に富んでいます。

イメージ

なんとなく不健全なイメージがつきまとう消費者金融ですが、それは数年前の話。

アコムプロミスなどは有名タレントを起用したCMを積極的に流してイメージ改善に努めています。

また、アコムは三菱東京UFJ銀行グループ、プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)は三井住友フィナンシャルグループなど、有名な消費者金融はメガバンクのグループ傘下であることがほとんどです。

申込、審査

消費者金融のほとんどが即日融資に対応しています。

最近は即日融資可能を謳っている銀行・信販もありますが、「所定の口座必須」など何かと条件がつくことが多く、やはり申込から融資までのスピード・利便性に関しては消費者金融が頭一つ抜けているといえるでしょう。

申込から融資までの所要時間は最短30~40分程度

申し込み方法は、店頭、自動契約機、インターネット、郵送、電話など多岐にわたります。

ちなみに、どの業者も共通して融資までのスピードが早い申込み方法は、自動契約機だと思います。(キャッシングの各申し込み方法の流れ、融資までの時間が短い申込み方法でそれぞれの申込方法のスピードを比較しています。)

金利

銀行・信販系に比べ、金利が高めなのは消費者金融のマイナス面です。

金利は15.0~18.0%の会社がほとんどで、利息の算出方法は日割り計算。(クレジットカードのキャッシングの金利とほとんど同じです。)

すぐに返済可能な場合は金利は少なくて済みますが、長期間 借りる場合はだいぶ利息がかさんでしまうでしょう。

調べてみるとわかりますが、消費者金融各社で金利には微妙な差があるので、申込の前に確認することをオススメします。

限度額

最高限度額は300万~500万円のところが多いようです。

モビットは業界最高クラスの1~800万円、それ以外の大手(プロミスアコムアイフルなど)は1~500万円。

銀行ほど高くないかもしれませんが、おまとめローンでも組まない限り、充分な限度額だと思います。

ただし、学生や女性専用にサービスを提供している消費者金融の場合、限度額は50万円以下のところがほとんどです。(例、女性専用ローンレディースフタバの限度額:10~50万円)

借入方法

借入方法は、

  • 店頭
  • 自動契約機
  • 提携ATM、コンビニATM、銀行ATM(手数料が発生します。)
  • インターネット振込サービス

大手はインターネット振込サービスを採用している会社が多いので、クレジットカードより便利といえます。

返済方法

ほとんど借入方法のところと一緒です。

  • 店頭
  • 自動契約機
  • 提携ATM(コンビニATM、銀行ATM(手数料が発生します。)
  • インターネット返済サービス

返済も、やはりインターネットが便利です。
各社のサイトで「返済金額」「指定口座」などを入力するだけで返済完了!ATMに行く手間が省けます。

しかも24時間対応なので、いつもATMに行く余裕がない人にとってはありがたいサービスですね。

クレジットカードと消費者金融の主な違いを表で比較してみる

下表は、クレジットカードのキャッシングと消費者金融のキャッシングの主な違いをまとめたものです。

あなたに合うサービスはどちらのキャッシングでしょうか?ぜひ参考にしてみてください。

  クレジットカード 消費者金融
年齢制限 18歳~ 20歳~
審査難易度 ★★★
申し込みから融資まで 即日~数ヶ月 即日(30~40分)~数日
最高金利 15.0~18.0% 15.0~18.0%
最高限度額 50~150万円 50~500万円
借入方法 コンビニ、銀行のATMがメイン。
(インターネット振込サービスを扱っている会社は少ない)
  • 店頭
  • 自動契約機
  • 提携ATM(コンビニATM、銀行ATM)
  • インターネット振込サービス
返済方法 口座振替がメイン
  • 店頭
  • 自動契約機
  • 提携ATM(コンビニATM、銀行ATM)
  • インターネット返済サービス
年会費 無料・有料 無料
キャンペーン 初回申込でポイント1万円サービスなど 30日間の無利息など
イメージ 普通。
一般的に利用者が多いので、利用することに抵抗はない。
数年前と比べて改善されたもののクレジットカードほどの馴染みはない
利便性 カードで買い物もできる。 迅速な借入・返済を可能にするサービスが充実している。

参考になりましたでしょうか?
クレジットカードと消費者金融はどちらも一長一短です。

自分のライフスタイルに合った方を選択できればいいですね。この記事が少しでも参考になれば幸いです。

【この記事の筆者】
英(仮名)
1987年生まれ。家計が逼迫し、大学時代にはじめて消費者金融を利用する。20万、30万と債務は増えていくが、滞りなく完済する。借金できない両親の事情をきっかけに知識を深め、現在は副業でライティング活動を行なっている。

カードローン申込数ランキング

今日中にお金を借りたい人に、一番選ばれているカードローンは?

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報