アコムで即日融資!今日中にお金を借りるために必要なこと

アコムなどのキャッシングやカードローンの広告で、よく「最短即日融資」と宣伝されているのをみかけますよね。

審査時間にいたっては、最短30分なんて書かれています。

でも、今日中に融資を受けるにはいくつか条件があるんです。

今から申込めば誰でも今日中に借りられるわけではありません。

そこで今回は、アコムに特化して、今日中に審査に通すにはどうすればいいかをまとめました。

具体的には、

  • 最速で審査が進む申込方法
  • 何時までに申込めば即日融資を受けられるのか?
  • 本当の30分で審査に通るのか?
  • 申込みが集中しやすい時間帯
  • 即日融資に失敗する人がやりがちなミス
  • この条件に当てはまる人はそもそも審査に通らない

などなど、利用者への独自のインタビュー調査などで徹底的に調べました。

急いでいるときこそ、きちんと準備して申込むことが大事です。

これからアコムに申し込む人はおすすめできる内容になっていると思います!

アコムで即日融資が可能な方法一覧

アコム を利用する場合、「申込み⇒契約⇒借入れ」という流れで手続きが進んでいきます。

アコムで即日融資が可能な申込方法・契約方法・借入方法の組み合わせは以下になります(※1)

※1
申込み~借入れの組み合わせはほかにもありますが、不自然な方法は外してあります。たとえば、自動契約機で申込み、店舗で契約するのは通常考えられないので、こういったものは外してあります。また、本来なら申込み後に審査が行われますが、審査の際に申込者が手続きすることはないので今回は割愛しています(すべて審査通過を前提にしています)。

番号 申込方法 契約方法 借入方法 来店の要否
1 インターネット 自動契約機 ATM
2 インターネット 店舗 店舗
3 インターネット インターネット ATM
4 インターネット インターネット 店舗
5 インターネット インターネット 振込 不要
6 電話  自動契約機 ATM
7 電話 店舗 店舗
8 電話 FAX ATM
9 電話 FAX 店舗
10 電話 FAX 振込 不要
11 店舗 店舗 店舗
12 自動契約機 自動契約機 ATM
  • 1インターネット(アコムのホームページ)で申込み後、自動契約機(※2)に行って、そこで契約手続きを行います。その場でアコムのカードを受取り、備え付けのATMで借入れます。
  • 2インターネットで申込み後、店舗に行って契約手続きを行い、その場で借入れも行います。
  • 3インターネットで申込み、契約手続きを行った後、自動契約機に行ってアコムのカードを受取り、備え付けのATMで借入れます。
  • 4インターネットで申込み、契約手続きを行った後、店舗に行って借入れます。
  • 5インターネットで申込み、契約手続きを行った後、銀行口座に振込んでもらいます。
  • 6電話で申込み後、自動契約機に行って契約手続きを行います。その場でアコムのカードを受取り、備え付けのATMで借入れます。
  • 7電話で申込み後、店舗に行って契約手続きを行い、その場で借入れも行います。
  • 8電話で申込み後、FAX(※3)で契約書を送ります。その後、自動契約機に行ってアコムのカードを受取り、備え付けのATMで借入れます。
  • 9電話で申込み後、FAXで契約書を送ります。その後、店舗に行き、借入れます。
  • 10電話で申込み後、FAXで契約書を送ったら、銀行口座に振込んでもらいます。
  • 11店舗に行って申込み、契約手続きを行ったら、その場で借入れも行います。
  • 12自動契約機に行って申込みと契約手続きを行い、アコムのカードを受取ります。そのカードを使い、備え付けのATMで借入れます。

※2
アコムの自動契約機「むじんくん」のほかに、三菱東京UFJ銀行内のカードローンコーナーでも申込手続き、契約手続きが可能です。

※3
FAX契約専用書類はアコムのホームページからダウンドロードするか、セブンイレブンのマルチコピー機でプリントできます。

注意点

  • 店舗や自動契約機に行って申込む、または契約する際は本人確認書類(※4)が必要
  • FAXで契約する(契約書を送る)場合は、同時に本人確認書類を送る必要あり
  • インターネットで申込み、自動契約機や店舗に来店しない場合は、下記のような方法で本人確認書類を提出しなければならない
    • 本人確認書類をスキャンし、そのデータをパソコンからアップロード
    • 携帯電話等で本人確認書類を撮影し、画像データをアコムのアプリからアップロード
    • FAX

※4
本人確認書類とは、主に、運転免許証・個人番号カード(マイナンバーカード)・健康保険証のことです。詳しくは後ほど説明します。

即日融資を受けるには?

「申込み⇒契約⇒借入れ」を決まった時間までに終わらせないと即日融資を受けられません。

ここでいう「決まった時間」は、借入方法によって異なります。

ATM(アコムATM・提携ATM)で借入れる場合

ATMで借入れる場合は、必ず店舗か自動契約機(むじんくんか三菱東京UFJ銀行内のカードローンコーナー)でカードを受け取らなければなりません。

むじんくんの営業時間は8時~22時まで(※5)

また、三菱東京UFJ銀行内のカードローンコーナーの営業時間は8時~22時(一部、異なる店舗あり)です。

そして、店舗の営業時間は平日18時まで(19時までのところも)です。

各々の営業時間内に申込み、契約を済ませてカードを受け取り、アコムのATMで借入れましょう。

アコムのATMは全国に1000台以上あり、そのほとんどがむじんくん・店舗に併設されています。

24時間借入可能なところもありますが、8時~22時など、営業時間が限られるATMもあるので注意しましょう。

また、銀行やコンビニ等の提携ATM(※6)でも借入れ可能ですが、提携ATMで借入れると、利用手数料がかかってしまいます。

利用額1万円以下だと108円、1万円超だと216円です。

自動契約機や店舗でカードを受取ったら、その場に併設されたアコムのATMで借入れたほうが、手間も時間もかからずおすすめです。

※5
一部、8時半開始、9時開始のところもあります。また、20時半まで、21時まで、21時半までのところもあります。

※6
アコムの提携ATMは三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、ゼロバンク(愛知県と岐阜県のみ)、セブン銀行、イオン銀行、E-net、ローソンATM、熊本銀行、親和銀行、第三銀行、東京スター銀行、西日本シティ銀行、八十二銀行、広島銀行、福岡銀行、北海道銀行、北陸銀行、クレディセゾンです。

店舗で借入れる場合

店舗の営業時間は平日18時まで(19時までのところも)です。

営業時間内に申込み、契約、借入れまでを済ませましょう。

振込融資を受ける場合

下記の時間までに申込み、契約を済ませ、アコムのホームページから振込依頼しないとなりません。

振込先 振込依頼時間 入金される時間
楽天銀行 0時10分~23時50分 即時振込
ゆうちょ銀行 平日 0時10分~9時 当日 12時頃
平日 9時~14時 当日 17時まで
そのほかの銀行・信金 平日 0時10分~9時 当日 9時30分頃
平日 9時~14時30分 即時振込

振込先が楽天銀行だと0時10分~23時50分と、ほぼ終日、振込んでもらえます。

そのほかの銀行や信用金庫へも振込んでもらえますが、平日14時30分までとタイムリミットは早めなので注意しましょう。

また、電話で振込みを依頼することもできます。

電話番号 振込依頼時間 入金される時間
音声自動応答
0120-134-567
平日 0時10分~9時 当日 9時30分頃
平日 9時~14時 当日 15時まで
担当者受付
0120-07-1000
平日 9時~14時 当日 15時まで

自動音声とオペレーター受付、いずれも平日14時までに振込みを申込みましょう。

また、インターネットで契約後、初めて借入れる場合、なおかつ振込先が三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行のいずれかなら18時まで延長で受付けてもらえます。

この場合、18時までに振込を依頼すれば、その日のうちに振込されます。

ただし、土日祝日は振込んでもらえないので、平日限定です。

また、受付けは電話のみ(0120‐07‐1000)。

ホームページから依頼することはできません。

申込みにはどのくらいかかるの?

申込みにかかる時間は方法によって少しずつ異なります。

インターネット(アコムのホームページ)での申込みは、申込フォーマットに必要項目を入力しますが、入力が問題なくできれば10分程度で申込めるでしょう。

電話での申込みは、申込者が話す内容をオペレーターが聞取りながら入力するため、インターネットでの申込みより少し時間がかかります。15分程度が目安です。

店舗での申込みは窓口スタッフとやりとりしながらになりますが、おおよそ10分程度でしょう。

自動契約機での申込みも10分程度みれば完了するでしょう。

審査時間はどのくらいかかるの?

審査時間は最短30分ですが、長いと2~3時間かかることもあります。

その他にかかる時間はどのくらい?

契約にあたり、アコムのスタッフから契約内容や利用方法などについて説明があります。

この時間が10分程度。

不明点がないかも確認されるので、いろいろな質問をするとその分、時間は延びます。

また、契約書の記入、カードの発行、在籍確認(※7)をする時間で10分程度。

在籍確認がスムーズにいかないと、20分~30分程度かかることもあります。

※7
在籍確認については後ほど説明します。

何時までに申込めばいいの?

いずれも、タイムリミットの1時間前には少なくとも申込みを開始しましょう。

たとえば、インターネットで申込み、自動契約機(21時まで営業)で契約し、ATMで借入れる場合、少なくとも20時までには申込みを開始しましょう。

店舗(18時まで営業)で契約手続きをし、店舗で借入れる場合は遅くとも17時までには申込みましょう。

インターネットで申込み、契約し、振込での借入れを希望するなら、遅くとも13時まで(※8)には申込みましょう。

なお、上記の時間はすべて、空いている場合を想定しています。

混雑していると審査終了までに時間を要するため、できるだけ余裕をもって申込みたいものです。

※8
先ほど説明したように、振込先の金融機関によって時間は異なります

在籍確認が取れなくても契約可能?

アコムでは契約を結ぶにあたって勤務先へ電話での在籍確認を行っています。

在籍確認とは、申込書類に記した勤務先で本当に働いているかを確認するもの。

アコムのスタッフが勤務先に個人名で連絡を入れ、「OOさんはいますか?」と確認するのです。

申込者本人が出る必要はなく、同僚が「OOは今外出しています」と答えるなど、確かに働いていることがわかればOKです

ただし、審査時に就業時間外で電話がつながらない場合もあるでしょう。

これで契約が翌日に持ち越されたら困りますが、アコムの場合は在籍確認が取れなくても契約・借入れが可能です。

ただし、利用限度額は10万円程度に低く抑えられます。

そして、在籍確認はあらためて翌日行われ、確認が取れたら、本来の借入可能額(利用限度額)までアップします。

ただし、もし、1週間程度経っても在籍確認が取れなければ利用限度額は0円になることもあるので注意してください。

とにかく急いでいるときの対応策

申込方法や契約方法によって大幅に契約までの所要時間が変わることはありません。

ただし、ちょっとした方法で時間短縮につながることがあります。

インターネットで申込み、契約をする

インターネットで申込み、契約をする場合は、契約内容の口頭説明がなくなるので、10分程度 契約までの時間が短縮されます。

審査中に自動契約機へ移動する

申込みを済ませたら審査終了まで待たないといけません。

この待ち時間を活用しましょう。

まず、携帯電話で申込みをしながら自動契約機へ向かいます。

自動契約機に到着するまでに審査が終了していたら、すぐにカードを受取れるので、待つ必要がありません。

そして自動契約機コーナーに併設されているATMで借入れをします。

これが申込みから借入れまで最短の方法です。

急いでほしいとアコムに伝える

店舗や電話での申込みなら「急いでほしい」と伝えましょう。

インターネットで申込む場合は申込後に電話をすればOKです。

自動契約機で申込む場合はスタッフ呼出しのブザーを押すとスタッフが対応してくれるので、「急いでほしい」と伝えると聞いてもらえます。

もちろん、混み具合にもよりますが、優遇はしてもらえるでしょう。

また、審査にどれくらい時間がかかりそうか尋ねると教えてもらえます。

気になる場合は聞いてみるといいでしょう。

こんなときは即日融資が難しい

即日融資を希望して申込みをしたのにできなかったというケースもあります。

どんな点に注意すべきなのでしょう。

そもそも契約できない(審査落ち)

下記のうちいずれかの条件にあてはまる場合は、アコムの審査に落ちる可能性が高いです。

  • 安定した収入(月1回以上の収入)がない
  • 過去に金融事故(※9)を起こしたことがある
  • 過去にアコムの返済を肩代わりしてもらったことがある
  • 貸金業者からの借入れ(※10)が5件以上ある
  • 貸金業者からの借入総額(※10)が年収の3分の1を超えている
  • 申込時に記入された勤務先で働いていることが確認できない
  • 休職状態である(産休や育休を含む)

もっと詳しく知りたい場合は、アコムの審査基準まとめを読んでみてください。

※9
金融事故とは、ローンやクレジットカード等の支払いで問題が起きた状態を指します。金融事故にはいくつか種類があります。たとえば、長期延滞や債務整理は金融事故の一種です。長期延滞とは、ローンやクレジットカードの支払いを2ヶ月以上延滞した状態のこと。債務整理とは、法律のもとに借金を整理する(つまり減らす)手続きのことです。

※10
貸金業者は、主に消費者金融やクレジットカード会社を指します。ただ、貸金業者からの借入れにはクレジットカードのショッピング利用は含まれません。

必要書類の不備があった

店舗や自動契約機で申込む場合は、下記のうちいずれかの本人確認書類を持参しなければなりません。

  • 運転免許証
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 健康保険証

顔写真がない書類の場合は、加えて、下記のうちいずれかも必要です。

  • 住民票(発行日から6ヶ月以内のもの)
  • 公共料金の領収証(領収日から6ヶ月以内のもの、携帯電話を除く)
  • 納税証明書(発行日から6ヶ月以内のもの)

また、アコムで50万円超の借入れを希望する場合、あるいは、アコムでの借入れ希望額とほかの貸金業者での借入れが100万円を超える場合は、下記のうち、いずれかの収入証明書が必要です。

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 給与明細書(直近1ヶ月~2ヶ月分)
  • 市民税、県民税額の決定通知書(最新年度のもの)
  • 所得証明書(最新年度のもの)

これらを忘れると契約できません。

また、FAXで契約する場合は、FAXで本人確認書類を送る必要があります。

さらに、インターネットで申込み、自動契約機や店舗に来店しない場合は、下記のような方法で本人確認書類を提出しなければなりません。

  • 本人確認書類をスキャンし、そのデータをパソコンからアップロード
  • 携帯電話等で本人確認書類を撮影し、画像データをアコムのアプリからアップロード
  • FAX

このとき、写真や文字が不鮮明だと再提出を求められるなど時間がかかってしまい、即日融資に間に合わなくなってしまう場合があります。

申込書に不備があった

申込みの際は申込書に記入をします。

記入漏れや間違いがあると再度、記入する必要があり、余計に時間がかかってしまいます。

特に多いのは数字入力のミスです。

生年月日は大切な情報になりますが、実際に入力ミスが多い項目です。

また、住所などが下記のように一部抜けたミスも目立ちます。

正しい例)東京都新宿区西新宿○-○-○
誤った例1)東京都新宿西新宿○-○-○
誤った例2)東京都新宿区○-○-○

急いでいても、申込書の記入(入力)は慎重に行いましょう。

また、電話での申込みだと、聞き間違いが起こることがあります。

自分で入力ができるなら、インターネットや自動契約機での申込みがオススメです。

自分で入力がするのが難しい場合は、電話より店舗で申込んだほうがミスは減るでしょう。

混んでいる日時に申込みをした

申込みが集中すると、審査終了までに2~3時間程度かかることがあります。

特に月曜日や祝日の翌平日など休み明けは混雑しがちです。

混み具合を知りたいときは、コールセンターに問い合わせましょう。

また、土日祝日は申込みが増えがちです。

時間に余裕のある休日に申込みをする人が多いのも当然でしょう。

ただし、土日祝日はアコムの担当者が平日よりも少なめです。

そのため審査終了までに時間がかかってしまいます。

最悪の場合、契約は翌日に持ち越しということも。

土日祝日に申込むなら、午前中の早い時間帯にしましょう。

また、土日祝日は、楽天銀行以外、振込での借入れはできません。

店舗も休業のため、ATMでしか借入れできないので注意しましょう。

まとめ

最後に、今回のポイントをまとめましょう。

アコムで即日融資が可能な方法

申込方法 契約方法 借入方法 来店の要否
インターネット 自動契約機 ATM
インターネット 店舗 店舗
インターネット インターネット ATM
インターネット インターネット 店舗
インターネット インターネット 振込 不要
電話 自動契約機 ATM
電話 店舗 店舗
電話 FAX ATM
電話 FAX 店舗
電話 FAX 振込 不要
店舗 店舗 店舗
自動契約機 自動契約機 ATM

即日融資を受けるためには?

  • ATMで借入れる場合は、申込み、契約の後、店舗か自動契約機(むじんくんか三菱東京UFJ銀行内のカードローンコーナー)での営業時間内にカードを受け取らなければならない
  • むじんくんの営業時間は8時~22時、三菱東京UFJ銀行内のカードローンコーナーの営業時間は8時~22時、店舗の営業時間は平日18時まで(営業時間が一部異なるところあり)
  • 店舗で借入れる場合は、平日18時までに申込み、契約、借入れをしなければならない
  • 振込融資を希望する場合は、平日14時までに申込み、契約、振込融資の依頼を済ませなければならない
  • 上記のタイムリミットの最低1時間前には申込みを開始しなければならない

申込み~契約までに必要な時間は?

  • 申込みにかかる時間
    • インターネットで申込む場合:10分程度
    • 電話で申込む場合: 15分程度
    • 店舗で申込む場合:10分程度
    • 自動契約機で申込む場合:10分程度
  • 審査にかかる時間
    • 最短30分、長いと2~3時間
  • その他かかる時間
    • 契約内容や利用方法などについての説明が10分程度
    • 契約書の記入、カードの発行、在籍確認の時間が計10分程度

できるだけはやく契約する方法

  • インターネットで申込み、契約をする(10分程度節約)
  • アコムの担当者に「急いでほしい」と伝える
  • インターネットで申込み、審査中に自動契約機に移動する

即日融資に間に合わないケースとは

  • 審査で落ちてしまった
  • 本人確認書類等の必要書類を忘れた(店舗や自動契約機で契約する場合)
  • FAX、アップロード、アプリなどで本人確認書類等の必要書類を提出した場合、写真や文字が不鮮明で再提出が必要になった
  • 申込書に記入漏れや間違いがあった
  • 電話で申込み、聞き間違いがあった
  • 申込みが集中しており、審査終了までに2~3時間程度かかった
    • 月曜日、祝日の翌平日、土日祝日などは混雑しがち

アコムは郵送以外の方法なら、即日融資が可能です。

申込んでから、わずか1時間で借入れできます。

自動契約機で申込み、契約する場合は21時に申込んでも、その日中に借入れできるのですから、とても助かりますね。

ただし、これは空いていて、申込内容に問題がない場合の話です。

どうしても今日中の借入れを希望するなら、可能な限り、早めに申込みましょう。

アコムの審査と即日融資のポイントをまとめて解説記事の一覧

→アコム申込み前に知っておきたいアコムの悪い点、第三者視点の評価

カードローン申込数ランキング

今日中にお金を借りたい人に、一番選ばれているカードローンは?

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報