一本化ローンへ申込む前に必ず読んでほしい審査通過のポイント

今抱えている複数のキャッシングを一本化して、おまとめローンでスッキリさせたい方!

おまとめローンを組むとなると金利や限度額が気になりがちですが、何よりも大事なのは「審査」です。そもそも審査にパスしなければどうにもなりません。

せっかく低金利なおまとめローンを見つけても、審査でNGの場合はローンを組むこともできないのです。申し込む前に、おまとめローンの審査で重視されるポイントをチェックしておきましょう。

おまとめローンの審査は厳しいの?審査で重視されるポイントは?

一般的に、おまとめローンの審査は通常のキャッシングの審査より厳しいといわれています。決められた年収を超えていないと、そもそも申し込むことすらできないという業者もあります。

審査でチェックされるのは、主に以下のようなポイントです。

他社借入件数

借入件数はかなり重要なポイントです。借入の総額よりも借入件数のほうが重視されます。

総額200万円をキャッシングしている2人を例にご説明しましょう。

Aさん → 50万円を4社から借りている
Bさん → 200万円を1社から借りている

2人のケースで比較した場合、業者からしてみるとBさんの方が断然信用度が高いという結果になります。

Aさん・・・1社あたりの限度額が低い⇒返済実績が足りず、借入先の業者からまだ信用されていない。限度額が増額できないから、複数社から借りることになってしまっている。

Bさん・・・1社あたりの限度額が高い⇒借入先の業者から信用を得ているため、限度額の増額に成功している。(通常限度額は50万円程度からスタートすることが多いため、200万円までアップするには、最低でも1年以上の返済実績が必要だと思われる。)

Bさんのケースだと、おまとめローンと言うよりもローンの借換えのようになってしまいますが、件数は少なければ少ないほど有利ということを知っておいてください。

3件以内であれば融資してもらえる可能性もありますが、4件、5件になると厳しいことが多々あります。

特に5件以上ある場合はその時点でアウトになる可能性が高いです。

多重申し込み

「多重申し込み」とは、短期間のうちに複数の業者に申し込んでしまうこと。1ヶ月に3社以上申し込んだ場合は危険かもしれません

おまとめローンは「数打ちゃ当たる」というものではありません!ローンに申し込むと、その情報は信用情報機関に掲載されます(申し込んだだけで掲載されます)。

業者側は審査の際、必ず信用情報機関でその人の信用情報を確認するのですが、短期間に複数のローンへの申込履歴があった場合、それだけで「要注意人物」と判断されてしまいます。

金融期間へのローンの申込履歴は、6ヶ月間掲載され続けます

事故情報がある

過去にローンの返済でトラブルを起こした場合、信用情報に事故情報として掲載されてしまいます。

事故情報として扱われてしまうのは、主に・・・

  • 3ヶ月以上の延滞
  • 不払い(踏み倒し)
  • 債務整理

このような事故情報は5~10年間保存されるので、その間はおまとめローンに申し込んでも審査に通過するのは非常に難しいでしょう。

ちなみに、信用情報については、『キャッシングを利用すると信用情報に傷がつく?!』でさらに詳しく検証しております。また、事故情報については、『消費者金融に事故者リストはホントに存在する!?』で詳しく説明しております。

勤続年数

当然長いほうが有利です。
普通のキャッシングの場合、3ヶ月や6ヶ月をボーダーラインにしているところが多いため、おまとめローンの場合は少なくとも1年間は同じ会社で働いたほうがいいと思います。

ちなみに、職業としてもっとも有利なのは公務員、次に大手企業のサラリーマンといわれています。

公務員>大手のサラリーマン>中小のサラリーマン>自営業、パート、アルバイト、派遣社員

の順で有利になるようです。

【検証】借り換えローンの審査方法・基準・審査通過のポイントとは?

審査に通りやすい時期があるって本当?

実は、比較的審査に通りやすい時期があるってご存知でしたか?

それは、年度末です。

どんな仕事でもそうですが、年度末の時期は年間の売上げを少しでも多くしようと奮闘します。

これは金融業者も同じで、年間の目標に達していなければ、融資を増やして売上げを確保しようとする動きが出てきます。

このシーズンは、就職や転勤などで引っ越しが多くなるため、ローンの需要が増える時期でもあります。

それに便乗する形で、おまとめローンを申し込んでみるのも良い方法なんです。少しでも可能性を高めたいなら、この時期まで待つことをおすすめします。

総量規制はおまとめローンにも影響する?

ローンということは、総量規制が関係してくるのでは?と考える方も多いのではないでしょうか。総量規制とは、「個人が借りられる金額(限度額)は年収の3分の1までに規制した」法律です。

銀行のローン(三菱東京UFJ銀行カードローン等)であれば無関係ですが、消費者金融や信販会社の場合は基本的に適用されてしまいます。

しかし、おまとめローンは別です。

総量規制には、利用者に有益なローンであれば適用されないという特別措置(?)があります。つまり、おまとめローンで金利が下がり、利用者の負担が減るのであれば、年収の3分の1を超えた額でも借りられるのです。

実際、消費者金融大手のアコムアイフルなどでは、年収の3分の1を超える金額も借入可能な「借り換え専用ローン」の商品が用意されています。

審査基準は「銀行」「信販会社」「消費者金融」で違う?

審査で見られるポイントは、「銀行」「信販会社」「消費者金融」でほとんど同じだと思いますが、その基準(厳しさ)にはやはり違いがあります。

一般的に、銀行>信販>消費者金融の順で厳しいと言われております。

おまとめを成功させるために

最後に、おまとめローンを無事成功させるためにチェックしておきたいポイントについてまとめてみました。

他社借り入れ件数

申込む前に、自分の現在の借り入れ件数をもう一度確認しておくことです。

5件以上ある場合は良い審査結果は見込めないので、月々の返済がどうしても厳しい場合は債務整理を検討することをおすすめします。

借入件数が5件以下の場合でも、おまとめローンを検討するときは同時に債務整理も比較したほうが良いと思います。

多重申し込み

早く解決させたい気持ちも分かりますが、焦って色んな業者に申し込まないように注意することです。くれぐれも、申込みは月に3件までということを忘れないでくださいね。

月に3件といっても毎月毎月申し込んではダメですよ。3件連続で落ちてしまったら、なぜ審査に落ちるのかをまず考えてみましょう。

なぜ落ちたのか理由がわからない方はキャッシングの審査が不可になる理由と審査に通る人通らない人の特徴も読んでみることをおすすめします。

事故情報

事故情報は、最低でも5年間は個人信用情報に掲載されてしまいますので、心当たりがあれば債務整理を検討したほうが妥当です。

勤続年数

あまりシビアに考えなくてもいいですが、もうちょっとで勤続1年になる方は少し待って、1年になってから申し込んだほうが有利だと思われます。

【この記事の筆者】
弦 ユキヲ(仮名)
1977年千葉県に生まれる。 20歳のとき、親の借金を肩代わりするためにキャッシングを経験する。 不況の煽りを受けて収入が減ったとこもあり、自分の生活費のためにも借入れを増やし返済不能に陥る。 結果、任意整理で過払い金を受け取り、現在借入れはゼロ。キャッシングのアドバイザーが副業である。

カードローン申込数ランキング

今日中にお金を借りたい人に、一番選ばれているカードローンは?

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報