おまとめローンに最適なのは消費者金融?銀行?お得なのはどっち?

複数の業者からキャッシングしていて毎月の返済が苦しい!

支払日が月に何回もあって、返済の管理が大変!

金利が高くて元金がなかなか減らない!

複数のキャッシング業者から借入れをしていると、毎月の返済に追われて大変ですよね。

そこで、「低金利のところでおまとめローンを組むことができれば、利息も毎月の返済額も減少して、確実に借金を減らしていくことができるのでは?」と考える方も多いのではないでしょうか。

しかし、一口におまとめローンといっても、金利や借入限度額などの条件は各社さまざまです。

何も知らずに決めてしまうと、「おまとめをする前のほうが良かった...」なんてことにもなりかねません。

そこで今回は、消費者金融と銀行、どちらのおまとめローンを利用した方がお得なのか、主要各社おまとめローンの詳細を調べて比較してみました。

これからおまとめローンの利用を検討している場合は要チェックです!

  • 目次
  • 大手消費者金融のおまとめローン
  • 大手銀行各社のおまとめローン
  • 上記8社のおまとめ・借り換えローンのスペック比較
  • 同額を借りた場合の返済総額の比較
  • おまとめローンは消費者金融と銀行、どっちでした方がお得なの?

大手消費者金融のおまとめローン

消費者金融のおまとめローンや借り換えローンは、総量規制の例外として扱われるので、年収の1/3を超える借入れが可能となっています。

消費者金融は、一般的に審査にかかる時間が短く、銀行のカードローンに比べ、金利が高く、審査が厳しくないのが特徴です。

では、大手消費者金融にはどんなおまとめローン・借り換えローン商品があるのかを詳しくみていきましょう。

アコム「借換え専用ローン」

借り換え専用ローン。
文字通り借り換え専用なので、追加の借入れはできません。

申込みするには、まずアコムのフリーコールへ連絡して、店頭窓口か自動契約機で手続きします。来店できない場合は郵送でも可能ですが、インターネットからは手続きできません。

実質年率 7.7%~18.0%
(ただし、借入限度額1万円~100万円未満は7.7%~18.0%、100万円~300万円は7.7%~15.0%)
借入限度額 1万円~300万円
返済回数 2回~162回
返済方式 元利均等返済方式
(毎月の返済額が一定で、そのうちの元金と利息の割合が変化していく返済方法。元金の割合がだんだん増加し、利息の割合がだんだん減少していく方法)
繰り上げ返済
融資までの日数 最短当日
(店頭窓口か自動契約機で手続きする必要あり。郵送の場合 当日融資不可)

プロミス「おまとめローン」

他の貸金業者から借りている複数のローンを一つにまとめるためのプロミスのローン。こちらも追加の借入れは不可です。

申込みは店頭窓口・自動契約機から行います。(インターネットからの申込みはできません。)

実質年率 4.5~17.8%
借入限度額 1~500万円
返済回数 1回~120回
返済方式 元利定額返済方式(=元利均等返済方式)
繰り上げ返済
融資までの日数 最短当日

アイフル「かりかえMAX」

アイフルを初めて利用する方専用の借り換えローン。
こちらも借換えのためのローンなので、追加の借入れはできません。

申込みはインターネットから、手続きは店頭窓口へ出向くか郵送で行います。

実質年率 12.0%~17.5%
借入限度額 1万円~300万円
返済回数 最長10年(120回)
返済方式 元利定額返済方式(=元利均等返済方式)
繰り上げ返済 振込やATMにより追加返済可能。一括返済も可能
融資までの日数 最短当日(店頭窓口で手続きする必要あり。郵送の場合 当日融資不可)

アイフル「おまとめMAX」

アイフルをすでに利用中の方・過去に利用されたことがある方向けのローンで、複数の借り入れをまとめて借換えすることができます。

おまとめ専用ローンなので、追加の借入れはできません。

申込みはインターネットから、手続きは店頭窓口へ出向くか郵送で行います。

実質年率 12.0%~15.0%
借入限度額 1万円~300万円
返済回数 最長10年(120回)
返済方式 元利定額返済方式(=元利均等返済方式)
繰り上げ返済 振込やATMにより追加返済可能。一括返済も可能
融資までの日数 最短当日(店頭窓口で手続きする必要あり。郵送の場合 当日融資不可)

オリックス・クレジット「VIPフリーローン」

おまとめローンとして紹介されていますが、資金使用目的は自由(事業性資金としては不可)です。限度額の範囲内で追加の借入れも可能です。

ただし、年収400万円以上の方しか利用できません

インターネットから申込みができますが、契約書を郵送・返送する時間があるので、融資までに数日を要します。

実質年率 3.5%~14.5%
借入限度額 100万円~800万円
返済回数 12回~96回
返済方式 リボルビング契約の場合...元利込定額返済(元金と利息を合わせた一定額を毎月返済)
証書貸付契約の場合 ...元利均等返済
繰り上げ返済 事前に連絡の上、繰り上げ返済可能。また、返済計画の中にボーナス返済を組み込むことができます。
融資までの日数 数日

大手銀行各社のおまとめローン

銀行のおまとめローンは、低金利で審査にかかる時間が長く(消費者金融に比べて)、審査が厳しい、借入限度額が(消費者金融に比べて)高額のローンが多いのが特徴です。

また、銀行なので当然 総量規制の対象外となります。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」

三菱東京UFJ銀行カードローンは、おまとめローン専用のローンではなく、使用目的自由(事業性資金は不可)のローンです。利用限度額の範囲内であれば、何度でも借入可能です。

インターネットや電話からも申し込みできますが、当日融資を受けるためには三菱東京UFJ銀行併設の「テレビ窓口」に出向いて手続きをする必要があります。

実質年率 1.8~14.6%
借入限度額 10~500万円
契約期間 1年ごとの自動更新
返済方式 残高スライドリボルビング返済(毎月の返済金額が、返済日時点の借入残高に応じて変動する」
繰り上げ返済 随時可能
融資までの日数 最短当日(テレビ窓口で手続きする必要あり。)

東京スター銀行「スターワンバンクローン(おまとめローン)」

東京スター銀行おまとめローンは、おまとめ専用のローンです。
低金利・高限度額ですが、年収200万円未満の人、パート・アルバイトの人は申し込めません

また、融資を受けるまで2週間ほどかかります

限度額は、「借入限度額」と「利用限度額」の2種類があります。(どちらも契約時に別々に設定されます。)

「借入限度額」とは、借り換えの際の限度額のことで、「利用限度額」とは、追加で借りる際の限度額のことです。

  • 借入限度額: 30万円以上1,000万円以下(1万円単位)
  • 利用限度額: 30万円以上300万円以下(10万円単位)

追加借入れは、借り換えのローン残高が「利用限度額」を下回った時点で利用可能です。

実質年率 5.8~14.8%
借入限度額 30~1,000万円
  • 借入限度額: 30万円以上1,000万円以下(1万円単位)
  • 利用限度額: 30万円以上300万円以下(10万円単位)
契約期限 限度額利用可能期限(ローン残高が利用限度額を下回っている場合、65歳時の契約日の次に到来する10日)の10年後の契約日
返済方式 元金同額返済方式(毎月一定額の元金と借入残高に対する利息をプラスして返済する)
繰り上げ返済
融資までの日数 2週間程度

東京スター銀行「スターワンバンクローン(のりかえローン)」

東京スター銀行のりかえローンは、他社で組んでいるローンを借り換え、追加で借入れもしたい、という方向けのローンです。

こちらも超低金利・高限度額ですが審査が厳しく、年収が200万円未満の人、パート・アルバイトの人は申し込めません

また、融資を受けるまで1ヶ月程度かかります

実質年率 7.8~9.8%
借入限度額 30~1,000万円
  • 借入限度額: 30万円以上1,000万円以下(1万円単位)
  • 利用限度額: 50万円以上300万円以下(10万円単位)
契約期限 限度額利用可能期限(ローン残高が利用限度額を下回っている場合、65歳時の契約日の次に到来する10日)の10年後の契約日
返済方式 元金同額返済方式(毎月一定額の元金と借入残高に対する利息をプラスして返済する)
繰り上げ返済
融資までの日数 1ヶ月程度

住信SBIネット銀行「ネットローン プレミアムコース」

資金使途自由なカードローンなのでおまとめにも利用することができます。もちろん限度額の範囲内であれば追加借入れも可能です。

申込みから借入れまで、インターネットで完了することができます。

また、住信SBIネット銀行MR.カードローン(プレミアムコース)を初めて利用する場合、最大2ヵ月分の利息がキャッシュバックされるというキャンペーンも行なっています。

実質年率 0.99~7.99%
借入限度額 10~1,200万円
契約期限 1年ごとの自動更新
返済方式 残高スライドリボルビング返済
繰り上げ返済 可(随時返済はWEBサイト・モバイルサイト・利用可能ATMで返済可能。全額返済はWEBサイト・モバイルサイトで返済可能)
融資までの日数 最短当日

楽天銀行「スーパーローン」

楽天銀行スーパーローンは、資金の使い道は自由(事業性不可)なので、おまとめ・借り換えとしても利用できるカードローンです。限度額の範囲内であれば追加借入れも可能です。

申込みから借入れまで、すべてインターネットで完了出来ます。

実質年率 1.9~14.5%
借入限度額 10~800万円
契約期間 1年ごとの自動更新
返済方式 残高スライドリボルビング返済
繰り上げ返済 スーパーローンカードで提携CD・ATMから返済可能
融資までの日数 最短当日

上記8社のおまとめ・借り換えローンのスペック比較

業者名 商品名 実質年率 借入限度額 契約期間 返済方式 繰上返済 融資までの日数
アコム 借換え専用ローン 7.7~18.0% 1~300万円 2回~162回 元利均等返済 最短当日
プロミス おまとめローン 4.5~17.8% 1~500万円 1回~120回 元利定額返済 最短当日
アイフル かりかえMAX 12.0~17.5% 1~300万円 最長120回 元利定額返済 最短当日
アイフル おまとめMAX 12.0~15.0% 1~300万円 最長120回 元利定額返済 最短当日
オリックス・クレジット VIPフリーローン 3.5~14.5% 100~800万円 12回~96回 元利込定額返済 数日
三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック 1.8~14.6% 10~500万円 1年ごとの自動更新 残高スライドリボルビング返済 最短当日
東京スター銀行おまとめローン おまとめローン 5.8~14.8% 30~1,000万円 限度額利用可能期限の10年後の契約日 元金同額返済 2週間程度
東京スター銀行のりかえローン のりかえローン 7.8~9.8% 30~1,000万円 限度額利用可能期限の10年後の契約日 元金同額返済 1ヶ月程度
住信SBIネット銀行MR.カードローン(プレミアムコース) ネットローン(プレミアムコース) 0.99~7.99% 10~1,200万円 1年ごとの自動更新 残高スライドリボルビング返済 最短当日
楽天銀行スーパーローン スーパーローン 1.9~14.5% 10~800万円 1年ごとの自動更新 残高スライドリボルビング返済 最短当日

同額を借りた場合の返済総額の比較

上記で紹介した各社のおまとめローンで

借入額:200万円
返済回数:60回

の場合、返済総額や利息総額にどのくらい差が出るのか、返済シミュレーションをしてみました。

※ 金利について
借入額ごとに金利が決まっているローン以外は、利息制限法の最高金利(元金100万円以上の場合、上限15%)を適用しています。

※ 東京スター銀行「スターワンバンクローン(おまとめローン)」「スターワンバンクローン(のりかえローン)」については、試算することができませんでした。

アコム「借換え専用ローン」

200万円借入れで金利15%、元利均等返済方式で試算してみました。

月返済額 4万7,579円
利息総額 85万4,740 円
返済総額 285万4,740円

毎月の返済額は一定ですが、回をおうごとに利息が減少し元金が増加していきます。

プロミス「おまとめローン」

200万円借入れで金利15%、元利定額(均等)返済方式で試算した結果、先のアコム「借換え専用ローン」と同じ結果になります。

アイフル「おまとめMAX」「かりかえMAX」

200万円借入れで金利15%、元利定額(均等)返済方式で試算した結果、先のアコム「借換え専用ローン」と同じ結果になります。

オリックス・クレジット「VIPフリーローン」

金利14.5%、元利込定額返済の試算結果、

月返済額 4万7,056円
利息総額 82万3,393円
返済総額 282万3,393円

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」

200万円借りた場合の金利は9.6%なので、同行のホームページで試算すると、

月返済額 4万2,101円
利息総額 52万6,065円
返済総額 252万6,065円

住信SBIネット銀行「ネットローン プレミアムコース」

200万円借りた場合の金利は8.0%ですが、残高スライドリボルビング返済方式なので、そのまま最小返済額だけ返済していくと、

月返済額 借入残高が200万円以下の時は30,000円
残高100万円以下の時は月20,000円
残高50万円以下の時は月10,000円
利息総額 79万8,905円
返済総額 279万7,905円

となり、返済回数は合計145回、完済するまで12年以上かかってしまいます。

これを他社と同じように60回で完済するように計算していきます。

例えば、毎月の最小返済額に1万8,000円をプラスして返済します。

1回目の返済額は
最小返済額3万円(元金1万6,667円+利息1万3,333円)+追加返済額1万8,000円=4万8,000円となり、以降利息の割合が減少していきます。

この場合、

月返済額 最小返済額+1万8,000円
利息総額 38万1,125円
返済総額 238万1,125円

となります。

楽天銀行「スーパーローン」

残高スライドリボルビング返済方式なので、そのまま最小返済額だけ返済していくと(金利は14.5%)、

利息総額 443万7,280円
返済総額 643万7,280円

返済回数は、なんと合計434回!!

楽天スーパーローンは月返済額が低額で細かく区切ってあるので、返済回数・利息がとてもかさむようになっています。これだと完済するまで36年以上かかってしまいます。

したがって、今回も住信SBIネット銀行「ネットローン プレミアムコース」と同様に60回で完済するように計算すると、

例えば、毎月の最小返済額に2万8,000円をプラスして返済します。

1回目の返済額は
最小返済額3万円(元金5,833円+利息24,167円)+追加返済額2万8,000円=5万8,000円となり、以降利息の割合が減少していきます。

この方法だと、

月返済額 最小返済額+2万8,000円
利息総額 71万6,471円
返済総額 271万6,471円

となります。

以上の結果をまとめると、

業者名 商品名 適用金利 返済方式 月返済額 利息総額 返済総額
アコム 借換え専用ローン 15.0% 元利均等返済 4万7,579円 85万4,740 円 285万4,740円
プロミス おまとめローン 15.0% 元利定額返済 4万7,579円 85万4,740 円 285万4,740円
アイフル かりかえMAX 15.0% 元利定額返済 4万7,579円 85万4,740 円 285万4,740円
アイフル おまとめMAX 15.0% 元利定額返済 4万7,579円 85万4,740 円 285万4,740円
オリックス・クレジット VIPフリーローン 14.5% 元利込定額返済 4万7,056円 82万3,393円 282万3,393円
三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック 9.6% 残高スライドリボルビング返済 4万2,101円 52万6,065円 252万6,065円
住信SBIネット銀行MR.カードローン(プレミアムコース) ネットローン
(プレミアムコース)
8.0% 残高スライドリボルビング返済 4万8,000円(初回) 38万1,125円 238万1,125円
楽天銀行スーパーローン スーパーローン 14.5% 残高スライドリボルビング返済 5万8,000円(初回) 71万6,471円 271万6,471円

※ それぞれの返済シミュレーションは、各ローンの上限金利で試算していますので、あくまで参考にしてください。実際に利用される場合は、審査によって上限金利より低い金利が適用される可能性もあります。おまとめローンご利用の際には、各金融機関のホームページや問い合わせなどで詳しい情報をお取りください。

今回のシミュレーションを見る限り、住信SBIネット銀行「ネットローン(プレミアムコース)」がダントツで利息総額が少ないですね。また、総じて銀行のほうが利息総額が少ないという結果になりました。

やはり、借入金額が大きく返済回数がかさむようになると、金利の差がかなり重要になってくることがわかったかと思います。

おまとめローンは消費者金融と銀行、どっちでした方がお得なの?

今回のシミュレーション結果からもわかるように、まずは金利の低い銀行のおまとめローンにチャレンジすることをおすすめします。

しかし、いくら金利が低くても、残高スライドリボルビング返済方式のように利息や返済回数がかさむ返済方式を採用しているところは要注意。

最小返済額で返していくと、いつまでたっても返済が終わりません。

先ほどの住信SBIネット銀行ネットローン(プレミアムコース)、楽天銀行スーパーローンの返済シミュレーションで示したように、返済回数を設定して返済するようにすれば、利息総額をおさえることができます。

おまとめローンを検討するときは、それぞれの銀行や消費者金融の返済シミュレーション結果を参考に、無理のない返済計画が立てられるローン、利息総額ができるだけ少なくなるローンを選びましょう。

余裕がある時にできるだけ繰り上げ返済をすることも早期完済のポイントです。

おすすめおまとめローン特集記事

この記事の筆者

桜井 桃可(仮名)
朝は主婦、昼は会社員、夜はライターで毎日頑張っている。残念ながら、過去に生活苦から数社のキャッシングを繰り返し、債務整理をし、ただいまコツコツと返済中でどうにか生活も安定してきている。ライターを初めて1年だが、この仕事のおもしろさは記事を書くたびに自分自身の知識が増えていくことだと思う。さまざまな分野のライティングをしていきたいと思っている。

カードローン申込数ランキング

今日中にお金を借りたい人に、一番選ばれているカードローンは?

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報