キャッシング一本化の長所・短所から考えるホントにお得な一本化とは

「ローンを一本化しませんか?」
「今のローンをまとめませんか?」
「借換えしませんか?」

おまとめローンのこんな広告、あなたも見かけたことがあると思います。

借金を一本化することで、「金利が安くなる」「返済が月1回で済む」などの効果を期待できます。

しかし、一本化をした人の全員がおまとめに成功しているかというと、そうではありません。

良いところもあれば、悪いところもあります。

そこで今回は、実際に借換えを行った6名の体験者に話を聞きました。

借金を一本化したため、かえって損することになった体験者たちの話をもとに、一本化を成功させるためのポイントを紹介していきます。

これから借換えを検討される方には、後々損しないためにもご覧になってくださいね。

この記事の編集者情報

  • 田中 靖子私が編集者です!

    編集・ライター歴20年。読み手にわかりやすく、正確・誠実に情報を伝えることをモットーにしています。ファイグーでは読み手が求める情報をいかに適切に把握し、発信できるかを日々模索中。ささやかでも生活に役立つヒントをお届けできたら幸いです!現在は保育士とのダブルワーク中。高校球児の母。朝5時起きで白飯大盛弁当づくりが日課です。

そもそも借金の一本化とは?

「借金を一本化する」とは、具体的にどういうことなのでしょうか?

一本化の体験者である青木さん(仮名)の例を見てみましょう。

青木さんは、下記の3社からの借金を抱えていました。

借入先 借入残高 金利 月々の返済額
DCカード
(キャッシング枠)
92万円 12% 2万円
セゾンカード
(キャッシング枠)
8万円 18% 1万円
プロミス 70万円 15% 1万8,000円
合計 170万円 4万8,000円

このうちのプロミスから、「借金一本化」の案内があった青木さんは、思いっきって一本化することに。

プロミスから追加で100万円を借入れ、DCカードとセゾンカードの分(合計100万円)を完済しました。

借入先 借入残高 金利 月々の返済額
プロミス 170万円 11.5% 3万9,000円

結果的にプロミスからの借金は170万円になりました。

青木さんは、今後プロミスにのみ返済していくことになります。

1社から1社に借り換えるケースもある

一方、1社からの借金を別の業者で借り換えるケースもあります。

田村さん(仮名)のケースを見てみましょう。

  借入れ先 借入残高 金利 返済額
借換え前 オリコカード 50万円 18% 3万円
借換え後 某大手グループ銀行のカードローン 50万円 14% 3万円

田村さんは、某大手グループ銀行のカードローンから50万円を借入れ、そのお金でオリコカードの借金を完済。

それ以降は、某大手グループ銀行のカードローンに返済していくことになります。

体験者が教える一本化のメリット

まずは、一本化や借り換えのメリットを検証してみましょう。

今回は、借換え体験者の青木さん、加藤さん、斉藤さん、田村さん、浜田さん、前田さん(いずれも仮名)にお話をうかがいました。

毎月の返済回数を減らせる

複数社からの借入れがあると、月に何度も返済しなければなりません。

手間がかかりますし管理も大変ですよね。

そこで、借金を一本化すれば、毎月の返済回数を減らすことができます。

今回の体験者6名のうち、複数の借金を一本化したのは青木さんと加藤さんです(※1)

2人の返済回数(月間)は、どのように変わったのでしょうか。

体験者 借入れ先 返済回数(月間)
借換え前 借換え後 借換え前 借換え後
青木さん
  • DCカード
  • セゾンカード
  • プロミス
プロミス 3 1
加藤さん
  • JCBカード
  • タカシマヤクレジット
  • 楽天KCカード
  • VISAカード
  • 新生銀行カードローン レイク
  • プロミス
東京スター銀行スターワンバンクローン 6 1

2人とも、月々の返済回数を1回に減らすことができました。

※1
斉藤さん、田村さん、前田さんは1社から1社に借換えています。

毎月の返済負担を減らせる

青木さん、加藤さん、田村さんは、「月々の返済額が減る」ことを期待して借換えしたそうです。

では、その3名の毎月の返済額は、借換え前後でどのように変わったのでしょうか?

※下の表は右にスクロールすることができます。

 
体験者
青木さん
加藤さん
田村さん
借入れ先 借入残高 月々の返済額(合計)
借換え前 借換え後 借換え前 借換え後 差額
  • DCカード
  • セゾンカード
  • プロミス
プロミス 170万円 4万8,000円 3万9,000円 -9,000円
  • JCBカード
  • タカシマヤクレジット
  • 楽天KCカード
  • VISAカード
  • 新生銀行カードローン レイク
  • プロミス
東京スター銀行スターワンバンクローン 200万円 9万3,000円 4万円 -5万3,000円
オリコカード 某大手グループ銀行のカードローン 50万円 3万円 3万円 0

青木さんと加藤さんの返済額は下がりましたが、田村さんは変わらないままでしたね。

基本的に、複数の借入れを一本化すると、月々の返済額(合計)は下がることが多いです。

一方、1社からの借入れを他社へ借換える場合は、返済額が下がらないこともあるので、注意してください。

また、「毎月の返済額が下がる=借換え成功」とは限りません。

その点も注意が必要です。

詳しくは「実は損?一本化のデメリット」のところで説明します。

金利が下がる

今回の借換え体験者6名は、皆さん借換えによって金利を下げたいと思っていました。

実際に借り換えてみて、金利は下がったのでしょうか?

※下の表は右にスクロールすることができます。

 
体験者
青木さん
加藤さん
斉藤さん
田村さん
浜田さん
前田さん
借入れ先 借入残高 金利
借換え前 借換え後 借換え前 借換え後
  • DCカード
  • セゾンカード
  • プロミス
プロミス 170万円 約13.5%
(加重平均金利)
11.5% -2%
  • JCBカード
  • タカシマヤクレジット
  • 楽天KCカード
  • VISAカード
  • 新生銀行カードローン レイク
  • プロミス
東京スター銀行スターワンバンクローン 200万円 約13.2%
(加重平均金利)
12% -1.2%
スルガ銀行カードローン 楽天銀行スーパーローン 300万円 13.8% 8.5% -5.3%
オリコカード 某大手グループ銀行のカードローン 50万円 18% 14% -4%
イオンクレジット
  • 広島銀行ハローローンワイド
  • イオンクレジット
70万円 15% 約14.7%
(加重平均金利)
-0.3%
アイフル 琉球銀行沖縄大好き来店不要型カードローン 50万円 18% 13% -5%

※加重平均金利については後ほど詳しく説明します。

個人差はありますが、皆さん金利を下げることに成功しています。

斉藤さん、前田さんにいたっては、5%以上の金利減に成功していますね。

ただし、「金利が下がる=借換え成功」とは限らないので注意してください。

この点についても、「実は損?一本化のデメリット」で詳しく説明します。

支払う利息を減らせる

借換えにより利息の総額を減らせたのは青木さん、斉藤さん、田村さんです。

※下の表は右にスクロールすることができます。

 
体験者
青木さん
斉藤さん
田村さん
借入残高 金利 毎月の返済額の合計 利息総額
借換え前 借換え後 借換え前 借換え後 差額 借換え前 借換え後 差額
170万円 約13.5%
(加重平均金利)
11.5% -2% 4万8,000円 3万9,000円 -9,000 円 58万9,010円 51万1,471円 -7万7,539円
300万円 13.8% 8.5% -5.3% 6万円 4万円 -2万円 148万9,956円 129万3,781円 -19万6,175円
50万円 18% 14% -4% 3万円 3万円 0 7万9,706円 5万9,272円 -2万434円

青木さんは7万円以上、田村さんは2万円以上、斉藤さんにいたっては19万円以上の利息を節約しています。

3人とも、金利が大きく下がっていますからね。

ただし、青木さんと斉藤さんは、借換え前より毎月の返済額が減っています。

毎月の返済額が減ると、かえって利息総額が大きくなることもあるので注意してください。

このことについても、次の「実は損?一本化のデメリット」で詳しく解説します。

実は損?一本化のデメリット

一本化や借換えをすれば、必ず得するわけではありません。

実は、大きな損をしてしまうことがあります。

こちらも実体験から検証していきましょう。

支払う利息が増えてしまう

借換え前に比べて、支払う利息の総額が増えてしまうことがあります。

今回の6名のなかでは、加藤さんがその典型例ですね。

※下の表は右にスクロールすることができます。

 
体験者
加藤さん
借入残高 金利 毎月の返済額の合計 利息総額
借換え前 借換え後 借換え前 借換え後 差額 借換え前 借換え後 差額
200万円 13.2%
(加重平均金利)
12% -1.2% 9万3,000円 4万円 -5万3,000円 40万129円 78万6,428円 +38万6,299円

加藤さんの場合、借換え後の利息が38万円も増えてしまいました。

しかし、借換え前より金利は1.2%下がっています。

どうして利息が増えてしまったのでしょうか?

原因は、毎月の返済額にあります。

毎月の返済額が減ると、その分利息が増えてしまうのです。

加藤さんの場合、毎月の返済額を5万3,000円も下げてしまいました。

こうなると、金利1.2%減が台無しです。

毎月の返済額を下げる場合は、「返済額をいくら下げると利息が増えるのか」を見極めないとなりません。

金利12%で200万円を返済していくと、月々の返済額によって、利息は下記のように変わります。

借入残高 金利 月々の返済額 利息総額 借換え前の
利息総額との差額
200万円 12% 9万円 27万3,194円 -12万6,935円
8万5,000円 29万1,630円 -10万8,499円
8万円 31万2,960円 -8万7,169円
7万5,000円 33万7,808円 -6万2,321円
7万円 36万7,097円 -3万3,032円
6万5,000円 40万2,133円 +2,004円

加藤さんの場合、月々の返済額を6万5,000円以下にしてしまうと、借換え前より利息が多くなってしまうのです。

かえって借金が増えてしまうリスク

浜田さんと前田さんは、借換え前より借金を増やしてしまいました。

これは、一番やってはならない失敗です。

体験者 借換え前 借換え後
借入先 借入残高 借入先 借入残高
浜田さん イオンクレジット 30万円 イオンクレジット 20万円
広島銀行ハローローンワイド 50万円
前田さん アイフル 9万6,000円 琉球銀行沖縄大好き来店不要型カードローン 50万円

借換え前より40万円も借金が増えた浜田さん

浜田さんは、イオンクレジットの借金30万円を借換えるために広島銀行のカードローンに申込み、そこで50万円の利用限度額を設定されました。

本来なら、50万円のうち30万円だけ借りて イオンクレジットの返済にあてるべきでしたが、浜田さんは50万円満額借りてしまいます。

しかも、イオンクレジットの返済にあてたのはたったの10万円。

残りの40万円はすべて別のことに使ってしまいました。

その結果、借換え後の残高は70万円となり、借換え前にくらべて40万円も増えてしまったのです。

借換え前にくらべて40万円も借金が増えた前田さん

前田さんは、アイフルでの借金9万6,000円を借換えるために琉球銀行のカードローンに申込みました。

審査の結果、50万円の利用限度額を設定されたので、前田さんはすぐ9万6,000円を借りて、アイフルの借金を完済します。

しかし、残りの40万4,000円を別のことに使ってしまったため、結局借金は増えてしまいました。

このように、借換えをしたのに借金を増やしてしまう事例は少なくありません。

いくつか体験談もあるので、よかったらあわせてご覧ください。

借金を増やしてしまっては元も子もない

浜田さんと前田さんの場合、借換えによって「金利減」「毎月の返済額増」の条件がそろったので、本来なら利息を節約できるはずです。

しかし、借金の総額が増えているので、元も子もありません。

当然ですが、借換え前に比べて利息が大幅に増える結果となりました。

※下の表は右にスクロールすることができます。

 
体験者
浜田さん
前田さん
借入残高 毎月の返済額 金利 利息総額
借換え前 借換え後 借換え前 借換え後 借換え前 借換え後 借換え前 借換え後 差額
30万円 70万円 2万円 3万6,000円 15% 約14.7%
(加重平均金利)
3万4,311円 14万7,909円 +11万3,598円
9万6,000円 50万円 4,000円 1万円 18% 13% 2万6,167円 22万3,999円 +19万7,832円

一本化で損しないためには?

ここまで紹介したメリット・デメリットをもとに、「一本化や借換えで損しないためのポイント」を検証しましょう。

現在より低金利のローンを選ぶこと

借換えするなら、今 契約中のローンより低金利のローンを選びましょう。

たとえば、現在組んでいるローンの金利が18%なら、18%未満のローンを探してください。

より正確にいうと、上限金利が18%未満のローンを探してください。

上限金利とは、そのローンの最高金利のことです。

たとえば、金利が「3%~15%」に設定されているローンなら、「15%」のほうが上限金利です。

通常、ローンの金利は、上記のように幅を持って設定されています。

そのうち何%が適用されるかは、審査で決まるのです。

申込み前の段階では何%が適用されるかわからない以上、上限金利をチェックしたほうが無難でしょう(※2)

※2
借入額(借換え額)が100万円以上の場合は、おのずと金利が15%以下に下がります(業者やローンの種類を問わず)。

借入先が複数の場合は?

では、借入先が複数あり、それぞれ金利が異なる場合は、どの金利を基準にすればいいのでしょうか?

その場合は、加重平均金利を計算してください。

加重平均金利を簡単にいうと、「条件の異なるローンの平均金利」のことです。

たとえば、青木さんの場合、一本化前の借入状況は下記のようになっていました。

借入先 借入残高 金利 月々の返済額
DCカード 92万円 12% 2万円
セゾンカード 8万円 18% 1万円
プロミス 70万円 15% 1万8,000円
合計 170万円 4万8,000円

この場合の加重平均金利を計算してみましょう。

まず、3社の年間の利息総額を計算してください。

(92万円×12%)+(8万円×18%)+(70万円×15%)=22万9,800円

そして、この合計額を、3社の借入残高の総額で割ります。

22万9,800円÷170万円=13.5%

この場合、加重平均金利は13.5%です。

よって、青木さんの場合は、金利(上限金利)が13.5%未満のローンを探さなければなりません。

利息総額をシミュレーションすること

借換えにより、毎月の返済額が下がった場合、借換え前より利息が高くなるリスクがあります。

これを回避するには、事前に、借換え前・借換え後の利息総額をシミュレーションして、比較するしかありません。

具体的には、各金融業者の「返済シミュレーション機能」を使ってください。

おすすめは、三井住友銀行カードローンの返済シミュレーション機能です。

三井住友銀行カードローンの返済シミュレーション機能

このうち、「返済期間シミュレーション」を選択してください。

返済期間シミュレーション

こちらで、「借入金額」「毎月返済額」「借入金利」を入力して「シミュレーション結果を見る」を選択。

シミュレーションの結果

ここで、「返済計画表を見る」を選択。

返済計画表を見る

「利息」の列の、一番最後の行を見ると、利息の累計が載っています。

この場合は、57万9,052円ですね。

こういったシミュレーション機能を使って、借換え前・借換え後の利息総額をシミュレーションしてください。

ここから、シミュレーションするうえでのポイントを紹介します。

元々の借入先が複数の場合は?

元々の借入先が複数ある場合は、借入れごとに利息総額をシミュレーションし、合計してください。

例)

借入れ先 借入残高 金利 返済額 利息総額
DCカード 92万円 12% 2万円 31万8,490円
セゾンカード 8万円 18% 1万円 5,875円
プロミス 70万円 15% 1万8,000円 26万4,645円
合計 170万円 13.5%
(加重平均金利)
4万8,000円 58万9,010円

この場合、借換えせずに返済していくとしたら、利息総額は58万9,010円です。

ここでプロミスから、「金利11.5%、毎月の返済額3万9,000円で借金を一本化しないか」という提案があったとしましょう。

借入れ先 借入残高 金利 返済額 利息総額
プロミス 170万円 11.5% 3万9,000円 51万1,471円

プロミスの提案通り、借金を一本化した場合、利息総額は51万1,471円となります。

つまり、

58万9,010円(借換え前の利息総額)-51万1,471円(借換え後の利息総額)=7万7,539円

このケースでは、借換えたほうが、7万7,539円お得になるということです。

借換え後の「金利」は何%に設定すればいいの?

借換え後の利息総額をシミュレーションする際は、金利を何%に設定すればいいのでしょうか?

この場合、利用を検討しているローンの上限金利を設定してください。

借換え後の「毎月の返済額」はいくらに設定すればいいの?

各々のローンには、最少返済額(月々の返済額)が決められています。

たとえば、楽天銀行スーパーローンの最少返済額は、下記のように決められています(一部省略済み)。

借入残高 最少返済額
10万円以内 2,000円
10万円超30万円以内 5,000円
30万円超50万円以内 1万円
50万円超100万円以内 1万5,000円
100万円超150万円以内 2万円
150万円超200万円以内 3万円
200万円超250万円以内 3万5,000円
250万円超350万円以内 4万円
350万円超400万円以内 4万5,000円
400万円超500万円以内 5万円

基本的に、最少返済額以上の金額ならどれだけ返済してもOKです。

借換え後の利息総額をシミュレーションする際は、利用を検討しているローンが設定している「最少返済額」以上の金額を「毎月の返済額」として入力しましょう。

毎月の返済額を極力減らさないこと

最少返済額以上ならいくら返済してもOKなので、生活に支障をきたさない範囲で、できるだけ多めに返済していきましょう。

毎月の返済額が高いほど、完済までの期間が早まり、利息を節約できるからです。

ATMや振込みで返済していく場合は、毎月の返済時に好きな金額を入金できます。余裕のある月は多めに入金できますね。

一方、口座振替で返済していく場合、自動的に最少返済額(※3)が引き落とされる設定になっているローンが多いので、注意してください。

この場合、多めに返したいときは別途ATMや振込み等で追加入金しないとなりません。

※3
特に銀行カードローンは、返済が進むにつれて(借入残高の減少に応じて)自動的に最少返済額が下がっていくパターンが多いので注意が必要です。

絶対に借入れを増やさないこと

当然ですが、一本化や借換えをするなら、その後は絶対に借入れを増やさないことです。

借入れを増やし続けたら、いつまでもたっても完済できません。

場合によって債務整理を検討すること

今回の体験者の加藤さんは、借金の一本化をして、一旦は6社からの借金を完済しましたが、その後再び借入れを増やしてしまいました。

結果的に、自力での完済が難しくなり、数年後に債務整理を選択しています。

債務整理とは、法的に借金を整理すること

主に借金を減らす目的で行われます。

加藤さんのように、一度は借換えしたものの、結果的に債務整理を選択する方は少なくありません。

下記のような方は、はやめに債務整理を検討するようにしましょう。

  • 毎月の返済負担を大きく減らしたい人
  • 大幅な収入減、もしくは支出増があった人
  • すぐにお金を使ってしまう人や、意志が弱い人
  • 借金のせいで大きなストレスを抱えている人

まとめ

最後に、今回のポイントをおさらいしましょう。

一本化のメリット

  • 毎月の返済回数を減らせる
  • 毎月の返済負担を減らせる
  • 金利を下げられる(ケースがある)
  • 支払う利息を減らせる(ケースがある)

一本化のデメリット

  • 支払う利息が増えてしまう(ケースがある)
  • かえって借金が増えてしまう(ケースがある)

一本化で損しないためには?

  • 今 契約中のローンより低金利のローンを選ぶこと
    • 現在の借入先の金利より、金利(上限金利)が低いローンを選ぶこと
  • 事前に、借換え前・借換え後の利息総額をシミュレーションして、比較すること
  • 借換え後の毎月の返済額は、実際に返していける範囲で、できるだけ高い金額を設定すること
  • 借換え後は絶対に借入れを増やさないこと
  • 借換えをしても完済が難しそうな場合は はやめに債務整理を検討すること

一般的には、「毎月の返済負担を減らしたい」という理由で借換えを検討する方が多いようです。

しかし、毎月の返済額を下げすぎてしまうと、借換え前よりも返済期間が長くなり、利息が増えてしまうケースも出てきます。

損しないためには、事前に、借換え前・借換え後の利息総額などをシミュレーションしておくことが大切ですよ。

一本化についてさらに知りたい方はこちらもご覧ください

カードローン申込数ランキング

今日中にお金を借りたい人に、一番選ばれているカードローンは?

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報