テープ起こしの給料相場、仕事の探し方、コツ、必要ソフトまとめ

テープ起こし。

その名の通りテープやMD、ICレコーダーに録音された音声を文章に変換する仕事です。

音声の内容は、会議、講演会、インタビューなど色々なものがあるようです。

しかし具体的にどんな作業をしているのでしょうか?

ぶっちゃけ どのくらい稼げるの?
好きな時間にできるの?
資格は必要なの?
すぐに始められるの?

このように、実際にやったことのある人でないとわからない疑問があると思います。そこで、今回は「テープ起こし」のお仕事を徹底調査してみました。

給料の相場はどれくらい?

独立してフリーで仕事を受注する場合

1本のテープ(60分)で1万円~2万円ほど、作業時間は3~4時間程度だとして、時給は2,500円~6,000円程度となります。

ただし上記の時間は実際に作業した時間です。この時間以外に、依頼人との打ち合わせなどの時間がかかります。

SOHOサイトを経由して仕事をもらった場合

相場の例として、テープ1分あたり80円。60分のテープで4800円

これをどのくらいの時間で行うかによって時給は変わってきます。(ただしサイトによって手数料が発生するところもあります。)

知り合いの斡旋

初心者の方だと、5万円分のテープを文字起こしするのに200時間かかったという事例があります。このケースだと時給250円に...。

テープ起こしのお仕事は基本的に時間給ではなく、仕事の成果に対して支払われるもの。(しかも、案件によって単価は大きく異なります。)

そのため、仕事が早ければ早いほど時間給も上がっていく仕組みです。

しかし、熟練された人でも1時間のテープで4時間ほどかかるのが一般的。初めての場合はもっと多めにかかってしまうと考えたほうがよさそうです。

すぐに始められるの?

資格は要る?

資格は必要ありません
通信講座を受講して技術を身につけるのは有効ですが、必ず必要というわけではありません。

その代わりパソコンのワープロ機能は必ず扱えるようになっておきましょう。ブラインドタッチができないと厳しいと思います。

必要な設備

  • パソコン

    いまどき手書きで原稿を提出するなんてありえません。
    これは必須ですね。

  • ヘッドフォン
  • okoshiyasu2

最近はテープを使うより、ICレコーダーで録った音声をWAVE/MP3/WMAなどのファイルで送ってもらい、それを聞いて文字起こしする、という方法が主流のようです。「okoshiyasu2」というフリーソフトが人気のようなので、パソコンにダウンロードして使ってみてはいかがでしょうか?

※okoshiyasu2について

停止してから再生するとき、自動で指定秒数戻ってから再生してくれるので、いちいち巻き戻したりしなくて良いのです!うっかり巻き戻しすぎてイライラすることがありません。

また、再生速度を変えられるので、テンポ良く音声データを聞き進められます。

詳しい使い方は後述します。

ダウンロード↓
http://www12.plala.or.jp/mojo/

  • okoshiyasu2をセットアップ
    okoshiyasu2を起動し、オプション>設定>キー設定で、ホットキーを設定します。こうすることで、ウインドウの切り替えをしたり、ICレコーダーを触る必要がなくなります。つまり、キーボードから手を離すことなく、音声を巻き戻したり、再生したりと、スムーズに原稿を書き進めることができるのです!
  • 筆者の場合
    私の場合、原稿を書くときにはWORDを使っていますので、F2に「巻き戻し」を、F3に「早送り」を、F11に「再生・停止」を設定しています。他のキーにはWORDの機能が割り振られているので、同時にWORDの機能が開かないようにするためです。意外とこの3つの設定で十分ですが、お好みで色々設定してみてください。
  • 原稿を書いてみよう!
    okoshiyasu2の「開く」からファイル(音声データ)を開きます。ファイルのドラッグ&ドロップで開くこともできます。音量調節をして、声が低すぎたり高すぎて聞き取りづらいときには、「音程」で調節しましょう。

また、雑音が入っていて聞き取りづらいときには、イコライザを調節して、音声とは関係ない音域の音を消すと良いでしょう。

実際に自分が録音した現場にいたなら、話の大筋は覚えているもの。速度は1.3~1.5倍に設定しても、聞き取ることができます。

逆に早口なとき、単語が聞き取れないときには、速度を遅くすれば聞き取ることができます。

引用元:nanapi 「迅速にテープ起こしをする方法」
http://nanapi.jp/246/
<2012/12/05アクセス>

どうやって仕事を探せばいいの?

大まかに分けると、次の2つがあります。

SOHOサイトで検索する

まずは最も手軽な方法、インターネットで検索してみることです。

巷には、在宅ワークを紹介する様々なSOHOサイトがあります。

有名なSOHOサイトとしては、

ランサーズ
http://www.lancers.jp/

@SOHO
http://www.atsoho.com/

SOHOビレッジ
http://www.sohovillage.com/

他に、テープ起こしを専門で行っている会社の求人に応募して働くという方法もあります。

どんな仕事をするの?

素起こし

テープの内容をそのまま記述する作業。
というと簡単そうに聞こえますが、実は奥が深い作業なんです。

基本的にはテープの音声をそのまま文章に置き換える作業になります。しかし人の話言葉には無駄な部分も含まれています。

例えば、それ自体に意味のない単語(例:「あの」「えっと」など)、その人独特の口癖・使い回しの表現(例:「~だよね」「~なんじゃない」など)。

これらの単語をそのまま文章にした場合、とても読みづらいものになってしまいます。その文書が不特定多数の人に読んでもらうものならば、なおさら読みやすいものにしなければなりません。

そのため素起こしには「ケバ取り」という作業があります。ケバ取りとは、不要な言葉を取っていく作業のこと。

この作業を行うにあたって、どの単語が必要か、不要かを判断することがとても重要なポイントになってきます。

基本的には意味のある単語はそのままに、意味のない単語は取っていくのですが、ここの判断がなかなか難しいのです。

そのための判断材料として前後の文章の意味から察する、などがありますが、やはり判断が難しいところは依頼人にしっかり確認をすることが大切です。

リライト

起こした文章に修正を加える作業をリライトと呼びます。(一般的には、素起こしのみをされている方が多いようです。)

この仕事の良い点は?

メリットとしては以下の点が挙げられるのではないでしょうか。

自宅でできる

前述しましたが、設備は家庭で用意できるものです。広いスペースは必要ありません。

インターネット環境とパソコンがあれば、どこでもお仕事することができます。

自分の都合のいい時間でできる

成果報酬型のお仕事なので期日はありますが、勤務時間は定められていません。空いた時間でお仕事をしたいという方にオススメです。

特殊なスキル、資格は不要

音声を聞き取る能力、タイピングの能力、そして若干の文章構成力さえあればできる仕事です。

この仕事の悪い点は?

目や耳を酷使する

目や耳を使うお仕事なので、そのどちらにも疲れがたまります。

また、集中力も必要です。

テープによっては雑音などが入った聞き取りづらいものがある

依頼人によって仕事内容は様々です。
特に音声は聞いてみるまでわかりません。

音声の状態が悪かった場合、文字に起こす際の労力は何倍にも増すでしょう。事前にテープの内容と、それに見合った料金の確認をしておきましょう。

仕事上の注意

テープの内容を聴いて、その中で曖昧な表現があったとしても、自分で勝手に修正してはいけません。また、テープの音声が聞こえづらくても、自分の想像で解釈してはいけません

こちらで勝手に変更してしまうのはNGです。
それによって文章の意味が変わってしまうこともあります。

どこまでこちらで調節するか、依頼主と事前によく打ち合わせしておきましょう。

うまく仕事をするコツ

クライアントと打ち合わせを重ねること

この仕事には形のある正解はありません。
唯一あるとすればクライアントはどのような形を望んでいるか、です。

例えば、テープの中に含まれる「あの」「えっと」などの言葉も正確に記述するか、途中で観客からの拍手がはさまれていた場合はどうするか、などの細かいことについて事前によく打ち合わせしておくことが重要です。

資料があればあるだけもらう

今までのテープ起こしの文章などをもらえると、クライアントの求める形がわかりやすくなります

また、そのテープの内容に関する資料などがあればあるほど、テープを聴いた時に理解しやすくなります。

一音一音を丁寧に聞く

基本的なことですが大切なことです。

例えば、周囲の雑音がひどい、発言者の滑舌が悪くて何を言っているのかわからない部分がある、などのケースもあります。

そんな場合でも、何度も繰り返し丁寧に聞くことで何と言っているかわかってくることがあります。

→ 内職(手作業)で人気のお仕事23選!仕事内容と報酬の相場まとめ

カードローン申込数ランキング

今日中にお金を借りたい人に、一番選ばれているカードローンは?

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報