アコムの限度額を他社と徹底比較してみた!

キャッシングを利用する人にとって、金利の次に気になるのが利用限度額ではないでしょうか。

限度額の大きさを見ると、各社の方針や実力が垣間見えます。

そこで、今回はアコムを中心に限度額について検証していきたいと思います。

限度額はどうやって決めているの?

アコムと他社の限度額を比較してみる前に、キャッシングの借入限度額について軽くご説明していきますね。

キャッシングでは申込書に借入希望額を記入しますが、このとき問題になるのが限度額です。基本的に借入可能額は申込者本人の年収の3分の1以内と定められています。

(1社からの借入でなく、ローンの合計金額。例えば、年収300万円の人がすでにある消費者金融から50万円借りている場合、最大でもあと50万円しか借りられないということです。)

では、年収の3分の1以内であればいくらでも借りられるのか?
と言うと、そうではありません。

キャッシングに申し込むと、かならず審査がおこなわれますが、そのとき、「その人にいくらまでなら融資できそうか?(限度額)」を判断します。

それは、

● 過去のキャッシングやローンの利用実績

過去にいくら借りていたか?
返済がきちんと行われていたか?
返済遅延などのトラブル、金融事故がなかったか?
など。

⇒ 過去の返済にトラブル等がないことは大前提。

なおかつ、(過去の利用時の)借入額が多く、借入期間が長かった場合のほうが、より高い限度額になる可能性が高まります。

● 性別、年収、職業、勤務先、勤続年数、持ち家or賃貸・・・など、その人の属性

⇒ 一般的に、「安定した収入のある人」が優遇されます。

例)勤続年数は長いほどよい、賃貸よりも持ち家が良い、自営業よりも公務員が良いetc・・・

などの要素から、総合的に判断されます。

(どのような人が審査において有利になるか(すなわち、多くの限度額をもらえるか)については、『キャッシングの審査基準・内容を徹底調査レポしてみた』で詳しく解説しております。よろしければこちらもぜひご覧ください)

「法律が定めている借入上限額=キャッシングの限度額」ではないと覚えておきましょう。

アコムの限度額は1~800万円とされていますが、初めてキャッシングを利用する人が800万円の融資を希望しても、まず認められません。

(800万円を借りるためには年収が2400万円以上でなければなりませんが、仮にそれをクリアしても800万円を最初から借りることは難しいと思われます。)

たとえ借入希望額が利用者の年収の3分の1以内でも、利用実績がない人に融資をする場合、限度額は少額になる傾向があるからです。(この場合の返済実績とは、アコムだけに限らず、これまでに利用したキャッシング、ローンの返済実績の全てが含まれます。)

アコムと消費者金融他社を比較(限度額)

さて本題です。

アコムと大手消費者金融(他社)の限度額について見てみましょう。

会社名 限度額
アコム 1~800万円
アイフル 500万円
プロミス 1~500万円
モビット 1~800万円
新生銀行カードローン レイク 1~500万円

この表で見ると、アコムの限度額は1~800万円。

アコムはモビットと並んで1~800万円と頭一つ抜き出ています。

モビットは三井住友銀行グループの消費者金融ですので、このずば抜けた限度額の高さは親会社の資金力の高さを表しているのかもしれません。

限度額を大きくしたい時は?

アコムの限度額を大きくしたい場合は、いったいどうすればいいのでしょうか?

限度額アップの基本的な条件としては、

  • 返済期限を守っていること
  • ある程度長い期間利用していること

一定期間(だいたい半年が目安のようです)、返済がきちんと実行されていれば、それだけ信用度が高くなります

したがって、限度額を大きくしても、今後の返済に支障がでないと判断される可能性が高いのです。

増額の申し込みは、

  • アコムのユーザーページから行う
  • 店舗に出向く
  • 電話

どの方法でも可能です。どの方法で申請したから有利(不利)になるということはありませんので、好きな方法で申しこめばOKなのですが、電話が一番早いです。

増額を申し込んだら、「増額しても大丈夫かどうか」という審査があります。

総量規制との兼ね合いで、要件をクリアしているか(借入総額が年収の3分の1以内になっているか)ということもここで確認されます。

無事、審査に通過した場合、限度額が大きくなります。

なお、限度額の増枠が難しい場合、その理由のひとつに「他社からの借入額が多いこと」があげられますので、事前に他社からの借入総額を確かめておく必要があります。(限度額アップで借入総額が年収の3分の1を超えてしまうと、総量規制に引っかかります。)

それでも限度額を増やしたい場合は、アコム以外の業者に検討してみてください。

総量規制の対象となっているのは消費者金融や信販会社などであって銀行のカードローンは適用外なので、これらを利用すると、総量規制に関係なく借入を増やすことができます。(ただ、通常銀行は消費者金融より審査が厳しいので、その点は注意してください。)

オススメとしては、総量規制対象外であることを積極的にPRしている楽天銀行やじぶん銀行などですね。

(ちなみに、総量規制対象外の銀行カードローンについては、『総量規制対象外のカードローン一覧。審査や選び方などの解説まとめ』で一覧にしてまとめてあります)

最後に、アコムの金利については『アコムの金利・利率を他業者と比較してわかった金利よりも重要な点』でくわしく解説しています。こちらもあわせて見てみて下さい。

【この記事の筆者】
福富 ユウイチ(仮名)
大学は法学部に進み、法曹界を志す。
司法試験を断念し、その後は法律事務所勤務を経て司法や法曹界に関連するウォッチャー活動を始め、執筆活動も始める。現役の弁護士や司法書士、さらには警察関係などへの取材力は非常に高く、本物から得られる旬の情報にこだわった記事作成を行っている。

カードローン申込数ランキング

今日中にお金を借りたい人に、一番選ばれているカードローンは?

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報