電話料金2ヶ月滞納、インターネットを止められ、給料の前借り【体験談】

主人の会社の基本給見直し、ノー残業デイの推進により、給与は以前に比べて激減。住宅ローン減税の大幅な減額も始まり、とうとう家計は火の車に。

毎月の住宅ローンの支払いに四苦八苦し、とうとう公共料金を滞納するようになってしまいました。

体験者の情報

名前:菊池 ななこ(仮名)
性別:女性
滞納した理由:住宅ローンの支払いが苦しくなったため
何を滞納したのか:電話料金・クレジットカードの支払い
当時の職業:パート(主婦)
当時の年齢:38歳

住宅ローン減税を利用して憧れのマイホーム

もう12年も前のことです。

私と主人は当時フルタイムで働く共働き夫婦。横浜市鶴見区にある賃貸マンションに住んでいました。

家賃は1月10万円でしたが、共働き世帯だったためあまり負担は感じず、経済的に余裕のある時期を過ごしていました。

当時住んでいた賃貸マンションは、駅から歩いて5分。都内の会社へ通う私たち夫婦には交通アクセスの良い住みやすい場所です。

スーパーも自宅の目の前にあり、立地条件の良いマンションでしたが、都会の中のマンションだったので緑が少なく、将来子供ができた時のことを考えると少し不安があったのも事実でした。

当時、不動産会社に勤めていた妹のご主人に「緑豊かな家に引っ越したい」と話し、神奈川県某市の山の近くの新築一戸建てを紹介してもらいました。

その新築一戸建ては閑静な住宅街の中にありました。周りは畑が点在する、のどかな場所でした。500mに1ヶ所の割合で公園があり、広々していました。

駅までバスで5分。小学校まで徒歩10分で行くことができました。まさに子供を育てていくのには条件のいい場所でした。

空気がきれいな、この場所で子供を育てたい!私たち夫婦は、すぐにその家を気に入り、購入しようと決めました。

銀行のローンの審査も無事に通過。35年ローンで憧れのマイホームを手に入れることができたのです!

新築一戸建てを購入したきっかけの一つに、住宅ローン減税がありました。この制度を利用すると、所得税を還付してもらえるのです。

当時、主人の会社の給与は、今よりも高く、所得税はかなり支払っていたので、年末に還付される所得税を期待していたのです。しかし、それは甘い考えでした。

大変だ!主人の収入減で所得税の還付がなくなった!

新築一戸建てを購入して2年が過ぎ、待望の子宝にも恵まれ、無事長女を出産して間もなくのことです。

主人の会社が大幅な売上減に・・・。

それに伴い従業員の基本給の大幅な見直し...というよりは減額が行われました。毎日のようにあった残業も見直され、会社がノー残業デイを推進するようになりました。

その影響で収入は激減。支払う所得税も少なくなります。年末に還付される所得税も0円になってしまいました。

税源移譲による措置で、住民税と県民税がいくらか還付されますが、数年前に比べれば足元にも及ばない金額です。

主人の給与と還付される所得税を当てにしての住宅購入でしたから、その後の住宅ローンの支払いは・・・どうしよう!大変なことになってしまいました。

まさか!?主人が病気になるなんて!

長女を生んだ翌年、長男も生まれました。

家族が増えて嬉しかったのですが、長男が生まれたことで生活はますます苦しいものになりました。

おまけに主人が重度の腰頸椎ヘルニアを患い、半年間入退院を繰り返していたのです。療養中の半年間は会社を休業していました。最初の3ヶ月間は給与の6割を会社が支払ってくれましたが、残りの3ヶ月間は無給でした。

療養中の半年間も、当然住宅ローンの返済は続きます。

毎月の支払はともかくとして、ボーナス返済の月になると30万円近く返済しなくてはなりませんでした。ボーナス返済の分は、市から支給される育児手当を全額あてて、何とかしのいでいました。

主人の病気は普通に社会生活を送れるまでに無事回復しましたが、以前と同じように働くことが出来ない身体になってしまいました。

当然仕事量をセーブしなくてはならず、仕事量が減った分、給与も下がってしまいました。

生活はますます苦しくなり、とうとう私は子供達を保育園に預け、パートに出て家計費を補うことになりました。

3人目の赤ちゃん誕生!でも家計はますます火の車に...

パート収入と育児手当のお陰で、収入減を無事乗り越えることができました。貯金をすることもできるようになり、一安心したころ。3人目の子供に恵まれました。予想外のことでした。

とても嬉しかったのですが、私はパート先をいったん休業せねばならず、家計はまたまた火の車に!産休をとっている間は、わずかながらの貯金を切り崩しての生活となってしまいました。

この頃から、たまに公共料金の支払いを滞納するようになっていきました。

最初に滞納したのは水道料金でした。

引き落とし口座に入れておいた金額がわずかに100円足りないだけでしたが、「残高不足で引き落としできません」という通知が水道局からやってきて、支払えなかったことを知りました。

足りない100円分は、お財布から手持ちの現金100円を引き落とし口座へ入金しておきました。次回振替日に無事引き落としが済み、一件落着。

その後も1年間で2~3回、同じように水道料金を滞納するようになっていきました。最初は1回分だけでしたが、そのうち2回分滞納するようになりました。

さすがに2回分も滞納すると、いつ水道を止められるのかとビクビクしていましたが、私が住む地域では2回分までなら待ってもらえるようです。

産休が終わり、3番目の子供を保育園に預けるようになると、今度は保育料を時々滞納するようになりました。

保育料は、市役所が一括で1年分保育園に立替え払いをしてくれるので、保育料の滞納については、全て市の保育担当課とのやり取りとなります。

家計が苦しい事情を話し、保育料の支払いは、毎月ではなく隔月にしてもらうことで了承を得ることができましたが、保育料の減額は認めてもらえませんでした

約束通り隔月で保育料を収めることで、保育園の退園を迫られずに済みました。

その後2年間で、水道料金以外にも、電気代を1ケ月分滞納することが1年のうち何回かありましたが、たいてい翌月に2ケ月分合算で引き落とされ、特に電気を止められるといったこともありませんでした。

パート収入激減で、ついに電話を止められた!

それから2年がたち、長女が小学校に上がるようになると、今度は私の勤め先の経営状態が悪くなり始めました。

給料の支払い日から2~3日遅れて給与が支払われるようになりました。最初の頃は給料日が遅れるだけで、全額支払われていましたが、今年に入り、給与の支払い分が不足し始めました。

不足した分は次月に繰り越すと言う約束でしたが、約束の月に前月の分と足して支払われても、その翌月には、また給与の一部だけ、不足は翌月に繰り越す...の繰り返しでした。

私のパート収入が減っても、住宅ローンの支払いは減ってはくれません。期日までにきちんと住宅ローンを支払わなければ家を取り上げられると言う恐怖心から、公共料金の支払いよりも住宅ローンの支払いを優先させていました。

少ない収入の中からどうにかやりくりをしていましたが、電気代を支払うと、水道が支払えないから、翌月に合算で支払う。水道代を翌月に繰り越して支払うと、今度はガス代が支払えない...というように、毎月なんらかの公共料金が未払いという状態が、その後1年間続きました。

まるで自転車操業のような日々が続いていたある日のこと、パート先もいよいよ経営が苦しくなり、「仕事が増えるまで自宅で待機していて欲しい」と経営者に告げられました。

事実上の解雇です。未払い分の給与は、翌月に振り込むという約束でした。

ところが、約束の翌月の給料日に給与が1円も振り込まれませんでした。慌てて経営者に確認を取ると、給与の支払い日に振込手続きが間に合わなかったとのこと。

全額は用意できないけど、来週には振込むと再び約束してくれました。

その時、電話代を2ヶ月分滞納していました。NTTファイナンスからの督促状によれば、約束の期日までに支払わなければ電話を止めると記載がありました。

約束の期日は、経営者が給与を振り込む約束の日より3日も前でした。そして、今手元にあるお金は4,000円です。滞納している電話代は7,800円でした。3,800円足りません。

その時にすぐにNTTファイナンスへ電話をして、支払を待ってもらえるよう頼めば良かったのですが、何の対策も取らず、そのまま放置してしまい、電話料金を滞納していることさえも忘れてしまったのです。

そして、約束の期日が過ぎた翌朝10時、私は自宅でインターネットを使い、職探しをしていました。あるウェブサイトを閲覧中に「戻る」ボタンを押すと、画面が戻らず突然インターネットに繋がらなくなってしまったのです。

そして、やっと昨日が電話代滞納分を支払う約束の期日だったことを思い出し、電話を止められていることに気がつきました!

慌てた私は、自分の携帯電話から督促状に記載されていたNTTファイナンスのお客様窓口へ電話をして、「3日後に滞納分を支払うから電話回線を復旧して欲しい」とお願いしましたが、「支払ってもらえないと、復旧できない」と断られてしまいました。

しかし、手元には4,000円を切る現金しか残されていません。困った私は、元職場の経営者に携帯から連絡を取り、給料から差し引いてもらって1万円だけ前借りさせて欲しいと頼みました。

私が突然「1万円前借りさせて欲しい」と連絡してきたので、経営者はとても驚いていましたが、事情を話すと、すぐに自宅まで1万円を持ってきてくれました。

その1万円と、督促状に添付されていたコンビニの振込用紙を手に、近所のコンビニで無事に支払を済ませました。

NTTファイナンスの担当者のお話しでは、アナログ回線の場合、コンビニで支払ってすぐに電話が復旧するそうですが、光回線は30分かかるとのことでした。

ちょうどその頃、インターネットから新しい職場に面接の申し込みをしているところでした。面接のやり取りは全てメールだったため、このまま電話回線が不通のままだったら、仕事を得ることができなかったかもしれません。

大きい買い物には要注意

その後、3日たって、約束通り給与が振り込まれました。次の仕事も決まりました。

まだ新しい職場からの給与は出ていないので今でも公共料金を滞納していますが、来月の給与で全額支払える見通しです。

家を購入する時は、給料の減額を考えて基本給でやりくりすること、住宅ローン減税などの減税にあまり頼り過ぎないで返済していく必要があったと反省しています。

大きな買い物をする時は、まず返済計画を考えること。返済計画そのものに無理がないか?その後の生活に影響しないか?を事前に考えておくことが重要だと痛感しました。

短期的にお金を借りるのもアリ!

私は一時的にお金を借りるのはアリだと思います。最近は即日振込、最短30分で借りられるので、今日中に借入れが可能です。

個人でも銀行から借入ができたり、会社によっては低金利、無利息で借入できるところもあります。銀行が運営するカードローンならアコム、無利息で借りたいならプロミスですね。

一定の収入があれば、パートやアルバイト、フリーターでも審査に通る可能性は高いので、お試し審査を受けてみるといいかもしれません。専業主婦の場合は収入証明が不要な楽天銀行スーパーローンがオススメです。

→アコム申込み前に知っておきたいアコムの悪い点、第三者視点の評価

→プロミス申込み前に知っておきたい悪いクチコミ、マイナス面、公平な評価

→楽天銀行スーパーローンの気になる悪いクチコミ、マイナス評価

カードローン申込数ランキング

今日中にお金を借りたい人に、一番選ばれているカードローンは?

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報