クレジットカード会社の元社員が教えるクレジットカードのウラ話

クレジットカードのキャッシング枠。

「お金がちょっとだけ足りない」とき、簡単にお金が借りられて便利ですよね。

でも、「クレジットカードのキャッシングの金利は業界の中でも高い」ってご存知でしたか?

今回は、クレジットカード会社に勤めていた元社員の方に、クレジットカードの金利やトラブルについて話を聞きました。

「クレジットカードを現金化」をしたらどんなペナルティが待っているのか?

カード会社に過払い金請求をしたら、ちゃんとお金が還ってくるのか?

カードがスキミングされたら、、などなど。

「クレジットカードを利用している人が、知らないと損しそうなこと」を中心にまとめてみました!

  • 目次
  • カード会社の元社員に聞いてみた!クレジットカードの素朴な疑問
  • クレジットカード業界のウラ話
  • なぜ高い?クレジットカードの金利
  • 過払い金請求をしたらちゃんとお金がかえってくるの?
  • クレジットカードの現金化にはこんなぺナルティが
  • おまけ:海外旅行中にカードを不正利用されてしまったら?

今回インタビューに答えてくれたのは...

名前:山川 静子(仮名)
性別:女性
勤めていた金融機関:外資系C銀行の子会社「Cカード」
勤めていた期間:2001年~2005年8月

※編集より補足
今回インタビューに答えてくれた山川さん(仮名)が外資系C銀行の子会社「Cカード」に勤めていたのは、2001年~2005年頃のこと。したがって、現在の状況とは異なる点もあるかと思います。悪しからずご了承くださいませ。

カード会社の元社員に聞いてみた!クレジットカードの素朴な疑問

お話をうかがったのは、外資系C銀行の子会社「Cカード」にお勤めだった山川静子さん(仮名)、46歳。

彼女はアメリカの大学でMBAを取得し、金融業界で仕事をしてきたバリバリのキャリアウーマン。

「Cカード」ではカードの商品開発や、「お客様相談室」の室長を勤められていたという経歴の持ち主で、カード会社の裏のウラまでを知りつくした人です。

今回はクレジットカードの金利、海外旅行でのトラブル対応などについて、山川さんに社員の立場からいろいろ教えていただきました。

クレジットカード業界のウラ話

― 山川さんはカード会社でどんなお仕事をしていたのですか?

私は外資系のC銀行に10年ほど勤務していました。そのうち2001年~2005年8月まで、C銀行が手掛けているクレジットカード「Cカード」部門にいたんです。

Cカードでは、利用規約などお客さんに配布する書類を作成したり、カードの商品企画を行っていました。

また、お客様相談室の室長を務めていた頃は、お客さんのクレーム対応もしていましたよ。

ただし2009年に仕事を辞めたので、現在の状況は分かりません。
でもクレジットカード業界のことは大体把握しています。

― 「Cカード」はどんなクレジットカードですか?

ショッピング用のクレジットカードです。希望すれば50万円までのキャッシング枠もつけられます。

一般カード、ゴールドカード、プラチナカードの3つのランクがありますが、どれも年会費がかかります。

ですから年会費無料のカードより、顧客数も売上げも多くはありません。業界の中では下位のほうですね。

なぜ高い?クレジットカードの金利

― まずはクレジットカードの金利についてうかがいたいのですが。Cカードのキャッシング枠の金利は「15~20%」となっています。この金利はどのように決められているのですか?

クレジットカードの金利は法律で制限されています。最大でも年20%以下と決められていて、それ以上の金利は設定できません。

現在の法律では、金利は次のようになっています。

限度額 上限金利
10万円未満 20%まで
10万円以上100万円未満 18%まで
100万円以上 15%まで

カード会社は金利で儲けていますから、高い金利でお金を貸したいのです。

Cカードだけでなく、多くのカード会社が金利を最大20%に設定していると思いますよ。

Cカードの場合、限度額が10万円未満だったら20%、限度額が10万円以上100万円未満なら18%をガッチリ取っています。

クレジットカードの金利は、法律が決める「上限金利」と考えていいでしょう。

― 限度額ではなく、お客さんによって金利設定を変えることはありますか?

いいえ、Cカードではそのようなことはありませんでした。

お客さんによって、わざわざ金利を調整するカード会社は少ないと思います。

― 銀行のカードローンや消費者金融では、「10~100万円未満の金利は18%」のように、金利が固定されているわけではなさそうです。「17%」「16%」ということもあるようですが?

銀行カードローンや消費者金融のような「お金専門の商品」は、顧客のリスクや属性に合わせて、金利を調整するようですね。

しかし、クレジットカードのキャッシングは、立場が違います。

クレジットカードはショッピングがメインで、キャッシングはあくまでおまけの商品です。おまけのために、そこまで細かい調整は行わないのです。

それにクレジットカードのキャッシングを利用するお客さんは、金利を気にされない方が多いです。

「どうしてもちょっとだけ必要だからキャッシングしよう」「海外にいるため、お金を下ろせない」など、緊急の場合に利用する方が多いからです。

そもそも金利を気にする方は、クレジットカードのキャッシングは使わないでしょう。もっと金利の低いサービスを利用するはずです。

過払い金請求をしたらちゃんとお金がかえってくるの?

― 貸金業法の改正以降、支払い過ぎた利息の返還を求める「過払い金請求」を受けたことはありましたか?

法律の改正があったのが2006年です。でも銀行やクレジットカード会社は、その前年頃から過払い金請求されないように対策を取っていました。

先手を打って、20%以上だった金利を20%以下に下げたのです。

ただ、それでも過払い金請求を受けることはありました。

「払いすぎた利息を請求できる」ということを知っている人もいましたから。

※編集より捕捉
グレーゾーン金利や過払い請求についてはこちらを参考に。
計算が苦手な人でもよく分かる!グレーゾーン金利の解説と具体例【Q&A】

― 「過払い金請求」に対しては、どんな対応をしていましたか?

Cカードでは、過払い金請求には素直に応じて支払っていました。クレジットカード会社の対応はどこも同じだと思います。

クレジットカード会社から見れば、キャッシングはおまけに過ぎませんから、過払い金請求されたとしても大した金額ではありません。

裁判でもめるよりは、さっさと払う方がいいんです。

― 「過払い請求」に素直に応じてくれない金融機関もあるようですが?

「お金を専門にした商品」の場合は、渋るところもあったようですね。彼らにとっては、「過払い金請求」は死活問題ですから。

クレジットカードの現金化にはこんなぺナルティが

― 話は変わりますが、「クレジットカードの現金化」というものがありますよね。現金化は規約違反にあたるようですが、どのように対応していましたか?

クレジットカードのショッピング枠で新幹線のチケットなど高額商品を購入し、金券ショップなどに転売して現金を得る方法ですね。

これはクレジットカードの規約違反にあたります。

現金化をしたことがわかった時点でそのカードを利用停止にします。

― どうやってチェックするのですか?

現金化をしている人は、すぐにわかります。利用者が「どこでどんな買い物をしているか」チェックするスタッフがいますから。

私が勤めていた当時は、30枚綴りの新幹線の回数券がありました。それをクレジットカードで購入して転売し、現金を手に入れる手口が流行っていたのです。

クレジットカードで新幹線の回数券を買った人のカードは、すぐに止めるようにしていましたね。

それから、クレジットカード現金化業者を利用していることがわかったら、その時もカードを止めていました。

おまけ:海外旅行中にカードを不正利用されてしまったら?

― 海外でクレジットカードを利用する人も多いですよね?トラブルもありますか?

はい。海外でクレジットカードを使用して、スキミングなどの被害に遭ってしまう人がいますね。

スキミングとは、本人が気付かない間にカード情報を不正に読み取られてしまうことです。

たとえば、現地のお店でカードを使った時に、店員が密かにスキミングをすることがあります。犯人は読み取った情報を使って、不正利用します。

マレーシアはスキミング王国で、ロシアやタイでも被害が多発しています。

― そういう被害にあったら、どうすればいいでしょうか?

すぐにカード会社に連絡してください。

即座に連絡できるよう、海外旅行に行く際は必ずクレジットカード会社の連絡先を控えて行った方がいいでしょう。

― カード会社はどのように対応するのですか?

Cカードには、カードの利用状況を見守る管理チームがいて、常にモニタリング(監視)が行われています。

スキミングは集団発生するので、被害情報が入るとすぐにわかります。

たとえば、「マレーシアのクアラルンプールのどこの店に行った人が危ない」とか、「この辺のATMで引っかかっている」とか、同じようなところで複数の被害が報告されるんです。

スキミングされたカードは利用できないようにブロックして、後日再発行します。

もちろんスキミングで読み取られた情報で、不正にショッピングやキャッシングをされたとしても、その分の支払いはカードの持ち主に請求されません。全額免除になります。

― 「海外旅行中にカードをブロックされると困る」という人もいますよね?

旅行中ですから「止めないでほしい」という人も当然います。

その場合は、その人だけ「スペシャルモニタリング」といって、帰国するまでのカードの使用状況を個別に監視するのです。

カードは使えるようにしておいて、何かあったときは即座に対応できるようにしておきます。

またこういうケースでは、「自動承認システム」を止めてしまいます。

自動承認システムとは、クレジットカード使用時に暗証番号を入力をしたり、署名をすることで、本人が利用していることを確認するものです。みなさんもカードを利用する際に必ずしますよね。

自動承認システムを止める代わりに、別の確認方法を取ります。お店の人がカード精算しようとすると、「カード会社へ本人照会の電話連絡を入れるように」という指示が出るのです。

そこでお店がカード会社に「クレジットカード承認のお願いの電話」をします。

そして利用者本人に電話に出てもらい、オペレーターが生年月日や年齢など、本人かどうか聞き取りをして、「本人に間違いない」とわかればカード使用の許可が出るというしくみです。

― キャッシングもモニタリングするのですか?

キャッシングはATMで使うものなので、いちいち電話をかけてもらえません。

ですから、危険度が高い時はキャッシングだけ利用できないようにブロックすることもあります。

― いろいろなブロック(使用制限)の仕方があるんですね。

全てブロックする、キャッシングやショッピングだけブロックする、ショッピングの金額制限をかけるなど、顧客のケースとパターンに合わせて、様々な制限が可能です。

インタビューを終えて

山川さんがお勤めだったCカードは、どちらかというと富裕層向けのクレジットカードです。

ただしカード会社の基本的なサービスは「どこもだいたい同じ」だと山川さんも話していました。

カード会社から見れば、キャッシングはおまけに過ぎないんですね...。カード会社のシビアな一面が分かりました。

一方、カード会社はお金を扱う金融機関ですから、トラブル発生時はきちんと対応できる管理システムがあるようです。

困ったことがあれば、すぐにクレジットカード会社に相談した方がいいでしょう。

最後に、クレジットカードの「現金化」は絶対にやめてくださいね。カードが使えなくなってしまうだけでなく、詐欺に遭って、お金を騙し取られることもあるので要注意です。

さて、山川さんには他にも、なぜ、カード会社は高リスクのリボ払いをやたらと勧めてくるのか?クレジットカードの審査の裏側などのお話もうかがっています。

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報