リボ払いと分割払い、どっちがお得?嫌われ者のリボ払いはなぜ危険か

最近何かとリボ払い(リボルビング払い)を勧めてくるクレジットカード会社が多くはないですか?

「リボ払いって分割払いと似てるように思うけど、何がどう違うの?」

「どっちで支払ったほうがお得なの?」

このような疑問を持つ方も多いのではないでしょうか?

今回は、分割払いとリボ払いの特徴をまとめ、それぞれ有利な点、劣っている点についてわかりやすく解説したいと思います。

リボ払いと分割払い、どっちを選ぶべき?

リボ払いと分割払いの特徴まとめ

簡単にまとめると、「リボ払い」と「分割払い」には以下のような特徴があります。

リボ払いの特徴まとめ

まず、リボ払いの特徴をまとめてみました。

毎月一定の金額を支払っていく

リボ払いは、毎月一定の金額を支払っていく支払方法。

利用した金額(残高)によって、毎月の支払額(最低支払額)が変わる。その設定はカード会社によって異なる。

例)
利用額(残高)20万円以内 ⇒ 月々の最低支払額は 5,000円
利用額(残高)20万円以上 ⇒ 月々の最低支払額は 10,000円

この例の場合、利用額が5万円でも15万円でも、月々の最低支払額は5,000円となる。

また、カード会社によって定められている最低支払額をクリアしていれば、自分の好きな金額を毎月の支払額として設定することができる。

金利手数料がかかる(相場は15~18%)

例)
利用額:10万円
金利手数料:15%
月々の支払額:1万円+金利手数料
支払回数:10回

この場合、総額で6,629円の金利手数料がかかる。

リボ払いには4つの種類がある

  • 事前登録型
    事前に、すべての買い物の支払方法がリボ払いになるよう設定を変更しておく(電話、もしくはカード会社のホームページから変更可能)。そうすれば、会計時に「一括払い」を指定してもリボ払いとして処理される。

  • 利用後変更型
    買い物した後に、カード会社のホームページや電話で支払い方法を変更できる。会計ごとに設定可能。

  • 店頭リボ払い
    買い物の際、支払方法をリボ払いに指定する。

  • リボ払い専用カード
    このカードを利用する場合、店頭で「一括払いで」と指定しても、自動的にすべてリボ払いとして処理される。

分割払いの特徴まとめ

では、分割払いのほうはどうでしょうか。

希望の支払回数を指定できる

5回払い、10回払いというように希望の回数に分けて支払うシステム。月々の支払額は利用金額と支払回数によって変動する。

支払回数は、カード利用の都度個別に設定できる。一般的には3回・5回・6回・10回・12回・15回・18回・20回・24回・30回・36回払いの他にボーナス払いなどが選べる。

金利手数料がかかる(相場は12~15%)

例)
利用額:10万円
金利手数料:15%
支払回数:10回

この場合、総額で6,817円の金利手数料がかかる。

月々の支払額が一定ではない

リボ払いのように月々の支払額が一定ではないので、分割払いを複数利用した場合、その分、支払額が加算されていく。

あとから支払方法を変更できない

カード利用時に分割払いを選ぶと、特別な条件がない限りその後支払方法を変更することはできない。

このように、「利用金額を分割して支払う」という点では、同じリボ払いと分割払いですが、実際その仕組みは大きく異なります。

(リボ払いについては、『リボ払いを計算したとんでもなく損をしていた事がわかった話』でも詳しく解説しています)

意外?リボ払いが分割払いより優れている点とは

リボ払いがどういうものかもよくわからないまま「リボ払い=損」「リボ払い=怖い」という認識を持っている方もいると思うのですが、リボ払いにだって良い点はあるのです。

ここでは、リボ払いが優れているポイントを紹介していきます。

毎月の支払額が一定

リボ払いの場合、毎月の支払額は基本的に一定です。最低支払額さえクリアしていれば、自分の好きな額を設定出来ます。

資金管理が苦手な方、毎月の支払負担をできるかぎり減らしたいという方には嬉しいですね。

繰上げ返済可能

案外知られていないことですが、リボ払いは繰上げ返済が可能です。

中には、「来月はお金がなくて支払えないけど、その翌月ならまとまったお金が入るから一括で支払える!」というような方もいるのではないでしょうか?

例えば、あなたが10万円の買い物をしたとします。来月は1万円までしか支払えないけど、その翌月ならまとまったお金を用意できる、という場合。

「とりあえず10回払いにしよう」などと思うかもしれませんが、翌々月には一括で払えるのに、10回に分けてしまうと、その後の金利手数料がもったいないですよね?

このような場合、リボ払いはその効力を発揮します。

先の例で言うと、まず10万円をリボ払いで支払ってください。

最低返済金額が1万円だとして、とりあえず来月の支払いは1万円、その翌月で残高を一括で支払ってしまうのです。

この方法なら、金利手数料がかかるのは最初のひと月分だけで済むことになります。

ただ、ここで分割払いだと繰上げ返済出来ないのか?という疑問が残りますね。

実は不可能ではありません。分割払いでも繰上げ返済を行うことができます。

ただ、繰上げ返済するためにはカード会社に直接電話する必要があり、また、別途「早期完済手数料」などの事務手数料をとられる可能性があります。

先の例ように、近いうちにまとまったお金が用意できる場合は リボ払いを選択したほうが無難なのです。

リボ払いのここが危険!気をつけるべきポイント

リボ払いを利用するなら知っておいてほしいポイント、気をつけたい注意点について、分割払いと比較しながら紹介していきます。

金利手数料が高い

リボ払いの金利手数料相場が15~18%、分割払いの金利手数料相場が12~15%ということで、リボ払いの金利手数料のほうが割高に設定されているカード会社が多いようですね。

利用額が膨らみやすい

分割払いの場合、それぞれの買い物に対して支払回数が設定されるため、毎月の引き落としができていれば自動的に指定回数で支払いが終わります。

複数の買い物を分割払いにすると、その分月々の支払額も増えるので危機感も感じやすいと思います。

例)
10万円を 10回払いで支払う⇒月々の支払額 約1万円
5万円を5回払いで支払う⇒月々の支払額 約1万円
3万円を2回払いで支払う⇒月々の支払額 約1.5万円

このように買い物をした場合、月々の支払額の合計は約3万5,000円となります(わかりやすくするため、金利手数料を除いて計算しています)。

ところがリボ払いの場合、月々の支払額が一定なのでその分利用総額が把握しづらく、危機感を感じにくいというのが最大のデメリットといえるでしょう。

例)
リボ払いで10万円、5万円、3万円を支払った場合でも、月々の支払額はたった1万円(※最低返済金額が1万円の場合。わかりやすくするため、金利手数料を除いて計算しています)。

「クレジットカードで支払う=借金をしている」という認識をちゃんともち、支払期間を長引かせるほど余計に金利手数料を支払うことになる、ということをよく覚えておきましょう。

ちなみに、先の例のように、10万円+5万円+3万円=18万円の支払いを月1万円のリボ払いで支払った場合(金利手数料15%)、約2万円の金利手数料が付く計算になってしまいます!

本来は18万円で済むはずだった支払いが20万円になってしまうなんておそろしいですよね。

分割払いとリボ払いではどちらがお得?

では実際、分割払いとリボ払いではどちらがお得なのでしょうか?

実は、ケースバイケースなのです。

はやめに繰上げ返済できる予定があるなら、一旦リボ払いにしておいてあとで繰上げ返済してしまうのが良いでしょう。

また、2回払いにしたい場合は迷わず分割払いを選びましょう。

分割払いの場合、2回払いまでは手数料がかからないカード会社がほとんどなのです。

では、複数回払いの場合はどうでしょうか?

基本的に、繰上げ返済する予定がないのなら分割払いを選んだほうが無難です。

支払回数がわかりやすくていいですし、使えば使う分月々の支払額も増えるので危機感を感じることもできます。

あとは、実際にシミュレーションしてみて、どちらがお得か試算してみるのも良いと思います。

各カード会社のホームページでは、支払いシミュレーションのページを持っているところが多いので、利用中のカード会社のものがあれば、ぜひ試してみてください。

後から変更可能?支払回数の切り替え方法

一般的なクレジットカードなら、利用する都度支払回数を選ぶことが出来ます。

購入の際に「3回払いで」と言えば分割払いの手続きをしてもらえますし、何も言わなければ「一括払い」が選択されるようになっています。

そして多くの場合、後から変更ができるようになっています。

カード利用時に一括払いを選択していても、後から手続きをして分割払いやリボ払いに変更することができるのです。

また、イレギュラーなケースではありますが、分割払いをリボ払いに変更出来るカードもあります。

支払回数の変更手続きは、カード会社によって異なりますが、たいていはカード会社のホームページか電話で行うことができます。

この記事の筆者

yukino(仮名)
1961年生まれ。24歳の時に結婚と同時に退職するものの、当時既婚女性の再就職は大変厳しい状態だった。しかし折よく派遣会社が起業開始し始めたことで、走りの派遣会社に派遣社員として登録を行い、以来多くの大企業に派遣されてさまざまな仕事の経験を積む。シングルマザーとなった後も派遣社員として子育てをしてきたが、子どもたちが成人間際の頃にうつ病を発症して働きに出ることができなくなり、得意のパソコンを利用した在宅業務で生計を立ててきた。

カードローン申込数ランキング

今日中にお金を借りたい人に、一番選ばれているカードローンは?

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報